コンサルティング業界とは?業界の特徴、業界の魅力、代表的な会社をご紹介

業界・企業研究

「コンサルティング業界」の名前は、業界研究をしている就活生なら、誰もが一度は目にしたり、耳にしたりしたことがあるのではないでしょうか。「よく耳にはするけど、実際どんなことをやっているのかはわからない…」。そんな皆さんの要望にお応えして、今回はコンサルティング業界について説明しましょう。

更新日時:

「コンサルティング業界」とは

コンサルティング業界とは、大企業を顧客として、経営戦略や会計などといった課題について相談を受けたり、企画の立案を手伝ったりする業界です。企業が合併・買収を行うときや、海外進出を計画しているときなど、経営に関して指導をしてくれる業界でもあり、複雑化する企業の戦略を簡潔にまとめてくれる存在です。 実際に行う仕事としては、次のような物があります 顧客である「企業のリサーチ」 「資料の作成」 「人事や企業運営に関する提案」 分野としては、おおまかに次の5つがあります。 戦略分野 業務分野 IT分野 人事/組織分野 財務アドバイザリー分野 多種に分かれており、また、各会社によって得意分野が異なります。

「コンサルティング業界」の特徴

コンサルティング業界は他の業界に比べてハードな分野であり、顧客やその他の企業を知るためのリサーチ能力や提案をするための論理的思考力、説明能力など、様々なスキルが必要とされます。しかし、「実力や結果に基づいた給与体系・役職体系ができあがっているため、努力が形となって表れやすい」という特徴もあり、努力が報われる業界であることも事実です。また、問題解決をしていく楽しさや、クライアントと共に成果を目指す一体感を得られる点、チームで働くことができる点も、コンサルティング業界の強みであるといえます。

「コンサルティング業界」の企業例

コンサルティングを行う会社は多様ですが、代表的な会社としては「アクセンチュア株式会社」「マッキンゼー・アンド・カンパニー」「日本IBM」「株式会社野村総合研究所」などが挙げられます。 中でも「マッキンゼー・アンド・カンパニー」は数ある戦略コンサルティングファームの中でも最高峰と呼ばれる企業であり、世界の大企業を顧客に持つ大手コンサルティング会社です。現在は非営利活動にも力を入れており、NPOやソーシャルビジネスに興味のある学生が集まる傾向にあるといえます。 また、「野村総合研究所」は人材育成に力を入れる企業として金融業や流通業が得意であり、国内では最も大手のシンクタンク系コンサルティングファームです。また、国の省庁を相手にサービスを提供することもあり、就職したい企業としても上位にランクインしています。

終わりに

いかがでしたでしょうか。コンサルティング業界は大小さまざまな企業を相手に、人事や運営、戦略などを一緒に考え、ともに成長していく、アドバイザー的な業界です。人や企業と一緒になにか1つの目標に向かっていくのが好きな皆さん、企業の中に混ざって、様々なことを考えてみたい皆さんは、是非、この業界を視野に入れてみてはいかがでしょうか? さらにコンサルティング業界について詳しくなりたい方には「図解入門業界研究 最新コンサル業界の動向とカラクリがよ~くわかる本」がおすすめです。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)