IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フィンランドに移住するには|仕事の探し方・日本人の移住事情

更新日:2020年11月12日

ライフスタイル

フィンランドに移住するにはどうしたら良いのかということや仕事の探し方について説明しています。また日本人のフィンランド移住事情や移住条件は有るかどうかについても言及しています。老後のフィンランド移住についても触れています。

フィンランドに移住するには

フィンランドとはどのようなところか?

フィンランドというと、オーロラが有名です。芸術文化も優れているために多くの人が憧れる土地とも言えるでしょう。冬も寒いとはいうものの、地域にもよりますが、北海道より寒くないとも言われています。湿度が高くないため、身にしみるような寒さでは無いそうです。

人間性も温厚で、沈黙を重んじる国だとよく言われています。相手の話を遮ったり、二人以上の人が同時に話をするということも無いそうです。相手の話をきちんと聞くことも出来るし、話す時はきちんと話すということが出来る国です。また、人との約束事があるときには必ず電話やFAXで連絡した後に会うというのが常識になっているそうです。マナーもしっかりしている国と言えるでしょう。

治安も悪くなく、観光地でのスリなどはあるにしても基本的には安心して住めると考えて良さそうです。税金はとても高いですが、子育てには困らない国としても有名です。大学までの教育費は無償のようです。また、託児所も行政が管轄しているところが多く安心して子供を預けることが出来るという国でもあります。ライフワークバランスを大切にしているため、家族との時間を作ることが出来るということが大きなメリットといえます。

仕事の探し方

経済開発・運輸・環境センターや欧州雇用サービスネットワークなどを始めとする雇用経済開発局等を確認しましょう。ここでは雇用に関わる情報をまとめて紹介しています。また、フィンランドの新聞や、新聞社のサイトには、求人広告が掲載されているので参考にしましょう。ただし、フィンランド語で書かれているものもあるので語学は必須です。英語のみならず、基本的なフィンランド語は把握できるようにすると良いでしょう。仕事をする上でも必須スキルになるでしょう。

フィンランドでは、専業主婦という言葉はあまり使われません。専業主婦として自宅で家事や育児をしていても扱いは無職になるそうです。共働きはほぼ当たり前です。しかし、帰る時間も16時という決まりが多いそうです。また、リモートで仕事をしたりすることを推奨している会社もあります。日本人移住者の中にはフリーランスとして働いている人もいます。

技術者は雇用の窓が広いです。しかし、普通の会社員からフィンランドで新しい職を探そうと思っても仕事が見つからないという場合もあります。専門職や技術職に関しては海外でも職探しには比較的困らないという現状はどこの国でも同じです。どこでもいいから仕事をしたいという内容の仕事は原住民の人が優先的に雇用される事が多いです。

起業して会社を建てる方法もある

もし、起業しようと考えている場合にも方法が幾つかあります。そのうちの方法として会社を立てるという方法があります。最低資本金は公開有限会社の場合は8万ユーロあれば立てることが出来ます。 また、私的有限会社は2500ユーロで設立可能です。設立する場合には必要書類を商業登記所というところに提出して登記手続きを行います。設立者の内1人は欧州経済地域であるEEAというところに居住する必要があります。会社を建てるということも不可能ではないのがフィンランドの良さだと考える人もいるでしょう。 汚職も少なく、世界でも有数のクリーンな仕事ができるとも言われています。ビジネスを展開する上では気持ちよく仕事ができるかもしれません。

日本人のフィンランド移住事情

フィンランドの移住事情

世界的に見ても、教育環境が優れているのがフィンランドの良さの1つでしょう。教育に携わる分野での国の支援はとても大きいです。国民からの支持も高く、子供がのびのびと成長できる環境が整っています。もともと、自然が豊かな国であり、文化的な国でもあります。子どもたちが豊かな緑や、自然、文化の中で成長できるというメリットはとても大きいといえます。

標準消費税は23%、食料品の消費税は13%です。高い印象を受けますが、この消費税が福祉や教育に使われています。目に見える形で税金が使われているのが分かります。 また、税金が高いため、国民の税に関する関心も高く目を光らせて生活していると言います。そのため、官僚はじめ国の役人は汚職をしようと思ってもできません。国のお金が国のために使われているため子供やお年寄までを幸せを感じている人が多いのが特徴です。

初回公開日:2017年04月20日

記載されている内容は2017年04月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング