IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

翻訳の単価相場・収入形態と年収目安|フリーランス翻訳家になるには

職種研究

フリーランスの翻訳家は、自分の能力が試される仕事です。本記事では、フリーランスの翻訳家に興味がある方向けに、フリーランスの翻訳家がどのような仕事なのかについて詳しくまとめてみました。また、仕事の見つけ方や名刺の作り方といったノウハウについてもご紹介しました。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

フリーランスの翻訳家とは?

翻訳家という職業

翻訳家とは、外国語の文章を日本語に翻訳したり、日本語の文章を外国語に翻訳したりする仕事です。実務翻訳以外では、外国語の文章を日本語に翻訳する方が多いでしょう。いずれにせよ、外国語に対しても日本語に対しても高度な能力が求められてきます。 翻訳の仕事は英語が圧倒的に多いですが、時には中国語や韓国語などの別の言語の仕事もあります。本記事では、最も件数の多い英語の翻訳を中心に見ていきたいと思いますが、フリーランスの翻訳家の特徴や働き方という面では、別の言語の翻訳家になりたい人にも参考になると思います。

翻訳する内容

翻訳には大きく分けて、文芸翻訳・実務翻訳・映像翻訳の3種類があります。文芸翻訳というのは、小説や歌詞などの文学作品や、雑誌記事などを日本語に翻訳することです。実務翻訳では、契約書などの文書や、メール、マニュアルなどビジネスで使うものを翻訳します。映像翻訳では、外国のドラマや映画の字幕を作ります。 語学ができる人というと超人的なイメージがありますが、実際は文芸翻訳・実務翻訳・映像翻訳それぞれに特徴があり、専門知識やコツが必要なので、最初から全部やろうとするのは難しいでしょう。受注できる仕事や、自分の適性を考えながら少しずつレベルアップをはかっていく必要がありますし、専門を絞った方が良い場合もあります。

通訳との違い

外国語に関わる仕事といえば、テレビのニュースなどでよく外国語を日本語に同時通訳しているのを見かけると思います。同じように、外国語に関わる仕事である翻訳と通訳は、どう違うのでしょうか。 もっとも大きな違いは、通訳が聞き取った音を元に自分の声で訳すのに対して、翻訳家は文章を読んで書き言葉で翻訳します。そのため、通訳で求められるのが会話やリスニング能力であるのに対し、翻訳で求められるのはリーディング・ライティング力です。 もっとも、翻訳や通訳に携わる人達は、外国語の水準が総合的に高いことが多いので、通訳でもちょっとした翻訳ができたり、翻訳家でもちょっとした通訳ができる場合はあります。ただし、翻訳にしても通訳にしても、高いレベルになれば専門的な知識や特殊な訓練が必要なため、どちらかに専門を絞ることも必要になってきます。

フリーランスの翻訳家とは?

翻訳家の中には、ふつうの会社員と同じように企業に雇われて、その企業の中で翻訳に従事している人もいます。定期的に仕事が発生する企業の実務翻訳や、映画やドラマなどの配給会社で字幕を作る映像翻訳がその例です。企業内の翻訳では、収入が安定しており福利厚生もあるというメリットがあります。 一方、フリーランスの翻訳家とは、特定の企業や団体に所属せず、企業や団体から翻訳の仕事を請け負って仕事をしている翻訳家です。最近では、働き方の改革やアウトソーシングが推進されていて、実務翻訳や映像翻訳でもフリーランスの仕事が多いです。フリーランスの翻訳家は、収入は安定していませんが、企業内の翻訳よりも自由に働くことができ、自分の能力と努力次第で収入も増やせるというメリットがあるでしょう。

フリーランスの翻訳家になるメリット

語学が好き・得意な人によっては天職

ここでは、フリーランスの翻訳家になるメリットについて考えてみたいと思います。第一に、語学が好きな人や語学が得意な人にとっては天職と言って良いでしょう。仕事を通して、ずっと好きな外国語に触れていることができますし、外国語についての理解も深まります。自分の語学力が上がれば収入も増えるので、かなりやりがいがあります。 また、語学が好きな人は、外国に行くのが好きな人も多いと思います。フリーランスの翻訳家なら、場所を選ばず働くことができ、自分でスケジュールを組めるので、海外旅行にも行きやすいというメリットがあります。ただし、海外に定住して働きたい場合は、就労ビザや納税など別の問題も出てくるので注意して下さい。

自分のペースで仕事ができる

自分のペースで仕事ができるというのも、フリーランスの翻訳家のメリットです。語学力やスキルをどんどん上げて、年収1000万近くになる翻訳家もいますが、収入は多くなくても自由な時間を増やし、生活を充実させたり、別の仕事を兼業したりしたいという人もいるでしょう。 フリーランスの翻訳家なら、適性と努力次第で様々な働き方が可能になります。たとえば、旦那さんの海外転勤をきっかけに、どこでも働けるフリーランスの翻訳家になる女性もいます。その場合、扶養に収まるように収入をコントロールして働くこともできます。また、家事や子育てがある場合も、空いた時間だけ働くということもできます。

フリーランスの翻訳家になるデメリット

つねに向上心が求められる

フリーランスの翻訳家になるデメリットも存在します。まずは、つねに向上心が求められるということです。翻訳家を目指すのなら、既に一定の語学力はあることと思います。しかし、一度翻訳家になると、語学力があるのは当然とみなされます。翻訳家の中で勝ち残っていくためには、常に自分の語学力や専門知識を向上させていく努力が必要になります。 また、言葉は常に変化するものです。実務翻訳でも、新しい業種や技術が出てくれば、その訳語を調べたり、場合によっては適切な訳語を考えたり、かみ砕いて説明したりする必要があります。文芸翻訳では、新しい流行語やスラングも出てきます。語学が好きな人にとっては、特に苦痛ではないでしょう。しかし、あまり勉強をしたくない人は、つねに向上心が求められ、時代から取り残されれば仕事が減るというデメリットも覚悟した方が良いと思います。

収入が不安定

フリーランス全般にも言えることですが、収入が不安定というデメリットがあります。翻訳の仕事は、急にたくさんの仕事が入ってくる時もあれば、まったく入って来ない時もあります。海外とも取引があれば、連休や年末年始など日本のカレンダーとは無関係に仕事が入ってきます。長い目で見れば、対外関係や経済情勢にも左右されます。 また、有給休暇もありませんし、様々な事情で働けなくなった場合、収入が大きく減ったり、無収入になってしまいます。そのため、ローンなどを組みにくいというデメリットもあります。収入が多い時も油断せず、万が一のことも考えて、貯蓄や保険などの人生設計を考えた方が良いでしょう。

人間関係も重要

フリーランスというと、会社の人間関係のしがらみから解放されて、1日中好きなように過ごせるように見えます。しかし実際は、意外と同業者やクライアントとの人間関係が重要になってきます。初めて仕事を受けるクライアントには、自分の能力やできる仕事量についてアピールしなければなりません。一方で、日頃お世話になっているクライアントに頼まれれば、急な仕事でも対応しなければなりません。 また、翻訳家の同業者同士のつながりもあった方が心強いです。働き方について相談したり、仕事を紹介し合ったりなど、同業者にしかわからない悩みを相談することができます。また、翻訳は高い語学力が求められるので、訳語についての疑問を相談したり、勉強会を開いてお互いに添削したりすることで、レベルアップを図ることができます。

翻訳単価の相場

翻訳の仕事は、だいたい原文の1文字や1単語あたりの単価を決めて、原文の総文字数や総単語数によって報酬が支払われます。日本翻訳連盟のサイトには、企業が翻訳会社に初めて翻訳を依頼する場合の翻訳料金が載っています。 それによれば、例えば英語の翻訳でコンピューターマニュアルだと英文和訳の場合原文1単語28円、和文英訳の場合原文1文字20円となっています。ほとんど経験がない初心者の場合、もっと低い料金で受注して実績を増やす人もいます。どれくらいの料金で受注するかどうかは、翻訳会社や個人の方針によって異なります。

フリーランス翻訳家の収入形態と年収目安は?

翻訳家の収入形態は、多くの場合、出来高制です。何文字の原文を訳したかによって収入が決まるので、時間をかけて訳しても報酬は上がりません。ただし、クオリティの高いものを納品したり、クライアントの要求に柔軟に対応できれば、次回以降1文字・1単語あたりの単価が上がる可能性はあります。 翻訳家は出来高制なので、年収は一概には言えません。駆け出しで実績がないうちは、仕事がなく、年収400万円前後か、それ以下となることも多いようです。

フリーランスの翻訳家の名刺はどうすればよいか?

名刺の作り方

フリーランスは、信用や人脈によって仕事を受注することもあるので、意外にも人間関係が重要です。会社であれば名刺を支給されますが、フリーランスの場合は、当然自分で名刺を用意しなければなりません。名刺は、少数なら名刺用の用紙を買ってきて自宅プリンターで印刷するか、コンビニプリントで作ることもできます。だいたい1枚10円から20円で作れます。 ある程度多く用意しておきたい場合は、印刷会社に頼むとよいでしょう。枚数が増えれば単価が安くなり、1枚10円以下で作れることもあります。街の印刷屋さんに相談してもいいですし、ネットで印刷会社を探して注文し、郵送してもらうこともできます。 初めは、名刺を作るのにもお金と時間がかかってしまい、面倒に感じるでしょう。しかし、名刺を好きな枚数だけ、自由にデザインして作れるというメリットもあります。また、名刺の印刷費は確定申告の際に経費とみなすことができるので、領収書をとっておくと良いです。

名刺に載せたい内容

名刺のデザインについては、自宅のプリンターやコンビニプリントで作る場合は、用紙にテンプレートがセットになっていることもありますし、印刷会社に頼む場合も、印刷会社でテンプレートを用意してくれていることがあります。慣れてきたら、自分でオリジナルのデザインを考えてみるのも良いでしょう。 名刺に必ず載せておきたい情報としては、「翻訳者」「実務翻訳」などの職業と専門分野、本名か筆名、連絡先の住所や電話番号、メールアドレスです。場合によっては連絡先として、チャットアプリのIDやスカイプIDを載せておくと便利でしょう。 その他に、例えば名刺の下部や裏面に、今までの仕事の実績や、代表的な作品、ブログ・ホームページのアドレスを掲載するといったことができます。そうすれば、企業担当者が「翻訳の仕事が発生したけど、この前知り合った翻訳者に頼めるかな」と考えた時に、名刺で連絡先と過去の実績を見て、信用して相談・発注してくれる可能性があります。

フリーランスの翻訳家になるには

翻訳会社に登録する

フリーランスの翻訳家として安定した収入を得るには、翻訳会社に登録するのが一般的な方法です。初めにテストやトライアルがあり、その結果に応じて単価が決まり、会社に来た案件が割り振られます。どれだけ仕事を割り振ってもらえるかは個々人の能力によりますが、とりあえず能力があるのに仕事がないという事態は避けることができます。

翻訳学校に行く

翻訳学校に行って、語学力や翻訳スキルを向上させてから、フリーランスの翻訳家として独立するという方法もあります。翻訳学校を探す時は、実際の翻訳を添削してくれる点や、在学中及び卒業後に、仕事を紹介してくれる点を重視すると良いと思います。翻訳は実地訓練しなければ上達しないので、漠然と語学力を伸ばすだけでは、独立は難しいです。

クラウドソーシングサイトで受注する

ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトで、翻訳案件も出ていることがあります。翻訳会社に比べると数が多くないので、チャンスを逃さないようにしましょう。競争率が高く、条件についても自分で直接交渉しなければならないので、アピール力と交渉力が問われます。 また、翻訳家としての収入がまだあまり多くない場合、ライターなどの文章系の仕事を受注して副収入を得たり、業界の専門知識や日本語表現のスキルアップを目指すこともできます。フリーランスは収入が不安定な仕事なので、翻訳会社にしてもクラウドソーシングサイトにしても複数を登録しておくと、一つの場所で仕事が減った時に別の場所で稼げるので安心です。

自分で営業をかける・人脈によって受注する

フリーランスでは自分で営業をかけたり、人脈をたどったりして仕事を受注することがあります。直接受注した方が、クラウドソーシングサイトや翻訳会社を通すより、手数料が取られない分収入が多くなります。まさに、自分のフリーランスとしての腕の見せどころではないでしょうか。 特に、会社員からフリーランスの翻訳者になった人は、会社員時代の人脈が役立つでしょう。フリーランスの翻訳者として開業したことや、どのような案件を扱っているかということをアピールして、仕事の受注を目指しましょう。

フリーランスの翻訳家は自分の腕が試される

フリーランスの翻訳家は、収入が不安定ではあるものの、働き方について自分の裁量が大きく、能力と努力次第で収入を増やすことができます。まさに、職人と同じで、自分の腕が試される職業と言えます。フリーランスの翻訳家の収入や働き方について、正しい知識と理解を持って、ぜひチャレンジしていって下さい。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング