IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

大卒フリーターになる人の生き方|大卒フリーターの割合・税金など

就活事情

大卒でも就職せずにフリーターになる人は実は結構いるのはご存知でしょうか?ではなぜ大卒なのにフリーターになるのか。それは理由は様々で、就活に失敗した人や夢を追いかけるために就職せずに自分の時間を自由に使って努力する人などがいます。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

大卒なのにフリーターになるのはなぜなのか

大卒でフリーターになる理由は?

大学で就職活動をする人がほとんどの中、夢を追いかけるために就職活動をせずに、夢を叶えるための努力をする人は実は結構多くいます。 しかし、就職活動をしてどこも内定をもらえずに大卒でフリーターになると言う人もいます。その場合、就職浪人をするためにアルバイトをしながら就職活動をする人も中にはいます。 また自ら大学在学中に就職するにあたって自分に就職は出来るのかと言う不安があり、しばらくアルバイトで社会勉強をすると言う人も中にはいるのではないでしょうか。 特にアルバイトの経験がなく、社会勉強が足りないとより不安になりますよね。そう言った場合大卒でも就職をせずにフリーターを選ぶと言う人も中にはいるかと思います。アルバイトの経験はやはり就職をする上でとても大きな勉強になることがあるからです。

フリーターの期間に資格を取る人も

大卒だからと言って必ずしも就職出来ると言う確約はありません。就職活動をしていても内定が全くもらえないと言う人も中にはいます。 その理由は様々なですが資格が全くなく、それが内定をもらえない理由もあるかもしれません。そのため大卒でもフリーターをしながら資格の勉強をしてから就職活動をする人もいます。 企業によってはやはり何かしらの資格がなければ就職が出来ないと言う場合も多く、その資格を取るために就職活動を諦めてフリーターになる道を選び、そして資格を取る勉強をして就活を始めると言う人もいるのではないでしょうか。 やはり入りたい企業に必要な資格を取るためにフリーターを選ぶことも間違いではありません。しかし大学在学中に資格を取ってる人に比べたら、フリーターからの就職はハードルが少々高いかもしれません。

大卒からフリーターになる割合は

大卒でフリーターの割合は?

文部科学省の調査によると、大卒で非正規社員やフリーターや無職の割合は約20%と言われています。もちろん先ほども書いたように、理由は様々で夢を叶えるための時間を使うために敢えてフリーターの道を選ぶ人や就職活動に失敗した人など色々な理由があります。 非正規社員は例えば派遣社員や契約社員など正社員ではない人を指します。フリーターは「フリーアルバイター」の略で無職ではなくアルバイトをして生計を立ててる人などを指します。中には実家で無職の人も中にはいます。 大卒からフリーターになって、そこから就職活動をすると言う人は内定がもらえなかったり、社会勉強をしてから就職をしたいと言う人が含まれているのではないでしょうか。 資格を取る勉強をする人、スキルを磨いてから就職したいと言う人とそれぞれ人によって異なりますが、勉強をする時間が足りずにフリーターの道を選ぶ人もいるでしょう。

大卒からフリーターは男女どちらが多い?

大卒からフリーターになる際に男女別に見てみると、どうやら男性よりも女性の方がフリーターになる割合が多く、その理由も様々です。花嫁修業や夢を追いかける人、また資格やスキルを磨きたいため就職活動を見送るなどがあるそうです。 さらに大学での理系か文系かでも大卒でフリーターになる割合も変わってくきます。やはり理系の方が就職する割合が多く、文系の方が就職する割合が少ないのも特徴の1つです。 理系の出身者が多い企業が増えているからかもしれません。近年IT企業が次々と増えデジタル世代とも言われているため、文系よりも理系の方が就職活動においては有利でしょう。

フリーランスの人気が急増

フリーランスの魅力

近年フリーランスの割合が年々増えてきています。その理由は会社などの組織に縛られた仕事をしたくないと言う人が多く、フリーランスになって好きな場所で好きな時間を利用して働くと言うスタイルが人気があります。 やはり好きな場所で好きな時間を利用出来ると言うメリットは大きく魅力的ですよね。自身の裁量で収入は大きく変わってきますが、いろんなクライアントを掛け持って、働けば働くほど収入が増えると言うことにメリットを感じている人も多いみたいです。 しかしフリーランスは自分で仕事を探さなければならない、と言うデメリットもあります。自身をブランディングして、多くの仕事の依頼を受けることが大切ですし、部屋に閉じこもって仕事をすることにより、運動不足に繋がりますし気が抜けてしまうことも多いかと思います。

そのためフリーランスの道を選ぶ人は自ら仕事を見つけたり、自身をブランディングして仕事の依頼を増やすことが出来るストイックな精神が必要かもしれません。けれどもやっぱり時間に縛りがなく好きな時間に働いて、好きな時に休憩することが出来るので、そこに魅力を感じる人が最近とても増えています。

フリーランスの職種は?

フリーランスとして働くメリットとして会社や組織に縛られない働き方や、好きな場所で好きな時間に働けると言う魅力がありますよね。しかしフリーランスと言っても様々な職種があります。ではどんな職種があるのでしょうか。 ・WEBサイト制作 ・アプリ開発 ・デザイナー ・クリエイター ・ライター ・カメラマン …など、本当に様々なお仕事があります。そこで自分の得意な職種やジャンルを選んで仕事をすると言うことが出来ます。最近ではクラウドソーシングと言って、インターネットさえ繋がっていればどんな仕事でも探して見つけて仕事をすることが出来ます。 いきなりフリーランスになって、自分で営業をしなければならないと言うこともなく、自分で出来そうな仕事を探して、クライアントと報酬の相談をしたり仕事の量の相談をしたりと自分なりの働き方が出来るようになってきました。

そのため、大学在学中にクラウドソーシングをきっかけに就職せずに大卒でフリーランスになると言う人もとても増えてきています。それだけフリーランスの魅力があると言うわけです。中には就職をしているけれどもWワークとしてクラウドソーシングを利用して副業をして副収入を得ると言う人も近年とても増えています。

大卒フリーターからの就活

社員登用制度の利用

大卒でフリーターをしていると言う人はどのように正社員になれるのでしょうか。もちろんアルバイトをしながら就職活動をする人もいますが、中にはアルバイト先で社員登用制度を利用して就職をする人も多いです。 アルバイトでその企業の仕事に慣れて、社員登用のテストを受けることで正社員になれると言う会社は結構多くあります。そのためアルバイト自体が就職活動の一環と言っても良いかもしれませんね。 しかし社員登用制度はその企業で少なくとも1年〜2年はアルバイトとして働き続けなければ社員登用で正社員になれないと考えた方が良いでしょう。 早い企業ではアルバイト半年で正社員にしてくれるところもありますが、やはり経験を積んで仕事に慣れるまでは少なくとも1年間は働き続けることが大切です。 アルバイト半年で正社員になれたとしても思っていた会社ではなかった…と言うことですぐに退職してしまうこともあります。 そのため1年間はアルバイトとしてインターンシップの感覚で働き続けて、どのような会社なのかと言うことを把握した上で社員登用のテストを受けることが良いかもしれませんね。

派遣社員・契約社員から正社員に

派遣会社によっては派遣先の会社に直接雇用で正社員になることが出来るところもあります。そのため派遣社員として1年〜2年間働いて、そこから派遣先で直接雇用をしてもらうと言う方法も就職する近道になるのではないでしょうか。 契約社員でも契約満了時に更新が出来れば極力長く働いて、契約社員から正社員になれる企業もあります。そのためアルバイトをしながら就職活動をするよりも手っ取り早く就職出来るかもしれません。

大卒フリーターが収める税金は?

所得税や住民税

大卒でフリーターになった場合、アルバイトをしながら色々な税金を納めなければなりません。その中に所得税があります。所得税とは稼いだお金から国に収める税のことで正社員だけでなく、アルバイトをしていても発生します。 しかしほとんどの会社が給与をあなたに与える際に所得税を引いた額を渡されるかと思います。そのため自ら所得税を払いにいくことはほとんどありません。 さらに住民税もかかってきます。住民税は年間所得から差し引かれる税金になります。しかし、市町村によっては100万円以下の収入ならば住民税を払う必要がないと言うところもあります。 フルタイムでアルバイトをするとなると年間100万円以上の収入を得られるため、ほとんどの場合住民税を払う必要があるでしょう。

健康保険や国民年金

健康保険の場合、アルバイトでも会社側が厚生年金の手続きをしてくれれば給与から差し引かれますが、国民健康保険となるとご自身で支払わなければなりません。国民健康保険や社会保険に加入しなければ、いざ病院に行ったときの負担額が大きくなるため健康保険は加入した方がいいでしょう。 さらに国民年金保険は安定した収入を得ている場合は年金を納めなければなりません。しかし収入次第によっては1/3免除や半額免除などが適応される場合があります。 年金に関してもほとんどの会社が給与から差し引いてくれるので、ご自身で払うことは少ないでしょう。

大卒フリーターで奨学金の返済

奨学金の返済が大変

もし大学を奨学金を借りて在学していたならば、大卒フリーターで奨学金の返済はとても大変になるでしょう。特に一人暮らしをしている人にとっては家賃、生活費、食費、その他にかかるお金からさらに奨学金の返済もしなければなりません。 そのためフリーターの場合アルバイトの時給や労働時間によっては相当苦労をすることになるでしょう。正社員であれば安定した給料で返済をすることが出来ますが、フリーターとなると安定しない収入で奨学金を返済するとなると、かなり生活が厳しくなるかもしれません。

大卒フリーターは高時給フルタイムで

奨学金の返済があるならば大卒で就職せずにフリーターになった場合、やはり高時給のアルバイトでフルタイムで働かなければ生活は特に厳しいでしょう。 返済するのに何年もかかり稼いだお金はほとんど奨学金の返済に当てなければならないと言う人も多いかもしれません。そのため夢を追いかけるために大卒フリーターの道を選ぶならばアルバイトの他にクラウドソーシングなどを利用して副収入を得る必要があるかもしれません。 さらにダブルワークとなると夢のための努力をする時間も減ってきてしまうので極力アルバイト先は高時給のところで働くことがオススメです。

実際に大卒フリーターでアルバイトをしながら奨学金の返済をしている人の口コミを見ても相当苦労していると言う声が多く、高時給のアルバイトをしなければ一人暮らしは出来ないでしょう。 そのため奨学金返済するまでは実家で暮らしながらフリーターをして、返済後に一人暮らしをすると言う人もとても多いです。奨学金を借りた場合は大卒フリーターはかなりリスクが高いと言えます。

大卒でフリーターをするならば

目的意識を持つこと

大卒でフリーターになるならば、まずなぜ大卒なのに就職をしなかったのか、理由をはっきりさせることが大切です。就活で失敗したならばアルバイトをしながら就活をしたり、アルバイト先で社員登用制度を利用したり、派遣社員で直接雇用を目指すなどの目的意識を持つと良いでしょう。 他にも夢を現実にさせるためにあえて大卒でフリーターをする人も、その夢を叶えるための努力を惜しまないことが重要ですし、アルバイトの特権である休みを作ることが比較的自由なので、努力をするための時間をしっかりと作ることが大切です。

無理して正社員を目指さなくても良い

最近ではフリーランスとして働く人も増えてきているので、無理して就職活動をせずに会社や組織に縛られない自由な働き方をする人も増えています。 そこでクラウドソーシングなどを利用して、自分の努力次第では普通のサラリーマンよりも月給を増やすことが可能になります。しかしそんなに簡単なものではないので、時間の使い方が上手い人や自身に合った仕事を見つけるのが上手い人、また好きな場所で好きな時間に働きたいと言う人などはフリーランスとして働くこともオススメです。 しかしフリーランスとなると自営業になるので確定申告などもいろいろ面倒なことが多くなるので、それを覚悟の上でフリーランスになることが重要です。

社会勉強としてのフリーター

大卒でも一度もアルバイトをしたことがないと言う人がそのまま就職をしてしまうと、アルバイト経験がある人よりも何倍も苦労するかと思います。 そこでアルバイト経験がない人は敢えて就職活動をやめてフリーターになってアルバイトの経験をして社会勉強をすることがとても大切です。就職をしてからの苦労や負担をなくすために就職する前にアルバイトで肩慣らしをして、そこから就職をすると良いでしょう。 もちろん、そのアルバイト先で社員登用制度を利用して正社員になることだって出来ます。そうすることによってその会社の雰囲気やどんな仕事をこなすのかなどを把握することが出来るのでオススメです。 大卒だからと言ってフリーターになることにコンプレックスを持つことはありません。理由は様々ですが、実際に大卒でフリーターをしている人は多いのでそんなに気にすることはありません。そのため自分のペースで正社員を目指したり、夢を叶える努力をすると良いでしょう。

関連タグ

アクセスランキング