IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活における滑り止め企業とは?滑り止めに使う業界の選び方

就活

長丁場の就活もいざ始まればあふれる情報とタイトなスケジュールの中であっという間。その中で納得のいく就活を終えるには本命と滑り止めの2本立てが必要という人もいれば、本命や滑り止めと独り決めは危険とも。果たしてその線引き、本当のところ皆はどうしているのでしょうか。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就活における本命と滑り止め、どう区別してる?

就活で内定もらった後... 納得いかないまだまだ頑張る廃人タイプ 本命1つ受けて落ちたらもうそこで就活終わりタイプ 何もかもやる気を失って学生ニートを満喫するタイプ 私は二つ目!!

就職活動を経ても3年で30%の離職率の現実

大学生活最後の難関にして、社会人スタートへの関門といえる就活。就職できても「新卒社員の30%が3年内に辞める」と言われる中、少しでもそんなリスクを回避できるよう自分も家族も納得のできる就活を、と思うのは無理のないことです。 しかし売り手市場と言われたバブル時代に就職を決めた親の世代と違い、今の時代に自分が完全に納得のできる就職先を見つけることができる人は全体数の中で多数派とは言えない状況です。

就活、本命は早々決められるけれど「滑り止め」は?

そんな中「ミスマッチ」と薄々わかっていても、その会社で就活を終えなくてはいけなかった学生が、結局ドロップアウトせざるをえなくなるのが、先に述べた3年後30%の離職率、につながる原因の大半を占めるようですが、そうならないために多くの就活生が口にするのが「本命」と「滑り止め」企業の二本立ての就職活動です。 しかし、「本命」の理由なら「業界最大手だから」「待遇がいいから」「将来有望だから」「子供の頃からあこがれていたから」などいくらでも挙げられますが「滑り止め」企業を「滑り止め」とした理由は他人にも尋ねづらく良くわからないことも多いもの。 果たして皆、どういう理由や動機で「滑り止め」を決めているのでしょうか。

就活での「滑り止め」の定義って何?

就活の「滑り止め」に対する考えも人それぞれ

就活において「本命」が何社もある、という人はあまり耳にしませんが、「滑り止め」は数十社という猛者から、ピンポイントで、という人までまさに千差万別。 さらに「滑り止め」に対する定義も人それぞれ違い、大まかに分類すると ・本命企業を受ける前の実践練習を兼ねて受ける企業 ・就職浪人はしたくない(できない)ため、ギリギリ自分が妥協できる会社 の2つに分けられます。 そのため練習の場数のため受ける企業の中から一番自分の希望する条件に近いところを「滑り止め」にする、といったような消去法で決める人と、比較的受かりやすいと判断できる企業の中から自分が行ってもいいかな、と思えるところを選んで受ける、という人がいるようです。

そもそも平均で何社くらい受けるのが就活のスタンダード?

ではそうした滑り止め企業を平均何社ほど受けているのか、といえばエントリー数平均の30社中何社が滑り止めに当たるか、がポイントとなってくるでしょう。 特に消去法で決めるやり方で滑り止めを選んでいる場合は、ある程度面接の場数が踏めた、と認識出来るタイミングと、「ここならまぁ入社してもやっていけるだろう」といい意味で諦めのつく会社から内定が出たタイミングが合った時が決めどきなので、「いつまでに何社滑り止めを受ける」のは難しいと言えるでしょう。 その点滑り止めであってもある程度最初から絞り込んで受けるという人は、極端に言えば1社目で内定がもらえればそこで「滑り止め」確保、となるので数もタイミングも全て自分主体で決まると言えるかもしれません。

就活での「滑り止め」の選択方法は?

就活の「滑り止め」、選択した基準は?

就活で「本命」にしろ「滑り止め」にしろ、それの決め手は学生一人一人で違うのは先にも述べましたが、近頃多く聞かれるのは家族や両親の意見が色濃く反映している場合が多いということです。 もちろん就職は個人の問題である一方で、それを支える家族の問題でもあります。また、もっとも身近な社会人の先輩として父親や母親からの意見を参考にするのは悪いことではありません。 特に理想だけで走りがちな時に冷静な目で判断してくれる存在は大きいものなのですが、時にそれが行き過ぎると過干渉となったり、本人自身の希望や意見がないがしろにされてしまうことも。 学生課や両親、友達、兄弟などの意見を聞く、アドバイスをもらう、のは大切ですが最終的には自分も納得した上で「本命」も「滑り止め」も決めるようにしていかないと、先々上手くいかなかったときにそれを周囲のせいに責任転嫁してしまい、自分の中に「逃げ」を作ってしまうといった悪循環を生むことにもなりかねません。

就活で受けた会社総数の内、「滑り止め」は何社くらいを占める?

就活が同じく人生の関門の1つとされる大学受験とはまた違ったつらさを持っているのは、その不明朗さにあると言えるかもしれません。 偏差値や合否判定といった「わかりやすい」指標に欠ける就活は、「落ちた」という現実をつきつけられてもその原因がクリアにはわかりづらく、対策も立てにくいもの。 特にその状態で次から次へと面接や試験をこなしていき続けなくてはいけない時は、自分の中で「前の会社が駄目だった理由」と「それに対する反省点と対策」、「改善するために改めて積んだ努力」がセットにできず、ぐすぐず自信もないままに受け続ける羽目になりかねません。 そうした中で「残念ながら」メールが続いたりすると、本命どころか滑り止め、と思っていた会社に対しても自信を全く喪失してしまうことに。 平均エントリー数30社とは言いますが、なるべくであればそうした悪循環に陥らないように、自分の中で日程的にも、難易度的にもメリハリをある程度前もってつけておく方がいいでしょう。

最終的に「滑り止め」と決めた会社、その基準は?

第一希望の本命しか受けない、という人が少ない中で、最終的に「滑り止め」と決めた会社に入社するという決断に至った理由で多いのが ・福利厚生が良かったから ・面接官の対応や話が良かったから ・本命の業種と同じだから といったものです。ある意味でこの選択は大学の滑り止めを選んだ理由とよく似ています。 実際、本命の大学と同じ専攻の大学を滑り止めにした、とか在校生の感じが良かったから、というポジティブな理由で滑り止めを決めておいた人の場合は、最終的に滑り止め大学に進んでも比較的早く自分の中で切り替えができるのと同じように、会社でも「ここで頑張ることにしよう」と切り替えられた人が多いようです。 それが「本命」に落ちたから仕方なく、というどこまでも後ろ向きの理由で入社してしまうと、それ以降もなかなかいい意味での開き直りもできず「たられば」に終始してしまいモチベーションも上がらないまま、会社内でのポジションもなくしてしまうという最悪のシナリオを迎えてしまう人も少なからずいます。 滑り止めの中から1社選ぶ場合も減点方式ではなく加点方式で選ぶようにする、ただそれだけかと言われそうですが、「何事も心の持ちよう」というのも事実。次善の策をとるのも就活を成功に導くコツと言えるでしょう。

「滑り止め」を複数キープした、という人はいる?

就職活動のシーズンがある程度限定されている以上、本命、滑り止めを問わず複数の会社の入社試験や面接を並行して行っているのは仕方がないことです。それに伴い、内定を出してもらえた会社が複数ある状態になることもままあることでしょう。 ただしそれをずっとキープしておけるかというと、道義的にも実際問題としてもかなりの疑問符がつくと言えます。 なぜなら優秀な人材を確保したいのはどの企業にも言えることなので、最近では「内定承諾書」といった形の文書の提出を求められることや、内定者の両親などを対象とした説明会などを開催するといったケースも多くなってきています。こうした一切を無視したり、あるいは逆に一通り行った上で断る、というのは精神的にもかなりな負担になります。 さらに学生課などのサポートの上での内定だった場合は、母校の後輩たちに迷惑をかけるということにもなりかねません。「ここなら入社してもやっていける」となる企業から内定がもらえたら、早め早めに他の企業には内定辞退を伝えた方が自分の負担も減るので、「なんとなく不安だから」や「せっかく(内定が)もらえたから」という理由でずるずる複数キープを続けるのはやめましょう。

「滑り止め」に使われやすい業種は存在する?

「本命」と同じ業界内で「滑り止め」を探す場合

自分が就きたい職種の業界がある程度きちんと決まっている場合は、本命と同じ業界で滑り止め企業を決めた方が良い場合が多くなります。 有名だから、とか賃金がいいから、という理由で無差別に滑り止めを受けていると、いざ最終的にその滑り止めに入社することになったとき、自分の中でモチベーションを維持するのが難しくなります。 特に入社後に何らかの壁にぶつかった時、「そもそもなんでこの会社に入ってしまったのか」などと思い始めると努力する目標も理由も見つけられなくなってしまいます。 その点、本命と同じ業界、業種の企業であれば、仕事自体はやりたいものには違いないということや、キャリアの積み方次第では先々本命への転職も視野に入れられないこともありません。 そういった点からも明確に「就きたい」仕事がある場合は、同業他社のような滑り止め企業を選択しておいた方が良いでしょう。

興味のある業界が複数あって絞り込めない場合の滑り止めは

本命、滑り止めに関わらず業界を1つに絞り込めない場合は、関連性を大事にして探して見るのも1つの方法です。今の時代、どんな仕事も全くの畑違いということは案外少ないもの。 例えていうなら「じゃがいもを生産する」ということ1つにもじゃがいもの品種改良ならバイオ分野が、じゃがいもをバイオ燃料と考えればエネルギー業界が、レシピや商品化なら食品加工、その流通、さらに輸出、とどんどん仕事はリンクしていくものです。 何か1つ自分が好きなもの、得意なもの、興味の持てるもの、を軸にして職を会社を探していけば、自然と企業研究のモチベーションや入社後の自分の目指すものも描きやすくなります。

「本命」が門戸が狭い、あるいは特に就きたい業種が決まっていない場合

ある程度「この会社に入りたい」という目標はあってもそこが人気ランキング上位の難関企業であったり、あるいは特に明確な仕事に対するビジョンがない、といった場合は「門戸が広い」といった点で滑り止めを選ぶのも一つの方法です。 採用人数が多い、ということはブラック企業で離職率が高いということももちろん考えられますが、成長分野で人材が足りない、という企業もあります。また特に就きたい仕事があるなどのビジョンがない、ということは裏返せば何でも吸収していける素地があるとも言えます。 今後の自分の伸びしろを考えて、妥協できる企業から選択するというのは決して後ろ向きの決断ではありません。

「滑り止め」と決めていた会社に落ちたら?

「ここは滑り止め」と独り決めしていた会社に落ちた場合は

どういった動機や理由であるにしろ、「滑り止め」と自分の中で決めていた会社から軒並みお祈りメールを受け取った場合のダメージはかなりなものがあるといえます。 特に自分勝手であっても「ここなら大丈夫だろう」とみなしていたところからつきつけられた現実を受け入れるには大変です。 しかし、就活がほぼ一斉スタートで、立ち止まる余裕がなかなかない以上、落ちたという現実はなるべく早く自分の中で消化していくしかありません。

「滑り止め」落ちっぱなし、では悪循環の始まり

では「滑り止め」に軒並みお祈りメールをもらってしまった場合はどうしたらいいでしょうか。 まずは冷静になって自分が相手方企業からどう見えていたか、を考えなくてはいけません。大学名や資格、学位などその時点で変えようのない部分は思い切って棚上げするとして、その他の部分での自分の失敗原因を探らなくてはまた二の舞を踏んでしまうだけになってしまうどころか、ぐすぐずと同じ過ちを繰り返しているうちに就活シーズンが終了してしまいことになりかねません。

「滑り止め」落ちた時の対処法は

まずは、落ちてしまった企業の試験や面接内容を思い返してみましょう。 その中で、すぐ思い当たるような節がある場合はもちろんのこと、それ以外のことも分析し、自分の中での「敗戦処理」をきちんとしておかないと本命企業でも同じわだちを踏んだり、自信喪失のままに試験や面接に臨まなくてはならなくなってしまう、ということにつながります。 相手方企業の研究が足らなかったのなら、より深く掘り下げるようにする。面接での態度や言葉使い、あるいは積極性などに問題があればその点を修正・補足できるようにしておく、といった「転んでもただでは起きない」メンタルが必要になってきます。 またその反省点を踏まえて、まだ滑り止め候補の会社の試験や面接が残っているようなら積極的にもぎ取りに行く、覚悟も必要です。 もちろん就職も人と人との関係から生まれるものである以上、相性やそうした不可避なものが原因である可能性もありますが、上手くいく理由も失敗した原因も全て自分の中にある、と考えなくては就活は乗り切っていけません。

ある意味「滑り止め」の失敗は「本命」への開き直りを産むことも

またその反省点を踏まえて、まだ滑り止め候補の会社の試験や面接が残っているようなら積極的にもぎ取りに行く、覚悟も必要です。 もちろん就職も人と人との関係から生まれるものである以上、相性やそうした不可避なものが原因である可能性もありますが、上手くいく理由も失敗した原因も全て自分の中にある、と考えなくては就活は乗り切っていけません。

就活を走りきるには、計画性と捨て身の二律背反が必要

いざ就職できても3年内の離職率が30パーセントを超える現実の中には、他人から見れば一般的にはエリートとされるような仕事に就いていた人や、就職先人気ランキング上位の会社に勤めていたという人も少なからず含まれています。 傍から見ればどうして?と思う選択でも本人の気持ちは当事者にしかわかりません。またそれとは逆に普通に考えれば3Kとされてきたような仕事であっても自分の中での満足度は高いという人も多いもの。 企業研究やOB訪問を繰り返したり、インターンを重ねてみても最終的には「入社してみなければわからない」というのも本音の部分ではあります。しかし、明らかに入社前から後ろ向きな気持ちで臨むしかないようなミスマッチな内定を取っても、本人はもちろん周囲にとっても先々大変な事態になるだけです。

就活を完走するには過大評価も自己卑下もなくすこと

理想と現実は違う、と割り切る部分も必要ですが、就活はある意味「計画性」と「捨て身の作戦」が混然一体となるのが当たり前。 本命企業には、自分でできる万全を尽くしたら後はある意味で天命を待つ勢いで挑むほどの「捨て身の覚悟」が必要とされる一方で、滑り止め企業の選択には自分の実力と将来への考え方、さらには就活全体のロードマップを捉える冷静な計画性が要求されます。 本命、滑り止め、どちらに位置づける企業もこれからの人生を左右する大事な選択の1つとなっていくもの。決して自己を過大評価したりあるいは自己卑下することなく就活を無事完走できるようにしていきましょう。

就活は情報戦! プロに相談できるキャリアチケット

滑り止め企業を探すよりももっと大きなチャンスを狙ってみませんか? 大手企業の欠員枠にエントリーできる推薦サービスを行う「キャリアパーク」では、面接当日に内定をもらったという実績を残しています。 ・人事目線のアドバイス ・適正のあった企業にあなたを推薦 ・マンツーマンでの手厚い選考対策 など、いろいろなサポートを受けて他の人と情報で差をつけませんか? 理想の企業からの内定をぐっと近づけるためにも就活のプロに相談できる「キャリアパーク」をぜひ活用してみてください。

関連タグ

アクセスランキング