IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

住宅業界で人気企業の業績ランキング・平均年収ランキング

業界・企業研究

住宅の設計や開発などを受け持つ住宅業界もまた、我々の生活の必要不可欠な産業です。今回は、住宅業界に注目して、就職活動や業界研究に役立つ、2種類のランキングをご紹介していきます。学生に人気の大手企業から、確かな技術力で業績を伸ばしている中小企業まで登場するので、ぜひ参考にどうぞ!

更新日時:

住宅業界企業ランキング:業績ランキング

最初にご紹介するのは、住宅業界企業の業績ランキングです。業績を研究することで、各企業の現状だけでなく、業界全体の将来性なども見えてきます。 以下は、住宅業界企業の売上高を元にしたランキングです。 ・1位:大和ハウス工業 ・2位:積水ハウス ・3位:住友林業 ・4位:住友不動産 ・5位:ヘーベルハウス ・6位:セキスイハイム ・7位:パナホーム ・8位:一条工務店 ・9位:三井ホーム ・10位:タマホーム ・11位:ミサワホーム ・12位:トヨタホーム ・13位:フジ住宅 ・14位:東日本ハウス ・15位:スウェーデンハウス ・16位:クレバリーホーム ・17位:サンヨーホームズ ・18位:ヤマダ・エスバイエルホーム ・19位:アキュラホーム ・20位:東急ホームズ ・21位:穴吹工務店 ・22位:大成建設ハウジング ・23位:藤木工務店 ・24位:三菱地所ホーム ・25位:アイフルホーム ・26位:細田工務店 ・27位:アエラホーム ・28位:木下工務店 ・29位:セルコホーム ・30位:三浦工務店 ・31位:菊池建設 ・32位:ユニバーサルホーム ・33位:土屋ホーム 引用元:「ハウスメーカー比較ランキング(売上ランキング)(※1)」 ・業績ランキング1位:大和ハウス工業 住宅業界の業績ランキング1位は「大和ハウス工業」。売上高は、1兆2388憶円です。 ただし、この金額は、大和ハウス工業単独でのもの。連結による売上高は、2兆79憶円となっており、業界では大変高いものとなっています。1位と2位がツートップとなっているのが、住宅業界の現状です。 ・業績ランキング2位:積水ハウス 続いて、単独での売上高1兆223憶円で業績ランキング2位は「積水ハウス」です。連結での業績は、1兆6138憶円となっています。 ・業績ランキング3位:住友林業 業績ランキング3位は、単独での売上高6475憶円の「住友林業」です。連結での売上高は7974憶円となっており、1位・2位に大きく差をつけられた状態となっています。

住宅業界企業ランキング:平均年収ランキング

続いてご紹介するのは、住宅業界企業の平均年収ランキング。労働者にとって、最も重要な要素の1つですね。 以下は、住宅業界各社の平均年収を元にしたランキングです。業界研究をしている方は、業績ランキングの結果と比較して、各社の順位の変動などに注目してみましょう。 ・1位:セキスイハイム ・2位:ヘーベルハウス ・3位:三菱地所ホーム ・4位:住友林業 ・5位:ミサワホーム ・6位:大和ハウス工業 ・7位:トヨタホーム ・8位:タマホーム ・9位:三井ホーム ・10位:積水ハウス ・11位:パナホーム ・12位:一条工務店 ・13位:住友不動産 ・14位:藤木工務店 ・15位:穴吹工務店 ・16位:フジ住宅 ・17位:サンヨーホームズ ・18位:東急ホームズ ・19位:アイフルホーム ・20位:大成建設ハウジング ・21位:菊池建設 ・22位:アキュラホーム ・23位:アエラホーム ・24位:クレバリーホーム ・25位:ユニバーサルホーム ・26位:スウェーデンハウス ・27位:土屋ホーム ・28位:セルコホーム ・29位:ヤマダ・エスバイエルホーム ・30位:木下工務店 ・31位:細田工務店 ・32位:三浦工務店 ・33位:東日本ハウス 引用元:「ハウスメーカー比較ランキング(平均年収ランキング)(※2)」 2015年の、業界や職種に関係なく統計された労働者の平均年収は、440万円と言われています(※3)。住宅業界の場合は、33位の東日本ハウスの平均年収が、449万円。今回、ランキングに登場した全ての企業が、上記の440万円という金額を上回っていることになります。 それでは、3位までにランクインした企業の平均年収について、詳しくご紹介していきます。 ・平均年収ランキング1位:セキスイハイム 住宅業界企業の平均年収ランキング1位は「セキスイハイム」。平均年収は、908万円です。上記でご紹介した標準的な平均年収、440万円を大きく上回ります。また、セキスイハイムの30代の平均年収は、640万円。30代の時点でも、440万円を200万円近く上回る高額年収となっています。 ・平均年収ランキング2位:ヘーベルハウス 平均年収ランキング2位は「ヘーベルハウス」。平均年収は844万円となっています。30代の場合も、600万円となっています。 ・平均年収ランキング3位:三菱地所ホーム 続いて、平均年収800万円で3位にランクインしたのは「三菱地所ホーム」です。

収集した情報をどう活用するかが大切!

いかがでしたでしょうか?今回は、住宅業界の研究をしている方や、就職を考えている方に向けて、2種類のランキングをご紹介しました。 就職活動において、業界研究や情報収集は、重要な過程の1つ。情報は、ただ収集するだけではなく、何を読み取り、どういかしていくかが大切です。現在、就職活動や業界研究をしている方は、ぜひ情報の活かし方にも注目して、これからも情報収集を続けていって下さいね。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

新卒で入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 新卒入社で身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。 「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。特に、「DODA(デューダ)」は、求人数も多く、古くから運営されているため、求人の動向を詳細に教えてくれますよ。 来週にでも、「自分のスキルで転職して年収が上がるのか」を仕事帰りに聞きにいってみましょう。想像よりも自分のスキルへの評価が高くて驚くかもしれません。 ※相談は無料

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)