IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

医療事務の転職の実態|一般事務との違い・志望動機や面接内容

転職事情

医療事務という仕事は、意外にも他職種からの転職組が多いです。医療に関する事務ですので、もちろん一般事務とは違う知識が必要です。医療事務の魅力は何でしょうか?また、未経験でも、どのようにしたらスムーズに転職できるでしょうか。ポイントをご紹介しています。

更新日時:

医療事務への転職方法

医療事務は、一般事務とは若干違います。転職するに関しても、経験を活かした転職など、いくつかポイントがありますので、以下紹介していきます。

医療事務とは

医療事務とは、病院やクリニックなど医療機関で働く事務のことです。事務処理・会計処理だけでなく受付業務や患者や家族応対なども行います。事務的なスキルだけでなく、対人関係のスキルも必要な仕事です。医療事務の仕事内容は多岐に渡り、また臨機応変に対応しないといけないものも多くあります。 そのようなことから、事務職としては人との関わりも多く日々変化する要素もあり、魅力があります。一般事務でより幅広い仕事をしたい、と転職を考えた時に浮かぶのが医療事務になるのではないでしょうか。また、一般事務からだけでなく他職種からの転職も多いことから注目されている職業であるといえます。

医療事務への転職後~一般事務との違い

医師の仕事の、一般事務との違う点を挙げます。転職したいと思った時はよく比較してみましょう。

一般事務との違い①患者や家族との応対もある

事務特有のデスクワークだけでなく、患者や家族との応対もあります。一般事務だと基本的にはデスクワークで、人と接するのは来客時になると思われます。医療事務に転職すると、受付業務・会計業務などむしろ人と接することが中心です。そのため、コミュニケーション術や応対能力が必要になってきますが、それも特殊なものになります。 つまり応対相手のことですが、いわゆるお客様ではなく病気や症状・障害を抱えて受診してくる方なので、「不安」「戸惑い」「期待」など様々な要素が含まれてきます。それを感じ取って相対することが必要になってくるので、ただ愛想よくマニュアル通りの対応では不足してしまいます。 そして、一般事務だと応対するお客様は限られてきますが、医療事務で応対する患者や家族は老若男女・千差万別です。なかには、複雑な事情を抱えている人もいて戸惑うこともあります。クレーム対応もありますが、病気や健康状態のこととなると、誰でも必死になるものなのでクレーム対応も一筋縄ではいきません。 しかし、その分毎日の起伏がありバラエティにとんだ仕事ができる可能性があります。転職先として魅力がある一つの理由でしょう。

一般事務との違い②診療点数の計算

厚生労働相による診療点数の計算の理解が必要です。病院に受診した時、一般的なレシートのように受け取る用紙があります。恐らく2枚受け取ることと思います。よく見たことがあるでしょうか。1枚はかかった金額の明細、もう一つは点数が記載してあるはずです。この点数は厚生労働相が決めたもので、医療行為や診療・また看護技術・医療物品などの点数になります。 医療行為、診療内容、処置内容、使用した物品などに関して細かく点数が決められており、それに応じて医療費は決まってくるのです。点数が高いものほど、高度な技術や処置・物品であることが多いですが、一般事務から医療事務へ転職した際に初めに格闘することかもしれません。医療行為が点数化されていることは、今ほとんどの方に周知されているでしょう。しかし、その内容は膨大です。 また、実際に患者が支払う金額も患者の健康保険の内容などによって負担金額が変わってきます。この複雑な医療会計のシステムを覚えるのは大変ですが、スペシャリストとなればどの医療機関へ転職しても重宝されることは間違いなしです。

一般事務との違い③医療の知識が必要

転職して受付業務につくにしても、会計業務につくにしてもある程度の医療の知識が必要です。事務であるからといって、事務仕事だけできれば良い、というのは医療事務への転職では通じません。歩行困難な方の介助や難聴の方とのコミュニケーション、認知症を患う方との応対など医療的な知識や技術が、多少なりとも求められることになります。 施設内で頻繁に飛び交う医療用語は理解しなくてはいけません。医療用語には同じ略語で違う意味、というものも多いので転職した際は戸惑うことでしょう。医療事務は、事務でありながら、ある程度医療的な知識はどうしても必要です。

医療事務への転職後~特殊な仕事①

受付業務に含められる医療事務の特殊な仕事もあります。転職して一番戸惑う点かもしれません。受付へ来られた方の重症度もある程度分かる必要があります。普通に定期受診にこられた方で顔色も良く、普通の返答をしていれば通常の応対で良いでしょう。ただ、時々非常に重症な状態でありながら救急車などを呼ばず、自家用車で来院して一般の受付をして長い待ち時間の間に倒れてしまう、という人もいます。 これは病院組織の問題で、医療事務の責任ではありません。そこで看護師など医療者を受付に置くなどの試みは為されていますが、どうしても最初に対応するのは医療事務なのです。明らかに顔色が悪い、吐いているなどであればすぐに分かりますが、若干の呂律障害などだとすぐには気づけないこともあります。「なんか変だな」と気づけることも、医療事務への転職で段々と身に付けなければならない技術です。

医療事務への転職後~特殊な仕事②

また、インフルエンザやノロウィルスなどの流行時期に、窓口で気づいて隔離処置などをしておかないとすぐに待合室などで院内感染します。これはあくまでも医療事務だけの仕事ではありません。ただ、なんだか変だな、具合悪いかな?と思った時、医師や看護師へ相談する程度の判断は徐々に求められるでしょう。 このように一口に事務といっても一般事務とは違う点が多々あります。医療事務へ転職したい、と思った時はこれらのことに適応できるか、一考の余地はあります。しかし、医療事務はチームで行うので一人で困ってしまうことはほとんどありません。相談もできる環境であることがほとんどですので、あまり畏れすぎる必要はありません。特に医療的なことは、迷ったら医療者へ渡せばよいのであまり怖がらずにチャレンジすることが大切でしょう。

医療事務の仕事内容

転職後のイメージが沸くように、もう少し具体的に医療事務の仕事内容をご紹介します。

受付窓口

受け付け窓口は医療事務のメインの仕事です。療事務は受付での患者や家族の応対、救急車の誘導、面会者の案内、電話応対など病院で初めに触れる人としての役割があります。病院の顔は医師や看護師など医療者が多いとは思いますが、受付での印象も意外と重要です。受付で丁寧に対応してもらったとなると、特に高齢者などは次も行きたくなる、ということはよく聞きます。

会計業務

医療関係の会計業務は特殊です。実際に金銭のやり取りをするのは、受付に出ている医療事務スタッフになります。裏で会計計算をする医療事務スタッフもいます。(クリニックなどでは両方を兼務している所も多いでしょう。)医療費の計算は、レセプトと呼ばれる「診療報酬明細書」を作ることです。 前述した点数制度、患者の負担割合に応じて医療費を計算し会計窓口と連携して患者の会計業務を担います。できれば転職する前に、ある程度の知識があった方が良いものです。

クラーク業務~外来~

クラーク業務は、事務と言ってもかなり医療者的な仕事が多くなります。診療の補助業務であるクラーク業務は、転職した施設によって従事する内容が若干違います。 また、基本的には医師の診察を進めるために、来院された患者の予約時間などによって呼び込み順を整理したり、診療に必要な資料をそろえたり、といったことが業務内容になるでしょう。また、特に看護師などの処置がほとんどない診療科だと、患者の呼び込みまで行って診療の本格的な介助をすることもあります。

クラーク業務~病棟~

病棟でクラーク業務を行う時は、病棟業務がスムーズに進むように、また医師や看護師が医療行為に専念できるように手続き関係の事務的な仕事を担当することが多いようです。転職する際は、その施設で医療事務がクラーク業務につくのであればどんな仕事内容なのか確認すると良いでしょう。

医療事務へ転職するのに必要な資格とは?

基本的に医療事務職には資格が無くても転職することができます。ただ、前述したような診療報酬制度や患者や家族とのコミュニケーション技術、また医療用語など基本的な事に関して一般事務とは違う点があります。資格を取るために、講座や講習を受けておくと転職に有利なばかりでなく、転職してからも仕事に馴染みやすいかもしれません。 医療事務系の資格には、国家で認定された国家資格はありません。いくつかの団体が主催する資格があるので、医療機関への転職に強い資格団体の資格を選ぶと良いかもしれません。その団体は、直接医療機関に問い合わせても良いですし、就職支援センターのコンサルタントが教えてくれることがあります。

医療事務の資格①医療事務検定試験(日本医療事務協会)

医療事務検定試験(日本医療事務協会)とは、基本となる医療保険制度、患者応対、医療費計算などの知識や技術を講座で学び受験します。教材を持ち込める試験ですので、比較的取得しやすいでしょう。転職を考えた際にとりやすい資格です。

医療事務の資格②医事コンピュータ能力技能検定試験

医事コンピュータ能力技能検定試験(日本医療事務協会)とは、医療事務で必須となるコンピュータの入力業務に関する資格検定です。試験は実技になります。これも転職時の第一歩の資格になるでしょう。

医療事務の資格③医療事務管理士

医療事務管理士(JSMA 技能認定振興協会)とは、H17年より、商標登録された「医療事務管理士」の称号を得られる資格です。医科と歯科を選ぶことができ、学科と実技がありますが、いずれも資料を持ち込むことができます。この資格は転職した後に、スキルアップのためにとることもお勧めです。

医療事務の資格④メディカルクラーク検定

メディカルクラーク検定(日本医療教育財団)とは、医療事務試験には受験資格が無いものが多いですが、この検定にはある一定の講習を受けてから、という受験資格があります。そのため、信頼性が高い検定となっています。この資格をもっていれば転職には有利になるでしょう。ただ、転職後のスキルアップでも良い資格です。

医療事務の資格⑤診療報酬請求事務能力検定試験

診療報酬請求事務能力検定試験とは、医療事務の資格の中ではやや特殊になります。医療事務に関する資格取得に関しては、取得のために基礎知識を得ることが目的となっていることが多く、資格所有者を厳選する検定試験はほとんどありません。そのため、合格基準もそれほど厳しくないことが多いですが、この検定試験の合格率は30%と難易度の高いものとなっています。 それは、この資格が国家認定資格であり、医療保険の制度から医学の知識まで幅広い内容を習得することが求められる資格だからです。ですので、転職する時というより転職後にある程度医療事務の仕事をしてステップアップしたい時、管理職を目指す時、また医者付きのクラークに勤めたい時などに仕える、信頼性の高い資格です。1~4の様な資格をとって、更に上を目指す時などに良い資格検定でしょう。 *国家認定資格とは担当大臣による認定であり、いわゆる国家資格とは違います。

未経験からの医療事務転職

医療事務の転職事情

医療事務への転職を目指す人は多く、特に人気のある転職先だと求人数より応募者数が上回ることがあるのが現状です。ただ女性が多い職場なので出産や育児などで欠員が出ることもありますし、全国に医院やクリニックはどんどん増えていますので、募集が無いという事態は想定しなくてよいでしょう。 複雑な医療事務を覚えるには、一朝一夕ではいきません。そこで、医療機関が欲しいのは経験のある即戦力を持っている人材となります。即戦力が欲しい理由に、すべての医療機関ではありませんが、事務系はギリギリまで定員を絞っていることがよくみられます。その理由は、看護師や介護士などメディカルスタッフの人員を削るのが難しい、という現状があります。メディカルスタッフに人件費がかかるので、事務系は絞られてしまうのです。 つい数年前まではそのような事情が多かったのですが、最近は反対の傾向もあります。今ほとんどの医療機関で電子カルテが導入されています。今まで、紙カルテで行っていたことを電子化するのにコンピュータにも強い事務職は、むしろ重宝されている傾向もあるのです。外来業務などでは、処置が無ければ看護師を置かず医療事務だけで采配する医療機関も出てきました。 これらの相反する事情があり、医療事務の転職事情はやや複雑化しています。しかし、転職先が無い、という状況は今後も無いでしょう。

未経験でも医療事務になれるか

未経験でも医療事務になれるか、と言えばなることはできます。ただ、転職の際複数名の応募があった場合などは、どうしても未経験者は不利になるでしょう。どこでも即戦力が欲しいものです。 そこで、転職時未経験者が優遇されるにはどうしたら良いか、というと資格検定を取得しておくといいでしょう。医療事務に関する資格試験を受けていれば、基本の用語や知識は持っていると思われますので、一から教える必要はないと思ってもらえます。転職先として目指す医療機関があれば、その医療機関の傾向や診療内容を見て現場で使える資格を選んで取得しておくと良いでしょう。 また未経験の場合、年齢制限がある場合があります。覚えることが多いことなどが理由だと思われますが、年齢的にギリギリかな、という方の転職には人生経験などをアピールすると良いかもしれません。例えば、小児科の医療事務を目指す際には「育児経験があるので子どもに慣れている」、総合病院では「親の介護をしていたので認知症患者などにも対応できる」などはアピールしてよいでしょう。 また英会話が得意なら外国の患者の来院も多い医療機関には良いアピールになります。また元々医療や福祉関係の仕事などをしていれば、それも経験値として優遇されるかもしれません。未経験の場合は、このように医療事務そのものの資格を取ることと共に、何かその人自身のアピール材料があると転職に有利になるでしょう。

医療事務に転職する方法

医療事務への転職は、引く手あまたとは言えませんが転職先はあります。そこで少しでも転職を有利にするにはどうしたら良いでしょうか。 基本的には転職サイトや転職エージェントのアドバイスを受けた方が良いでしょう。というのは、医療機関というのは比較的閉鎖的な面があり、入ってみないと就労状況が分からないところがあるからです。未経験でも大丈夫、親切に指導します、などと謳っていても転職してみればすぐに即戦力を求められる、などということもあります。離職率の高い職場や医師がワンマンな職場など働きづらい職場を回避するためにも、広告情報だけで一人で飛び込むより有利になるでしょう。

医療事務に女性が多い理由

医療事務が転職を希望する女性に人気なのは、医療機関によっては時短勤務ができたり育児や家事・介護などに時間を割きやすい事情があります。パートによる短時間勤務など、主婦業との両立が一般事務よりしやすいことがあります。逆に正社員で医療事務としてバリバリ働きたい、という人の場合もあるでしょう。自分のライフスタイルに合う医療機関を探すことも必要です。

実際に医療事務に転職する時の手段

医療事務に転職するには以下のことが挙げられます。 ●できるだけ有利になる資格を取得する ●就労支援センターや転職エージェントから転職情報を得る ●実際に足を運んで、医療機関の雰囲気をみる ●いくつか絞ったら、自分のライフスタイルに合うかを検討して応募する

医療事務への志望動機

何故?医療事務なのか、を明確にする

一般事務では無く、医療事務を選んだ理由は大切です。医療事務で必須のコミュニケーションや医療関係スタッフとの連携ができる、と思ってもらえることです。ただデスクワークで一般事務をしているより、患者や家族メディカルスタッフとのコミュニケーションが魅力的であることや、日進月歩の医療業界での仕事に興味があるなど、医療事務でなくてはならなかった理由は必ず入れましょう。医療事務は事務職の中で、特殊性があるのでそこをアピールするのがポイントになるでしょう。

医療事務の経験者の場合

経験者であればそれだけでアピールにはなります。しかし、前職がありながら同じ医療事務に転職を希望する場合は、前職をどうして辞めたのか、が注目されます。同じ医療業界であれば気になることもあります。 そこでまずは今まで医療事務を経験して、更に医療事務を続けていきたい、と医療事務に魅力を感じている理由を挙げましょう。その中で、前職で経験して得た知識や技術、詳しくなった診療科などについて加えます。そして、前職から転職する志望動機を前向きに伝えます。例えば、「前職では少人数のクリニックだったので、技術や知識を広げるために総合病院を希望した」「高齢者とのコミュニケーションの多い施設で働きたかった」などです。また、転居やライフスタイルの変化で転職を余儀なくされた場合は、前職には満足していたが致し方なくといった風に率直に伝えると良いでしょう。 前職に不満や苦情があっても、転職の志望動機には入れないのが原則です。当該施設に転職しても、愚痴ばかり言ったりする人材なのではないか、と勘違いされてしまいます。

医療事務の未経験者の場合

医療事務の求人募集の内容で「未経験者歓迎」「未経験者可」という内容は少なくありません。ただ、実際には経験者と未経験者が同時に募集してくれば、ほぼ経験者が優遇されます。医療現場は忙しいので、ゆっくり指導できる時間が限られているのが理由です。 未経験者でも採用されるためにはまず資格をとっていくことが大事ですが、それ以外に志望動機を納得いくものにすることも必要です。ただ、「やってみたいと思った」「長く働けそう」だけだと他の仕事でも良いのでは?と思われてしまいます。 「ただデスクワークでは無く、患者とのコミュニケーションやメディカルスタッフとの連携があり、事務職の中でも起伏があってやりがいあると感じた。」などの内容は伝わりやすいとも思われます。自分が実際に医療事務員と接してみたとき(病院やクリニックなどを受診した時)の印象で、良かったこと(不安な受診時に丁寧に接してもらえたなど)などを付加しても良いでしょう。メディカルスタッフは常に慌ただしいですし、生命に危機のある現場などではかなり言動がきつくなります。そういう中でも対応できる人材が求められます。いずれにしても、コミュニケーション能力は必須事項です。自分自身がデスクワークのみより人と接する要素がある方が好きである、ということは強調しておくべきです。

医療事務の面接内容

未経験者が経験者より有利になれる面接

医療事務は仕事内容が複雑なため、どうしても経験者が未経験者より優遇される傾向があります。履歴書を提出した段階だけでは、経験者が一歩リードしてしまうのです。しかし、面接は未経験者も経験者より有利になれる可能性があります。 医療事務はコミュニケーション能力が必須の仕事です。それは、対患者だけでなくメディカルスタッフや関連する職種すべてに対して必要になってきます。その事務受付が明るく、気さくな印象があれば患者や家族もメディカルスタッフも気持ち良く仕事ができるのです。面接でコミュニケーション能力が高い、と判断されれば未経験でも採用される可能性が上がるでしょう。未経験者こそ、面接を重要視すべきです。 面接ではおおよそ導入部は ・なぜ医療事務を目指したか ・その医療機関を選んだ理由 が挙げられます。そして、そのあとは経験者と未経験者では聞かれる内容が違ってくるでしょう。

経験者に対する面接

経験者に関しては、やはり興味を持たれるのは「転職理由」です。どうして前職をやめることになったのか、今後どのように働いて行こうと考えているか、などは恐らく面接で聞かれるでしょう。この時に、大切なのは前職に関する不平や不満からやめた、とは思われないように受け答えすることです。実際には、前職に関する不満があったとしても、その部分が中心になってしまうと不平不満の多い非建設的な人材という印象を与えてしまいます。 また、転職しても医療事務を続けたいということに対してアピールしておくべきです。前職で学んだことや医療事務を経験して更に魅力を感じている点、などを具体的に話すと理解してもらいやすくなるでしょう。実際のエピソードがあるとより信ぴょう性が増すでしょう。 経験者の場合は、「医療事務の能力やコミュニケーション能力が不足していたために、前職を退職することになったわけではない」、未来を見据えた希望ある転職であることを印象付けましょう。

未経験者に対する面接

未経験者に関しては、人材として有望だと思ってもらう必要があります。医療事務の技術の点では経験者に適わないので、「その人と」働きたいという印象を持ってもらうのです。具体的には、「相手の話をきちんと聞き、それに適切に返答できる姿勢」「冷静沈着な仕事ができる」という人材である、ということなどが挙げられます。 高齢者や疾患により不自由がある人は、健常者のようにスムーズに動けなかったり表現できなかったりします。それに対してイライラせずきちんと向き合っていられるか、また時に怒声も飛び交う医療現場でパニックにならず必要な事務処理を行えるか、などがみられます。その自分をアピールするには、面接時の冷静でにこやかな対応と共に、今までの経験からそういった人材である、と印象付けられると具体性が増すでしょう。 例えば、アルバイトでも接客業をやっていた時のエピソードや、学生時代に取り組んだものなどから、積極性や冷静性、他者とのコミュニケーション能力の高さが見受けられるような事柄があると分かってもらいやすいでしょう。

医療現場での実際の場面に関する質問

医療事務の面接では「待たされている患者さんが苦情を言ってきたとします。どう対応しますか?」「自分は具合が悪いから、他の人より先に診てほしいと言われたらどうしますか?」といった質問もあります。 これらは、実際の医療現場でよくあることです。こういった質問は苦情処理に関することが多いようですが、ただ謝罪するだけでは足りません。医療はサービス業とは言われますが、一般の接客業ではありません。順番より重症度が優先されることもあります。予約していても、医療行為や処置により時間が前後しても仕方ないこともあるのです。逆に具合が悪くて病院に来ているので、一刻も早く診てもらいたい患者の気持ちも当然です。また、忙しい時間をやりくりして外来に来ているとすれば、時間に過敏になるのも分かります。 こうした医療現場の背景を考慮した返答を考えておきましょう。できれば実際の医療機関の窓口などの対応をみてみると良いかもしれません。(見学してみた窓口対応が必ず正しいとは限りません。それをみて、患者が納得していそうなら参考にするし、反面教師とみることが必要なこともあるでしょう。自分で判断してみることも必要です。)

自己PRの例文

経験者の自己PR

「私は医療事務として○年間勤務いたしました。その○年間の中で、医療事務の基本技術を学ぶことができました。前職は総合病院で複数の診療科があったので、ある程度の医療用語や医療処置を覚えることができたと思います。 ○年間の勤務の中で、医療事務はその施設の中での医療行為を円滑に進めるためには、なくてはならない非常に重要な役職であると感じ、やりがいを持って働いてきました。医療機関の表となり、裏となり活躍する現場が沢山ありました。 今後も医療事務を続けていきたい、と思っていたのですが、転居により転職となりました。今後も前向きに縁の下の力持ちとして、医療機関で医療事務を続けていきたいと思っています。そして、貴院の施設目標を伺いぜひこちらで働かせていただきたいと感じました。何卒宜しくお願いいたします。」

未経験者の自己PR

「私は事務員として○年間勤務いたしました。そこで、基本的なパソコン技術などを学ぶことができましたし、電話応対などの社会人としての一般常識を学ぶこともできました。しかし、事務職は電話やお客様をお通しする以外は、ほとんどパソコンの前で作業していることがほとんどです。 事務職として基本的なスキルが身についたのはとてもよかったのですが、やはり人と接する機会が多い仕事をしたい、と思うようになりました。そして、医療事務であれば患者や家族とのコミュニケーションもありますし、色々な医療職の方々との連携もあります。今までに取得した技術を活かしながら、自分のやりたいことを突き詰めたいと考えた時、医療事務として働きたいと強く思いました。 私は、元々人と接することが好きで、学生時代は福祉関係のボランティアなどをしていました。障害を抱えた方やその家族のお手伝いをすることで、決してきれいごとばかりではないんだな、と思うことも多く経験しました。今後は、プロとしてそういった方々と接していく仕事をしたいと思っています。 ただ、医療事務に関しては未経験ですので、○○という口座を受講し○○という資格をとりました。基本的な医療事務の用語やシステムについては、理解してきたと思います。できるだけ早く戦力となれるように努力してまいりたいと思います。何卒宜しくお願いいたします。」

医療事務に転職する時に大切なこと

実質的に医療業務を円滑にすすめているのは、医療事務であることも少なくなりません。医療機関での様々な業務は、事務や受付を通して進められることが多いからなのです。まず受付で患者とメディカルスタッフを繋ぎ、メディカルスタッフが外部と連絡を取りたい時の橋渡しとなり、必要時清掃担当者や送迎担当者など関連職種との連絡や連携も事務受付を通して行うことがほとんどです。 その中で、患者応対もしながら会計処理をしながら時に苦情対応もする、医療事務とは本当のプロフェッショナルな仕事であるといえます。毎日の起伏も大きいですし、突き詰めれば突き詰めるほどやりがいのある仕事といえるでしょう。 今、女性を中心に医療事務が非常に人気なのは、勤務形態や安定性もあると思います。パート勤務や時間の融通が効きやすいこと、また地域に根差した医療機関などは簡単に潰れることも無いでしょう。しかし、それ以上にそういったやりがいがあることが医療事務の仕事の志望者が多い理由だと思います。医療事務に転職を希望する時は、そのあたりの理想と現実をきちんと見極めましょう。そして、競争率の高い職場ですので、一度や二度落ちてもめげずに前向きな姿勢で就活していきましょう。

関連タグ

アクセスランキング