IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

商社に応募する際の自己PRの書き方|商社で求められる性格

書類選考・ES

皆さんは「商社」と聞いて、もし自分が「商社」の仕事に応募するならどんな「自己PR」を書きますか?おそらく、仕事内容ならまだしもどんな「自己PR」が適しているかまではわからない人がほとんどだと思います。今回は「商社」に適した「自己PR」の書き方を見ていきます。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

「商社」の仕事に応募する際の自己PRについて

皆さんは「商社」と聞いて、もし自分が「商社」の仕事に応募するとしたらどんな自己PRを思い浮かべますか?おそらく、「商社」の主な業務内容などならまだしも、「商社」の仕事にふさわしい自己PRがどんなものかまではあまりイメージがわかないという方の方が多いのではないでしょうか。 しかし、皆さんの周りにも「商社」の仕事を希望する人が多かったりするのではないでしょうか。もしくは、自分自身が「商社」の仕事に興味があり、今後応募する予定だという方もいると思います。 今回は、そんな「商社」の仕事に応募する際の自己PRに焦点を当てて、様々な観点から見ていきたいと思います。

「自己PR」を考える前にやるべきこと

では早速ですが、「商社」の仕事に応募したりする際や、内定をもらいたい時にどんな自己PRを書けばよいのかについて見ていきたいと思います。まずは、「自己PR」を考える前に応募者がすべきことについて見ていきましょう。

目当ての「商社」についての情報を得る

では早速ですが、「商社」の「自己PR」を考える目に応募者がやっておくべきことについて見ていきましょう。 まず、「自己PR」を考える前にすべきことと言ったら、自分の目当ての「商社」に関する情報を得るということです。そもそも「商社」というのは、国内外からの物資をメーカーから卸して販売を営む業態のことを指しますが、「商社」の種類は大きく分けて、ありとあらゆるものを扱っている「総合商社」と、専門の商品を販売する「専門商社」とに区別されています。 「総合商社」なのか「専門商社」なのかで、求められるものも変わってきます。この「総合商社」では応募者に対してどんなことを重点的に求めてるのか、この「専門商社」では応募者のどんなところに注目しているのかがわからなければ、よりよい志望動機も書けませんし、それらを踏まえた上で自分の強みはどんなところなのかがしっかりと把握できていないと、上手い「自己PR」もできなくなってしまいます。 また「商社」の仕事は、いずれにしても、魅力的な商品を仕入れて、どこにどれだけ卸していけるかが仕事ですから、新卒学生にも営業的、企画的なセンスが要求される仕事であります。 さらに、海外からの商品も扱うので、「語学力」があればかなり強みになります。 「商社」の仕事に応募し、「自己PR」を考えるのであれば、これらの要素を念頭に入れておきましょう。就職活動までにスキルを高めて専門商社への志望動機を固めておくといいでしょう。

「商社」の場合の「自己PR」のポイント ~応募や新卒の場合~

ここまで、「商社」の「自己PR」を考える前に応募者がすべきことについて見てきましたが、今度は「商社」の仕事に応募した後、実際に「自己PR」を書く際に注意すべきポイントについて見ていきたいと思います。

「商社」に必要なのは「行動力」と「コミュニケーション力」

では早速ですが、「商社」の仕事に応募した後、実際に「自己PR」を書く際に注意すべきポイントについて見ていきましょう。まず、「商社」の仕事に応募した後、実際に「自己PR」を書くことになった時注意すべきことは、「行動力」と「コミュニケーション力」のアピールに重点を置くということです。「商社」の主な業務内容を踏まえて考えてみると、まず契約先の企業から商品を卸し、販売しますよね。こういった業務の場合、いつまでに商品を卸し入れ、いつまでに販売するのかなどといった「期限」が厳しく決まっているケースがほとんどです。 そのため、一つ一つの仕事を正確に、かつテキパキと素早くこなす「行動力」が「商社」では重要視されるのです。さらに、「商社」では「行動力」ともう一つ「コミュニケーション力」が重要とされます。それはなぜかというと、先ほども言ったように、「商社」は他の企業からその会社の商品を卸したり販売することが主な業務になります。そういった業務が成立するのは、相手先との信頼関係が築かれていて、契約関係にあるからです。この信頼関係や契約関係を築くためには、まず取引先の相手とコミュニケーションを取ることから始まります。 つまり、他の企業との契約関係を結ぶことを目的とした、「商社」の営業職の仕事には、「コミュニケーション力」が求められるのです。また、「未経験者」や「新卒者」の場合、「経験者」や「転職者」とは異なり、専門的な知識やスキルを習得しているわけではないので、そういった「行動力」や「コミュニケーション力」をアピールするのが良いでしょう。

「商社」の場合の「自己PR」のポイント ~転職の場合~

ここまで、「未経験者」や「新卒者」が「商社」の仕事に応募した後、実際に「自己PR」を書く際に注意すべきポイントについて見てきましたが、今度は「経験者」や「転職者」が「商社」の仕事に応募した後に、実際に「自己PR」を書く際に注意すべきポイントについて見ていきたいと思います。

前職での実績やそこから学んだことをより具体的にアピールする

では早速ですが、「経験者」や「転職者」が「商社」の仕事に応募した後に、実際に「自己PR」を書く際に注意すべきポイントについて見ていきたいと思います。 「経験者」や「転職者」の場合は、前職での実績やそこから学んだこと、さらにそれらをこの会社ではどんなふうに生かしていけると考えているのかを、より具体的にアピールしましょう。 先ほどもご紹介したような「語学力」など、実際の実績や経験などの具体的なことを交えながらアピールすることが重要になってきます。

「自己PR」の例文

ここまで、「経験者」や「転職者」が「商社」の仕事に応募した後に、実際に「自己PR」を書く際に注意すべきポイントについて見てきましたが、最後に「商社」の仕事の「自己PR」の例文について、「未経験者・新卒者」、「経験者・転職者」別に見ていきたいと思います。

「自己PR」 例文 ~未経験者・新卒者~

では早速ですが、「未経験者」や「新卒者」の場合の「商社」の仕事の「自己PR」の例文について見ていきたいと思います。以下に、「未経験者」や「新卒者」の場合の「商社」の仕事の「自己PR」の例文を挙げておきました。 宇宙開発や天文等、人類の文化発展を支えるスケールの大きい商品を扱えることに非常に魅力を感じました。御客様とのさらなる太いパイプ構築に貢献できるフットワークの軽さ、ヒアリング能力には絶対の自信があります。そして最大の武器は幼少の頃から続けているサッカーで培われた体力です。上司、先輩の手となり足となり動き、商品知識、業界知識を貪欲に吸収していきたいです。使い捨ての営業でなく営業に集中できる、成長できる環境がしっかりと整えられてる点、そして山本様の誠実かつきめ細かな御対応に強く惹かれまして、御社で骨を埋めたく応募致します。御社の一員として山本様とご一緒に働かせて頂ければ大変光栄です。

「自己PR」 例文 ~経験者・転職者~

次に、「経験者」や「転職者」の場合の「商社」の仕事の「自己PR」の例文を挙げておきました。 約三十年に及ぶ専門商社での経験及びJETROでの三年に及ぶ英国駐在経験を通じて、欧米及び中国・台湾・韓国との英語によるビジネス展開のノウハウを習得しています。その内容としては、エレクトロニクスその他の分野における対日輸入有望商品の発掘、代理店交渉及び契約の締結、輸出入実務、国内販売規格及びルート開拓、実際の販売活動および顧客管理等、一連の流れをすべて経験しております。その経験が生かせる仕事を求めています。

志望企業の内定獲得のカギは「自己PR」

就活の面接時、ESや履歴書で他のライバルと差をつける「自己PR」。自分らしさを採用担当者に伝え、注意を惹き付けるためには、論理的で採用担当者が見ているポイントを抑える必要があります。 穴埋めだけで、自己PRのポイントを抑えられる資料をこちらに用意しました。自己PRで内定を獲得し、納得の年収と、圧倒的成長を実現できる企業への切符を手に入れましょう。

関連タグ

アクセスランキング