IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

株式会社ネオキャリアのインターン対策|倍率、選考方法など

更新日:2020年11月06日

インターンシップ

最近LINE株式会社元社長の森川亮氏を社外取締役に迎えて、根強く成長を続けています。ネオキャリアでは、事業だけでなく、インターンシップも特徴的で、少し変わった負荷のかけ方をしています。今回はその独特なインターンシップの内容についてご紹介するので、興味を持った方はぜひ応募してみてください。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

株式会社ネオキャリアのインターンシップに参加したい

みなさんの中にも株式会社ネオキャリアのインターンシップに参加したいという方も多いのではないでしょうか?しかし、倍率の高い株式会社ネオキャリアのインターンシップに参加するためには、しっかりとした対策をしなければ選考を通過できません。そこで今回は株式会社ネオキャリアのインターンシップ対策についてご紹介いたします。

株式会社ネオキャリアのインターンシップ対策:企業研究 

ネオキャリアは主に4つに分けられる分野で事業を展開しています。それぞれ、 「人材」 「WEB」 「ヘルスケア」 「海外」 です。ネオキャリアの得意なのは人材関連の事業で、「ヘルスケア」や「海外」の分野でも人材派遣を中心に展開していますが、最近はLINE株式会社の元社長を外部取締役に迎えて、Web分野にも力を入れています。

企業概要

企業名:株式会社ネオキャリア 所在地:本社 東京都新宿区西新宿1丁目22番2号 新宿サンエービル 2F 代表者:代表取締役 西澤 亮一 設立日:2000年11月 資本金:355,702,890円(2015年4月現在) 社員数:1690名 ※2016年4月末時点 事業内容:採用コンサルティング事業、新卒紹介事業、中途紹介事業、一般派遣事業、採用広告事業、ソーシャルリクルーティング事業、DSP広告事業、医療系人材紹介事業、保育介護系人材紹介事業、海外人材紹介事業、BPO事業

企業の特徴

株式会社ネオキャリアのインターンシップ対策:実施内容を知る

ネオキャリアのインターンシップは特徴的で、宿泊しながら計3日間、集中してプログラムをこなしていきます。効率よくノウハウを学べるだけでなく、自分の限界を知ることができ、さらに採用人数は24人と少なめですが、濃密な時間を一緒に過ごす、関係の深い友人・仲間を得ることもできます。

株式会社ネオキャリアのインターン実施内容

応募対象:2018年卒対象、計24人 応募方法:ネオキャリアのホームページでエントリー ネオキャリアのインターンには、「~BEAT~山と湖の大自然、ジブンと向き合い、仲間と向き合う、2泊3日」というタイトルがつけられており、十数のプログラムが用意されています。詳細は公開されていませんが、合宿のようなもで、都会から離れ、自然の中で集中的に行われると考えられます。一部、公開されているプログラムを紹介します。 SELFPRESENTATION:自分自身を徹底分析し、30通りの魅せ方を学び、プレゼンテーション力・シナリオメイキング力をつけます。 SHOWERCLIMBING:チームを作成して個人の特性を最大限活かしながら競争し、チーム思考力・コミュニケーション能力をつけます。 BONEFIRE:自分の考えをしっかりと言語化して話、人生のプランニングを行い、思考言語化能力・プランニング力を身につけます。 IQ ESCAPEGAME:問題の本質の見極め、分析を通して、フレームワーク思考力やクリティカルシンキング力を学びます。 NEOFEEDBACK:自分の案や行動に対して社員からのフィードバックを受けます。そこから、イノベーション力や起業力を学んでいきます。 インターン採用日程 説明会兼、1次選考会に参加 2次選考(グループor個人面接) 選考通過者のみ、インターンシップ本番参加 インターン勤務内容 勤務期間: 8月18日~8月20日 8月25日~8月27日 9月8日~9月10日 給与情報:交通費・宿泊費支給 勤務地:都内集合後、移動します。

株式会社ネオキャリアのインターンシップ対策:採用対策

次のページ:ネオキャリアのインターンシップ対策で重要なのは、体力
初回公開日:2016年11月21日

記載されている内容は2016年11月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング