IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フリーのコンサルタントとは?気になる仕事内容や源泉徴収について

フリーランス

コンサルタントにも様々な職種があります。フリーランスコンサルタントとして活躍している人が最近増えています。フリーランスコンサルタントになるにはどうしたらいいのか?フリーランスコンサルタントに求められるスキルや年収、源泉徴収など様々な疑問の解決策をご紹介します。

更新日時:

フリーのコンサルタントの仕事内容

コンサルタントになるにはどうしたらいいのでしょうか。また、フリーランスとしてどうしたら独立できるのでしょうか。今回の記事では、気になるフリーランスコンサルタントの仕事内容や、年収について紹介していきます。

フリーコンサルタントの主な仕事

コンサルタントと聞くとどのような物を思い浮かべますか?コンサルタントというのは、民間企業や官公庁などから依頼を受けて、依頼を受けた会社や官公庁などにたいしての経営状態や未来の方向性について分析をした上で、改善策や方針についてアドバイスをしたり、指導をする人のことです。

コンサルタントは、色々な種類のコンサルタントがいます。その仕事内容は、企業の業種、仕事内容によって変わってきます。

フリーランスのコンサルタントの仕事の流れ

フリーコンサルタントの仕事のおおまかな流れとしましては、お客さんが今どのようなことで悩んでいるのか、どのような課題を抱えているのかをヒアリングしにいく必要があります。

そして、ヒアリングした内容について分析をし、解決策や方針を見つけ出します。いつまでに問題解決を目指すのか、お客さんがどの程度の予算を組めるのか。

どんな分野で詳しいコンサルタントが必要なのかなどを、お客さんと確認していきます。方針や解決方法が決まれば、あとは解決のためのプロジェクトチームを組んで企画や戦略を進行、サポートしていきます。

フリーコンサルタントの種類

実は、コンサルタントにも種類があります。先程も書きましたように、企業の仕事内容や分野によってコンサルタントの仕事は様々です。今回はほんの一部ですが、フリーコンサルタントにできそうなコンサルタントの種類をご紹介しましょう。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、その名の通りIT系に詳しい人です。主にコンピュータのこと、サーバーのことなど様々な知識を持っています。企業が抱えている問題に対して、IT(情報技術)の知識を武器にし、企業の経営方法や経営問題解決への提案、支援を行うコンサルタントです。

ITコンサルタントの仕事内容

SEとの違いは、プロジェクトを提案、企画、支援または、実行することが中心となります。 主な仕事内容としては、どんなソフトが使いやすいか、どんなシステム構築がいいのかどんなアプリケーションが必要なのか、どのようなプログラムを書いたほうがいいのかなどITに関する知識を持って、システムの企画、構築などをしたりします。 クライアントの問題解決への糸口が見つかれば、そのプロジェクトを実行、支援するために動きます。

フリーランスのITコンサルタントになるには

フリーランスのITコンサルタントになるには、これと言った特別な資格はいりませんが、マイクロソフトオフィススペシャリスト(現在はマイクロオフィストレーナーと呼ばれています)などのIT分野に強い資格を持っていたほう良いです。 また、問題の解決力、考える力が必要となってきます。そのため、高い観察力、解決力、提案力が求められます。

フリーランスのITコンサルタントになるためには、一度ITの企業に所属し、ITに関する知識や技術を高めてから、フリーランスITコンサルタントを目指したほうがいいでしょう。

建設コンサルタント

建設コンサルタントとは、名前の通り、建設業に関わるコンサルタントです。国土交通省の建設コンサルタント登録規定というものがあり、国土交通省に登録された企業で建設コンサルタントとして働くことが多いです。もちろん、フリーランスの建設コンサルタントもいます。

フリーの建設コンサルタントとして働くには十分な知識や提案力、問題解決力が必要ですが、ブラック企業な建設企業に務めているのであれば、フリーの建設コンサルタントとして働くという人も多いです。とあるフリーランスの建設コンサルタントは、年間で165日の休日がある人もいます。

建設コンサルタントの仕事内容

建設コンサルタントといっても、その仕事内容はとても幅広く、一概に建物だけを取り扱う仕事というわけでもありません。道路や河川、湾港や橋下水、造成など、建設コンサルタントの仕事は意外と幅が広いです。または、現場技術といい、実際に現場に赴いて、技術的なサポートをする場合もあります。

フリーランスの建設コンサルタントになるには

フリーランスの建設コンサルタントになるには、まず国土交通省に定められた規定登録をした企業に務めてしっかりと下積みをしましょう。何年働くかは自分しだいではありますが、企業で得た知識や技術などは、フリーランスコンサルタントとなっても活かせるでしょう。

経営コンサルタント

依頼してきた企業、団体の抱えている問題点を調査し、分析することによって今後の経営方針や問題の解決を提案します。 経営戦略や会計、財務、生産効率、組織、人事、営業、マーケティングなどその仕事内容は幅広く活躍の幅が広いのが特徴です。フリーランスの経営コンサルタントとして働く人も多く、様々な分野でビジネスをサポートしています。

経営コンサルタントの仕事内容

大まかな内容としては、依頼された企業に今何が必要であるのか。人事、会計、営業、マーケティング、事務、経営状況の見直しなど、その企業にどのような提案をし、課題を提案するのかを考えていきます。

フリーランスの経営コンサルタントになるには

大手企業以外の経営コンサルタントはフリーランスであることがほとんどです。フリーランスの経営コンサルタントとして活躍するには、経営コンサルタント企業に一度務め、様々な経験を積んでから、フリーランスを目指すのが一番の近道といえるでしょう。 いきなりフリーランス経営コンサルタントを目指すのもいいですが、やはり高い経営知識と提案力問題解決能力が求められますので、しっかりとした下積みが必要でしょう。

フリーランスのコンサルタントに求められるスキルについて

さて、フリーランスコンサルタントとして活躍することは、とても誇らしいことですが、各コンサルタントにおいて求められるスキルは共通しています。そのスキルは大きく分けて3つあります。 一つ目は『各分野における知識と技術』です。当然ですが、フリーランスコンサルタントとして働くにはその分野における知識や技術が必要になってきます。特に技術職となると知識だけでなく、技術としての経験も時には必要になってきます。きちんと学び、理解することによって、仕事に活かせる物となります。

二つ目は『人の話を聞くこと』です。これは問題解決においてとても重要なスキルです。やはり、ヒアリングできない人というのは、何が問題なのか、どのような提案をすればいいのかがわからず、自分の知識や技術だけを力説しようとします。これでは、フリーコンサルタントとしてはやっていけません。 まずは、依頼された企業にどのような問題があるのか、どのようなことで困っているのかを調べることが大切です。 三つ目は『提案力』です。人の話を聞き、どのような問題があるのか確認したうえで、自分が持っている知識や技術を発揮し、提案をすることが大切です。相手がどうしたらいいのか途方に暮れている状態の時にこそ、自分の提案力を発揮しましょう。そうすることによって、問題解決や戦略への計画をスムーズに立てることができます。

フリーランスのコンサルタントの年収

フリーランスコンサルタントとして働くとなると、年収も気になるところです。それでは、各分野のフリーコンサルタントの平均年収を見ていきましょう。

ITコンサルタントの平均年収

ITコンサルタントの平均年収は、働き盛りの25歳~29歳だと560万円程度。 ベテランになってくれば、600~800万は稼げるでしょう。 特にITの発展してきた現在では、アプリケーション開発やスマホゲームなどの開発が多いため、需要が高くなっています。 フリーランスのITコンサルタントだと、初めのうちは500万と25歳の働き盛りとあまり変わりませんが、ベテランだと、800万~と高めの収入が期待できるでしょう。

建設コンサルタントの平均年収

建設コンサルタントは仕事としては幅広く活躍できるので、おおよそ、月収で30~50万ほど。年収にして400~600万円ほどでしょう。年収範囲になると350~1200万円ほどと全体的に高めですね。

経営コンサルタントの平均年収

フリーランスの多い経営コンサルタントの平均年収は、400万~700万円ほどです。営業力によっては、大手に務めている人ならば年収1000万円を目指すこともできます。もちろん、フリーランスの経営コンサルタントの人でも頑張りしだいでは、多くの収入を得ることが期待できるでしょう。

フリーランスコンサルタントで稼げる?

フリーランスコンサルタントは、やはり下積み時代が重要だと考える人も多いです。なぜなら、どんなフリーランスの人でもフリーランスにいきなりなれるわけではありません。 フリーコンサルタントは自由に稼げるというメリットがありますが、仕事に波があるというデメリットもあるため、どのような経営をしたらどこまで稼げるのかまでを計画しなければなりません。 それこそ、フリーランスとして働くにあたって準備もしなければなりません。国民年金の再加入や国民健康保険、法人か個人事業として初めるのであれば、開業手続きをしなければなりません。当然、給料から天引きされていた源泉徴収も自分で支払わなければなりません。 面倒なことが多いですが、それでも、フリーランスのコンサルタントとして働きたい人で、活躍の幅を広げる、しっかり稼ぎたいという人には向いている仕事です。

フリーコンサルタントを始めたてのころは収入も不安定な人が多いですが、仕事が軌道に乗ってくれば安定した収入が見込める業界もあります。そうした覚悟を胸に、フリーコンサルタントを目指すことを考えてみましょう。

フリーのコンサルタントは源泉徴収税が引かれる?

フリーランスにおいては源泉徴収税が鬼門となってきます。これは、フリーランスコンサルタントでも同じです。報酬額が少ないなと感じた場合、もしかするとそれは、源泉徴収税が引かれている可能性がある可能性があります。まずは、フリーランスコンサルタントが注意したい源泉徴収税のしくみについて紹介していきます。

そもそも源泉徴収とは?

源泉徴収とは、簡単にいうと、所得税を納税するための仕組みのことです。本当は、給料や報酬を得た人が税金を収めなければならないという決まりがありますが、確定申告を行わなくてはなりません。 会社に務めている人なら、源泉徴収は会社で行ってくれますが、フリーランスの人やフリーランスコンサルタントの人は、基本的には確定申告を自分でやりに行く必要があります。

そこで、給料や報酬(本体のことを源泉といいます)あらかじめ所得税を差し引いて、支払い者がまとめて納税するというのが源泉徴収です。

フリーのコンサルタントは源泉徴収義務者になる必要がある

フリーランスのほとんどは、開業手続きをしたりして法人、会社、個人事業として経営するようになります。 その場合、事業主が源泉徴収義務者となり、源泉徴収を自分でしなければなりません。1ヶ月以内に「給与支払事務所等の開設届書」という書類を税務署に対して提出しなければなりません。 ただし、個人事業の開業届を提出していて、給与などの支払いを記載している場合は、この書類は必要ありません。

源泉徴収が発生する仕事一覧

源泉徴収が発生する仕事はたくさんあります。 自分がフリーランスになった時に困らないように、しっかりと確認しておく必要があります。

・デザイン料や原稿の執筆料や講演料 ・税理士、弁護士などの特定の資格を持つ人に対しての報酬 ・野球選手、モデル、外交員などに対して支払う報酬 ・宴会コンパニオン、ホステスなどへの報酬 ・契約金などを提供した時に一時的に支払う報酬

他にもありますが、以上が源泉徴収が発生する仕事内容です。フリーランスのコンサルタントは、契約金やデザイン料などに含まれるため、源泉徴収が発生すると考えてもいいでしょう。

フリーランスのコンサルタントを目指してみましょう

いかがでしたか。フリーランスのコンサルタントを目指したい人、これから新卒で働く人は、将来フリーランスで働くことを考えてみてはどうでしょうか。 フリーランスは営業や提案、問題の解決、企画、実行など「自分でやらなければならないこと」がとても多い職種です。ですが、やはり自分で提案、実行した企画や計画、経営戦略を喜んでくれる人がいるということに、フリーランスのコンサルタントのやりがいを感じられるでしょう。 また、同時にフリーランスで働くということは、時間に余裕ができて、自分で働く量、目標の収入を設定することができます。最初は、営業や駆け込みの仕事が、社員時代に培ってきた技術や知識、そして思考力を活かして頑張っていけば、フリーランスコンサルタントとしての実力はどんどん上がっていくはずです。 もし、全く仕事が入って来ない…絶望的な状態なのであれば、そうならないように社員時代に人脈を広げておくのも一つの方法です。人脈が広いとコネができて、お得意様もできるかもしれません。仕事は一人で取ってくるのもいいですが、友達や仕事仲間に取ってきてもらうというのも一つの仕事の探し方でもあります。 この記事を読んで、少しでもフリーコンサルタントへの道が開けてきたのなら、幸いです。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング