IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

未経験からWebデザイナーへの転職方法・志望動機や自己PRの作り方

職種研究

一度は就職したものの、デザイナーに転職したいと考えている方はたくさんいるかと思います。しかし実際、デザイナーから転職するのは簡単なことなのでしょうか。その際に必要な心意気やスキルなども合わせて紹介します。デザイナー志望の方は必見です。

更新日時:

デザイナーとは?

一からものをつくることが好きだったり、自分のセンスを活かしたいと思う方は、一度就職した後でも、デザイナーという職業について、考える方が多いのではないでしょうか。 デザイナーという職業は大きくまとめられがちですが、同じデザイナーでも働く業界によっては任される仕事も大きく変わり、必要な能力もまた変化していきます。元来デザイナーとは視覚的にそのものを美しくするために、形や色、レイアウトなどに工夫をする人のことを指します。美術系の職業ではありますが、デザイナーは作家とは大きく異なり、クライアントの意図したデザインを汲み取って形にしなければなりません。

デザイナーの種類

デザイナーといっても、前述したように働く業界によっては必要になる知識も、技術も大きく変わってきます。下に挙げるデザイナーの分類はほんの一例ですが、これだけの職種でも必要になる知識や技術は大きく変わることがわかります。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは雑誌の広告やポスターなど、主に印刷物にデザインを行う仕事です。広告代理店や企業の宣伝部に勤務している人もいれば、フリーランスとして様々な会社に呼ばれる方もたくさんいます。基本的なレイアウトを多用するのでデザインの理論はもちろんのこと、周囲のグラフィックデザイナーが作ったものよりも目を引くものを作らなければならないという点では自分にしかない美的センスも持ち合わせていなければなりません。

Webデザイナー

Webデザイナーはその名の通り、Webサイトのデザインを行う仕事です。単純に見やすいWebサイトを作れば良いのではなく、クライアントの希望を取り入れながら最適なWebサイトを作らなければなりません。Webサイトに存在する様々なバーや写真の位置、さらにはボタンを押したときの挙動など、平面的に設計をするのではなく、立体的な設計をする力が求められます。

インダストリアル・デザイナー

インダストリアル・デザイナーは、工業(インダストリアル)製品のデザインを手がける仕事です。工業製品と聞くと、機械のようなものをイメージする人がたくさんいるかと思います。 しかし、実際にデザインするのは文房具のクリップやボールペンなどから、家電製品、さらには自動車など、その範囲は幅広く、それぞれに深い知識が求められます。インダストリアル・デザイナーでフリーランスで働いている方は少なく、企業に所属して仕事を進めています。なぜなのか、極端な話で例えると、Appleのデザイナーがフリーランスになってしまうと、どの会社でもその人にデザインを頼むことで、簡単にAppleのようなデザインの製品が作れてしまうからなのです。

DTPデザイナー

DTPという言葉に疑問を持つ方がいるかと思いますが、DTPとはDesktop publishingの略で、コンピュータ上で行う書籍や新聞などの編集作業のことをいいます。そのことを踏まえてDTPデザイナーについて説明すると、DTPデザイナーとは書籍や新聞、パンフレットなどの主に紙媒体のレイアウトやデザインをコンピュータ上で行う仕事になります。 混同されがちなDTPオペレーターという仕事は、DTPデザイナーがデザインしたレイアウトの修正を行うのが主な仕事内容ではありますが、そこに明確な区別はなく、DTPデザイナーがDTPオペレーターを兼ねているということもよくあります。紙媒体のものがWebサイトに変更されるといった時代背景によって、DTPデザイナーの募集は年々、減少傾向にあります。

ゲームグラフィックデザイナー

ゲームグラフィックデザイナーはゲームに使用される登場人物、背景、武器などのアイテムをデザインします。ゲームの企画からその雰囲気にマッチするものをデッサンし、そこから立体的なモデルに仕上げていきます。 ゲーム機の性能によっては期待した色やデザイン通りにならないことがよくあるので、ゲーム機本体の仕様にも詳しくなければなりませんし、グラフィックを動かしていくゲームプログラマーと連携を取りながら仕事を進めていかなければなりません。

デザイナーの仕事は未経験でも可能?

すでに就職をして、デザイナーの仕事に転職したいと考えているかたもいるかと思います。結論から言えばデザイナーへの転職は可能です。ただ簡単なことではなく、自分の今の職業から転職をするということはとても勇気のいることですし、もしかしたら食べていけなくなるなんて可能性も十分にあります。それでも転職を考えているのであれば、熱意と努力でカバーをしなければなりません。

未経験からの転職はとても厳しい

未経験からデザイナーに転職をする際に大きな壁となるのが実務経験の有無です。企業は実務経験を積んである即戦力を希望しています。そのため、求人には「実務経験◯年以上」と表記されていることがほとんどなのですが、このような表記がされている場合、未経験の応募はできません。小さな企業であれば入社できるかもしれないと考えている方もいるかと思います。しかし実際は小さな企業のほうが人材を育成する暇もなく、即戦力を求めている傾向があります。

倍率との戦い

では未経験からの応募が可能で、育成にも力を入れている大きい企業への採用を考えてみましょう。このような企業には未経験からの転職を希望するデザイザーはもちろん、大きな企業に入社したい経験を積んだデザイナーも入社を希望します。そのため、必然的に倍率は高くなり、競争率も高くなります。このようなことから、未経験からのデザイナーへの転職はとても厳しいことがわかります。

実務経験と同等の技術を得るには

自分はどのようなデザイナーになりたいのかを明確にした上で、どのようなスキルが必要になるのかという情報を集めましょう。実務経験はできなくても、実務経験と同じようなスキルは身につけることが出来るのです。必要なソフトウェア(Adobe製など)について詳しく使い方を学ぶだけでも、知らないのとでは雲泥の差が生まれます。 さらに、アウトソーシングでデザイナーとして働くことが出来る場合は、積極的に応募しましょう。実務経験とは呼べないまでも、実際の仕事の流れを感じることができます。また、アウトプットをすることも非常に重要な点です。ポートフォリオと呼ばれるWebサイト上に自分のスキルや成果、作品を公開することによって、就職の際の強みになります。

未経験からWebデザイナーに転職する場合

Webデザイナーは今、デザイナーの職種の中でも非常にホットな職種で、企業からの希望もとても多いです。Webデザイナーの場合も、未経験からのデザイナーへの転職は厳しいことには変わりありません。しかし、IT系のベンチャー企業などは正社員にはなれなくても、アルバイトとしてデザイナーになることができます。 この場合は即戦力として働くことが前提になるので、とても大変ではありますが、未経験からの転職でも働くことができます。しかし、この場合は最低限のデザインの理論、Adobe製品などのソフトウェアが使えるかどうかなど、未経験からの転職でも必要なラインはあります。

Web関係に詳しい方が有利

Webデザイナーに転職する場合、Web関係に詳しい方が圧倒的に有利な傾向があります。Web関係に詳しいというのは、HTMLやCSSなどのマークアップ言語を使えるかどうかなどのスキルです。サーバーサイドについては知らなくても、表面的な部分を仕上げるという点ではとても似た働き方をするのです。Webデザイナーだからといってデザインだけをすればよいのではなく、周囲のことにも気を配ることも、デザイナーへの転職においてはとても大事な要素の1つになります。

Webデザイナーへの転職の志望動機と自己PR

志望動機

Webデザイナーへの転職の際に、志望動機はとてもよく見られる部分だと思います。なぜ転職をしようとしたのか、転職をすることで双方にメリットは生まれるのか、など、転職とデザイナーという関わりの部分は、面接官や企業側はとても気になる部分でもあります。 転職をしたい理由と、その転職先がなぜデザイナーなのかを明確にすることが、一つのポイントであると言えます。Webデザイナーのようにクリエイティブな職業であればあるほど、発想力とともに勉強量が必要になってきます。現在のトレンドや技術を追い続けていかなくては、時代遅れなデザインになってしまいます。志望動機には、時代の最先端で働ける職業に魅力を感じたことなどを書きましょう。

自己PR

志望動機でデザイナーに転職したい理由がわかっても、経歴はどうなのか、スキルはあるのかを調べなければ、採用することはできません。前述したように、Adobe製のソフトウェアなどを使えるようになったり、デザインについて何か日々継続的に努力をしていることなどを自己PRに織り交ぜていくことによって、即戦力とまではいかなくても、使える人材かどうかの判断基準になります。 デザイナーというクリエイティブな職業を継続していくためには、自分が本当にデザインが好きでなければなりませんし、そのデザインを利用して社会を豊かにしていこうという気持ちが無ければなりません。

デザイナーの転職でポートフォリオは必要?

実務経験と同等の技術を得るために、ポートフォリオを作ると良いということを、前述しました。ここでポートフォリオというものについて、詳しく説明をいたします。ポートフォリオとはデザイナーやプログラマーなど、主に何かを作る人がWebサイトに自分の作品などをアップロードしていく、いわばその人の作品集のようなものです。 転職の場合のみならず、就職をする際にも、とても重要なものになります。ポートフォリオはWebサイトで公開されることがほとんどであるため、「Webについてよくわからない」という人もいるかと思います。しかし、そこで「Webについてはよくわからないままでいいや」という気持ちのままでいると、デザイナーとしては働くことができません。デザイナーであってもプログラミングをしてホームページを作れるようなレベルの人材でなければ企業は採用してくれません。

ポートフォリオの作り方

ポートフォリオの作り方は、言い換えてみればWebサイトの作り方になります。Webサイトを作るためには、ドメインと呼ばれるサイトのアドレスを取得して、サーバーを用意して、必要なファイルを置き、Webサイトを表示するためのプログラム(HTML/CSS)を書き...と非常に多くの工程が待っています。ドメインを取得する際にも1年にいくらかのお金を支払わなければなりませんし、サーバーを用意するのにもお金はかかります。 しかし、GitHubというサービスを使うことで、ポートフォリオは簡単に作れます。GitHubとはプログラマが主に利用するバージョン管理システムと呼ばれるもので、本来はポートフォリオを作るためのものではありません。しかし、GitHubの機能の一つであるGitHub Pagesを使うことで、ドメインも取得でき、サーバーを管理する手間もなく、ポートフォリオを運用することが出来るようになります。 デザイナーへの転職を考えている方は、転職を考える前に一度ポートフォリオを作りましょう。

デザイナーへの転職は不可能ではない

デザイナーへの転職はとても難しく、狭き門でもあります。デザイナーの職種によっても競争率はかわりますが、自身のスキルとセンスも無ければデザイナーに転職した際に、食べていくことができないかもしれません。 しかし、デザイナーへの転職は不可能ではありません。自分のセンスを信じて、スキルを身に着けていけば、デザイナーへ転職することも夢ではありません。自分の本当にやりたい職業を見つけるために転職をするのだと思いますが、その転職で後悔しないためにも、実務経験と同程度のスキルを身に着けて、様々なデザインの例に触れて、自分なりの作品を作っていくことが、デザイナーとして最初の一歩ではないのでしょうか。いきなりデザイナーに転職をすると言って、今の仕事を辞めなくても良いと思います。今の仕事を続けながら、少しずつデザイナーになるための準備を行って、その途中に自分には向いていないなと確認できれば、今の仕事を続ければ良いと思いますし、順調に準備が進んでいれば、転職してデザイナーになるための自信にもなるでしょう。 転職してデザイナーになるための準備として、自分はどのジャンルのデザイナーになりたいのかを再確認し、そのジャンルのデザイナーに必要なスキル、センスを磨いていきましょう。デザインには基本になる理論もありますが、その理論の上に、自分なりのデザイナーが出す個性も必要になってきます。自分なりの個性を見つけながら、自分の強みを作るような時間を準備し、長くデザイナーとして活躍できる準備をしましょう。

女子の方はヒューマンアカデミーがおすすめ!

女子の方はヒューマンアカデミーがおすすめ!

エンジニアになりたいという女子にみなさん!プログラミングを独学で学ぶというのはとても大変です。 しかし、女性ならではのコミュニケーションやきめ細やかさや、結婚しても働き方が自由なフリーランスが多数存在するため、エンジニアは女子の方にとても向いています。 ヒューマンアカデミーのJavaプログラミング講座なら月々¥10,000~の4ヶ月間でスキルを身につけることができます。ヒューマンアカデミーを利用してプログラミング女子を目指しましょう!

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング