IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

コンサルタントへの自己PRの書き方と例文・ポイント

書類選考・ES

皆さんは「コンサルタント」の仕事と聞いて、もし応募したり転職をするとしたらどんな自己PRを考えますか?おそらく、あまりイメージが湧かないという方がほとんどだと思います。今回はそんな「コンサルタント」の仕事への応募や転職の際の自己PRについて見ていきます。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

「コンサルタント」の仕事に応募する際の自己PR

皆さんは「コンサルタント」と聞いて、もし自分が「コンサルタント」の仕事に応募したり、転職する際にどんな自己PRを考えますか?おそらく「コンサルタント」の仕事の業務内容ならまだしも、その職種に合った自己PRの方法まではイメージが浮かばないという方も多いのではないでしょうか。 しかし、実際に「コンサルタント」の仕事への応募や転職を考えている人は多いです。今回は、そんな「コンサルタント」の仕事に応募したり転職をする際の自己PRの方法やポイントについて様々な観点から見ていきます。

就活を有利に進めるなら

インターンシップの選考や、就活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 「就活ノート」では、上記2つがわかる資料を無料ダウンロードできます。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

「コンサルタント」の仕事に応募する際の自己PRのポイント

では早速ですが、「コンサルタント」の仕事に応募したり転職する際の自己PRについて見ていきます。まずは、「コンサルタント」の仕事に応募したり転職する際の自己PRのポイントや注意するべき点についてです。

修辞を多用しない

単純に「能力」や「スキル」を表すような言葉だけではだめ

続いて、「コンサルタント」の仕事に応募したり転職することを考えている場合、自己PRにおいて単純に自分の「能力」や「スキル」を表すような言葉だけ多用することは避けましょう。以下に、単純に自分の「能力」や「スキル」を表すような言葉をいくつか挙げておきました。 「交渉力があります」 「論理思考力があります」 「コミュニケーション力があります」 これらのように、ただ「スキル名」だけを自己PRに含ませる人が意外と多いです。自己PRでは、あいまいな表現は避けたいです。とりわけ、「コミュニケーション力」や「論理思考力」といった言葉は、具体的に何のことを指しているのかわかりません。 つまり、自己PRにおいてはどんなスキルを身につけているのか、どんな能力があるのかを直接伝えるのではなく、そういったスキルや能力が実際に身についていることを表す具体例などを織り交ぜることが重要になってきます。特に、「コンサルタント」といったより的確さを求めるような職種においては、そういった点を踏まえて自己PRを考えて行かなければなりません。

「コンサルタント」の仕事に応募する際の自己PRの書き方

ここまで、「コンサルタント」の仕事に応募したり転職をする際の自己PRのポイントや注意するべき点について見てきましたが、今度は「コンサルタント」の仕事に応募したり転職をする際に実際にどんな自己PRを書けば良いのか、自己PRの書き方について例文を用いながら見ていきます。

例文 (前職も「コンサルタント」の仕事の場合)

例文(未経験・新卒者の場合)

「銀行コンサルタント」の仕事への応募の際の自己PR

ここまで、「コンサルタント」の仕事に応募したり転職する際の自己PRの書き方について見てきましたが、最後に少し焦点を限定して「銀行コンサルタント」の場合の自己PRについてです。

「銀行コンサルタント」関係の検定や資格を取得する

「銀行コンサルタント」の場合、専門の検定や資格を取得し、それらの内容を自己PRするのが良いでしょう。「銀行コンサルタント」になると、その業務の難度の高さから他の「コンサルタント業務」に比べてより膨大な知識やスキルが必要になってきます。 そのため、他の志望者と明確な差をつけるためにも「銀行コンサルタント」関係の検定や資格を取得し、それらを自己PRに組み込むことをおすすめします。以下に、「銀行コンサルタント」関係の検定や資格をいくつかまとめてみました。 ・日商簿記検定3級 ・証券外務員2種 ・証券外務員1種 ・生命保険一般課程 ・生命保険専門・変額課程 ・損害保険募集人資格

素敵な自己PRで「コンサルタント」の仕事への応募や転職を成功させよう

いかがでしたでしょうか?今回は「コンサルタント」の仕事に応募したり転職する際の自己PRについて様々な観点から見てきました。 今回ご紹介したような点を踏まえて、自分なりの素敵な自己PRを考えてみてください。そして、「コンサルタント」の仕事への応募や転職を成功させましょう。

関連タグ

アクセスランキング