IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【フリーランス】履歴書への職歴の書き方・職歴欄への記載項目

フリーランス

自由に仕事ができるフリーランスに憧れる人は多いと思います。今回は、そんなフリーランスの人の履歴書の書き方、職歴の書き方と履歴書の職歴欄に記載すべき事項、フリーを辞めたときは退職と記載するのか、などについてお話をさせていただきます。

更新日時:

フリーランスの履歴書の書き方

フリーランスとは

フリーランスは、企業や団体と雇用関係を結ばず、独立して仕事を請け負う人を指しています。正社員は、勤務先の企業と雇用契約を締結、派遣社員は、派遣会社と雇用契約を結び、派遣契約によって派遣先の企業で労働します。フリーランスは基本的に単発の仕事ごとに契約を結ぶ形態です。1回1回契約を交わすのではなく、長期間の契約を結び、その中で案件ごとの発注書を受け取って業務を行う場合が一般的です。クライアントがある場合、守秘義務契約の締結する場合もあります。

フリーランスは働き方・契約の仕方を指す物で、プログラマー、WEBデザイナー、カメラマン、イラストレーター、ライターや翻訳家といったクリエイティブ関係に多く見られる契約関係です。コンサルタントやファイナンシャルプランナーの場合でもフリーランスとして業務を行っている人もいます。近年、多様な働き方が認めら、多くの人が自分にあった働き方を探すことが可能になりました。単発の契約を交わすフリーランスは、そのような働き方に向いており、様々な形態の人から注目されています。

フリーランスの語源

フリーランスの英語のスペルは「freelance」です。「フリーランス」の語源は、中世のヨーロッパ時代に起こったといわれています。。中世のヨーロッパでは、数多くの戦争が起こり戦火にまみれていました。各国には、専属軍隊だけが配備されたのではなく、戦争が行われる度に、契約を行い、兵隊を雇い一時的に人数の増強を行いました。 当時の主力兵は槍騎兵が中心になり歩兵なども連れているという構成でした。そのため、人間の数といったものではなく、1戦闘単位「槍」という単位で契約を結んでいました。また敵国との契約を行っていない軍隊を総称して「フリーランス」と呼ばれていました。兵士や戦闘単位を指していた「フリーランス」が、時を重ねるうちに「組織から独立して働くこと」を意味する言葉となり時代とともに変化していきました。フリーランスのフリーという言葉は政治的に自由・中立という意味になります。

個人事業主とは

個人事業主は税務上の所得区分では、株式会社や合同会社などの法人を設立しないで、個人で事業を営んでいる人を指します。法人を設立している場合、売上を法人の事業所得として申告します、個人事業主では個人の事業所得として申告します。フリーランスのうち、法人を設立している人以外は基本的に個人事業主です。個人事業主として事業を始め、売上の増加に伴って法人を設立する場合もあります。

フリーランスの履歴書

フリーランスとして仕事を受注する場合は紹介による契約が多く履歴書の提出を求められ、履歴書が必要になるという場合はほとんどありません、業務提携などの契約を正式に締結する場合、履歴書の提示を求められる場合もあります。フリーランスを副業にして会社に就職する場合、事業を始めたばかりで生計が成り立たずパートやアルバイトの求人応募する場合も履歴書が必要です。企業は履歴書以外にも職務経歴書を重視します。

フリーランスでも履歴書が必要な場合

フリーランスで履歴書が必要とされるのは大きき以下の3つの状況の場合に履歴書が必要になります。 ○案件を受注する場合 履歴書の提出が求められているようなケースは大企業クライアントに多く、履歴書と職務経歴書が求められる場合もあります。クライアントによっては、WordやExcelなどで独自の履歴書フォーマットが提供する場合があります。 ○エージェントサービスを利用する場合 案件を受けるために履歴書が必要になることがあります。こういった案件は長期契約になる場合が多くので、正社員と同様に履歴書が重視されます。 ○フリーランスから正社員やアルバイトに転職、兼業する場合 時にはフリーランス以外の仕事もやる必要があります。そういった場合は一般的な就職活動同様に履歴書が必要になります。

「フリーランス」と職歴に書くべきか

通常、職歴は企業で務めた経験をまとめるものです、企業が履歴書を通して知りたいのは、どの企業に勤めていたかではなく、これまでどのようなことをやってきたか、どんな人間なのかという事と、その経験や実績が会社で役に立つかどうかということ2点になります。 フリーランス経験者が履歴書を書く場合、「フリーランス」と職歴に書くべきかというところで悩みます。会社ha あなたの経験やスキル、人となりを理解したいため、履歴書に書いた方がいいことは間違いありません。 履歴書にかかれたフリーランスとしての業務経歴は、あなたという人間をイメージさせる情報として十分で不可欠な情報です、またその実績や経験、履歴書にかかれたスキルを企業が見ることで業務を任せるに相応しい能力を持っているかを図ることができます。

フリーランスの履歴書の書き方とポイント・注意点

フリーランスの履歴書は基本的には一般的な履歴書と同様になります。履歴書に住所や氏名、職歴、資格などを記載すしていきます。フリーランスとしての職歴については一度考えてみる必要があります。フリーランスは職歴なのだろうかと考える人も多くいますがフリーランスもちろん立派な職歴です。 ですが、一般的に履歴書にかかれる職歴とは違うので、こういった書き方について悩む人も多くいると思います。そういった場合の履歴書などの書き方についてお話をさせていただきます。

フリーランスとして開業届を出してる場合

最初にフリーランスを始めた年月を履歴書に記載します。開業届を出しているケースでは、開業届に記載した開業日を記入します。なお、フリーランスは法的には個人事業主ですので、職歴では個人事業主と履歴書に明記します。 例:平成20年4月 ○○○(屋号、ない場合は不要) 個人事業主として開業

フリーランスとして開業届を出していない場合

場合によっては開業届を出さないで開業する場合もあります。そういった場合は少し工夫して履歴書を書くことになります。なお、開始年月については、自由に設定することができます、実際に仕事を受け始めた時期にするのが一般的です。 例:平成22年4月 個人事業主として活動を開始

クライアントから案件を受注し、クライアント名を明かせる場合

クライアントから受注した案件を記載する場合は、履歴書にクライアントの会社名を明記します。秘密保持のために会社名が明かせない場合、個人のクライアントの場合は後述のようになります。詳しい業務内容は履歴書でなく職務経歴書に記載します。 例:平成19年5月 ○○○株式会社の案件を請け負う

クライアントから案件を受注したが、クライアント名を明かせない場合

何らかの理由でクライアント名が明かせない場合、簡単な仕事内容を明記します。この場合も詳細は職務経歴書に記載するので、どんな仕事だけで十分です。 例:平成20年5月 プログラム作成の案件を請け負う

開業届を出していて、フリーランスを辞めた場合

開業届を出している場合は、フリーランスをやめる時に廃業届を提出します。職歴には、廃業届に記載した年月を次のようになります。 例:平成20年4月 一身上の都合により廃業

開業届を出していなく、フリーランスを辞めた場合

開業届を出していないケースでは、手続きなどはありません、案件が終了した年月などで、自由に決めることができます。参考例としては以下のようになります。 例:平成21年4月 一身上の都合により活動を停止

フリーランスの職務経歴書の書き方とポイント・注意点

正社員の中途採用の面接の場合、職務経歴書が必要な場合がほとんどです。フリーランスもある、中途採用と同様ですので職務経歴書が重要です。

略歴

フリーランスを開業する以前経歴とそれ以降の仕事内容などを要約してください。

業務内容・実績

どんな業務を行い、どんな成果を達成したのかを具体的に明記してください。売上の数値や制作したホームページのURLなどは明確に説明できると有効です。この時もクライアントとの守秘義務は重要です。

資格

資格を所有している場合、資格を取得年月とともに一覧で明記します。所有していない場合は、項目の作成は無用です。

志望動機

企業ごとに志望動機を作成します。正社員やアルバイトに応募するけーすでは、「なぜフリーランスから転職(または兼業)を希望しているのか?」の理由を明記するのが大切です。「収入が低い(能力が低い)から転職するのか?」と考える人もいます。ですから収入面以外で転職を決めた理由を明記した方がいいようです。

履歴書は印刷か、手書きか

履歴書を印刷する場合もありますが、手書きのほうがどんな場合でも好印象を与えやすいといえます、しかし手書きは手間がかかります、字がきれいでない人の場合避けたほうがいい場合もあります。IT系などの新興企業では、履歴書が印刷であっても問題がない企業がおおいようです、できるなら使い分けをした方がいいようです。職務経歴書は印刷で問題ありません。

履歴書のフォーマットは市販品かオリジナル

履歴書のフォーマットについてはオリジナルにした方が、自分の能力をアピールすることができます。自分の経歴にあったオリジナルの項目を追加して作成してください。この時に、志望動機など企業ごとに変える項目を削ってしまうなど注意をしてください。クライアントに同じ経歴書を使いまわしていると思われるとマイナスポイントになります。

職歴の書き方と職歴欄に記載すべき事項

履歴書の表記:フリーランスか個人事業主か

個人事業主は、法人を設立せずに事業を行っている人のことです。法人を設立していなければ、フリーランスも個人事業主といいます。フリーランスの定義は特にないので、正式な書類には、個人事業主と記載するのが一般的です。

職歴の表記:履歴書で使う言葉

契約社員や社員として仕事をしていたケースでは、職歴の欄に入社・退社・配属という語彙が使われます。フリーランスの場合は、入社・配属・退社という語彙を用いません。

○参考例 2015年4月 株式会社○○ 入社 ○○支社 人事部 に配属。 新人採用を担当。 2016年12月 一身上の都合により退社。

開業届を出し事務所を設立している場合

フリーランスでは、開業、廃業、従事、請け負うという言葉を用います。仕事の依頼主が株式会社ではないケースや、秘密保持契約の関係で、相手の企業名を明かせないケースでは、案件の内容を簡単に明記します。

○例文 2011年1月 ○○事務所設立 個人事業主として開業 2011年2月 デザインの仕事に従事 2012年3月 ○○株式会社の仕事を請け負う 20114年4月 一身上の都合により廃業

最近ではクラウドソーシングの普及で、クラウドソーシングを提供する会社に登録して、収入を得るような方法も増えています。

開業届を出さずクラウドソーシングの場合

クラウドソーシングサイトに登録した期間、請け負った案件の件数を記入します。退会が一身上の都合ではなく、サイトが閉鎖が原因である場合には、サイト閉鎖により退会(登録解除)と記載してください。クラウドソーシングサイトは、実際に登録しているサイト名を明記します。

○例文 2000年1月 個人事業主として活動 2005年2月 クラウドソーシングサイトにライターとして登録。 2006年9月 ○○株式会社の仕事を請け負う 2010年2月 クラウドソーシングサイトを一身上の都合により退会。 2011年3月 個人事業主として活動停止

職務経歴書のポイント

企業は履歴書の他に職務経歴書の提出を求めます、書類審査のでは職務経歴書を重視する企業も多くなっています。職務経歴書は、フリーランスの場合どのような仕事を請け負ってきたか詳しく紹介が可能な書式です。フリーランスとして請け負った案件は可能な限り記載するできるので、常々、仕事の詳細を一覧にまとめておくことが大切です。

職務要約(略歴)

フリーランス以前の経緯やフリーランスとして主にどのような仕事の経歴を明記します。具体的な業務内容や実績を明瞭にまとめてください。

○例文 ○○卒業後、株式会社○○に就職し○○職に従事。○○社の講座を受講し、WEB作成の基礎からSEOを理解した記事作成法、文字制限のある文章、短時間で入力する方法を習得。WEBライター業を開始。業務委託を通してWebコンテンツ作成、ブログ記事作成、リライト・校正、テキスト作成を請け負う

業務内容・実績

実際に行った業務がイメージできるように、仕事を請け負った企業や期間などを含め、できるだけ詳細に記載することが大切です。ライターやWebデザイン、ホームページ制作などの場合、自分が携わったページが公開されていることがあると思うので、URLを明記するとどんな仕事をしたのか明瞭になります。 守秘義務契約で会社名やホームページが公表できない場合には明記せずに、面接などでは守秘義務の関係で会社名やホームページは公表できません返答するようにします。その業務に対して成果が明確なものは実績という形で記入します。目標に対する達成率や売り上げ、CVR(どれだけサービス登録に貢献したか)、PV(どれだけの人がサイトに訪れたか)など、数字で明記できると説得力があります。

○参考例 主な職務内容 ○○年○月 ~○○年○月 株式会社〇〇WEBコンテンツ記事作成○件 【職務内容】 指定キーワードを含むテキストの作成 【実績】 ○件納品/月(締切日までの納品率○%) ○○年○月 ~○○年○月 ○○株式会社webコンテンツ記事作成○件 【職務内容】 専属ライターとして金融、経済記事を担当。 【実績】 1記事あたりのPV数○○/CVR○%/ツイート数○件/facebookシェア数○件/ ブックマーク数○件(目標達成率○%)

資格

例え資格は多く所有していても、採用につながるとは限りません。しかし意図していないところで別の業務につながる可能性もあるので、直接業務に役に立ちそうな場合は持っている資格すべてを記載することがおすすめです。

志望動機

フリーランスとしての実績は、自力で収入を得ることができる能力の証明にもなります、この点は企業が魅力を感じるポイントです。志望動機の書き方は、現状の状況と志望する業務によって書き方が変化します。

業務委託など正式な契約のために必要な場合

会社の業務内容を理解して、応募する会社にどのような貢献できるか具体的に明記します。仕事を通しての目標や成果を名言しましょう。

○参考例 サービス登録のための誘導動線を意識し、PVを獲得できる記事を作成してきた実績や経験が、御社コンテンツ作成のコンセプトと合致しているので、認知度向上や登録者数向上にお役に立てると考え志望しました。webコンテンツ記事、テキスト記事作成のほか、写真の加工、編集作業なども対応させていただけます。

フリーランス業務だけではなくパートや社員として働く場合

会社員とフリーランスは相反する関係です、採用者はなぜ会社勤めを希望するのか疑問を持つはずです。お金が十分に稼げない場合でも応募企業の仕事内容に合わせて志望動機を作成してください。個人ではできない業務が企業ならできることがあるなど、また社内の研修会を通してさらにスキルを磨けることなど、会社の実績、研修や福利厚生などを例にあげて、その魅力を志望動機として明記してください。

○参考例 個人での業務内容は、受注が中心で顧客要望に応じた記事の作成が求められます。新しい発想を取り込んだ記事作成に加えて、いろいろな業種の人と交流、研修会を通してスキルを磨きながら業務に携わることができる部分に魅力を感じ応募いたしました。

副業としてフリーランスして、会社に就職する場合

最初に会社が副業を禁止していないかどうか確認します。副業を禁止していないケースであれば、副業を行う日時やどの程度調整ができるかを考え、志望動機作成を行います。

○参考例 副業は主に休日に行うことを考えております、個人事業主として培ってきた知識を最大限にいかし、貴社の業務を適格に遂行します。新しい業務にも挑戦し、スキルをさらに磨きたいと考えております。

自己PR

通常、採用担当は、フリーランスに対して、即戦力としての役割と期待しています、その一方で組織の一員として働くことができるか、コミュニケーション能力に一定の疑問をもっていることもあります。自己PRの時点では、こういった不安を払拭できるように自己PRを行ってください。 採用担当が、コミュニケーション能力や協調性があると理解できるようににエピソードを書くことが重要です。企業のHPや求人情報から選考のポイントを調査して、応募する企業が求めている人物像を明確にすることが重要になってきます。

○参考例 個人事業主として業務を完成させるために、私はクライアント様との密なコミュニケーションを最重要視して業務を行ってきました。コンテンツ作成の目的やターゲット、求めている結果などに問題が起こらないように密な対話を通して、業務が進められるよう常に考えております。

履歴書の要らないクラウドソーシング

クラウドソーシングで受注を考えるフリーランスの方も最近では増えています。営業をせずに案件が請けられるので、隙間時間を使って小さな案件でも受注することができます、長期継続案件を受給することができるので、メリットは多くあります、履歴書や職務経歴書が必要ないのもその特徴の1つといえます。

職務経歴書は、通常志望動機や自己PRなど企業ごとに書類を作成する必要があります、これには時間と手間が掛かります。エージェントなどを利用して、単体の応募で長期的な雇用が保証されるようなサービスの場合、時間をかけても職務経歴書を作成するのも有用ですが、短期的に手間を少なく受注したい場合にはクラウドソーシングが使い勝手がいいといえます。

フリーランスを辞めたときは「退職」と記載するのか

履歴書に退社の表現を使わない

入社・退社という語彙は企業に所属している人間が使用する語彙ですので、フリーランスとして活動している人はこういった言葉は使用しません。

フリーランスの場合

○会社を設立していた場合 入社・退社の言い換え:設立・開業・解散・閉鎖 例:○○会社(事務所)を設立(または開業) 一身上の理由により解散(または閉鎖)

○会社を設立していない場合 「入社・退社」の言い換え:従事・退職 ○参考例 ○○の仕事に従事 一身上の理由により退職

○参考例 ○○の仕事に従事 一身上の理由により退職 仕事の請け負い日付、仕事内容、契約相手などを明記する

極力細かく今まで行ってきた職務経歴を明記することが大切です。職務履歴は採用者に自分のスキルを表現するものなので、いくら多く書いても書きすぎということはありません。

○仕事内容を具体的に明記 会社を設立していないケースでは、職業履歴に業務委託契約のある会社名を明記する方が信用が上がります、守秘義務の範囲内で明記しましょう。

○参考例 ○月○日 フリーランスとして○○の仕事に従事 ○○会社より案件の請け負い

○会社を設立している場合は屋号を明記 屋号がない場合、「個人事業(事業のジャンル)を開業」などと明記してください。

フリーランスとして働いているからこそ、書類はしっかりと用意する

企業側からすれば、フリーランスという職業は業績や評判が見えづらく、信用するために時間を要します。フリーランスとして働いているからこそ、過不足ないしっかりとした履歴書・書類を用意し、信頼を得ましょう。

フリーランスの一番の悩み「案件探し」

自由度が高いからこそ、苦労や責任が伴う「フリーランス」。 案件の期間や自身の単価との相談など、考えなければいけないポイントが非常に多く、「案件探し」はフリーランスの一番の悩みのタネです。 営業経験がない場合、 ・継続的に仕事を得られるか ・自分に合う案件を見つけられるか と悩んでいるフリーランスの方が非常に多いです。 そんな方にオススメなのが、「High-Performer」というエンジニア向けの案件紹介サービスです。 High-Performerには、上流の高単価案件が多く、経験豊富なコーディネーターが最適な案件をマッチングしてくれると評判です。 ご登録は30秒で完了するため、まずはカウンセリングから始めましょう!

おすすめの「エンジニア転職サイト・エージェント」

良質な求人情報が期待できそうな、エンジニアにおすすめの転職サイト・転職エージェントランキング形式でご紹介します。 IT業界やエンジニア職に特化した転職サイトを中心にまとめていますので、転職を検討しているエンジニアの方は、ぜひ参考にしてみてください。

関連タグ

アクセスランキング