IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

退職する同僚へおすすめのプレゼント|同僚に退職を伝えるタイミング

初回公開日:2017年04月27日

更新日:2017年04月27日

記載されている内容は2017年04月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ライフスタイル

同じ職場の同僚が退職するときに、何かプレゼントをあげたいと思うことはあるでしょう。一緒に働いていた同僚がいなくなるのは寂しい気がしますが、だからこそプレゼントを渡して送り出すことがとても大切です。では退職する同僚にどんなプレゼントが良いのでしょうか。

同僚が退職することになったら

退職理由はいろいろだけど

どう言った経緯で退職するかは人それぞれですが、せっかく一緒に働いていた同僚が退職するのであれば何かプレゼントを贈ることをオススメします。何故ならば「退職=転職」の可能性も考えられますし、もしかしたら独立すると言う可能性も考えられます。 しかし、男性であれ、女性であれ、いっしょに働いていた同僚から贈り物をもらうことは、嬉しいはずです。自分が退職する身であるとしても、やはり退職するときはプレゼントなどの贈り物を送ったり、もらったりして、綺麗にお別れをしましょう。

同僚の好みや性格を知ること

退職する同僚がどのような物を好むのか、どのような性格をしているのかを知ることでプレゼントするアイテムは変わってきます。 例えば、筆記用具を大切に使う人であればボールペンや万年筆を贈ったり、腕時計が好きな人であれば腕時計をみんなでお金を出し合ってプレゼントするなど、人それぞれ好みは異なり、あげるものも変わってきます。 しかし一方で、万人受けするプレゼントというものもあります。

同僚の退職祝いにオススメの贈り物は?

もし転職や独立ならば

同僚が退職することになったら、まずは退職祝いとして何か贈り物をしましょう。特に若手で転職や独立するとなったらその門出を祝い、それに相応しい贈り物をすることで喜ばれます。 定番のアイテムといえば、やはり名刺ケース(またはカードケース)やボールペン(または万年筆)です。他にも花束やネクタイとネクタイピンのセットやカフスリンクスなども定番アイテムです。そう言ったアイテムをプレゼントすることで、今後のためにも役立つアイテムはプレゼントとしての定番なので覚えておくと良いと思います。

定番のアイテムを知ること

退職祝いとして同僚へ贈る場合にまず退職祝いの贈り物の定番を知ることがとても大切です。もしくは、その同僚が好きそうな物など、プライベートな部分まで知っている人ならば、同僚が好きそうなアイテムをプレゼントすることで特に喜ばれて、大切に使ってくれるはずです。 男性でも女性でも同僚がいなくなるのは寂しいですが、その分より良いものを贈り、相手に気持ちを伝えることがとても大切です。そして思い出の逸品となるアイテムを選ぶことが大切です。

同僚の退職祝いにオススメのプレゼント5選

1:定番の花束

定番のアイテムにはなりますが、退職祝いに花束を贈るケースはとても多いです。男性でも女性でも喜ばれるため、メッセージカードを添えて退職祝いとして贈ってみてはいかがでしょうか。しかし花束はいずれ枯れてしまうので喜ばれる人と、そうでない人がいるかもしれません。その辺りは同僚の性格などを知っておく必要があるかもしれませんね。

2:PARKER ボールペン

フランスの老舗ペンメーカーであるPARKERからソネットと言うシリーズは世界中から愛されているボールペンです。さらにお名入れ出来るため退職される人の名前を入れることで愛着が湧くことでしょう。もちろんお名入れなしでも喜ばれます。 これも同僚の性格を知っておくことが大切です。ボールペンならば何本持っていても良いアイテムですし、贈り物としてこちらのボールペンをもらったらきっと大切に使ってくれるでしょう。書き味も滑らかで人気のあるボールペンなので交換用のリフィルもセットで贈ることをオススメします。

3:Paul smith 名刺入れ

名刺入れも退職祝いのプレゼントとして定番です。今回選んだのはポールスミスの名刺入れで、ポールスミスの特徴であるマルチカラーストライプが入っているオシャレな名刺入れなので、ブランドとしてもデザインとしても多くの人がもらって嬉しい名刺入れです。 ビジネスシーンでも役に立ちますし、名刺入れは社会人にとっては必要不可欠なので、退職される同僚に贈ってみましょう。カラー展開もブラック・ブラウン・ネイビーの3色から選べるので、同僚が好きそうな色を把握しておくことが大切です。しかしどのカラーもビジネスアイテムとしては定番カラーなので、もし同僚が好きそうな色が分からなくてもいずれのカラーを選んでも無難でしょう。

4:シチズン 腕時計

ビジネスでも冠婚葬祭でも役に立つシチズンのシンプルな腕時計です。エコドライブと言って、ソーラーによる光源での駆動になるので電池交換の必要がありません。 シチズンと言えば日本の有名ブランドなので性能はかなり良いですし、シンプルなデザインの腕時計ならば誰が付けても似合う間違いのないアイテムなので同僚の退職祝いに腕時計を贈りましょう。さらに無反射コーティングの風防なので太陽光のしたでも時計の視認性は抜群です。

5:BURBERRY ネクタイピン

チェック柄でお馴染みのバーバリーのネクタイピンも退職祝いにピッタリのアイテムです。ネクタイピンにもバーバリー特有のチェック柄が控えめに入っているので、退職される同僚にも喜ばれます。 転職や独立をしてもやはりスーツを着用する機会はとても多いはずです。ネクタイピンはスーツスタイルの定番アイテムなので、間違いないアイテムと言えます。密かなオシャレを楽しめるネクタイピンはハズレなしです。

同僚に退職する際の伝えるタイミングは?

自分が退職する側ならば

同僚が退職する場合もあれば、自分が退職する場合もあります。もちろんあなたが退職する理由も色々とあると思いますが、その理由なども一緒に同僚へ退職する旨を伝えることがオススメです。仕事が忙しくてなかなか伝えるタイミングもないかと思いますが、どのようなタイミングで伝えれば良いのか紹介したいと思います。 それを参考にして同僚へ自分が退職する理由やタイミングなどを考え、そして実際に同僚に感謝の気持ちや思い出などを話しつつ、色々な手段で退職する旨を同僚に伝えることが出来ます。

退職をすることを伝えるタイミング

自分が退職することを一緒に働いてきた同僚に対して、どのようなタイミングで伝えるべきでしょうか。 例えばランチ休憩を一緒に取ってその時に伝えたり、その日の退社する際に駅まで一緒に帰るタイミングを見計らって同僚に退職することを伝えると良いかと思います。さすがに勤務中に話してしまうと、同僚は動揺して仕事に集中出来なくなってしまう場合もあるので休憩中や退社時に伝えることが大切です。

退職を同僚に伝えない、言わないケース

どうしても自分が会社を辞めることを伝えられないと言う人もなかにはいるはずです。上司にはしっかりと退職する旨を伝えていても同僚に伝えにくいと言う人もいるかもしれません。そう言った人たちはおそらく引っ込み思案だったり、引き止められる可能性があるため退職することを言えない場合があります。 しかし、やはり同僚にも自分が退職すると言うことを伝えなければ後になって後悔する可能性があります。 例えば同僚と連絡先を交換していて、退職後に久しぶりに会いたくなったり飲みに行く場合も考えられます。しかし、何も伝えずに会社を去ることで、以前の会社の同僚に会いづらくなったり、飲みに誘えづらくなることがあるかもしれません。そのため、しっかり同僚には退職する旨を伝えるか、または手紙を残しておくことが大切です。

退職するには同僚に伝えることが大切

口頭で伝える方法

一緒に働いてきた同僚に口頭で退職をすることを伝えるにはどんな風に言えば良いのか、迷ってしまうかもしれません。しかしそこはしっかりと同僚に退職することを伝えましょう。 例えば「突然ですが、一身上の都合により来月で退職します。」などと完結に伝えれば良いのではないかと思います。仲の良い同僚であればもっとさらりと退職する理由などを伝えられるでしょう。長く付き合った同僚であれば帰りに一緒に飲みに言って、その時に伝えられれば良いのではないかと思います。しかしその際は飲みすぎて伝え忘れないように、お酒を飲む前に伝えることで、退職祝いにつながるかと思います。 しかし中には口下手でなかなか自分で退職することを同僚に伝えられないと言う人もいるかもしれません。そんな時はメールで退職する旨を伝えてみてはいかがでしょうか。実際に口にするよりもメールでは気持ちを整えて文章を打つことが出来るので、口下手な人などはメールで伝えるのが良いかもしれません。

退職をメールで伝える

退職をすることを同僚に言いにくい時や、退職する旨を伝えるタイミングがない時はメールで退職する旨を伝えてみてはいかがでしょうか。何も言わずに退職してしまうと周りも心配してしまうでしょうし、どうして退職をしたのか気になることもあるかと思います。そのためメールで気持ちの整理をしてどうして退職をするのか、同僚に対しての感謝の気持ちなどをメールで伝えると良いかと思います。 もし逆に同僚が何も言わずに退職をしたら、あなたにとっては「どうして退職したのか…」と気になるのではないかと思います。そのため、あなたも退職をする際にはメール1通一言でも良いので退職する理由などを軽く述べて、お世話になった同僚にお礼を伝えるべきです。

手紙で退職の挨拶をする

特に仲の良かった同僚や特にお世話になった上司には手紙で退職する挨拶をすると良いでしょう。もちろん、あらかじめ退職する旨を伝えた後で、会社から去る時に同僚や上司に手紙を手渡したり、デスクに置いておくことでお世話になった気持ちはよく伝わるでしょう。そうすることで退職する側も会社に残る側も気持ちよく別れることが出来るでしょう。手紙はあくまで丁寧に伝える手段として利用しましょう。

同僚に退職を報告をする必要性

どのように退職することを伝えるのか

仲の良かった同僚やお世話になった上司には退職をするする際には口頭やメール、手紙などで伝えましょう。いきなり退職されたら同僚はきっと心配するかもしれません。 しかしどのように退職する旨を伝えるべきか分からない場合はメールや手紙で伝えてみてはどうでしょうか。気持ちの整理をした上で文章にして、退職をする理由やお世話になったことなどを伝えましょう。きっと同僚はそう言った一言は欲しいはずです。

退職で送る側も送られる側も満足にいくようにしましょう

退職する同僚に贈るプレゼント5選はいかがでしょうか。同僚にとってどんなプレゼントが喜ばれるのか、逆に自分がもらって嬉しいものを考えることできっと同僚に贈るプレゼントも喜ばれることでしょう。 是非参考にして退職祝いとして同僚に花束や、今後に役立つボールペンや名刺入れなど退職祝いに贈ってみるのも1つの選択肢かもしれません。 オススメ5選に上げたプレゼントは定番です。。他にも退職する同僚が好きそうなアイテムなどがあればそれを選ぶことでもっと喜ばれ大切に使ってくれることでしょう。

関連タグ

アクセスランキング