IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定懇親会の内容と服装マナー|懇親会のお礼メールの書き方と例文

更新日:2020年08月14日

服装・髪型

みなさん、内定おめでとうございます! 次は内定者懇親会に出席することになったけれど「でも内定者懇親会って何するの?」「どんな服装をしていけばいいの?」そんな悩みを抱えている人も多いと思います。今回は、内定者懇親会で押さえておくべきポイント別にを紹介してます。

「株式会社◯○ 人事部 ○○○○ 様 いつもお世話になっております。 内定者の○○大学○○学部○○学科の○○○○です。 」 ほとんどが人事とのやり取りかと思いますが、メールの宛名は会社名、部署名を正しく間違えないように書きましょう。また、「株式会社」を「㈱」と略すのはマナー違反なので気をつけましょう。 また、自分の名前を名乗る際も「内定者の〜」を付けて大学名・学部・学科まで正確に書きましょう。

まずはお礼を伝えよう(※②)

「本日は内定者懇親会にお招きいただきまして誠にありがとうございました。 先輩や同期など多くの方と交流することができ、 大変有意義な時間を過ごすことができました。」 最初に今回の内定者懇親会へ招いていただいたことについてお礼を言いましょう。

今後の意気込みを伝えるとGOOD!(※③)

「入社までの残りの学生生活は、学業に励みながら1日でも早く会社の役に立てる人材となれるようにビジネススキルも磨き、精進して参ります。」 入社への意気込みを添えるとより好印象になります。 「実際に社員のみなさんに会ってみてやる気がさらに出ました」「同期のみなさんや先輩方に後れをとらないように、入社までは■■の勉強をしながら過ごして少しでも実力をつけておきたいと思っております。」 など、入社までにやろうと思っていることや、残りの時間の使い方などを送っておくといいでしょう。 せっかく人事の方にメールを送るのですから、印象を良くするに越したことはありません。

今後の指導をお願いして締めくくる(※④)

「今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。 まずは略儀ながら、メールにてご挨拶させていただきます。」 最後に、今後の指導をお願いして締めくくりましょう。「重ねて感謝申し上げます」と添えても良いです。

自分の署名は登録しておくと便利(※⑤)

「◯○大学 ◯◯学部 ◯○学科 ◯○○○ 携帯電話:XXX-XXXX-XXXX メール:XX.XX@◯○.jp」 自分の名前、大学・学部・学科、携帯電話、メールアドレスを入れた署名を書きます。名前のみで終わるのではなく、きちんと連絡先も一緒に記載しましょう。よく使うメールで、署名登録しておくと便利だと思います。

初回公開日:2017年04月12日

記載されている内容は2017年04月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング