IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定受諾後に辞退して転職することは出来る?受諾/辞退の伝え方

更新日:2020年08月28日

内定後

いくつかの企業から届いた内定通知書がある場合、内定の辞退は可能か、そしてその伝え方。内定受諾書の書き方と内定受諾書後に辞退することができるのか。以上のことを大変長文ではありますが、わかりやすく、一つ一つまとめて説明していきます。

内定受諾後に辞退を申し出る場合

そもそも内定受諾後に辞退はできるのか?

単刀直入に言えば辞退は可能です!企業によっては、内定辞退を防ぐために内定承諾書を書かせる場合があります。 これは法律でも定まっていて、最高裁判所では難しく、内定とは「双方が解約権を持つ始期つきの労働契約」と定めています。簡単に例えると、「1月1日から始まる労働契約」だが「自分と企業の両方に契約をキャンセルできる権利がある」という意味です。労働契約の場合、労働者を守るために自分と企業の約束したもの(内定受諾書)よりも最高裁判所で掲げているものの方がもちろん優先されます。なので内定受諾後に辞退することは何の問題もありません。

内定受諾後の辞退はいつまで?

内定受諾後の辞退は労働開始日の2週間前に申し出れば大丈夫です!これは法律で決まっており、内容は「契約期間の定めのない労働契約においては、労働者は2週間の予告期間を置けば、特段の理由を必要とせずに労働契約を一方的に解除できる(民法627条1項)」と定めています。要約すると、「正社員として契約した者はいかなる理由であれ、労働が始まる2週間前に契約解除ができる」ということです。このことから契約受諾後でも期間以内であれば辞退できます!

内定受諾後の辞退をするにあたってのポイント

内定承諾書を出した後でも、就活生は内定契約をキャンセルすることができます。ただ、いくら法律で決まっているからといって、相手に迷惑をかけてしまうことには変わりありません。場合によっては企業がキャリアセンターに苦情を入れ、トラブルに発展する可能性もあります。ですから、内定承諾書の提出後に辞退する場合は、誠意をつくして謝罪をしなければなりません。

必ず電話で内定辞退をすること!

電話で伝えることでこちらの誠意が伝わり、企業側の怒りを抑えることができます。また、内定辞退のような重要な連絡は、「確実に相手が聞いたと確認できる」電話でするのがマナーです。

電話後はまた改めて手紙でお詫びをしよう!

お詫びをする時は、電話での連絡を入れてから、手紙で改めて謝罪をするのがビジネスマナーです。手紙でもう一度謝罪をすることで、あなたの誠意が伝わります。内定承諾書の提出後の内定辞退は、相手に多大な迷惑をかけてしまうので、手紙で誠心誠意のお詫びをしましょう。一例ではありますが、下記に文をまとめたので参考程度にごらんください。

受諾後の辞退に際してのお詫びの文

・例1 拝啓 貴社におかれまして、増々ご繁栄の事とお喜び申し上げます。 先日はお電話で御対応頂きまして有難うございました。 貴社から内定を頂けた事は非常に光栄な事と存じておりましたが、自分の適正・やりたい事などを熟考を重ねた結果、他方の企業様にお世話になることに決意致しました。 誠に申し訳ございませんが、内定を辞退させて頂ければと思います。 選考・面接と貴重なお時間を割いて頂いたにも関わらず、お話を辞退させて頂くのは、心苦しい限りですが、ご理解頂ければ幸いです。 就職活動を通しまして貴重な体験をさせて頂き大変ありがとうございました。 最後になりましたが、貴社のますますのご発展並びにご多幸をお祈り申し上げます。 ・例2  拝啓、貴社におかれまして、増々ご繁栄の事とお喜び申し上げます。 先日はお電話で御対応頂きまして有難うございました。 今回は本当にご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございませんでした。 もっと早い段階で結論をださなければと思いつつ、判断しきれずに余計ご迷惑をかける事になった事をお詫び申し上げます。御社から内定を頂けた事は非常に光栄な事と感じていましたが、自分の適正・やりたい事などを熟考を重ねた結果、他方の企業様にお世話になることに決意致しました。誠に申し訳ございませんが、内定を辞退させて頂ければと思います。選考・面接と貴重なお時間を割いて頂いたにも関わらず、お話を辞退させて頂くのは、心苦しい限りですが、ご理解頂ければ幸いです。 就職活動を通しまして貴重な体験をさせて頂き大変ありがとうございました。 最後になりましたが、貴社のますますのご発展並びにご多幸をお祈り申し上げます。 上記の文に関しまして、例1が受諾前、例2が受諾後の文として参考にしていただければと思います。

最終的には自分の意志で企業を選びましょう

ここまで長々と書きましたが、私自身の気持ちとしては今のこのご時世、自分の本当にやりたい仕事が出来ている人はおそらく数少ないでしょう。むしろ採用してくれる企業があるだけでもありがたいと思わなけばならないと思います。しかし、最終的に決めるのは自分自身の意志の強さだと思うのでこちらをご覧になった皆様が自分に相応しい企業を選んでくれることを願います。 自分の得意なことを生かした職業に就きたい!そう考えているあなたは、就職エージェントに相談してみましょう。あなたの適性に合った求人を紹介してくれます。

初回公開日:2017年04月25日

記載されている内容は2017年04月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング