IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接の話し方のコツ・ポイント|練習方法と話し方が上手い人の例

初回公開日:2017年04月12日

更新日:2017年04月12日

記載されている内容は2017年04月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活の面接

面接を成功させることは、就活で内定を手に入れるためにとても重要なポイントです。面接を突破するためには、話し方を意識すると良いでしょう。就活の面接をする場合に、意識しておきたい話し方のポイントやコツについて紹介しています。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接の話し方の基本

面接の話し方の基本
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

面接に合格するためには、話し方が非常に重要です。 まずは話し方の基本をチェックしていきましょう。

面接では結論から話そう

面接の話し方において、「何を聞かれてもまず結論から話す」ことは基本です。 面接は基本的に質疑応答であり、あなたが話すのは、相手の質問に対する答えとなっています。イエス・ノーではないにしても、まずは結論から話し始めることで、簡潔で分かりやすい内容を展開することが出来ます。 「学生時代に頑張ったことは何ですか?」と聞かれたら、「サークル活動です。私はスキー部に所属していて~」と話し始めるのがスムーズです。 「一年生のとき、サークル勧誘でいくつかのスポーツサークルを見学に行きましたが~」と、サークル加入の流れから説明する人はいません。何事もまず結論、そこに補助を入れていく形にすれば、ムダに長くなってしまうこともなく、テンポよく面接を進めることが出来ます。

話し出す前に整理しよう

面接では、話す前に軽く内容を整理するクセをつけましょう。途中で話が止まってしまったり、長く悩んでしまったりすると、折角良い内容を展開したとしても、評価が低くなってしまう可能性があります。面接官に聞かれた内容を簡潔に答えられるように、ぱっと頭の中を整理してから話し出すクセをつけましょう。 面接は誰でも緊張するものです。後悔しないためにも、あらゆる準備と対策を行う必要があります。一人での転職活動に限界を感じたら転職エージェントに相談してみましょう。履歴書の書き方や面接対策などのサポート体制も整っています。

具体性を意識しよう

どんなエピソードも、面接においては具体性が重要です。話し方の基本として、何事も掘り下げて、詳しく語れるようにしましょう。もちろん、だらだらムダなことを話してしまっても仕方ありませんから、分かりやすさやまとまりの良さも意識しなくてはいけません。 しかし、決して難しいことではありません。「頑張りました」ではなく、「○○として、○○を中心に頑張り、○○のような結果を出しました」と、追加事項を与えていくだけで、具体性が発揮されるはずです。指示語を出来るだけ使わないようにすれば、相手に伝わりやすい話し方になります。

面接の話し方のコツ・ポイント

面接の話し方のコツ・ポイント
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

面接がどうしても苦手な人は、話し方のポイントを意識しましょう。 ちょっとしたコツを実践するだけで、面接そのものがとても進めやすくなります。

姿勢を整える

背筋を伸ばし、足をそろえて、姿勢を正すことで、話し方はかなり改善されやすくなります。顎を引いて、視線が上向きになるようにしましょう。背筋が伸びると、自信を持って話しやすくなる傾向にあります。視線が上向きになれば、自然と表情も明るくなりますし、顎を引き、猫背を直して肩をしっかり開くことで、口も開きやすくなり、はきはきとした口調にしやすくなります。 相手からの印象も、これだとかなり良くなりやすいですよね。頭の後ろに糸がついており、天井から引っ張られているようなスタイルを意識するのがおすすめです。

抑揚を意識する

関連タグ

アクセスランキング