IT系学生なら知ってて当たり前。Web企業が展開している有名Webメディア5選

ライフスタイル

IT系学生なら知ってて当たり前。Web企業が展開している有名Webメディア5選

更新日時:

glasses-magazine-book-read-text-media-open-book

移り変わりがはやく、新たな情報が次々に生まれていくIT業界。スタートアップや資金調達など話題は尽きませんが、日々変化する情報に、乗り遅れないためにはWebメディアのチェックは欠かせません。

「IT学生」というぐらいですから、そんなITへの変動にはついていかなければいけないだけでなく、その先の出来事を予想する力が求められます。その力がまた、就活時の企業選びにも重要な役割を果たします。

そこで、今回は「IT系学生」なら知ってて当たり前のWebメディアをご紹介していきます。もし知らないあなたは、情報感度がまだ低いかもしれませんので、是非確認してみてください。

1、LIG

ウェブ制作を行うクリエイティブ会社が提供するWebメディアです。Web制作に関することはもちろん、転職サービスの提供やアーティスト支援なども行っており、内容の充実度が非常に高いのでオススメです。

また、ウェブ、マーケティング、キャリアなどカテゴリ分けされておりデザインもオシャレなので見やすいところも特徴です。「漫画」のカテゴリでは、漫画に関する記事から、4コマ漫画の掲載、息抜きにもピッタリなサービスになっています。

2、オモコロ

オモコロでは、「平日は毎日更新されるお馬鹿サイト」と謳っているように、文章や漫画、動画などによる面白記事が盛りだくさんです。サクサク読める4コマ漫画から、長く見ていける連載があったり、お気に入りのライターさんを探し見るのも楽しいかもしれません。

また「特集」のページでは馬鹿馬鹿しくもつい気になってしまう記事が更新されています。就活や日々の勉強に疲れた方は、オモコロで笑ってストレス発散するのも良いでしょう。

3、THE BRIDGE

こちらは上記のオモコロとは少々異なり、資金調達などスタートアップ関連において特化したサイトとなっています。これらの情報に関しては代表的なメディアとなっているので、他にはないスタートアップも見ることができます。

もちろんスタートアップ以外の話題以外にも、新たな技術やマインド系の記事も更新されており、IT界隈全般について効率よく知ることができるサイトとなっています。

4、WIRED

こちらはビジネスやテクノロジーなどの話題が豊富なサイトです。1993年に創刊され、現在も続くアメリカの雑誌「WIRED」の記事を日本語に翻訳し届けてくれるメディアです。もともとが海外の雑誌なので、話題はやはりアメリカのハードウェアや社会問題についてが多くなっているようです。

日本のみのとどまらず、海外へも目を向けていきたい方にはオススメのメディアとなっています。

5、HRナビ

リクルートが運営するブログメディアです。これまでに紹介したテクノロジーや資金調達などのモノに関する記事というよりは、「人」に焦点を当てたサイトとなっています。

HRナビではIT業界において活躍している人物や起業家などが紹介され、実際の成功例などを詳しいインタビューによって知ることができます。自分がこれからどういった働き方をすればいいのか、そういったことが学べる良質メディアとなっているといえます。

おわりに

いかがでしょうか。このようなメディアを日頃から見ておくようにすると、IT界隈での会話や就活にも役立ってくるでしょう。IT界隈の重要なメディアは他にもまだまだ沢山あるので、情報のアンテナを張り巡らせて、常に先見の明を持ちましょう!

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)