IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【一人暮らし】布団とベッドの特徴・長所と短所・レイアウトと問題点

更新日:2020年11月12日

ライフスタイル

一人暮らしをする上で寝具として布団は欠かせないアイテムです。しかし、布団は一人暮らしでどの様にレイアウトするべきなのか、布団とベッドのどちらが相応しいのか気になるところです。そこで一人暮らしで布団を使うときどのようなレイアウトにするべきか考えてみましょう。

一人暮らしで布団とベッドどちらがいいのか?

一人暮らしで布団は?

一人暮らしをする上で部屋の広さや家具のレイアウトによってベッドを置けないということがありますが、そこで、ベッドではなく床に直接布団を敷くと言う方法もあります。布団は畳んで収納することも出来ますし、畳んだ状態でそのまま部屋の隅に置いておくことも出来ます。そのため布団は省スペースとして家具などの邪魔をしないで、部屋を広々と使うことが出来ます。 しかし布団は冬になると、冷たい空気が部屋の下に降りてくるので、冬に布団を床に敷いて寝るのは寒いかもしれません。そう言ったときはベッドが役に立つでしょう。しかし、夏は布団が快適かもしれません。ふわっとしたベッドだと夏は暑苦しくなってしまうことがあります。

一人暮らしでベッドを利用するには

ベッドは一人暮らしの部屋には大きなスペースが必要となります。しかし、先ほども書いたように冬は冷たい空気が床に溜まってしまうためベッドの方がより快適です。夏でも快適にベッドを使用するのであればマットレスやパイプベッドのような、あまりふんわりしていないタイプを使用すると良いかもしれません。一人暮らしをする上でベッドもインテリアの1つとしてオシャレなベッドを置きたいと言う人も多いかと思います。 そこで、ベッドならば布団と組み合わせることでより快適な睡眠ライフを送ることができるでしょう。ベッドと布団の組み合わせ方次第ではより快適な環境を作ることが出来るようになるのです。しかしそのようにするにはどの様な工夫が必要なのでしょうか。

ベッドと布団の組み合わせ

ベッドには布団を必要とする物と必要としない物があります。そこでどうしても部屋のインテリアの1つとして一人暮らしの部屋にベッドを取り入れたいと言うのならば気軽に模様替えなどが出来るパイプベッドや折りたたみベッドがです。やはり布団1枚を床に敷いて寝ると床の硬さで寝心地が悪いと言う人も多いでしょう。そのためベッドは以外と必要性が高いアイテムになってきます。 最近では格安のパイプベッドや折りたたみ式ベッドなどがあるため軽さやスペースを気にする場合はそれらを選ぶことをします。パイプベッドは軽いですし、折りたたみ式ベッドは省スペースの確保が出来るからです。さらに折りたたみ式ベッドは掃除がしやすいと言う点においてもとても優れています。 しかし、インテリア性を求めたベッドになると大きくて重いベッドになるので、その辺りは自分自身で考える必要があります。

一人暮らしの布団とベッドは?

布団はあまり柔らか過ぎないものを

布団選びでとても重要なのが、あまり柔らかすぎないず腰が沈まないものを選ぶことが重要です。腰が沈む布団は寝転がったときは気持ちが良いのですが、腰に負担をかけてしまうため翌日疲れが残ってしまう場合があります。そのため、低反発の布団など身体の一部だけに負担をかけないものをします。 適度な柔らかさの布団であれば翌日も身体が軽く、疲れを残さないのであまり柔らかすぎない布団を選ぶことが重要になってきます。 最近では硬すぎず、柔らかすぎない布団も多く発売されているためテレビの通販番組や雑誌などで疲れない布団をしっかり把握しておきましょう。特に一人暮らしの場合は起こしてくれる人も助けてくれる人もいないので、快適な布団を選ぶことがとても大切です。

ベッドは硬めのマットレスを選ぶこと

ベッドも色々と種類があるためベッド選びは慎重になった方が良いでしょう。マットレスのベッドにも柔らかくて腰が沈むような柔らかさから丁度良い硬さのベッドもあります。マットレスを選ぶ際には実際にベッドを売っているお店などで試しに寝転がってみてどのくらいの柔らかさなのかを確かめておく必要があります。 さらにベッドにはパイプベッドや折りたたみベッドなど、布団が必要となるベッドもあります。そのような時に先ほど紹介した布団を敷いて寝ると良いでしょう。ベッドは部屋のレイアウトを考えなければならないので少し広めの一人暮らし部屋に住むことがです。狭い部屋だとベッドで大きなスペースを取られてしまいます。

布団のメリット・デメリット

布団のメリット

布団のメリットはやはり一人暮らしの部屋でスペースを確保することが出来る部分にあります。布団を折りたたんで収納棚に仕舞うことでより広いスペースが出来るので、狭い一人暮らしの部屋にとっては大きなメリットになるのではないでしょうか。 さらに、夏は暑い空気が上へ昇り、冷たい空気が下へ下がるので快適に眠ることが出来る点においても大きなメリットでもあります。 また、布団は一人暮らしの部屋のレイアウトも自由なので、部屋の模様替えをしたときでも、どこのスペースを使っても布団を敷いて眠ることが出来る大きなメリットがあります。

布団のデメリット

次のページ:ベッドのメリット・デメリット
初回公開日:2017年04月13日

記載されている内容は2017年04月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング