IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【一人暮らし】布団とベッドの特徴・長所と短所・レイアウトと問題点

ライフスタイル

一人暮らしをする上で寝具として布団は欠かせないアイテムです。しかし、布団は一人暮らしでどの様にレイアウトするべきなのか、布団とベッドのどちらが相応しいのか気になるところです。そこで一人暮らしで布団を使うときどのようなレイアウトにするべきか考えてみましょう。

更新日時:

一人暮らしで布団とベッドどちらがいいのか?

一人暮らしで布団は?

一人暮らしをする上で部屋の広さや家具のレイアウトによってベッドを置けないということがありますが、そこで、ベッドではなく床に直接布団を敷くと言う方法もあります。布団は畳んで収納することも出来ますし、畳んだ状態でそのまま部屋の隅に置いておくことも出来ます。そのため布団は省スペースとして家具などの邪魔をしないで、部屋を広々と使うことが出来ます。 しかし布団は冬になると、冷たい空気が部屋の下に降りてくるので、冬に布団を床に敷いて寝るのは寒いかもしれません。そう言ったときはベッドが役に立つでしょう。しかし、夏は布団が快適かもしれません。ふわっとしたベッドだと夏は暑苦しくなってしまうことがあります。

一人暮らしでベッドを利用するには

ベッドは一人暮らしの部屋には大きなスペースが必要となります。しかし、先ほども書いたように冬は冷たい空気が床に溜まってしまうためベッドの方がより快適です。夏でも快適にベッドを使用するのであればマットレスやパイプベッドのような、あまりふんわりしていないタイプを使用すると良いかもしれません。一人暮らしをする上でベッドもインテリアの1つとしてオシャレなベッドを置きたいと言う人も多いかと思います。 そこで、ベッドならば布団と組み合わせることでより快適な睡眠ライフを送ることができるでしょう。ベッドと布団の組み合わせ方次第ではより快適な環境を作ることが出来るようになるのです。しかしそのようにするにはどの様な工夫が必要なのでしょうか。

ベッドと布団の組み合わせ

ベッドには布団を必要とする物と必要としない物があります。そこでどうしても部屋のインテリアの1つとして一人暮らしの部屋にベッドを取り入れたいと言うのならば気軽に模様替えなどが出来るパイプベッドや折りたたみベッドがおすすめです。やはり布団1枚を床に敷いて寝ると床の硬さで寝心地が悪いと言う人も多いでしょう。そのためベッドは以外と必要性が高いアイテムになってきます。 最近では格安のパイプベッドや折りたたみ式ベッドなどがあるため軽さやスペースを気にする場合はそれらを選ぶことをおすすめします。パイプベッドは軽いですし、折りたたみ式ベッドは省スペースの確保が出来るからです。さらに折りたたみ式ベッドは掃除がしやすいと言う点においてもとても優れています。 しかし、インテリア性を求めたベッドになると大きくて重いベッドになるので、その辺りは自分自身で考える必要があります。

一人暮らしのおすすめの布団とベッドは?

布団はあまり柔らか過ぎないものを

布団選びでとても重要なのが、あまり柔らかすぎないず腰が沈まないものを選ぶことが重要です。腰が沈む布団は寝転がったときは気持ちが良いのですが、腰に負担をかけてしまうため翌日疲れが残ってしまう場合があります。そのため、低反発の布団など身体の一部だけに負担をかけないものをおすすめします。 適度な柔らかさの布団であれば翌日も身体が軽く、疲れを残さないのであまり柔らかすぎない布団を選ぶことが重要になってきます。 最近では硬すぎず、柔らかすぎない布団も多く発売されているためテレビの通販番組や雑誌などで疲れない布団をしっかり把握しておきましょう。特に一人暮らしの場合は起こしてくれる人も助けてくれる人もいないので、快適な布団を選ぶことがとても大切です。

ベッドは硬めのマットレスを選ぶこと

ベッドも色々と種類があるためベッド選びは慎重になった方が良いでしょう。マットレスのベッドにも柔らかくて腰が沈むような柔らかさから丁度良い硬さのベッドもあります。マットレスを選ぶ際には実際にベッドを売っているお店などで試しに寝転がってみてどのくらいの柔らかさなのかを確かめておく必要があります。 さらにベッドにはパイプベッドや折りたたみベッドなど、布団が必要となるベッドもあります。そのような時に先ほど紹介した布団を敷いて寝ると良いでしょう。ベッドは部屋のレイアウトを考えなければならないので少し広めの一人暮らし部屋に住むことがおすすめです。狭い部屋だとベッドで大きなスペースを取られてしまいます。

布団のメリット・デメリット

布団のメリット

布団のメリットはやはり一人暮らしの部屋でスペースを確保することが出来る部分にあります。布団を折りたたんで収納棚に仕舞うことでより広いスペースが出来るので、狭い一人暮らしの部屋にとっては大きなメリットになるのではないでしょうか。 さらに、夏は暑い空気が上へ昇り、冷たい空気が下へ下がるので快適に眠ることが出来る点においても大きなメリットでもあります。 また、布団は一人暮らしの部屋のレイアウトも自由なので、部屋の模様替えをしたときでも、どこのスペースを使っても布団を敷いて眠ることが出来る大きなメリットがあります。

布団のデメリット

布団をフローリングに敷いていると埃が布団の下に溜まりやすいので定期的に布団を干して埃を叩いて取り除かなければなりません。さらに湿気も溜まりやすいのでカビが生えてしまう場合もあります。そのため部屋の空気の入れ替えや定期的に布団を天日干しする必要があるため、そう言った手間があります。こまめに干さなければカビの原因になるため注意が必要です。 しかし、最近では防菌・防カビの布団も多く出ているのでそう言った布団を使用することをおすすめします。しかし、どうしても埃対策は干して叩いたり、掃除機をかけなければなりません。埃によって喘息などを引き起こす可能性もあるため埃には十分注意しましょう。

ベッドのメリット・デメリット

ベッドのメリット

やはり布団のデメリットを解消してくれるところでしょう。ベッドを使うことによって高さが生まれるため、ベッドは埃が溜まりにくく湿気などにも多少強いとも言えます。さらに起き上がりが楽でベンチのようにベッドに腰をかけて脚を床に置くことで座りやすい高さになります。 さらにインテリアとして部屋を彩ることも出来るため一人暮らしをより快適にすることも出来ます。癒しの空間演出にもなるのでベッドにも大きなメリットがあります。 さらにベッドの下にはスペースが生まれるため、収納スペースとしても利用することが出来る大きなメリットもあります。収納ボックスを用意することで洋服や雑貨をベッドの下にしまうことが出来ます。

ベッドのデメリット

やはりスペースを大きくとってしまうところにあります。一人暮らしの部屋になると少々部屋の大きさが狭い場合が多いためベッドを置くことで部屋に圧迫感を与えたり、スペースを取って他の家具などのインテリアを置くスペースがなくなってしまいます。また基本的にベッドは重いので部屋の模様替えなどをするときには不向きと言えます。 しかし、それを解消するならばパイプベッドや折りたたみベッドなどの軽くて移動のしやすいベッドを選ぶことで部屋の模様替えをしやすくなります。ですが、パイプベッドや折りたたみベッドの場合、ベッドとは別に布団も用意しなければなりません。ベッドならではのデメリットも存在します。

一人暮らしで布団を干すには

ベランダが必要

一人暮らしの部屋によってはベランダがある部屋やベランダがない部屋があります。もし寝るときにフローリングに布団を敷いて寝ている人は定期的に布団を干すことが大切です。さらに埃を叩かなければならないと先ほど書いてきましたが、ベランダがなければ布団を干すことが出来ず埃を叩いたり消臭・殺菌などが出来ません。そんなときはどうするのが良いのでしょうか。 もしベランダさえあれば洗濯竿に布団を干すことが出来ますが、ベランダがないときは天日干しは出来ませんよね。

掃除機&消臭・除菌スプレーを活用

ベランダがない部屋だと布団を天日干し出来ません。そこでまずは掃除機で埃を取り除きましょう。最近ではダイソンなどから布団クリーナーで埃を取り除くと同時に消臭・除菌などを行ってくれるアイテムも出ています。 しかし、一人暮らしでそう言ったアイテムを買うことは困難です。特にダイソンは製品が良いだけ価格も高いので購入することが難しくなります。そこで通常の掃除機で埃を取り除きファブリーズなどの消臭・除菌スプレーをすることをおすすめします。

布団って洗濯出来るの?

洗える布団と洗えない布団がある

布団も洗濯をしたいですが、特に夏になると寝汗もかいて匂いなどが気になります。もちろんファブリーズなどの殺菌・消臭スプレーで対策を練ることも出来ますが、やはり洗濯機で洗濯したいと思う人もいるのではないでしょうか。 実は布団によっては洗濯出来るものと出来ないものがあります。布団のタグを見て洗濯機のマークがあれば基本的に洗濯出来ます。しかし、洗濯機と布団の大きさによっては入り切らないと言うこともあります。そこで目安としてはシングルの布団ならば5Kgまで対応の洗濯機ならば入るでしょう。 もし一人暮らしようでもっと小さな洗濯機を使用しているならばコインランドリーで洗濯して乾燥させることをおすすめします。また、洗濯をする際はネットに入れる必要があるので、布団が入るほどの大きさのネットを準備しましょう。 そしてドライマークのある布団であればクリーニング店に出すことが大切です。もし布団のタグを見てもわからない時には、クリーニング店に相談することをおすすめします。しかし、クリーニング店まで布団を運ぶには結構大変です。そのため布団が入るほどの大きなバッグなどが必要になるでしょう。

予備の布団は必要?

予備の布団と季節用の布団

春夏用、秋冬用の布団を使い分けることも快適な一人暮らしをする上で重要です。1つの布団で年間を通していると布団はすぐに傷んでしまったり、クリーニングに出している間は布団がなかったりしていしまいます。そこで布団の予備を用意しておくことが大切です。 布団を季節ごとに変えることでより快適な睡眠が出来たり、冬は特に寒くて起きてしまうこともあります。そのため秋冬用の布団は必ず持っておくと良いでしょう。秋冬用の布団を夏に使用する場合、最近では冷感敷きパッドも売っているのでそれを使用すると良いでしょう。

来客用に予備の布団を

一人暮らしをしていく上で来客が来る場合もあります。そのような時に予備の布団があるととても助かります。女の子同士ならば一緒の布団で寝ることは多いみたいですが、男性同士では一緒に布団に入るのは抵抗ある人が多いようです。 そのため来客用の布団を持つことはとても重要になってくるのではないでしょうか。また、一人暮らしをする際に余裕があれば布団は予備のために2セット持っておくと何かと役に立ちます。

一人暮らしをしていく上で収納は大切

大きな収納スペース

先ほど布団の予備は大切だと書いてきましたが、布団を仕舞う収納スペースは確保しておいた方が良いでしょう。特にこれから一人暮らしを始める人にとっては収納に適している部屋を探すことが大切です。布団は特にかさばるのでそれなりに大きな収納スペースが必要となります。ウォークインクローゼットやあらかじめ部屋に設置されている収納棚などがあると布団はしまいやすいでしょう。 もし大きな収納スペースがない場合布団用の圧縮袋はとても役に立ちます。ベッドの下のスペースに仕舞い込むことが出来ますし、より薄くかさばらないように仕舞うことが出来るので布団専用圧縮袋は大変おすすめです。

一人暮らしの予備の布団置き場としてロフトを利用

一人暮らしの部屋の中にはロフト付きの物件もあります。そのロフトを収納スペースとして利用する方法もあります。実際にロフトがあってもロフトでくつろぐ人は少ないと思います。 そこでロフトのスペースを収納部屋として活用することが大切です。そのため一人暮らしの予備の布団置き場としても利用出来ますし、部屋自体も広く快適に使うことも出来ます。またロフトに布団を敷いて、寝る部屋として使うことも出来ます。しかしロフトを寝るために使うには夏はとても暑いので注意が必要です。 しかし、ロフト付き物件ってあまり人気がないのですが、物が多い人にとっては取っておきの収納部屋として利用することが出来るので実はとても便利なのです。是非物が溢れて部屋が狭くなってると言う人はロフト付き物件に引っ越すと言うことも考えてみてはいかがでしょうか。

一人暮らしで役に立つベッド5選

1:圧迫感を抑えたパイプベッド

ベッドから床までの高さが僅か20cmで高さが抑えられたパイプベッドなので一人暮らし部屋に圧迫感を与えず、20cm以下の収納ボックスなどを仕舞えるスペースが出来ます。さらにコンセントもあるためスマートフォンなどの充電が出来たり、スマートフォンや本を置くための小さな収納スペースがあるためかなり役に立つ上に、パイプベッドなので軽くて部屋の模様替えの際にも楽にベッドを運び込むことが出来ます。一人暮らしには最適なベッドです。

2:収納性抜群ロフトベッド

狭い一人暮らし部屋にとってロフトベッドは高さがあり少々圧迫感があるかもしれません。しかしロフトベッドの下には大きなスペースが空くため何かと物が増えて一人暮らし部屋のスペースを拡張するための収納スペースにも出来ますし、デスクを置いたりしてプライベートなスペースにすることも出来ます。 一人暮らしの部屋によりスペースを開けるにはロフトベッドは大いに役に立つのではないでしょうか。さらにパイプベッドなので重量もそこまで重くないので、こちらも部屋の模様替えのときに動かしやすいかと思います。しかしベッドを引きずる際、フローリングに傷を付けないように気を付けましょう。

3:ハンガーパイプ付きロフトベッド

またしてもロフトベッドになりますが、ロフトベッドにハンガーパイプやカーテンレール用パイプが付いているため洋服の収納などにも適しています。さらにカーテンを付けることで収納しているところを隠すことも出来ます。 一人暮らしをしていく上で収納上手になるにはロフトベッドは大いに役に立ちます。収納ボックスなども組み立てたりして部屋をより広く使うことが出来るでしょう。よりオシャレな一人暮らしの部屋を作るならばロフトベッドは最適なアイテムなのではないでしょうか。

4:3段階高さ調節可能すのこベッド

何と言っても高さを3段階に調節可能なのでベッドに腰を下ろす際に足が着く高さに調節することが出来るメリットがあります。また、すのこベッドなので通気性がよく布団が湿気ることがありません。床に布団を敷いて寝ると冬は特に寒いので多少の高さがあると少しでも寒さを凌げます。ベッドの高さを一番高くすることでより収納スペースが生まれるので収納重視の場合は高さを一番高くすることをおすすめします。 オプションにはなりますが、専用の棚などもあるので、ベッドにスマートフォンを置きたい時には専用棚も一緒に購入するとより便利なベッドになるでしょう。

5:14段階リクライニング調節可能折りたたみベッド

こちらの折りたたみベッドは14段階ものリクライニング調節可能なので少し背中を起こしたい時などにとても役に立ちますし、さらに折りたたみ可能なので部屋掃除の際にベッドを折りたたみ、ベッドの下の掃除も出来ます。これは大きな一人暮らしを送る上で大きなメリットがあります。 さらにベッドは低反発なので布団要らずですので、寝ていて気持ちが良いのでとても疲れを癒すアイテムとして大きな存在になるのでしょうか。キャスターも付いているので部屋の模様替えの時に折りたたんでキャスターで滑らせるように移動が出来るので機能性としては十分なほど一人暮らしの役に立つでしょう。

一人暮らし部屋でのベッドのレイアウト

部屋の模様変えを考慮したベッド選び

一人暮らしの部屋では狭い部屋から広い部屋などそれぞれ違うと思います。しかし、もし狭い一人暮らし部屋の場合ベッドのレイアウトに困るのではないでしょうか。部屋の壁際や窓際に置くのが普通ですが、その位置によっては部屋を狭く感じさせてしまう場合もあります。 狭い一人暮らし部屋では通常のベッドでは模様替えも大変です。さらに一人暮らしをしていると模様替えをして気分転換することも重要になってきます。同じ部屋のレイアウトを維持していると窮屈に感じてしまう人もいるのではないでしょうか。そう言った場合に軽いパイプベッドや折りたたみベッドで移動が楽なベッドならば部屋の模様替えがしやすくなります。

窓際にベッドを置くと目覚めが良い

一人暮らしの部屋で、さらに角部屋の場合は2面採光になっている部屋も多いかと思います。2面採光になっている部屋であれば窓際にベッドを置くことをおすすめします。なぜならばベッド周辺が朝明るくなり目覚めも良いからです。朝、朝陽を浴びることは健康上とても良いことなので2面採光の部屋であれば窓際にベッドを置きましょう。 もし2面採光の部屋じゃなくとも、ベランダに出るための窓のところにベッドを置いても良いでしょう。しかしベランダへ出るためにベッドを乗り越えなければならない、と言う面倒が出てきますが、朝陽を浴びて目を覚ましたいと言う人には、そう言ったレイアウトもおすすめです。

ベランダ付きの物件を選ぶ

これから一人暮らしをするなら

これから一人暮らしをする人や引越しを考えている人はベンランダ付きの物件を選ぶことをおすすめします。やはり布団を天日干しすることで、布団がふんわりと温まり気持ち良く眠ることが出来ます。布団クリーナーや除菌・消臭スプレーでは感じられない、自然特有の気持ち良さを実感できます。そのためベランダで布団を干せるようなベランダがある物件探しをすることをおすすめします。 さらに洗濯物を干すにもやはり太陽の下で干すと乾きも早いし気持ち良いですよね。部屋干しだとどうしても部屋が湿ってきたり、洗濯物の匂いが気になってしまう人も多いはず。そのためベランダ付きの物件はとても快適な一人暮らしを実現することが出来るでしょう。

一人暮らしの気分転換の場として

一人暮らしでベランダがあることで、外に出る気分がなくてもベランダで外の空気を吸うことが出来ます。どうしても一人暮らしをしていると気分が優れない時やストレスが溜まってやる気が出ないこともあるでしょう。 家事などもやらなければならないのに、やる気が出ないと言った時はベランダで気分転換をすることで家事などをやる気にさせてくれることもあります。気分転換の場としてベランダ付き物件を選ぶことは大きなメリットでもあるのです。

広いベランダであれば

もしもベランダが広ければテーブルや椅子などをベランダ用に用意してみてはいかがでしょうか。春や秋など気温が丁度良く、天気の良い日に広いベランダで朝食や昼食を摂るのも良いでしょう。外の空気に触れながら食事をしたり、眺めを楽しみながら食事をすることで、大きなリフレッシュにもなります。 またベランダでコーヒーや紅茶を飲むなども良いでしょう。多少狭いベランダでも折りたたみのデスクと折りたたみの椅子があればそれらを実現させることも出来ます。是非ベランダをリフレッシュの場として使ってみてはいかがでしょうか。

1・一人暮らしの布団の予備と収納場所

予備布団と収納場所

布団をクリーニングに出して布団が数日間ないと言うことを避けるためにも布団は2セット用意する必要があります。さらに来客で泊まりになる際に予備の布団があることで来客用の布団として多いに役に立ちます。そして布団の収納は圧縮袋を利用して極力薄くして仕舞いやすくする必要があります。収納スペースをより効率良く使うことが可能になります。ベッドの下に隙間があれば、ベッドの下に圧縮した布団を仕舞うことが出来ますし、ロフト付きの物件であればロフトを収納場所として大いに役に立てることが大切です。 さらにロフトもなく収納場所がない場合はロフトベッドを活用することが大切です。ロフトベッドを利用することによってベッドの下が大きな空間となってなんでも収納出来ますし、またデスクなどを置くスペースにもなるので、ロフトベッドを活かして収納スペースを拡張させることもアイデアの1つとして覚えて置きましょう。

湿気・カビ対策にベッドを利用

床に布団を敷いて寝ると言うことは布団に埃がついたり、最悪カビが生えてしまう場合もあります。こう言った埃やカビ対策としてベッドを利用することをおすすめします。さらに一人暮らしをするとなるとベランダがない物件などもあるので布団をクリーニングに出す手間や洗濯する手間を省くためにもベッドは一人暮らしをする上で大いに役に立ちます。 もしベッドがあることでベッドの下の掃除が出来ないと考えている人は折りたたみのベッドや軽くて移動が楽なパイプベッドを選ぶことをおすすめします。折りたたみベッドのほとんどはキャスターが付いているので、折りたたんで省スペースになる上に移動も楽なので、折りたたみベッドは大いに一人暮らしの役に立ちます。

2・一人暮らしの物件探しにはロフトやベランダを

ロフト付き一人暮らし部屋の収納術

何かと物が増えてしまうと言う人はロフト付きの物件に住むことをおすすめします。ロフトは収納場所として多いに役に立ちますし、下の部屋からは収納物が見えにくいのでとても大きな役割を果たしてくれます。また予備の布団の収納場所としても大いに役に立ちますし、ロフトを最大限に活かすことが重要になってきます。しかしあまり人目に付かないからと言って、ロフトでの収納をする際に整理整頓はしっかりとしておきましょう。一人暮らしだからと言っていつ来客があるか分からないのでロフトは綺麗に使うことが大切です。 また夏以外はロフトを寝室として使うこともおすすめです。ベッドを置くスペースがないと言う人やベッドを置きたくないと言う人にとってロフトで寝ることはかなり省スペースにつながります。ロフトで寝心地を良くするために布団選びはとても重要です。低反発の敷布団をおすすめします。そして快適な寝室部屋として利用するためにロフトの中は綺麗にしておきましょう。

一人暮らしを快適にするベランダ

ベランダは洗濯物を干したり布団を干したり、何かと一人暮らしでも役に立ちます。やはり布団をベランダに干した後に寝るのは本当に気持ちが良いのでクリーニングでは味わえない、自然の匂いや温かみを感じることが出来ます。さらに洗濯物も外に干した方が乾きも早いですので、布団の湿気取りにもなります。 さらに広いベランダならばテーブルや椅子を置いてベランダで食事をしたり快適なスペースにすることで、気分転換やリフレッシュの場として一人暮らしの癒しの場として多いに役に立ちます。ベランダでのリフレッシュによって窮屈な一人暮らしのストレスを解消させることが出来るでしょう。

3・一人暮らしのお役立ちアイテム

消臭・除菌スプレー

ファブリーズなど消臭・除菌スプレーはとても役に立ちます。万が一部屋にベランダがなくてなかなか天日干しが出来ないと言う場合に消臭・除菌スプレーで布団を綺麗にすることが出来ます。最近では天日干しをしたような香りの消臭・除菌スプレーなども発売されているため、特に梅雨時などには大いに役に立ちます。また部屋の空間用の消臭スプレーなども部屋の嫌な匂いを解消してくれるので、空間用スプレーも用意しておくことをおすすめします。

掃除機&布団専用クリーナー

一人暮らしの上で掃除機はとても重要なアイテムになります。床掃除だけでなく、布団にも掃除機掛けはとても重要です。髪の毛なども枕元に落ちている場合がとても多いのでこまめに布団に掃除機をかける必要があります。 またダニ対策としても掃除機はかなり役に立ちます。ダイソンなど様々なメーカーからも殺菌布団クリーナーが登場しているので、布団専用掃除機もあっても良いでしょう。より一人暮らしの布団を快適にするならば布団専用掃除機はとても便利なアイテムですので、布団を清潔な状態に保つことが出来ます。

空気清浄機

どうしても部屋には埃は溜まってしまいます。そこで空気清浄機はとても役に立ちます。埃を吸って綺麗な空気を循環させたり、花粉なども取り除いてくれます。 空気清浄機は様々なメーカーから出しており、空気中の埃や花粉以外にもウイルスを除去してくれる物まであります。王手家電メーカーであるシャープからもプラズマクラスターといった人気の商品もあり健康志向の人や綺麗好きな人など多くの人に愛されています。是非空気清浄機を役立てて綺麗な部屋を保ちましょう。

便利なアイテムを揃え、快適な生活を送りましょう

いかがでしたでしょうか。 今回は、一人暮らしで必要アイテムを紹介してきました。 快適な一人暮らしを送れるよう、今回の記事が参考になれば幸いです。

関連タグ

アクセスランキング