IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フリーランスで仕事がないときの仕事の探し方|仕事がない時の対策法

フリーランス

フリーランスで仕事がないときの仕事の探し方、仕事がない状況にならないための対処、フリーランスの仕事がない不安への対処法をお伝えしていきます。フリーランスの仕事は魅力的で奥が深い分、フリーランスというものをよく知り自ら行動していくことがうまくいくコツのようです。

更新日時:

フリーランスは仕事がない?

フリーランスは仕事がない?

フリーランスは始めることならだれでも気軽に始められますが、フリーランスとして仕事を始めて挫折している方は数多くいます。仕事がないことがフリーランスを辞める原因の一つのようです。 仕事がないと経済的に危機です。フリーランスとして仕事がない状況になぜなってしまったのかご紹介していきます。フリーランスというものが想像していたものと違っていた、仕事がない、想像以上に厳しいものであることが挫折の原因のようです。

自由気ままでいられると思っていた

いざフリーランスの仕事をしてみると、自分で仕事を取りに行くことはもちろん、仕事が入るように工夫・努力しなければなりません。会社員ですと会社に出社して与えられた仕事をこなすことでお給料が入ります。 今までしていた仕事の依頼は会社に依頼された仕事でしかないわけです。営業していかないと仕事がありません。個人事業主、フリーランスとしてやっていくには自分自身に仕事が入る、依頼されるようにようにしないといけないのです。自由気ままなだけでは仕事がないです。

仕事があって当たり前だと思っていた

フリーランスの魅力は、自由気ままで時間も融通が利くところです。フリーランスの仕事を始める人が誰しも挙げる利点です。しかし、自由気ままだけではいられないようです。仕事の窓口、全責任は自分が負うことになります。 責任と常識の上に成り立つ自由ということになります。仕事がないと、フリーランスの魅力の一つである自由に過剰な期待だけをして想像と違っていたことでフリーランスを辞める、挫折する人は少なくありません。

HPを作るだけで仕事が舞い込むと思っていた

ただHPを作って、SNSを発信するだけでは仕事は入りません。実績がないからです。実績と繋がりがなく当てもなく0から生計を立てていくのは想像よりもはるかに難しいです。始めたばかりで何にもなしにいきなりフリーランスとして成功することはあり得ません。 始めたばかりでは仕事がないのは当たり前です。実績を作っていくことが第一歩です。少しづつでも実績を積んで人の繋がりができればそのつてで仕事のチャンスが巡ってくることもあるようです。そのチャンスも逃さず生かしていきましょう。そうしていくことで定期的に仕事が入ったり、さらなる仕事を呼ぶことになります。

フリーランスの仕事は甘えがあっては成功しない

フリーランスの仕事は甘えがあっては成功しない

会社員時代とは違う

会社員時代は、毎朝の通勤電車に乗り、嫌な上司でも頭を下げて、合わない同僚とも折り合いをつけてやってきた方も多いと思います。週5日を一日の大半を会社で過ごし、時間も制限されていますが、会社から与えられた仕事をこなしていくことでお給料を対価としてもらい生活していたと思います。 フリーランスになれば、会社の嫌な人間と顔を合わせずに済み、休みや時間も自由が利く。会社で縛られて働きたくない。フリーランスとして自由と気ままを手に入れたい!という思いもあってフリーランスを始めることが多いです。 確かにこれは利点なのですが、問題は仕事が入るかどうかなのです。フリーランスの仕事は自分で獲得しなければ仕事がない状況になってしまいます。当たり前ですが会社員とは大きく違う点です。わかっているつもりでも具体的に行動して結果を出していかないと仕事がないままです。行動しなければ仕事はありません。

フリーランスの仕事がない不安への対処法

いつまでも仕事がないと嘆いて不安がるばかりでは、仕事がないままです。フリーランスの仕事が入るように行動あるのみです。仕事がない時こそできることがあるので時間を有効に使いましょう。 仕事がなくて時間があるときにこそ、確定申告等のお金について知識を得たり、自分が持つスキルを高めるためにセミナー等に参加したり、仕事に関する新たな知識を取り入れてみたりするいい機会です。 仕事の質を高めるために何ができるか考えることもできます。HPを作成して内容を充実させるのも、SNSで宣伝をすることもできます。HPを充実させて検索上部にヒットされるようになるには時間とコツがいりますので、仕事がない時に取り組んでおくことも良いかと思います。

仕事がない時は息抜きをしましょう

不安でしょうがない時はいったん息抜きしてみるのも。仕事がない、このまま仕事がないままだったらどうしようと考えてもしょうがない時はあります。気分転換に緑の多い公園などに散歩に出かけてリフレッシュしてみたり、趣味をして切り替えることで仕事を得るための良いアイデアが浮かんでくるかもしれません。 自宅で仕事をされてるフリーランスの方は、仕事に取り組みやすくなるように部屋の掃除をしてみましょう。仕事がしやすいだけでなく、気持ちがいいですよね。自分がいる環境を整えることで気持ちも上向きになります。気持ちが落ち着いたら仕事を得るための行動にうつりましょう。

フリーランスの知識と幅を広げる

仕事・業務内容についての知識はもちろん、効率よく進めるためのツール、税金等のお金の知識を取り入れましょう。ポートフォリオ・プロフィールの書き方も調べておきましょう。メール・書類のテンプレートも作成しておくことも時間があるときに済ませておくことで仕事がスムーズになります。仕事に必要なセミナーがあれば参加したり、インターネットで調べて情報収集をして知識と幅を広げましょう。 やれることはたくさんありますので、仕事がない、仕事がないと考えている時間がもったいないです。

フリーランスの悩みは仕事がない、安定しないことが悩みの大半

仕事がない暇なときと忙しいときの差が激しい

自由な働き方ができるフリーランスですが仕事がない暇な時と、死ぬほど忙しい時の差が激しいです。フリーランスはいつでも仕事を請けられますからクライアントがそれを見込んで締め切り間近の依頼が殺到することがあるようです。 この極端な差はフリーランスの特徴ですので、仕事量、作業時間をコントロールできるようになるのが初期段階の課題ですね。

フリーランスの仕事がない時こそ勉強の機会

フリーランスの仕事は自発的に仕事の研究と行動、発信が必要です。マーケティング、営業面でも勉強する必要がありますね。常に勉強をしていかないといけないようですね。セミナー等に参加して勉強のついでに人脈作りと仕事の可能性を広げていく行動をしていきましょう。それぞれの職業に合わせて、仕事の研究をしてみましょう。

時間の管理

フリーランスは時間の管理が成功のカギです。ライター、デザイナー、プログラマー等様々なフリーランスの仕事がありますがそれぞれ報酬形態の違い、単価の違い、業務完了までにかかる時間も違います。 ですが、時給として換算してみるとどのような業務でもどのくらい稼いでいるのかわかりますので報酬を設定するときに考えてみましょう。サラリーマンは1年間で平均1800時間働いていると言われており平均年収は410万円ほどです。 サラリーマンの平均的な時間と給料から時給に換算すると約2800円になります。つまり一般的なサラリーマンと同じような生活基準をするには時給は2800円が目安の1つになります。

時間を決める

フリーランスですと、自宅で仕事をされている方が大半かと思います。自宅で仕事をするとなると趣味との境が曖昧になりがちでSNSを覗いてしまったり、画像や音楽を探していたら手間取ったりしてしまうとかなりの時間を使ってしまいます。 ほんの時間でも積り積もると結構な時間です。常に時間を意識していきましょう。仕事がないと思っている時でも、急に複数の業務が一気に抱えることは当然起こりえますので、納期の管理、作業にかかる時間を把握し隙間の時間で営業、スキルアップ、新しい業務を入れる隙間時間を作っていきましょう。 フリーランスの魅力の自由な時間が増えるようにするためにも時間の管理は怠らずしっかり守っていくことをおすすめします。

仕事がない時には身に着けたスキルを深める

仕事がない時には身に着けたスキルを深める

スキルを上げるにはやはり実際の仕事が一番です。しかしそのためにも、身についているスキルをアップさせるために勉強しましょう。だらだらと仕事がない時に何もしないと先につながりません。勉強をすることで自分のスキルの密度と深度を高められます。フリーランスの仕事は、常に勉強して仕事を研究し続ける奥が深い働き方です。熱意と情熱がないと続けることは難しいかもしれません。得意なこと、能力が高いことでフリーランスとしてやっていく場合も研究は必要です。 仕事がないと嘆くなら時間を有効活用して、仕事がない時期を乗り切りましょう。仕事がない時期は仕事をつかもうとすれば、仕事がない状況は打破できます。 勉強会、セミナーでスキルアップも大切ですが、マーケティングなどの営業向けのセミナーにも参加しましょう。参加者と名刺交換して仕事の可能性が広がるだけでなく、営業についても学べます。営業もスキルアップの一つでしょうか。

競争が激化するフリーランス

フリーランスがどんどん増えていますので、競争が激化していくことでしょう。すでに始まっているかもしれません。仕事が依頼されるには自分だけの強みと個性を押し出して発信していくことが重要です。 HPやプロフィール、ポートフォリオ、ブログに自分ができることを明確に提示しましょう。スキルアピールだけでなく人柄や個性が見えますのでどんどん更新しましょう。積極的に活動していることを見せることで注目が集まりやすくなります。

仕事がないと落ち込んでいるだけで、何も行動しなければずっとそのままです。フリーランスとしてやっていくと決めた以上、自主的に活動しないと仕事がないです。初めたばかりですぐに結果を出せる人はなかなかいないものです。 成功しているように見える人も仕事がない時期があったのです。仕事がない時期に下準備をしているものです。自分はこんなに仕事がないと悩んでいるのにと、成功しているように見える人も陰で努力しているものです。少しづつ実績を積んでいっているのです。 仕事がない時に仕事に関する知識、情報収集をインプットしておいたり、勉強会やセミナーに参加してみることもできますし、税金周りを整理して、税務処理が効率よく行えるように準備しておくことも仕事がない時にこそできます。 クライアントに提示する書類・メールのテンプレートを作成して、内容をチェックしておくことも準備になります。仕事がない時は勉強の時間だと思ってスキルアップ、フリーランスとしての体制を整える期間ととらえ取り組んでいきましょう。仕事がないと嘆いている暇はありません。

身に着けておくべき職業別スキル

以下に例として身に着けておくべき職業別スキルを挙げてみました。

フリーランス・ライターの場合

読者が読みやすくわかりやすい文章であるだけでなく、読者の心・記憶に残る文章を書くことが必要なスキルです。しかし、そのような技術は簡単に身につくものではありません。日頃から様々な知識を吸収するようにしていると記事の幅が広がります。 読みやすい、わかりやすい文章を書くためには本はもちろん記事、新聞などの質の良い文章に触れることです。今まで知らなかった漢字や熟語なども知る機会になります。 自分が読んでいてわかりやすい、読みやすいと思った文章の書き方を参考にしてみるのもスキルアップにつながります。

フリーランス・プログラマーの場合

プログラマーにとって必要なスキルは、言語開発の習得です。開発言語にはJava(Web系からAndroidまで幅広い分野で使用でき、汎用性が高い)、C言語(すべてのプログラミング言語の基盤となる言語で速度が速い)、C++(C言語に利便機能を付けた加えたもの)、Oblective-C(iPhoneアプリ開発言語の中心)、Ruby(開発者が日本人で楽しいプログラミングがモットー),Perl(歴史ある開発言語で、ほとんどの環境で使用可能)など、様々な要素、メリット・デメリットを持った言語があります。 一つの開発言語のみで仕事をしているという人は他の言語を習得することで仕事の幅が広がります。開発言語について常に研究しなければなりません。

フリーランス・デザイナーの場合

フリーランス・デザイナーと一括りに言っても幅が広いようです。イラストレーター、ウェブデザイナー、CGデザイナー、グラフィックデザイナー等は基本的に必要なスキルは違うようです。 自分のやりたいデザインの仕事によって変わってくるので、一概にどのようなスキルが必要かは断定できません。デザインの宿命として時代によって流行、廃れがあるので時代に合わせたデザインの知識とセンスが必要のようです。次に流行する可能性があると感じたデザインについても学んでおくと先取りできそうです。 今の時代フラットデザイン、スマホのためのレスポンシブデザインが必須になっています。ウェブデザインにおいては背景に動画を使用したものや、スクロールするごとに画面が動いて切り替わるパララックスエフェクトを導入しているサイトが増えていることからこれらもトレンドの一つとして勉強して取り入れていく必要があります。学びを多くすることで仕事がないという状況を免れることができるでしょう。

フリーランスの仕事がない状況にならないための対処

フリーランスの仕事がない状況にならないための対処

SNSを使い集客する

HPだけでなく、Twitter、フェイスブック、ブログ(アメーバブログなど)SNSと連動して効果を発揮します。HPがあると顧客側に安心感を与えられます。しかしただ作っただけでは当然ながら仕事がないです。

SNSのメリット

Twitterやフェイスブック等のSNSは、コストをかけることなく情報発信ができるメリットがあります。即時性やHPとの双方向性に優れています。しかしこれもHP同様ただアカウントを作っているだけでは仕事の獲得には至りません。仕事がないです。似たようなアカウントに埋もれないように情報発信をこまめにしていきましょう。検索エンジンでの表示にのりづらいことがデメリットとして挙げられます。

ブログのメリット

ブログのメリット

SNSですと、アピールしきれなかったりするので、ブログで詳しく書いたり、内容の整理ができます。コンテンツを増やしていくと検索エンジンにのりやすくなります。検索エンジンにのるとクライアントが興味をもって仕事の依頼が入るかもしれません。ブログですと丁寧に内容が書けますし詳細も書けます。文章から自分の魅力も伝わるのでブログも活用しましょう。検索して出てくる初めのほうの検索エンジンにのるようになるには時間と工夫が必要なことがデメリットです。ブログと検索エンジンについての勉強も必要になってきます。アピールがないと仕事がない状況が続いてしまいます。

紹介のつてを増やす

紹介のつてを増やす

交流会・同好会に参加する

クライアントがたくさん集まる交流会に参加して、繋がりを増やしましょう。あからさまな営業をしてしまうと嫌がられますので普通に交流という感じで参加しましょう。営業ってそのあたりが難しいです。 自分で営業していかなければいけないのもフリーランスの難しさを感じる面の一つです。交流会で繋がりができたらさらっとアピールしてみましょう。気長に待てば仕事が入る可能性があります。将来的に仕事が入る可能性が高まりますので、仕事がないと悩むならクライアントになりそうな人とかかわりをもっておきましょう。人との関わりが「仕事がない」状況を変えることができるでしょう。

すでにある繋がりから

すでにある繋がりから

今ある繋がりで、紹介を頼んでしまいましょう。こまめに連絡を取ったり、頼まれた仕事は選り好みせず受けてみましょう。スキルアップにつながったり、良い経験になるかもしれません。 フリーランスでは選り好みせず仕事を受けてみることでこの先数年の仕事に影響してくるでしょう。人脈は重要ですね。人間関係を良好に保つことができるように、自己成長もしていきたいですね。 初期のころに知り合いの依頼を受けていくことで、仕事がないということが防げていきます。フリーランスだから好きな仕事ができるわけではないのです。知り合いからの仕事の依頼を受けていかないと将来的に仕事がない状況に陥っていく原因になりそうです。本当に仕事がないということになりやすいです。 フリーランスを始めたころは、今の繋がりから依頼を受けた仕事は選り好みせず受けてみましょう。スキルアップと信頼、実績にもつながります。

業界団体に参加

団体関係者の知り合いがいないと難しいかもしれませんが、参加できれば紹介が得られるでしょう。

フリーランスで仕事がない時の仕事の探し方

フリーランスで仕事がない時の仕事の探し方

フリーランスで仕事がない時の仕事の探し方を以下に挙げてみました。仕事がないとお悩みでしたらクラウドソーシングやエージェントサービスを活用してみることもフリーランスとして仕事を得るには重要なようです。仕事がない状況を変えるには利用してみましょう。

クラウドソーシングで営業活動

以下にクラウドソーシングのメリット・デメリットを挙げてみました。

メリット~クラウドソーシング~

■仕事が選べる 好きな仕事、やりたい仕事、強みを生かせる仕事を自分で選んで受注することも可能です。高い報酬を望めなくとも、フリーランスとして歩んでいく第一歩として好きな仕事を受注してフリーランスとして報酬を得る喜びを味わってみるのも良いでしょう。

■どこにいても案件を請けられる クラウドソーシングではネット上でのやり取りがほとんどです。依頼者と会うことは稀です。日本中どこにいても仕事の依頼を受けられますので、語学力のある方は海外からの依頼も受けることができます。

デメリット~クラウドソーシング~

■報酬の相場が安い クラウドソーシングの知名度はまだまだですが、上がってきてはいます。クラウドソーシングは相場が比較的安いので、直接フリーランスに仕事の依頼をするのでクライアントの中には安く仕事を頼もうと考えているクライアントもいます。 こういったクライアントによって元から高くはない相場が低くなっているようです。クラウドソーシングを利用するにあたって、クラウドソーシングだけで生計を立てていくには数をこなすだけでなく仕事選びも重要になってきます。

■発注者とのトラブルが起きやすい クラウドソーシングの仕事では、ネットがほとんどなので発注者側についての情報が少なく、依頼された仕事がどのように利用されるかわからないことがあります。 発注者が報酬を踏み倒したり、連絡が取れなくなることもあるようです。最低限のコミュニケーションが取れない発注者に当たった場合運営者に仲介してもらいましょう。インターネット上だけですとどんな人かわかりませんのでトラブルが起きやすいですね。

エージェントサービスを利用する

フリーランス向けのエージェントサービスがあります。個々の希望条件やスキルに合った仕事の紹介と契約の際の面倒な処理も代わりに行ってくれるサービスです。 エージェントサービスは、登録と参加が簡単にできますので、フリーランスとして仕事を獲得していくことに不安がある、仕事がないと不安がある方は気軽に相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

仕事が入る

自分で仕事を取る難しさが仕事がない一因になっていますが、エージェントサービスを利用することで安定した働き口を見つける確率が上がります。 仕事がないと不安ですが、仕事が入ればひとまず仕事がないことから抜け出せます。多種多様で豊富な案件を保有していますので、数が多すぎて自分一人では見つけることができないような案件もエージェントが自分に合う案件を紹介してくれます。 案件が豊富で種類が豊富なので、フリーランスになってからでもスキルアップやスキルチェンジが望めるような仕事も受けられます。 顧客と自分の間に入ってくれるので仕事を安心して選べます。仲介してくれるのでトラブルを回避できます。顧客と自分の間に入って繋げてくれる点はクラウドソーシングとの違いでもあります。

経験値が上がる

多種多様な案件があることで、フリーランスとしての実績・経験・自信・人脈を手に入れることができます。 契約や手続きの方法もエージェントが教えてくれますのでわからないことがあればどんどん質問してみましょう。仕事がないと経験を積めませんからエージェントサービスを利用して案件を受けることで実績が積めるのもうれしいでしょう。人脈もつなげられますのでメリットはたくさんあります。

高い報酬

エンドユーザーとエージェントしか自分の間に入りませんので高い収益の傾向があります。クラウドソーシングは顧客と直接交渉しなければなりませんが、エージェントサービスは顧客と自分の間に入ってくれるので、報酬を値切られたり、未払いで逃げられたりなどといったトラブルを回避できます。 また単発ではなく期間契約で受けられます。契約が突然切られることも防げます。単発だったりで仕事がないという事態に陥って次の仕事を探さなきゃいけない不安が軽減されて利点が大きいですね。

プロフィール・ポートフォリオを充実させる

ポートフォリオ・プロフィール

クラウドソーシングをうまく活用するのも良いですが、ポートフォリオを充実させ今までの仕事の実績、作品等をクライアントにいつでも提示し自分の仕事の能力を見せられるようにしましょう。 ポートフォリオ・プロフィールを更新し、充実させていくこともフリーランスとして大切なことです。案件が入って仕事が忙しい時は、新たな案件を取る余裕はないので時間のある時に更新しましょう。

定期的に更新しましょう

案件を受けて仕事をするほど実績は溜まっていきますので、定期的に更新しましょう。一度にまとめて更新しようとすると大変です。 ホームページ、クラウドソーシング等定期的にこまめに更新することで見ている人にフリーランスとしてきちんと仕事していること、実績を積んでいることをアピールできます。また仕事を通して自分の仕事のスタイル・身についたスキルが見えてきます。 プロフィールを見ている人に自分ならではの強み、良さが伝わるように更新していきましょう。『この人に仕事を頼みたい』と見ている人に思わせることができるように確かな実績を積み、自分の個性が光るプロフィールが書けるように仕事に取組みたいですね。

フリーランスとして事前に準備しておくこと

フリーランスになってからですと大変なことも多いと思います。忙しいと時間もないことがありますし。開業する前に準備しておきましょう。 フリーランスになるために必要な公的な準備について調べていくと実感がわいてきます。いざフリーランスとなって慌てることがないようにしっかり調べておきましょう。

国民年金の支払い手続き

会社勤めの時は、国民年金は会社が支払ってくれていましたがフリーランス=個人事業主ですので自分で支払う義務が生じます。年金手帳を持って市役所などで手続しましょう。

国民健康保険への加入手続き

国民健康保険への手続きの方法も退職する前に、よく調べておきましょう。勤めていた会社、勤めていた期間により変わっていきます。フリーランスの方向けの保険も多数あるようですので自分に合ったものを選んで加入しましょう。

仕事用の口座を作る

収入の把握がしやすいことはもちろん、確定申告等ありますので仕事用の口座を作りましょう。確定申告は青色申告がおすすめです。

名刺・印鑑の準備

いつでも受注できるように、書類の作成等に必要な印鑑も用意しましょう。名刺はフリーランスとして仕事をしている自分の名前を覚えてもらう大切なものです。仕事は人が運んできますから、繋がりを作って人脈を広げましょう。常に数枚持ち歩いていつでも渡せるように準備しておくことをおすすめします。

クレジットカード・ローンの手続き

フリーランスになってからですと、ローン・クレジットカードの審査が通りにくくなりますのでフリーランスになる前に手続きを済ませておきたいですね。ローンやクレジットカードを使う見込みがある場合はもちろん、そうでなくとも突然必要になるときが来るかもしれないので手続きが済んであるとスムーズに運びます。

確定申告・経費についての知識を得る

フリーランスは確定申告を自分で行い、去年の稼いだ分に応じてこのくらいの所得税を払うと申請しなければなりません。確定申告はフリーランスの義務ですので絶対に行わなければいけません。フリーランスとしてやっていくには必ず確定申告、経費、控除などの知識を得なければならないので、フリーランスになる前にお金についての知識をインプットしておくと、フリーランスになった後に焦らずに済みます。 スキルアップ、営業、仕事の質を上げるための勉強、新しい業務内容を考える時間が増えます。確定申告、経費、控除等の知識を取り入れる時間と税務処理の時間は報酬には直接的に繋がらないので短時間で効率よく済ませることがポイントです。

開業届の提出

なぜ開業届を提出するのか

開業届は、「私は個人事業主になります。開業します。」といった宣言のようなものです。開業届を出したからと言って何かが大きく変わることはないようです。個人事業主の気持ち次第といったところでしょうか。ちなみに開業日はいつでも良いそうです。 店舗をお持ちならオープン初日にしても、店舗がないフリーランスの方なら、フリーランスになると心に誓った日を開業日にしても良いそうです。屋号も開業届に記入するのですが、屋号を公に名乗ることができます。 開業届を提出しなくても屋号を考えて名乗ることは出来ます。趣味から始まったネット販売をする個人のハンドメイド等ですと開業届は出さなくても良いようです。フリーマーケットに出店する場合も屋号があるほうがわかりやすいですよね。

青色申告に必要

青色申告をするのに開業届が必要になります。個人事業主は毎年2月から3月ごろに確定申告をしなければなりません。その際「白色申告」か「青色申告」を選べますが、青色申告が断然お得です。青色申告は正しく申告すれば節税になります。青色申告は節税になる特典がたくさんついていますが、白色申告は何の特典はありません。 青色申告は難しくて大変ではないかと心配のフリーランスの方もいらっしゃる事かと思いますが、簿記の知識がなくても会計ソフトがありますからお試しで使ってみることをお勧めします。 青色申告で有名なのが「最大65万円の特別控除」です。所得(収入-経費)から最大65万円を引いてもらえます。所得から各種控除を引いた額(課税所得)に税金がかかる訳ですから、”65万円”も特別控除が受けられる青色申告が、どれだけお得なのかが分かるでしょう。

開業届は提出してもしなくてもいい

罰則はない

開業届を出さずにフリーランスの仕事をしている個人事業主の方もたくさんいらっしゃいます。 開業届を出さないというだけでは何の罰則はありません。 ただ、青色申告をするには必然的に開業届はだすことになります。青色申告をしないなら開業届は出さなくてもいいようです。 開業届を出すことで税務署に収入がばれて払う税金が増えるから開業届を出すと損だという人もいますが、そんなことはありません。一定の収入がある人はみな税金を支払うことが義務付けられていますし、マイナンバー制度も始まりましたので隠すことはいいことはありません。どうせわかってしまいます。開業届を出さなければ払う税金が増えないということはありません。

行動と発信をして仕事のあるフリーランスになりましょう

行動と発信をして仕事のあるフリーランスになりましょう

フリーランスの仕事を得るには、自発的に行動と発信する必要があります。人脈が仕事を運んでくるので人間関係も広げましょう。初めのうちはクラウドソーシング、エージェントサービスを使って実績と自信をつけていくことも参考になるかと思います。 ポートフォリオ、プロフィールも仕事をしたらこまめに更新して見ている人に活動をアピールしましょう。フリーランスは常に研究が必要なので、貴重な時間を上手に使いながらスキルアップしていくことも大切のようです。開業前の準備も参考にしてみてください。

関連タグ

アクセスランキング