IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【ケース別】OB訪問ナマー|事前準備/アポイント/当日/OB訪問のお礼

更新日:2020年08月14日

就活マナー

「この会社で働きたい」就職活動中にそう思ったらその会社に勤めている先輩にOB訪問をしてみましょう。会社説明会やネット情報だけでは聞けない話を聞けるOB訪問は、会社内定への近道になります。ここではOB訪問で気をつけるべき事前マナーや当日のマナーなどを紹介します。

OB訪問に手土産は持参するのは少数派

今ではほとんどOB訪問に手土産を持っていく就活生はいないようです。しかし、どうしても持参していかなければならない場合は、最低限のマナーとして相手の負担にならないものを選ぶのがいいでしょう。菓子折りは賄賂のように受け取られることがあるので避け、また仕事中のOB訪問であればアルコールなどを渡すのも避けましょう。 渡すタイミングは、OB訪問を始める前です。感謝の気持ちを伝えるのが目的なので、「今回、お時間を作っていただいたお礼です」と一言添えて手渡しましょう。ここで注意したいマナーは、手土産を渡す時は片手ではなく、両手で渡すようにすることです。このようなマナーは社会人になる前から身につけておくといいでしょう。

OB訪問当日で気をつけるべきマナー

マナー①遅刻厳禁

言うまでもありませんが、遅刻は最大のマナー違反です。必ず、待ち合わせ時間の10分前には到着しておくのがマナーです。万が一、電車の遅延などで遅れてしまう場合は、遅れがわかった時点で電話またはメールで先輩に連絡を入れましょう。

マナー②待ち合わせ場所は事前に確認しておく

遅刻する理由の1つに、待ち合わせ場所がわからず道に迷ってしまったということが多く挙げられます。「遅刻をしない」という社会人として最低限のマナーを守るため、事前の場所確認は大切です。時間がない中、来てくれる先輩に失礼がないように事前に待ち合わせ場所を確認しましょう。 多くは喫茶店やカフェ、場合によっては仕事が終わってお酒を飲みながら居酒屋ということもあります。また、企業によっては直接会社に行くというパターンもあります。

マナー③名刺の受け取り方に注意

先輩と会ったら、まず間違いなく名刺を渡されるでしょう。「頂戴いたします」と言いながら両手で受け取るのが一般的なマナーです。また、その場で名刺をしまったり、名刺そのものにメモをしたりする行為は失礼にあたります。いただいた名刺は、マナーとして机の上においておきましょう。名刺は帰り際にそっとしまいます。

マナー④注文時で気をつけること

喫茶店やカフェの場合「先輩はいかがいたしますか?」とメニューを渡します。自分の注文は先輩が頼んだものよりも少し安いもの、または先輩と同じものを頼むなどして、気を遣わせないようにするのがマナーです。 居酒屋でのOB訪問は「飲み物いかがいたしましょうか?」と常に気遣いを忘れずに、基本的には先輩に注文は任せましょう。気をつけたいのは、無理をしてお酒を飲み過ぎるなど粗相を起こすことです。マナー違反どころの騒ぎじゃなくなってしまいますので、羽目を外さないように気をつけましょう。

マナー⑤会計時で気をつけること

基本的に先輩が払ってくれることが多いですが、おごられて当たり前という顔はせずに自分も払う気でいることもマナーです。 先輩に支払ってもらった場合は、会計レジより一歩下がり、会計が済むのを待ちます。会計が終わったら「ごちそうさまでした」と元気よく言って、感謝の気持ちを伝えましょう。

OB訪問が終わったらすぐに話をまとめる

先輩と別れたら、すぐに近くの喫茶店やカフェなどに行って今日聞いた話をノートにまとめておきましょう。先輩が話してくれた「印象に残るエピソード」は詳細に残しておくとよいです。後で先輩に送るお礼のメールで打ったり、そのエピソードを企業の面接で披露することで、面接官に志望の強さや企業理解度の高さをアピールできます。 せっかくのOB訪問、無駄にしないようにしましょう。

OB訪問後の先輩への対応

OB訪問が終わったら、すぐに先輩にメールでお礼を伝えましょう。「鉄は熱いうちに打て」というように何よりも「当日」にメールを送ることがマナーです。忙しい中、自分のために時間を作ってくれた先輩に感謝の気持ちを伝えましょう。 以下、サンプルを見ながらマナーを確認していきましょう。

※① 件名:OB訪問のお礼(◯◯大学 ◯◯◯◯) ※② ▲▲株式会社 ▲▲部 △△△△様 ※③ 本日OB訪問させていただきました◯◯大学の◯◯です。 本日はお忙しい中、お時間を取っていただき、ありがとうございました。 ※④ △△さまのお話を聞き、今までの疑問点などが解消され、ますます▲▲株式会社で働きたいという想いが増しました。特に「繁忙期は正直つらいけれど、それを乗り越えたときが本当に嬉しい」という先輩の言葉が印象に残り、やりがいある仕事をやってみたいとより一層感じました。 今後は△△さまにいただいたアドバイスを活かし、 就職活動に励んでいきたいと思います。 ※⑤ 本日は本当にありがとうございました。 取り急ぎ、お礼申し上げます。 ※⑥ ◯◯大学 ◯◯学部 ◯◯学科 ◯◯◯◯ 携帯電話:XXX-XXXX-XXXX メール:XX.XX@◯○.jp

件名はわかりやすく「OB訪問のお礼」(※①)

前述したアポイントメントを取るときのメールと同じく、パッと見て用件のわかる件名をつけるのが社会人のメールマナーです。今回の場合は、「OB訪問のお礼」などとするのがよいでしょう。

初回公開日:2017年07月14日

記載されている内容は2017年07月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング