IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接で使う一人称のマナー・男女別一人称|僕/自分/わたし

更新日:2020年08月14日

就活の面接

就職活動の選考の中ではどうしても避けることのできない面接。志望先の採用担当者や役員とのやり取りでその企業への入社ができるかどうか決まるわけですが、そこで自分の一人称についてどう語りますか?ここでは面接の中での自分の一人称の良い取り扱い方を見ていきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接と一人称

毎年春から夏にかけて本格化する就職活動。それとともに、企業側による選考活動や採用活動も本格化します。 就職活動を行う若者たちが必ずと言っていいほど直面するのが、志望先の企業などでの面接です。 応募者が企業の採用担当者や役員たちからの様々な質問に答えて、その企業に対する意気込みや熱い思いをアピールし、最終的に合格した人間に内定が与えられる、というものです。 面接の中で、企業の採用担当者や役員は応募者のコミュニケーション能力を見極めていますが、このコミュニケーションの中でも重要な役割を演じているのが一人称です。つまり、「私」や「僕」、「自分」などのように自分のことを表現する代名詞のことです。 が、面接の中では適切な一人称を使うことが求められています。それはどのように使うべきで、またどういう理由によるものなのでしょうか?今回は面接と一人称についてのいろいろを見ていきましょう。

就職活動の中の面接

就職活動では面接は避けて通れないものです。どこの企業を応募しようと面接は1度は必ずやります。企業によってその回数はさまざまですが、いきなり社長などの役員と面接をやる1回だけのところもありますが、じっくりと回数を重ねて慎重に内定者を選んでいくというところもあります。 しかも、企業の役員陣や採用担当者が応募者に最も求めているものがコミュニケーション能力といわれています。それも、ただ単に「質問されたことに対して的確な答えを返す」といったコミュニケーション能力にとどまらず、「自分の意見をわかりやすくきちんと伝える能力」「相手の意見や要望をよく聞いて理解する能力」といったものが企業に求められるものです。 ちなみに企業以外では、役所でも年々、人柄やコミュニケーション能力重視の風潮になってきているためか、公務員試験の中には筆記試験よりも面接試験の方に試験の点数の比重を高くしているところも増えてきています。

面接における適切な一人称とマナー

面接では適切な一人称の使い方が大切

面接では適切に一人称を使わなければなりません。それができなければ、面接を通ることはまず不可能でしょう。というのも、先ほど書いた通り、面接ではコミュニケーション能力が最も重視されるため、言葉のやり取りや最低限のビジネスマナーも重要なチェック項目となっているからです。そのためにも、自分のことをきちんと表現するのに欠かせない一人称を適切に使うことができるようになる必要があります。

面接での適切な一人称とは

適切な一人称をうまく使えない人たち

実は就活に取り組んでいる学生でも、めでたく内定を勝ち取って入社したばかりの新入社員でも、適切な一人称をうまく使えていない人が意外と多いものです。 たとえば、エントリーシート(ES)でも男子学生が自己PRするときに「僕は~~が強みです。」と書いたり、あるいは新入社員が先輩社員に対して「俺」や「自分」という一人称を使うなどということは意外とよくあることです。

しかし、これはある意味仕方がないのでしょう。というのも、就活学生にしても新入社員にしても、それまでの自由な大学生活から、ある程度のビジネスマナーを守ることが必須となる社会人へと自分の置かれている環境が大きく変わっていく段階なのですから。 そのため、社会人生活やビジネスでの一人称の適切な使い方に慣れるにはそれなりの時間がかかるといえるのです。できれば、就職活動などを通じて慣れていくのが最も無難といえます。

「わたくし」という一人称が与える印象

「わたくし」という一人称は、先ほども書いた通り、ビジネスの世界では最も一般的に使われている一人称であるため、たいへんフォーマルな印象を与えます。そのため、面接に先立つ企業説明会で採用担当者と初めて挨拶を交わしたりするときなどに「わたくしは~です。」と自己紹介すると、いきなり好印象を得ることができるでしょう。むしろ、他の応募者と比べてスタートダッシュをかけられるかもしれません。 この「わたくし」という一人称は、社会に出てからももちろん大いに活用できますし、むしろ活用できてこそビジネスマンといえます。取引先の担当者や社内社外関係なく目上の人とのコミュニケーションの中では必ず「わたくし」ということがマナーとされているためです。

「わたくし」以外の一人称が与える印象

「わたくし」という一人称が面接やビジネスの世界では常識とされているのが理解していただけたかと思います。 それでは、「わたくし」以外の一人称を面接の場で使った場合の面接担当者の受ける印象はどのようなものなのでしょうか? ここでは、それを見ていきたいと思います。

初回公開日:2017年04月12日

記載されている内容は2017年04月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング