IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ボブヘア時の就活での髪型|ハーフアップにしたほうが良い?

初回公開日:2017年04月12日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年04月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

服装・髪型

女性の就職活動(就活)において、一番悩ましいのが髪型です。ロングがいいのか、ボブがいいのか、ショートがいいのか、茶髪はNGなのか、いろいろ問題が山積みです。「人は見た目が9割」とも言われます。就活に有利なボブの髪型、好印象のつくりかたについて考えて見ましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就活に相応しい髪型とは?

就活シーズンになり巷ではリクルートスーツを着た大学生を大勢見かけます。希望する企業の内定を得るために、誰もがたゆまぬ努力を重ねています。皆同じようなスタイルで就活する中で、どのように自己表現をすればいいか悩ましい限りです。特に女性は髪型に気を遣います。一部の就活生たちの間では、ショートヘア(ボブ)のほうが就活に有利というウワサもあるようですが、実際ほとんどの女性会社員は自由な髪型ですので、髪型によって落とされることはありません(特別な職種を除く)。 さまざまな髪型がある中で、今回は「ボブ」に注目してみたいと思います。同じボブでもやってはいけないこと、より好感度を得やすいことなどなど、気にするポイントがたくさんあります。就活は社会人になるための最初の一歩、身分は学生ですが企業からはすでに学生扱いされません。その中で面接官に与える第一印象は最も重要です。たとえば、試験の結果が同じ点数の人のうち、第一印象が悪い人と良い人とでは、もちろん第一印象の良い人が残ります。この記事を参考に、少しでも相手に好印象を与えることができるようなスタイルを身につけてください。きっと内定獲得のお役に立つでしょう。

そもそも、ボブとはどんな髪型?

一言で「ボブ」といってもいろいろな種類があります。意外とボブの定義をご存じない方も多いでしょう。ボブの一番分かりやすい例えでいうとワカメちゃんやちびまる子ちゃんでおなじみの「おかっぱ」です。後ろ髪が襟足あたりで一直線になっている髪型です。美容師さん基本形のボブからはさまざまなアレンジ、カットを加えおしゃれなボブを作り上げています。ではボブにはどのような種類があるでしょう。あなたにはどんな就活ボブが似合うか、女性らしさ、清楚さ、清潔感をキープする就活OKなボブを紹介します。

基本的なボブカットその① ワンレングス

ワンレングス・ボブ(ワンレン)は、外側(表面)の髪の毛を長くし、内側を短くします。そうすることにより毛先の長さが同じになり、キレイに仕上がります。バブル全盛期には「ワンレン・ボディコン」という言葉が流行りましたが、当時のワンレンと今のとでは大きく異なります。昔のヘルメットのような髪型ではなく、女性らしい自然な仕上がりになります。女性ならではの美しいストレートヘアを強調できる髪型としてです。芸能人では水原希子さん、長澤まさみさんなどがワンレンです。

基本的なボブカットその② 前下がりボブ

前下がりボブとは、髪の毛のボリュームが前に向かって小さくなります。横から見ると前の方の毛先が長く、襟足に向かって徐々に短くなります。女性らしさ、清楚さが強調される髪型です。就活でも十分好印象を与えることができる髪型です。就活スーツにもよく似合う髪型でしょう。芸能人では広瀬すずさん、米倉涼子さん、本田翼さんなどが前下がりボブです。

基本的なボブカットその③ 後ろ下がりボブ

後ろ下がりボブとは、前下がりボブの逆でサイドから見ると襟足に向かって毛先が徐々に長くなります。前下がりボブより丸みがあり、柔らかいイメージに仕上がります。前下がりボブ同様、こちらも就活OKな髪型です。柔らかい雰囲気をかもしだす髪型なので、就活でも面接官にも好印象を与えます。もちろん就活スーツにもよく似合う髪型です。落ち着いた大人の雰囲気を醸し出すので比較的、年齢層高めの人に好印象を与える髪型です。芸能人ではPerfumeののっちさん、相武紗季さんなどが後ろ下がりボブです。

ボブの長さに規定はあるの?

前述したように、ボブにはいろいろなタイプがあることがわかりました。その他、ボブは長さでさまざまにアレンジすることができます。 ・ショートボブ(毛先がアゴあたりまで) ・ボブ(毛先がアゴより長く肩ぐらい) ・ミディアム(毛先が肩ぐらい) たとえばショートはNGだけどミディアムはOK、というような就活に相応しい長さというルールはありません。どんな長さにせよ清潔感を保つことが重要です。ボサボサ、パサパサに見えないようにするなど、前髪で顔が隠れてしまわないようにするなど、社会人として恥ずかしくない身だしなみを心がけましょう。ボブやミディアムで結べるぐらいの長さがあるなら、あらかじめアップ(またはハーフアップ)にしておくのもいいでしょう。髪型が崩れないよう、ヘアスプレー等で形をキープするのもです。

こんなボブは就活に相応しくない!

ボブに限ったことではありませんが就活に相応しい髪型、相応しくない髪型があります。学生なら許される髪型でも、社会人なら許されない(その場に相応しくない)髪型で就活をするのはNGです。なぜなら、就活する学生も企業からは一人の社会人として見られるからです。ではどのようなボブが就活に相応しくないのでしょう。

関連タグ

アクセスランキング