IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接マナーを知って一歩有利に|立ち位置や表情から印象を良くする

更新日:2020年08月14日

就活マナー

面接そのものの対策は準備万端でも、緊張もあり入室からぎこちない行動をとってしまうこともあります。しかし、入室、立ち位置、着席までの行動は、第一印象を左右しかねません。今回は、緊張しても第一印象で損をしないよう、面接での立ち位置、着席の注意点などをまとめます。

最低限のマナーを抑えて、第一印象よく元気にはきはきと。

面接のマナーは、ビジネスマナーそのものです。まだ社会人になっていない人の面接の場合には、マナーが全くなっていないのはマイナスにはなりますが、細かなことまで完璧を求められてはいないでしょう。 立ち位置など細かなマナーまで気にして、緊張でがちがちに堅くなってしまうのはもったいないですよ。それよりは、日常生活のマナーにちょっと丁寧さを加えた自然な動作と行動で、明るく元気な人材だと思ってもらえる方がいいでしょう。あとは、面接の会話の声の大きさやトーン、面接を通しての表情に注意したら、あとは面接の中身次第です。 ただ、少しでもいい結果に結びつくように、最低限の面接マナーと流れは事前にチェックしてトレーニングしておけば、第一印象よく自然に面接を受けることができるはずです。

初回公開日:2017年04月20日

記載されている内容は2017年04月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング