IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接マナーを知って一歩有利に|立ち位置や表情から印象を良くする

就活マナー

面接そのものの対策は準備万端でも、緊張もあり入室からぎこちない行動をとってしまうこともあります。しかし、入室、立ち位置、着席までの行動は、第一印象を左右しかねません。今回は、緊張しても第一印象で損をしないよう、面接での立ち位置、着席の注意点などをまとめます。

更新日時:

面接での第一印象は入室から

どんな機会であっても、面識がなく目上の人と会って話す面接は、緊張してしまうもの。さらに、就活の面接となれば、学校やバイトでの面接とは意味合いが違いますから、誰でも緊張度は高いですよね。実際に会話を始める前、入室から面接は始まっています。だからこそ、感じのいい礼儀作法で第一印象よく面接の本題=会話に入りたいところです。面接での入室からのマナーをまとめます。マナーは事前に準備できることばかりですが、面接の立ち位置だけは、場合によって臨機応変に対応する必要があるので、立ち位置については重点的に説明します。

就活を有利に進めるなら

インターンシップの選考や、就活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 「就活ノート」では、上記2つがわかる資料を無料ダウンロードできます。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

ノックにもマナー

ノックの回数

入室するとなれば、まずはノックが必要です。 ノックの回数に国際的な基準があるのをご存知ですか? 「プロトコール」と呼ばれるマナーで、国家間の首脳級会談などの国際的公式行事の際に用いられるものです。そのプロトコールには、ノックの回数と意味までルールがあります。 2回ノック=トイレ用 3回ノック=親しい間柄(身内・友人など)の相手用 4回以上のノック=初めて訪れた場所や正式な礼儀が必要な相手用 日常生活では、何も考えずに2回のノックをしていませんか? まさかトイレノックの意味だったと知っている人はそう多くないはずです。

面接でのノックは3回か4回

実際の日本のビジネスシーンでは、ノック回数はプロトコールから1回省略して3回が好まれます。もちろん4回でもOKですが、ノックの意味を考えて2回は避けたほうがいいでしょう。もし、外資系企業を受験、訪問するのであれば、ノックは4回をおすすめします。

ドアが開いている場合

ドアが開いていると、どうしていいか迷いますよね。開いていたとしても、ノックは必ならず必要です。 ノックには、相手の在室確認と入室の合図の意味があるので、本来はドアが開いているか閉まっているかは関係ないのです。開けられている場合でも、開けられているドアをノックをする冷静な対応をしましょう。

リアクションがあってから入室

一般的には、ノックをすれば部屋の中から、「どうぞ」なり「もう少しお待ちください」など、なにかしらのリアクションがあるはずです。何もなければ、もう一度ノックをしてみましょう。ノックが小さかったのかも知れませんし、相手が返事もできない何かがあったのかも知れません。 2度目のノックでもまだアクションがないようなら、ドア越しでも部屋の中に聞こえるように「失礼します!」と声をかけてみましょう。

入室と「失礼します」のタイミング

返答があってから入室

ドアを開けるのは、「部屋の中から返答があってから」が基本です。ゆっくりとドアを開けて、部屋の中に1歩進んだら、ドアの方を向いて閉めましょう。閉める時には面接官に完全にお尻や背中を向けるのは失礼ですし、体は前に向けて手だけを後ろでに回し、「後ろ手」でドアを閉めるのも作法的にはよくありません。不自然にならないように、ある程度体をドアに向けるのがいいでしょう。 ドアを閉める時には両手を使うべきと言う人もいますが、荷物を持っていたりすると両手では難しい時もあるのが現実です。不自然にならないのが一番なので、片手でも静かに自然にドアを閉めれば、まったく問題ありません。

オススメは面接官に向き直り「失礼します」

入室時、ドアを開けながら「失礼します」と、動作と挨拶を同時にするのは礼儀正しくありません。「失礼します」の一声のタイミングは、ドアを開ける前にドアの前で立ち位置を決めて、部屋の中に聞こえる程度の大きさで、先に言ってもOKです。 より印象がよくなる「失礼します」のタイミングは、部屋に入りドアを閉めた後、面接官に向き直り、しっかり立ち位置を決めてから一礼。そして、「失礼します」と挨拶をします。ここでの一礼は会釈が適当でしょう。頭を30°下げたところで、1秒ほど気持ち止めてみてください。そして、頭を上げる時は、下げた時よりもゆっくりしたスピードで揚げるほうが見た目が綺麗なだけでなく、丁寧な印象になります。 ひとつひとつの動作をきっちりとし、動作と挨拶は分けましょう。面接官とのアイコンタクトを大切にしつつ、メリハリがあり、しっかりとした印象を残せるはずです。

お辞儀は3種類

ここで、「お辞儀」について説明します。お辞儀には3種類あり、それぞれ頭を下げる角度と意味に違いがあります。 会釈 … 15°…軽い挨拶程度 敬礼 … 30°…一般的なお辞儀 最敬礼… 45°…上体も深く下げる 深い感謝、依頼、お詫びなどの時 どのお辞儀でも丁寧で綺麗に見えるポイントは、 ・言葉とお辞儀を同時にしない ・頭だけでなく上体も傾ける=背筋はのばす ・頭を下げきった時に、気持ち1秒ほど頭を止める ・その時の目線は、つま先から1cmくらい先をみる ・頭をあげる時には、下げる時よりゆっくりあげる お辞儀をする時には、男性は体の両脇に腕を自然につけ、女性は体の前に両手を持ってきて、手を重ねるのがいいでしょう。 当たり前ですが、お辞儀は社会人になっても使えるビジネスマナーのひとつです。面接を機会にしっかりと身につけておきたいマナーです。

面接での立ち位置

椅子の近くまで進む

一般的には、「失礼します」の入室の挨拶をしたら、面接官から「こちらにどうぞ。」など指示してくれるはずですゆっくりと椅子の近くまで進みましょう。初めて入るの部屋でしょうし、「どこに立つべき?」と考えながら進んでいるはずです。進んだ先の立ち位置も大切ですが、歩いている時の姿勢と表情も大切です。猫背になっていないか、表情は暗くないか、 自分に問いかけてみてください。

立ち位置の基本は椅子の左側

椅子のどちら側に立つか…悩む人も少なくないはずです。基本的には、ひとつの椅子が空間に孤立して置いてある、あるいは複数の椅子が間をおいて置かれている面接らしいレイアウトであれば、そのひとつの椅子か指定された椅子の左側に立つのが礼儀作法とされています。でも、椅子がひとつだとしても、自然な動作で椅子の左側に立てるとは限りません。また、最近では面接のスタイルも多様化してきて、毎回このように「いかにも面接!」なレイアウトの部屋で面接が行われるとも限りません。 基本は基本でしかないので、マナーセミナーやマナー本などでも、立ち位置は必ず左側とは説明されていないはずです。

椅子の横に立つ場合の立ち位置

椅子の左側に立つのが基本の立ち位置ですが、それは「ドアから近いのが椅子の左側」という前提の上での礼儀の立ち位置です。 自然な動作で左側に立ち位置を確保できない場合もあるでしょう。 ・ドアから近い椅子が右側にある ・複数の椅子が並び、椅子の間に充分なスペースがない ・テーブルに複数の椅子が用意されている そんな左側の立ち位置が確保できない状況だと悩んでしまいませんか?

部屋の状況で立ち位置が変わる

面接の時の椅子のレイアウトで、左側に立ち位置がとれなくて、さらに緊迫する必要はありません。部屋の状況に合わせ、椅子のどちら側に立つのか、立ち位置は臨機応変に変えるべきなのです。 ポイントは、ドアから近い方にある椅子の横=下座の椅子の横が正しい立ち位置です。 左側の立ち位置を意識しすぎてぎこちなくなったり、不自然な位置に立ったりするよりも「下座の椅子の横」というポイントをおさえた立ち位置であれば、右であろうと左であろうと構わないのです。 グループ面接の場合には、複数の椅子が並べられているはずで、面接官からどれかの椅子を勧められるはずです。指定された椅子の横にスペースがなければ、椅子の前が正しい立ち位置になります。臨機応変に立ち位置に対応しましょう!

立ち位置についたら

椅子の横または正面の正しい立ち位置についたら、面接官から「お名前をどうぞ。」など指示があるのが一般的です。もし指示がなかったとしても、立ち位置まで進んだら、大学名・学部名・・何回生・フルネームで名前を名乗ります。この時にも、面接官とのアイコンタクトを大切に。複数名の面接官がいる場合には、全員とアイコンタクトをとるようにゆっくりと視線を動かすといいです。アイコンタクトが苦手な人は、面接官のネクタイの結び目あたりや襟の中央を見ることを心がけましょう。 そして、名乗った後に「よろしくお願いいたします。」の一言を添えましょう。 その後、また一礼をします。ここでは、面接の機会をいただいたことへの感謝の気持ちを込めて、角度は最敬礼の45°がいいでしょう。 そして注意するのは、面接官から「お座りください。」などと着席を勧められるまでは座らないことです。背筋を伸ばしてまっすぐ立ち、面接官からの指示を待ちましょう。

立ち位置から椅子に座る際の注意点

面接官から着席を勧められたら、「失礼します。」と言って会釈(15°の礼)をして着席します。緊張のため、足がもつれてしまわないように気をつけましょう。

椅子に着席する時の足の運び方

① 椅子から遠いほうの足を半歩ほど前に出す ※不安定な椅子の時には、この時に片手を椅子の背もたれに添える ② 反対の足=椅子に近いほうの足を椅子の前の中央に出す   ※添えた手はこの時に椅子から離す ③ 椅子の前、中央で足を揃えて静かに腰を下ろす   ※不安定な椅子の場合には片手を座面に添えるのがベター 自然に見えることが一番なので、あまりこだわることはないですが、頭に入れておけば緊張している場面では参考になるかも知れません。

椅子への座り方の注意点

椅子の座り方にも、いくつかのポイントがあります。

バッグは利き手側に置くのがベター

立ち位置や面接の時に提出書類があるかないかに関わらず、バッグは利き手側に置いておくと、万が一の時のためにも中身を取り出しやすいのでベターでしょう。バッグは自立できるものを選んでおくと、安定感がありいいですよ。緊張している時に、バッグが倒れたり、何度もバッグの位置を直すことになったりすると、余計な気がかりが増えてしまいます。

椅子には浅く腰掛ける

椅子に深く腰掛けてしまうと背中が曲がってしまう可能性が高く、だらしない印象や暗いイメージになってしまいます。椅子の背もたれまで、半分くらいは余裕を持たせて腰かけたいところです。そうすると自然と背筋が伸び、姿勢よく座っていられます。

足は男性は肩幅に開き、女性は揃える

足を置いておく幅については、男性と女性で違います。男性は、足を揃えてしまうと硬くなりすぎている感じですし、広げ過ぎると横暴な感じになってしまいます。肩幅程度に広げて座っているのが自然でしょう。女性の場合には、膝頭をつけて足は揃えておきましょう。揃えた足を、ある程度斜めに流すのは問題ないですが、あまりも角度をつけてモデルのように座るのはおすすめできません。真剣さが伝わりません。

膝の角度は90°を意識

真剣な態度と心持ちで面接に挑んでいることをしっかり伝えるのは大切です。座った時に足を前に投げ出すと、偉そう=横暴に見えます。逆に椅子の下に引っ込めると、かなり緊張している、または弱々しい印象を与えてしまいます。足は、膝の角度が90°になるイメージで整えましょう。

手の位置も男性と女性で違う

面接中に手のおき場に困ってしまい、服や髪の毛に触ったり、指と指をからませたりの動きは、面接官からすればとても目につき気になる動作です。座った時の手の置き場はどうしたらいいでしょう?男性は、手を握ったような形にして力を入れず、広げている足の上にそれぞれ置いておきましょう。女性は、膝よりもやや自分の体側の足の上に、軽く手を重ねておいて置くと綺麗にみえます。

手の重ね方

手の重ね方まで気にすることはないとは思いますが、マナーのひとつとしてご紹介します。手を重ねる時には、どちらの手が上にくるのが正しいのでしょう?一般的には、右手は「刀を持つ手」とされているので、左手で「押さえる」ことでによって、相手に対して敵意がないことを表現するのが正しい手の重ね方と言われています。左手を上にして重ねるのは正しいのですが、実はちゃんとした作法に裏付けられています。 「叉手(さしゅ)」といわれる重ね方で、皇室や神社でも使われる正式な作法です。 ・左手の指を揃えて開く(じゃんけんのパーの形) ・右手は軽く握る(グーの形) ・左手の親指を右手のグーで軽く握る 叉手は、男女共通の礼儀作法です

立ち位置のマナー

面接のときの入室までのマナーをまとめましたが、ただひとつだけ事前に予想できないのが入室してからの椅子の横の立ち位置です。もう一度、確認しましょう。 基本の立ち位置は「椅子の左側」が正しい立ち位置とされていますが、場合によっては左でなくても「ドアから近い方にある椅子の横=下座の椅子の横」が正しい立ち位置です。

面接官より先に部屋に通された場合

今回は、部屋の中で面接官が待つ場合を説明してきましたが、中には面接官よりも先に部屋に通される時もあります。 ・「こちらでお待ちください。」と案内された場合には、ドアから近い方にある椅子の横=下座の椅子の横の立ち位置で立ったままで待ちましょう。 ・「お座りになってお待ちください。」と案内され椅子の指定がなかった場合には、ドアから近い方にある椅子の横=下座の椅子に座って待ちましょう。面接官が入室してきたら、立ち上がって挨拶をするべきです。立ちやすいように浅く椅子に腰かけておきます。テーブルが前にある場合には、椅子とテーブルの間に立ち位置ができるように、待っている間に椅子の位置を動かしたほうがいいかも知れません。 ・「こちらにお座りになってお待ちください。」と案内された時には、指定された椅子に座って待ちましょう。面接官が入室してきた時には、上記と同じように対応します。 立ち位置を除けば、面接対策は流れを確認して、事前に練習できることばかりです。何度もやってみることで、緊張している時でも考えないでもできるようになるのが理想です。ひとりでも、実際に体を動かしてイメージトレーニングはできるはずです。

面接対策、マナーについておすすめの本

最低限のマナーを抑えて、第一印象よく元気にはきはきと。

面接のマナーは、ビジネスマナーそのものです。まだ社会人になっていない人の面接の場合には、マナーが全くなっていないのはマイナスにはなりますが、細かなことまで完璧を求められてはいないでしょう。 立ち位置など細かなマナーまで気にして、緊張でがちがちに堅くなってしまうのはもったいないですよ。それよりは、日常生活のマナーにちょっと丁寧さを加えた自然な動作と行動で、明るく元気な人材だと思ってもらえる方がいいでしょう。あとは、面接の会話の声の大きさやトーン、面接を通しての表情に注意したら、あとは面接の中身次第です。 ただ、少しでもいい結果に結びつくように、最低限の面接マナーと流れは事前にチェックしてトレーニングしておけば、第一印象よく自然に面接を受けることができるはずです。

関連タグ

アクセスランキング