IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接マナーを知って一歩有利に|立ち位置や表情から印象を良くする

更新日:2020年08月14日

就活マナー

面接そのものの対策は準備万端でも、緊張もあり入室からぎこちない行動をとってしまうこともあります。しかし、入室、立ち位置、着席までの行動は、第一印象を左右しかねません。今回は、緊張しても第一印象で損をしないよう、面接での立ち位置、着席の注意点などをまとめます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接での第一印象は入室から

どんな機会であっても、面識がなく目上の人と会って話す面接は、緊張してしまうもの。さらに、就活の面接となれば、学校やバイトでの面接とは意味合いが違いますから、誰でも緊張度は高いですよね。実際に会話を始める前、入室から面接は始まっています。だからこそ、感じのいい礼儀作法で第一印象よく面接の本題=会話に入りたいところです。面接での入室からのマナーをまとめます。マナーは事前に準備できることばかりですが、面接の立ち位置だけは、場合によって臨機応変に対応する必要があるので、立ち位置については重点的に説明します。

ノックにもマナー

ノックの回数

入室するとなれば、まずはノックが必要です。 ノックの回数に国際的な基準があるのをご存知ですか? 「プロトコール」と呼ばれるマナーで、国家間の首脳級会談などの国際的公式行事の際に用いられるものです。そのプロトコールには、ノックの回数と意味までルールがあります。 2回ノック=トイレ用 3回ノック=親しい間柄(身内・友人など)の相手用 4回以上のノック=初めて訪れた場所や正式な礼儀が必要な相手用 日常生活では、何も考えずに2回のノックをしていませんか? まさかトイレノックの意味だったと知っている人はそう多くないはずです。

面接でのノックは3回か4回

実際の日本のビジネスシーンでは、ノック回数はプロトコールから1回省略して3回が好まれます。もちろん4回でもOKですが、ノックの意味を考えて2回は避けたほうがいいでしょう。もし、外資系企業を受験、訪問するのであれば、ノックは4回をします。

ドアが開いている場合

ドアが開いていると、どうしていいか迷いますよね。開いていたとしても、ノックは必ならず必要です。 ノックには、相手の在室確認と入室の合図の意味があるので、本来はドアが開いているか閉まっているかは関係ないのです。開けられている場合でも、開けられているドアをノックをする冷静な対応をしましょう。

リアクションがあってから入室

一般的には、ノックをすれば部屋の中から、「どうぞ」なり「もう少しお待ちください」など、なにかしらのリアクションがあるはずです。何もなければ、もう一度ノックをしてみましょう。ノックが小さかったのかも知れませんし、相手が返事もできない何かがあったのかも知れません。 2度目のノックでもまだアクションがないようなら、ドア越しでも部屋の中に聞こえるように「失礼します!」と声をかけてみましょう。

入室と「失礼します」のタイミング

返答があってから入室

ドアを開けるのは、「部屋の中から返答があってから」が基本です。ゆっくりとドアを開けて、部屋の中に1歩進んだら、ドアの方を向いて閉めましょう。閉める時には面接官に完全にお尻や背中を向けるのは失礼ですし、体は前に向けて手だけを後ろでに回し、「後ろ手」でドアを閉めるのも作法的にはよくありません。不自然にならないように、ある程度体をドアに向けるのがいいでしょう。 ドアを閉める時には両手を使うべきと言う人もいますが、荷物を持っていたりすると両手では難しい時もあるのが現実です。不自然にならないのが一番なので、片手でも静かに自然にドアを閉めれば、まったく問題ありません。

は面接官に向き直り「失礼します」

入室時、ドアを開けながら「失礼します」と、動作と挨拶を同時にするのは礼儀正しくありません。「失礼します」の一声のタイミングは、ドアを開ける前にドアの前で立ち位置を決めて、部屋の中に聞こえる程度の大きさで、先に言ってもOKです。 より印象がよくなる「失礼します」のタイミングは、部屋に入りドアを閉めた後、面接官に向き直り、しっかり立ち位置を決めてから一礼。そして、「失礼します」と挨拶をします。ここでの一礼は会釈が適当でしょう。頭を30°下げたところで、1秒ほど気持ち止めてみてください。そして、頭を上げる時は、下げた時よりもゆっくりしたスピードで揚げるほうが見た目が綺麗なだけでなく、丁寧な印象になります。 ひとつひとつの動作をきっちりとし、動作と挨拶は分けましょう。面接官とのアイコンタクトを大切にしつつ、メリハリがあり、しっかりとした印象を残せるはずです。

初回公開日:2017年04月20日

記載されている内容は2017年04月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング