IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接の返事が来ないときの対処法(転職/就活)|返事までの期間

就活の面接

面接後、1週間以上経つのに返事が来ないなんてことはありませんか?就活や転職を考えてる皆さんにとって、返事が来ないことは大変な不安ですよね。では面接の返信が来ないのは何故でしょうか?どう対処したらいいのでしょうか?様々な観点からお伝えしていきたいと思います。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接の合否の返事が来ない場合に考えられること

「合否を1週間以内に連絡します。」と言われていたのに1週間以上たっても返事が来ない。そんな経験はありませんか? ・面接で印象付けられなかった ・応募者が多い方 ・忘れられてる ・判断に時間がかかっている ・真剣に考えてくれてるから 自分たちで考えていたらキリがありません。では遅れている本当の理由は何なのでしょうか?返事が遅くなる理由を見ていきましょう。

選考結果の連絡方法

面接官が合否の連絡をする際、普通の企業であれば合否の連絡方法を教えてくれます。 ・〇日以内にメールで連絡いたします。 ・〇日程度で電話か郵送にてご連絡いたします。 ・合格者のみご連絡します。 小さい会社や中小企業で連絡方法を伝えないケースもまれにあるようですがそういった場合は面接後に直接面接官に聞くようにしましょう。聞き忘れていたなら、後日電話で問い合わせても構いません。しかし丁寧に連絡方法を伝えた企業でも。実際の指示通りに連絡してくれないというケースもごくまれにあります。

面接の返事の目安はどれくらいなの?

書類選考・面接いずれも選考結果の連絡までかかる目安は1週間と言われています。ではなぜ1週間もかかってしまうのでしょうか?理由は簡単です。 ■面接への人材調整やスケジュール調整に時間がかかるから ■できるだけ多くの書類選考や面接をして望む人材か判断したいから ■経営者や上層部との選考連絡やスケジュール調整に時間がかかるから 企業側は新入社員を育てるのに多大なお金をかけるため、選考で失敗したくありません。会社に貢献できる人材を1週間で判断しなければいけないので、むしろこれは「1週間真剣に悩んでくれている」とプラスにとらえた方がいいでしょう。大企業ほどたくさんの応募が来るため、手続きと返事に時間がかかると理解しておく必要があります。

返事が返ってこない例

例1: WEBからエントリーして面接に進むように連絡がありました。面接場所については決定次第連絡があるといわれたのですが、面接希望日返信依頼連絡がありません。私は〇日に希望日を伝えました。提出した希望日が〇日の明後日なのですがいまだに連絡がありません。県外の企業が新部署を立ち上げるための採用試験なので面接場所をこちらで探しているようですがあまりに遅い気がします。 例2: 先日応募した企業から2次面接の日程調整のメールをもらいました。早速してされた日程の中で予定が合う日を指定して返事をしたのですが、一日経っても返事がありません。サイトを通じてメールのやり取りをする仕組みになっているので先方にメールが届いているかも心配です。今日の夕方まで待って返信が来ない場合、メールが届いているか再度メールをした方がいいのでしょうか?

以上のような面接前の返事や次の面接の返事、合否の返事など帰ってこない返事のパターンは様々あるでしょうが、まずは冷静に自分のパターンで返信が返ってこない理由を考える必要があります。気持ちの先走りが一番悪い結果を招きますから、そういうときこそ冷静に対処しましょう。

面接の返事が来ない理由

面接の選考連絡の目安は1週間です。企業によっては2週間にしているところもあるかもしれませんが、そういった場合は必ず事前に応募者に伝えています。ではどうして返事が来ないのでしょうか?こういった場合は明らかに企業が「雇ってやるんだ」と選考側を下に見ている以下の考えの企業だということです。 ■基準に満たない応募者は正直どうでもいい ■魅力的な人にだけアピールすればいい ■また応募すれば応募者は集まるだろう ■連絡方法を伝え忘れたが、選考通過しない人は返事はどうでもいいだろう もちろん、選考相談やスケジュール調整に時間がかかってしまい、返事が1週間を超えてしまった、ということもあり得るでしょう。 しかしきちんとしている企業であれば、遅れている旨がきちんと連絡されるはずです。「何日までに」「何位曜日までに」「1週間以内に」と約束しているにも関わらず、約束を守れない企業であればその程度の会社であると考えた方がいいでしょう。企業は忙しいんだ、と自分の意見をぶつけてくる企業は考える必要があります。目の前の応募者にもきちんとした対応が出来ないのに社員やアルバイターにきちんとした対応をしているとは到底思えません。そういった会社はブラック企業であることが多いです。

ブラック企業とは?

ブラック企業にあるあるな特徴

ブラック企業の特徴として以下のことが挙げられます。 ■労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す ■賃金不払い残業やパワハラの横行など企業全体のコンプライアンス意識が低い。 ■このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う ※厚生労働量のHPから引用 要するに会社のことだけしか考えられない企業だということです。 先ほどのメールでもわかるように対相手の気持ちを考えられない企業はブラック企業であることが多いです。

特徴1.人の入れ替わりが激しい

ブラック企業の特徴として、社員の入れ替わりが激しい点が目につきます。要するに面接をたくさんしてる会社です。入社しても自分中心な会社の方針や過酷な環境に耐えられず、すぐ退職してしまうからです。そのような流れを会社もわかっているので大量採用を行い、生き残った者だけを戦力として、脱落したものは精神的攻撃で自主退社に追い込んでいくのです。(※クビだと解雇予告手当を出さないといけないので自主退社してほしいのです。)

特徴2.深夜でも窓が明るい

ブラック企業は常にかつかつの人員で運営されており、社員一人当たりの抱える仕事が膨大です。そのためいくら頑張っても仕事が終わらず深夜でも明かりがつきます。ブラック企業の特徴です。

特徴3.パワハラ・モラハラが日常茶飯事

パワハラ・モラハラなどの職場いじめがが日常的に行われています。パワハラを行う上司もブラック企業の過酷な状況を生き抜いてきた1人なので、完全に会社の色に染まってしまっているのでしょう。

特徴4.精神論がまかり通る

ブラック企業は無茶なノルマを少ない人員で回していくため、仕組みよりも精神論が重視されています。

特徴5.一見アットホームに見える会社

ブラック企業は外面を気にします。外部には「社員同士が仲のいいアットホームな職場だ」とアピールする傾向があります。求人サイトにアットホームさを売りにしている企業だと警戒したほうがいいです。

ブラック企業の見分け方

ブラック企業の特徴は誇張具合があまりに多いという点です。 ■年収のモデルケースが多い ■応募のハードルが低い ■〇〇創造・成果主義・実力主義などの表現が使われている。 まずは内容に躍らせず、気になった点は面接で深堀して確認したり、その業界のことをよく調べておくことです。通常の求人情報としての条件や内容を把握さえしておけば、おかしい点にも気が付きます。ブラック企業は一従業員よりも会社のことしか考えない傾向があるので、返事が遅いにも関わらず連絡がない場合は注意した方がいいでしょう。

面接の返信で待つべき期間は?

では今回は一般的な期間等を見ていきましょう。先ほど連絡の目安は1週間だとお伝えしましたが、細かく見ていくと、 ・金融機関や選考面接が回数が多い企業は連絡が早い ・選考段階が後半になっていくにつれて返事は遅くなる といった傾向があります。金融機関や選考が多い企業だと3~4日営業日以内に来ることが多いです。しかし、選考が進んできて選考段階が後半になってくると、もちろん企業は慎重に選考するため返事に2週間程度かかる可能性があります。ただ2週間以上たっても返事がない場合は「返事が来ない」「返事が遅い」と考えるべきでしょう。面接の連絡期日が知らされている場合はその日まで落ち着いて待つことが大切です。もし、指定された期日まで待たずに連絡してしまった場合はこちらが「話を聞いていない」と思われてしまう可能性があるので注意して行動しましょう。

2週間は返事を待ってみよう

先ほど述べたように、面接の合否連絡の返事は選考が進んでいくにつれて遅くなっていくものです。あらかじめ2週間程度かかるといわれていた場合や選考が進んでいるものに関しては落ち着いて待ちましょう。 周りで早く返事が来ている人たちを見ると、心が焦ってしまうと思います。しかし、単に連絡リストの後ろの方にあなたがいるだけかもしれません。あまり神経質になりすぎてしまうと精神的に参ってしまいます。また内定辞退者や面接辞退者が出て補欠的に進めるケースもあります。焦りは禁物です。落ち着いて、最低でも2週間は待ちましょう。

返事や面接に関する問い合わせの仕方

メールだと、またその返事が遅れてイライラしてしまう可能性があるので、会社に直接電話してコンタクトを取りましょう。連絡する時間帯は朝の8:00-9:00か昼の12:00-13:30を避ければいつでもいいです。繁忙時間は避けた方がいいという意見もありますが、まだ働いてもいない会社の繁忙期時間なんてわからないものですのでそこまで気にする必要はありません。

ファーストコンタクトは?

ファーストコンタクトの注意点は ■面接日を伝える ■フルネームで名乗る ■面接してもらった担当者の名前を伝える ■ハキハキと という点です。 文章にしてみましょう。 「お忙しいところ恐れ入ります。わたくし〇月〇日に面接をさせていただいた〇〇と申しますが担当の〇〇様はいらっしゃいますでしょうか?」 担当に取り次いでもらう。 「お忙しいところ恐れ入ります。わたくし〇月〇日に面接をさせていただいた〇〇と申します。〇日までい面接結果を連絡いただけるとのことでしたが、いつくらいに採用のご連絡をしていただけるか教えていただいてもよろしいでしょうか?」 このような感じで聞くのがいいでしょう。面接をしてくれた担当者の名前がわからない場合は、担当の方はいらっしゃいますでしょうか?と聞けばいいでしょう。おそらく担当者は「申し訳ありません」と謝って、期日を指定するかその場で採否を伝えてくれます(採否を伝えられる場合は、面接時に合格者のみ連絡をすると伝えられていた場合です。)

問い合わせメールの書き方

面接結果をメールにて問い合わせたい場合は以下の例文の真似をすればOKです。丁寧で相手の気分を悪くしない結果の最速メールをかけるようになるでしょう。 ■面接の問い合わせメールの例文■ 件名:〇月〇日の面接の結果につきまして【〇〇大学 氏名】 ↑いつの面接の結果の問い合わせかが一目でわかる件名を付けることがポイントです。 株式会社〇〇 〇〇部 〇〇課 〇〇様 ↑相手の会社名・部署・課・名前を書くこと いつもお世話になっております。 〇〇大学〇〇学部の〇〇です。 ↑挨拶と大学名・名前を名乗る 先日は貴重なお時間を割いて、面接していただき、誠にありがとうございました。 ↑まず先日の面接のお礼を述べる 〇日に貴社の面接に伺いましたが、合否の結果につきまして何日ごろにご連絡をいただけるか、教えていただくことは可能でしょうか? ↑結果を直接問い合わせるのではなく、合否連絡の期日を伺うこと 本来ならば、面接時にご返信期日を確認すべきところ、私の不注意でこのような催促メールを差し上げ、大変失礼かと存じますが、ご連絡をいただけますと幸いです。 ↑催促じみたメールを送ることへの非礼を謝っておくこと 御多忙の中、お手数をおかけして、誠に恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。 ↑相手の手間を気遣いつつ、丁寧にお願いをする +++++++++++++++++(署名)+++++++++++++++++++

面接や返信の問い合わせのポイントとは

電話問い合わせ時の2つのポイント

電話であればメールとは違い、楚歌のメールに紛れて見落とされてしまうこともありませんし、確認するには一番確実な手段と言えます。その電話でも問い合わせの際に気を付けるポイントをお伝えします。 ■返事が遅れていることを責めるような言い方をしてはいけない 返事が来ないとつい不安な気持ちに駆られて、つい「〇日と伺っていましたが」「まだ返事がないんですけど」といったような角が立ついい方になってしまいますが、相手を責めるような言葉使いは禁句です。あくまでお伺いするという姿勢は崩さないように、丁寧な言葉使いを心がけましょう。 ■内容は完結にまとめて聞きたいことだけを話す 担当者も仕事の手を止めて、電話の対応をしてくれています。面接の話とはいえだらだらと仕事をするのは仕事の手を止めることにもなりますので、あらかじめ聞きたい内容をまとめたうえで簡潔に終話できるように心がけましょう。

メールの問い合わせの3つのポイント

電話でなくメールでの問い合わせは以下のポイントを押さえておきましょう。 ■あくまで「お伺いする」「教えてもらう」の姿勢で書く メールも、電話と同じく相手を責めるような内容を書くのは厳禁です。丁寧な文章で、「教えてもらう」という姿勢の文章を心がけましょう。 ■担当者かからのメールのタイトルを変えずに返信で送る 担当者は1日に多くのメールい目を通すことがあります。その際、タイトルで緊急性のあるものかどうかを判断することが多いです。そのため、担当者が送信したメールに「Re:」をつけて返信する形で出せば、担当者も自信が出したメールタイトルに気づいて、急ぎで確認してくれる確率が触れます。 ■就業時間中に送信する方がベター メールは24時間いつでも返信できます。急ぎの案件に関しては、担当者が会社にいる可能性が高いときに変身するようにしましょう。なるべく早く確認してもらい、返事をもらえるようにしましょう。メールを送る場合、メールの送信後に電話しておくとより確実でしっかりした印象を与えることが出来ます。 また深夜にメールを送信して、「なぜ深夜に送ってきているのかな?どういう生活ペースなんだろう?」と疑問を持たれてしまう可能性があります。一般のビジネスメールは朝から夜が基本なので、深夜の送信は控えてください。

返事が来ないと不安になってしまうことを解消するには...

返事が来ないと不安になるものです。それはあなただけではありません。しかし、返事が来なかったという状況から企業の考え方や色を知ることもできます。マイナスな方向にばかり思考を傾けないでまずは冷静に対応しなければいけません。ではどうすれば冷静に不安を解消できるのか。 不安に襲われると、心がもやもやとして不快感を抱き、居ても立っても居られないような状況になります。不安は不安を呼び、冷静な判断がどんどんできなくなってしまいます。一度この悪循環に入ってしまうと、なかなか抜け出せません。そうなったときは、次のことに気を止めてみてはいかがでしょうか。 まずは不安の正体を突き詰めてみましょう。 何に対して不安を感じているのか、その件に関して現実的に取れる対策はないのか。不安要素を紙に書き出して客観的に根本を見つめなおしてみましょう。案外それは大したことはないかもしれません。不安はまず、正体をしっかりと冷静に、かつ客観的に見極めるのがコツです。そして保険を掛けること。実はこれ不安を解消するためのヒントになってきます。備えをしておくことで、万が一の際に対応できるようにしておくのです。不安なことにおびえる前に、事前から確実に「備え」をしておく保険の考えは不安解消のためにとても役に立つ考えです。 過去の不安とその結果を見直してみるのも不安解消にはとてもいい薬です。心配事の9割は実際起こらない、とも言われています。ほとんどの不安は現実になることはなく、後から見直すと不安に思うだけ無駄だったと思うことも多かったのではないでしょうか?あなたの不安だって例外ではありません。見返せる今だから言える言枝はありますが、不安に思っていることなんて大概はその程度なのです。 そして一番大切なのが不安を吐き出すということです。不安はため込んではいけません。返事が来なかったという、後から見返せば小さな不安が、どんどんと些細なことを不安に変え、気が付けば巨大化しているものです。まずは誰かに相談してみましょう。誰かに吐き出すことは「理解してもらえた」と安心感を得られるだけではなく、客観的な冷静で正しいアドバイスをもらうことが出来るのです。まずは、返事が来ないと一人で抱え込まず、冷静に分析し、他者の意見を聞くことで正しい判断ができるようになるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング