IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職時の希望年収の伝え方|高め/低めのどちらで伝える?

更新日:2020年11月07日

転職ノウハウ

転職の面接や履歴書で希望年収を尋ねられた際、どのように答えれば良いのでしょうか?今回は、「転職における希望年収」をテーマにして、面接や履歴書で希望年収の金額について尋ねられた際のベストな答え方や金額を決定する基準についてご紹介しています。

どう伝えれば良い?転職における希望年収の伝え方

転職をする際、年収が上がるのか下がるのかは、大きなポイントです。年収アップを目的に、転職を決意する方も多く、そうでない場合も転職後の年収は、なるべく下げたくないものだと思います。その為、転職活動において、希望年収をいくらぐらいに設定するべきか、またどのように希望年収を伝えるのか、頭を悩ませている方は多いでしょう。 希望年収は、転職後の年収に反映される可能性もある為、できるだけ高めに伝えたいのが本音だと思います。しかし、あまりにも希望年収が高額過ぎると、選考の結果に影響を与える危険性がある為、注意が必要です。そこで今回は、「転職における希望年収の伝え方」をテーマにして、希望年収の価格の設定方法や伝え方などをご紹介していきます。

希望年収の決め方

「希望年収は?」といきなり聞かれても、いくらぐらいの金額を答えるべきか分からないという方は、少なくないと思います。希望年収で伝えた金額は、選考の結果を左右する可能性もありますが、採用後の生活にも大きな影響を与える可能性がある為、慎重に設定したいものです。希望年収の金額を設定する際、どのような基準で考えれば良いのでしょうか? まずは、希望年収を決める際に、どのような基準で決めれば良いのか、基準や考え方について見ていきたいと思います。

希望年収の決め方【1】:何を優先したいのか

希望年収の金額を設定する際、「何を優先したいのか」を基準に金額を決めていく方法があります。転職をする際、動機がある方がほとんどだと思います。キャリアアップを目的としている方もいれば、収入アップの為に転職を決意している方もいるでしょう。また、収入が多少下がってでも、前職の職種や職場から離れたいという動機の方もいれば、新しい業界の仕事にどうしても挑戦したいと考えている方も、いらっしゃると思います。 上記のように、転職の動機は人それぞれですが、数ある条件や優先順位の中で、「年収」「収入」の優先度は、どのくらい高いのでしょうか?例えば、何が何でも一定の年収を越えなければ、転職をする意味がないと考えている場合は、年収や収入を基準にして転職活動をすることになります。 一方で、多少年収が下がってでも、職場や労働環境を変えることや、新しい仕事に挑戦することを目的に転職を決断した場合、年収や収入の優先順位は低めということになります。年収や収入といった条件よりも、職種や業界を優先した転職活動になるでしょう。

希望年収の決め方【2】:本音の希望年収と建て前の希望年収

希望年収には、大きく分けて2種類が存在します。1つは、本音の希望年収で、もう1つは建て前の希望年収です。本音の希望年収とは、実際に自分が望んでいる年収の金額です。 建て前の希望年収は、本音の希望年収とは別に、実際に志望企業に提示する年収の金額です。転職をする際、本音の希望年収と建て前の希望年収の金額差が少なければ少ないほど、収入面に関して理想通りの転職であると言えるでしょう。 反対に、本音の希望年収と建て前の希望年収の金額差が大きい場合、年収や収入を優先して転職している人は、不満を抱えることになる可能性があります。

希望年収の決め方【3】:希望年収の金額の決定方法

転職における希望年収の金額を決定する際、転職における年収や収入の優先順位を元に、実際に企業へ伝える建て前の希望年収を決定していきます。 例えば、転職の動機や目的が収入アップであったり、絶対に一定以上の収入を越えないと転職をしたくなかったりした場合は、本音の希望年収の金額をそのまま企業に伝えてしまっても、問題ないでしょう。 建て前の希望年収を伝えた所で、本音の希望年収よりも少ない年収で働くことになれば、転職に不満を抱くことになる為です。 反対に、転職の動機が新たな職種や職場である場合、年収や収入の優先順位は低めになるでしょう。 職種や職場を優先する場合は、本音の希望年収よりも低めに、建て前の希望年収の金額を決定するのも、1つの方法です。

希望年収の金額は、現職年収を基準に考える

希望年収の基本的な決定方法については、上記でご紹介しました。しかし、本音の希望年収などの金額を、自由に設定してしまうと、あまりにも常識的ではない金額になってしまう可能性があります。 そこで、自分の希望や転職の優先順位の他の基準として、現職年収を基準にするのも、転職の際の希望年収を決定する1つの方法と言われています。続いては、現職年収と希望年収の関係について見ていきたいと思います。

現職年収とは

そもそも、「現職年収」とはどのようなものなのでしょうか?現職年収とは、一言で言ってしまうと、現在、もしくは前職で得ていた年収の金額のことです。場合によっては、転職活動で履歴書を提出したり面接を受けたりする際に、希望年収と共に現職年収の金額も尋ねられることもあるようです。 現職年収の金額を述べる際は、額面で伝えるのが一般的です。誤って手取りの金額を伝えないように注意しましょう。

現職年収の確認方法

初回公開日:2017年04月12日

記載されている内容は2017年04月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング