IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自己PRと長所の違い・使い分け方|面接時における例文3選

転職の面接

面接時でよく聞かれる「自己PR」と「長所」という2つの言葉ですが、同じ意味のようで実は使い方が異なります。自己PRと長所、それぞれの意味の違いや面接時での答え方について具体例を挙げながら紹介していきます。また長所とセットで聞かれる短所についても述べていきます。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 自己PRは会社の仕事内容や求める人材に合わせたアピール
  • 長所は自分の気質・性格や、純粋に得意なものについて話す
  • 短所は正直に答えつつ、改善のための努力や工夫をアピールする

毎年ほとんどの学生が、自己PRや自分の長所として話すべきことについて悩んでいます。自分の行動特性や得意なことを考えた上で、各企業にあったポイントを考えるのが大事です。 就活ノート」のようなサイトで過去実際に使われた例を無料で見ることができます。フル活用して自分に合った会社に内定をもらいましょう。

就活の面接で聞かれる自己PRと長所の違いとは?

就活の面接で聞かれる自己PRと長所の違いとは?

就職活動を行う際にエントリーシートを書いていたら、「自己PR」の欄と「長所」の欄がそれぞれ設けられていて「自己PRと長所って違いがあるの?」と悩んだという経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。 また面接で「あなたの自己PRをお聞かせください」と質問された後、「ではあなたの長所はどんな所ですか?」と質問されて混乱してしまったという方もいるかもしれません。この2つの言葉の意味の違いをきちんと答えられるでしょうか。 いざという大事な場面で困らないよう、それぞれの意味に違いについてしっかりと理解しましょう。

2つの言葉の意味と違いを知ろう

面接における「自己PR」と「長所」の2つの言葉の違いについて、まずはそれぞれの意味を知り違いを認識しましょう。 「自己PR」の「PR」とは、Public Relations(パブリック・リレーションズ)の略で、企業や官公庁などが事業内容などについて一般に広く伝えることを意味します。このことから「自己PR」は、自分自身を紹介して考えや能力を伝えること・宣伝することを指します。 それでは「自己PR」に対して、「長所」の言葉にはどのような意味の違いがあるのでしょうか。 先述の「自己PR」が企業や官公庁などが伝えることという具体的な立場や相手を想定した内容で語られていることと違い、この「長所」は私たちが日常で使う「単純に優れている点」の意味として用いている言葉だと感じるのではないでしょうか。

自己PRとは伝える相手を意識した視点であること

自己PRとは伝える相手を意識した視点であること

「自己PR」と「長所」という2つの言葉の意味の違いを見てみると、「長所」は単純に優れている所であることに対して、「自己PR」においては相手に対して自分の強味を宣伝することを指すという違いが分かります。 この相手がいるという前提を踏まえると、今回の面接時における「自己PR」と「長所」それぞれの質問における答えも違いが生じるのではないでしょうか。

的確な自己PRのためにも企業研究が大切

あなたが持っている性格や能力の強味=「自己PR」が、あなたが受ける企業・職種で求められているものと大きく違いがあっては採用される可能性は低くなってしまいます。 そこで大切になってくるのが自分自身を見つめ直してアピールポイントを整理することと同時に、あなたが受けた企業・職種についてしっかりと研究するということです。 これをしっかりと行うことで、あなたが一番の強味=「自己PR」と考えていることがその企業でのアピールポイントとはならないことに気付いたり、逆に自分自身ではそれほど強味とは認識していないポイントも企業によっては強いアピールポイントであることに気付くことができます。 あなたの「自己PR」が企業によって違いがあることを知り検討することが大事なのです。

自己PRとして長所・短所についてどう答えるべきか

自己PRとして長所・短所についてどう答えるべきか

自己PRの中で自分の強みや弱みを伝える必要があるのですが、あなたならどう紹介しますか? 長所の場合と短所の場合の答え方についてご紹介していきますので、実際の自己PR作りの参考に見ておくといいでしょう。

長所がこれまでにどう活かされてきたのか伝える

「長所」の意味については、先ほど「性質や性能なので、優れているところ」と述べました。 「自己PR」が相手企業に対して直接的にどの点で貢献できるかを訴えるとは違い、「長所」は自分の立場から見ての性格や気質面という人柄について語ると「自己PR」との違いを明確にしやすくなるでしょう。

どう活かされたかで採用後のイメージが分かる

あなたの性格や気質でのプラス面である「長所」は、「自己PR」での企業にとっての直接的なアピールポイントとは違い、採用後の企業という組織内での立ち位置やどんな影響を与えるかをイメージさせる質問であると言えるでしょう。 そこで「自己PR」との違いを認識したうえで「長所」を語る際、あなたがこれまでの経験の中で、どのように「長所」を活かしてきたかが分かるエピソードを語ることで、面接官も「この人が入ることで組織もプラスの影響がありそうだな」と具体的にイメージしてもらいやすいのではないでしょうか。

長所ではなく短所についてはどう答えるべきか

「あなたの長所はどこですか?」という質問の対として、「ではあなたの短所はどこですか?」と聞かれることも多いのではないでしょうか。 「自己PR」や「長所」とは違い、「短所」というマイナスポイントについてはどう答えるべきなのでしょうか。ここでは面接官がどのような意図を持ってあなたの「短所」を質問しているのかと「自己PR」「長所」での答えとの違いをまずは考えてみましょう。

自分の性格の欠点をきちんと自己分析できているのか

自己分析する際、まず自分の良い点についてアピールしようと思い、良い点ばかりを探してしまうのは仕方がないと思います。 日常の生活においても、良い点とは違い自分の欠点を人から指摘されるのは気分が良いものではありませんし、それについて自覚していたのであればなおさらのことです。 ですが、どんな人物であって欠点について違いがあっても、欠点が一つもない人物などいません。面接官もあなたが「短所」を持っていると言っても、それで不採用にしようとは思いません。 あなたを不採用とするために聞いているのとは違い、自分自身を冷静に見つめて「短所」についても自覚しているのかを知ろうとしているのです。

自分の「短所」をどう克服しようとしたのかが大切

「自己PR」「長所」と同様に自分の「短所」について知っていたとしても、「それは短所なんだから直しようがない」と面接でありのまま欠点について答えても、相手にはマイナスイメージだけを与えてしまいます。 ここでは「これまでの経験の中で、自分の短所をいかに克服しようとしたか、また長所に転じることができるよう努力してきたか」までを答えるようにしましょう。 あなたの「短所」についての質問も、単にマイナス面を答えるのとは違い「自己PR」「長所」のようにプラスイメージを与えることができるのです。

自分の長所と短所の見つけ方が知りたい方へ

面接時における自己PR・長所・短所の例文3選

面接時における自己PR・長所・短所の例文3選

面接時に活用できる自己PR・長所・短所の3つの例文をご紹介していきます。自分自身のどんな所をアピールしたいのか考えながら見ていきましょう。 また、もし当てはまるものがあれば実際の面接で活用して内定を勝ち取りましょう。

例文1:面接時における自己PR

私の『自己PR』と言えるポイントは全体を見る力を学生時代に養ったことです。私は大学時代にテニスサークルに所属し3年生の時に副キャプテンを務めました。 キャプテンは部員をまとめることが求められるのと違い、初めは副キャプテンの役割を見出すことができずにいました。 ですが、キャプテンはリーダーとして時には厳しく部員に接することも必要となる役目であることに対して、キャプテンと部員の間にいる副キャプテンだから担える役目があることに気付いてから、いつもサークル全体を客観的に見ながらキャプテンと部員とをお互いフォローする役目を務めておりました。 総務部という会社の後方部門で求められる会社全体を見ながらバックアップするという大切な役目に、私の経験を活かすことができる『自己PR面』であると考えております。

例文2:面接時における長所

私は『まず動き出すこと』をモットーにして参りました。学生時代にある時に急に2日休みが出来た際に旅行に出かけたのですが、宿泊する場所も事前に予約せず地元の方にいろいろ教えていただきながら、結果安くて良い民宿に泊まることができました。 事前に予定を立てるのとは違い不安もありましたが、代わりに地元の方々とお話する機会も得られて、ガイドブックには載っていないおすすめスポットも教えてもらえるなど、大変貴重な経験を得ることができました。 御社で採用いただいた際は先輩方にアドバイスもいただきながら、失敗を恐れずにまずチャレンジする姿勢を大事に頑張りたいと思います。

例文3:面接時における短所

例文3:面接時における短所

私の『短所』は、「物事に熱中し過ぎてしまうこと」です。小さいころから興味を持ったものに対して、時間を忘れて熱中してしまい親など周りから注意されることがありました。 ですが、授業の研究や仕事においてもそうだと思いますが、やはり限られた時間の中でいかにやり抜くというその違いの大事さを知りそれを見失わないように気を付けております。 ある授業のレポートでも先生から『よく期限内にここまで調べられたね』と褒めていただくことができました。仕事においても限られたスケジュールの中で全力を尽くせるよう、自分の『短所』そのままとは違い武器とできるように頑張りたいと思います。 最近ではネットでたくさんの自己PRや志望動機の例を見ることができます。就活ノート」のようなサイトを徹底的に活用して他の人と差をつけて内定を勝ち取りましょう。

内容によって求められる答えの違いを理解しよう

この記事のまとめ
  • 自己PRは会社の仕事内容や求める人材に合わせたアピール
  • 長所は自分の気質・性格や、純粋に得意なものについて話す
  • 短所は正直に答えつつ、改善のための努力や工夫をアピールする

これまで「自己PR」、「長所」と「短所」それぞれの違いについて考えてきましたが、いかがでしたでしょうか。 ・「自己PR」というあなたのスキルが企業にとってどのようなメリットをもたらすことができるのか。 ・「長所」となる性格や気質が、これまでの経験でどのように活かされてきたのか。 ・「短所」について自分自身でしっかりと見つめ、それをどう克服してプラス転換するべく努力し続けてきたのか。 面接というあなたがどのような人物であるかを見極める時間の中で、相手がどのような目的でそれぞれの質問をぶつけてきているのか。 その違いをしっかりと理解することで、あなたが企業にとってどのような貢献ができるのかをきちんとアピールすることができるでしょう。 これまで曖昧な自己分析や企業研究をしてきたという方は、ぜひ今後の就職活動に役立てていただければ幸いです。 「就活ノート」をはじめ、いろいろなサイトで合格者のESや面接の情報が無料で見られるので、参考にするといいでしょう。

関連タグ

アクセスランキング