IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

200字の志望動機の書き方と例文|志望動機を200字以内に収めるコツ

更新日:2022年06月25日

書類選考・ES

就職活動で必ず書かなければならないものが、履歴書やエントリーシート。その中でも特に重要なのが、志望動機です。更に200字等、文字数指定をされて四苦八苦している方も多い事でしょう。今回は200字指定の志望動機についてです。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

200字で志望動機を書く方法とは?

志望動機を書く上で難所の1つとされているのが、文章量です。いくら企業側に伝えたいと思う事があっても、具体的に相手に分かるよう形にしていくのは、普段文章を書き慣れている人ならばともかく、そういった事が得意ではない人にとっては頭を抱えたくなる問題かと思います。ましてや、文字数制限があると知った日には、それだけで難易度が急上昇する事でしょう。 思うように文章が思いつかず、文字数が足りない人や色々と詰め込み過ぎて文字数制限を大幅に超えてしまう人等、多種多様な悩みを抱えている人が多くいらっしゃる事と思います。そこでこれから、志望動機200字の例文や200字程度の「程度」とはどれくらいなのか、志望動機を200字以内で収まるように書くコツ等をご紹介していきます。 この記事では、志望動機を200字の文字数で書くよう指定されている事を想定して、書き進めていきますが、勿論200字以外の文字数制限で悩んでいる方にも参考になると思います。 難易度の高い志望動機を求められて悩んでいるなら、転職のプロの力を借りてみてはいかがでしょう。転職エージェントなら、書類の添削から面接対策までサポートしてくれます。複数のエージェントに登録し、求人を比較しながら就職活動を進めるのがおすすめです。

志望動機の200字「程度」とはどれくらい?

200字以上でも200字以内でもなく、200字程度という指定だと、どこまで書けばいいのか、文字数を超えても問題はないのか等の判断がつきにくいかと思います。 200字以上の場合ならば、指定された文字数を超えれば良いだけなので分かりやすいですね。「以内」の場合は、「程度」と指定された場合とあまり変わらないように感じますが、少し違います。

「以内」と指定された場合

「以内」は勿論、文字数を超えないようにします。指定された文字数で80%以上あれば良いという意見や文字数上限ギリギリまで、つまり1~3字ほどの差で収まるようにするという意見が多く見られました。今回の場合は200字なので、前者ならば180字から200字までの間、後者ならば198字から200字までの間くらいで収まるようにするのが望ましいそうです。

「程度」と指定された場合

「程度」は文字数を超えても問題はありませんが、あまりに多すぎると文字数を指定した意味がなくなってしまいます。なので、指定された文字数を基準に、最低でも20%前後、出来る事なら10%前後を目安に書くのが良いです。今回の場合は、190字から210字の間で収まるように書くという事になります。

志望動機を200字以内に収めるコツ

志望動機を200字以内で上手く収まるように書こうとしても、これが意外と難しくなかなかまとめられないものです。そこで、200字以内に収めるコツをいくつかご紹介いたします。 その前に、覚えておいていただきたいのが文字数の割合についてです。1つ上の項目でご説明しました通り、200字「以内」という指定をされた場合の文字数の目安は8割程度、出来れば文字数制限ギリギリまで書く事をおすすめします。しかし、まだ書き慣れていないのであれば、まず文字数8割を目標にしましょう。

長文を書いてから、不必要な部分を削る

志望動機を書く際、どうしても指定された文字数を超えてしまうという方は、むしろ文字数制限を気にせず、書きたい事を全て書きだして下さい。次に、書きあげた志望動機は一旦置いて、翌日に改めて見返してみましょう。時間をあけてから見る事によって、自分の文章を客観的に見直す事が出来ます。そして、必要ないと感じる部分や説明がくどすぎると思う部分等を削っていき、足りない部分は付け足して、文字数が丁度良くなるように適宜調整を加えていくと良いでしょう。

伝えたい事を1つに絞る

「こんな所が良い、それにこういう所にも魅力を感じる」等、伝えたい事をあれもこれもと書いていけばあっという間に文字数制限を超えてしまいます。そうならない為に、「これだけは絶対に伝えたい」と思うものだけを中心に書いていくと、長文にならず、話もすっきりとまとまりやすいので、読みやすくなります。 勿論、指定された文字数が200字より何倍も多い場合は、2つ3つと増やした方が良いです。しかし、あまり増やしすぎると文字数の調整がしづらくなるので、少なめに。

次のページ:志望動機の文面が全く思い浮かばない時のコツ
初回公開日:2017年04月12日

記載されている内容は2017年04月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング