IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職/新卒で内定辞退を後悔するパターン・後悔から立ち直る方法

就活の悩み・不安

就活生が内定を貰った時に1社に選び、後々内定辞退したあの会社にしとけばよかったなど後悔したりするパターンや後悔からどうしたら立ち直れるのか、1度辞退した会社に再度応募することは出来るのか?内定辞退する前や辞退してしまった後どうしたらいいのかについて説明します。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

転職、新卒で内定辞退を後悔するパターンとは!?

折角面接を通って選んだ会社に就職したんだけど、自分が思っていた会社と違った、あの辞退した会社にしておけばよかったなど後悔しない様にする為にどの様な事を意識しておけばいいのか、実際に後悔したという意見を参考に自分も同じ後悔をしていかない様にして下さい。 転職や新卒後に決まった内定辞退して後悔する割合は24%の方が後悔をしています。 では実際にどういった事で後悔しているのか見ていきましょう。

職場の人間関係や雰囲気などで後悔するパターン

やはりこれから働く所での人間関係はとても大切な物になります。毎日顔を合わせる事になるので、出来ればうまくやっていきたいと思う方が殆どだと思います。上司、同僚などとの人間関係が上手くいかなくて他の会社にすればよかったと思う人が多いです。 上司からのパワハラ、セクハラなどや無理な仕事量を振られてきたりなどもありますが職場全体の雰囲気もとても大切です。活発すぎる会社だと大人しい方はついて行けなくなったり、逆にのんびりの会社だと熱く仕事をしたい方からするとじれったく感じる事もあると思います。 そういった時に前に辞退した会社はどうだったんだろうと後悔してしまう方も少なくはない様です。

金銭面の給料で後悔するパターン

前の会社の方が給料がよく失敗したや経費が落ちないなども中小企業ではある事です。プライベートでの出費がかさむ様になり、給料の多い所にしておけばよかったなどの意見もあった様です。 なので将来設計もした上で就職先も考えてみる事も大切です。内定を決める前に、福利厚生や給料面、手取り幾らかなど再度確認しておくといいと思います。

残業が多く体がきつくなり後悔するパターン

最初に聞いていた話と違って、定時になっても帰れない、終電近くになってしまうなどで、睡眠時間も少なくなってしまい、休日出勤などで休みも取れなく体を壊してしまったり、過労で入院してしまったり、うつ病になってしまい仕事ができなくなってしまう事もあるそうです。 残業がどのくらいなのか、通勤時間はどのくらいなのか、帰宅する時間は何時になるのか 前もって就職する前に会社説明会などで先輩社員さんに聞いて後悔しない為にも確認してみる事が大切です。

自分のやりたい仕事とまわされた仕事が違って後悔するパターン

元々自分のやりたかった仕事があり他の会社の内定辞退して就職したにも関わらず、任された仕事が雑務ばっかりで自分のやりたかった仕事と違う仕事をしなくてはいけないという事や、やりたかった部署ではない部署に飛ばされてしまったりした時に内定を辞退した事を後悔する人もいます。 折角やりたい事があったり、スキルをあげたくて就職したのに、、 となってしまう事がある様です。

就職をする前は理想に近い職場だと思っていたのに、働き始めてから金銭面、通勤時間、サービス残業などよくない点が見えてきてしまい後悔してしまう様です。 内定辞退した会社の方が環境が良かったなどという気持ちの変化もある様です。

内定辞退の後悔から立ち直る方法は?

内定辞退を後悔しても仕方ない

内定辞退した事により後悔していても今の会社じゃなく別会社に行ったとしてもきっと後悔はしていたでしょう。よく『隣の芝は青く見える』と言いますが例え転職をしたり、別の会社を選んでいたとしても後悔は出てきたのではないでしょうか。 後悔するという事は嫌な事があるという事ですがどちらにしても問題や嫌な事は出てくるというのであれば後はその大きさの差になります。法理的にも、身体的にも無理が生じるような事があれば、職場を変えた方がいいでしょう。 もし、職場がすこし遠いからや多少の残業があるからなどという事であればもう少し頑張ってみるのもいいでしょう。頑張ってみたけどダメだったという事であれば転職を考えてみてはどうでしょうか?今の職場ではなく、他の会社に入って見たら実はブラックだったとしたらと想像してみてください。そう考えてみると今の職場と向き合う勇気も出てくると思います。 今の会社を選択する時に、当時の自分は1番いい会社だと思って選んでいたと思います。だとしたら後悔したとしてもしょうがないという事です。その時選択した自分をもう少し信じてみてもいいのではないのでしょうか。

きっとその後悔は将来のためになる

今後悔しているあなたへ その後悔を胸に今の職場と向き合う事によって、壁にぶちあったた時に立ち向かう勇気や問題に対しての対応力、そして何よりも自分の自信になっていくでしょう。今の自分の現状は誰かに強制されての状況ではないと思います。こうしなさい、ああしなさいといくら言われても、結果最終的に決めるのは自分です。従う事を選んだのは自分です。 過去の選択によって今の自分がいますが、これからの自分は今の自分が選択した結果によって将来が決まります。 常に自分が1番いいと思う選択をしてみて下さい。自分で選んだという自覚のある選択に後悔はしないと思います、今はとても大変だと思います。ただ、それを乗り越えた時に大きく成長する事ができるでしょう。

一度内定辞退した会社に再度応募する事は可能なのか

人事担当の生の声

■1度内定辞退した人再度応募する事はできなくはありませんが、採用になるかは別の話です。応募する側は数十社の事しかわかりませんが、採用する側の方では何十年の担当している方もいます。という事は様々なケースを見てきていますが、どんな理由であれよっぽどの事がない限り、言い訳と思い全く信じてもらえない事が多いです。 第1志望、第2志望の会社に断られたから、我が社に戻ってきたのだと思う採用担当者が多いと思います。 ■会社の求人などの緊急性などにもよりますが、ダメ元で問い合わせしてみるのもありかと思います。内定辞退の際にきちんと辞退の理由を伝えているのか、再度の応募をした理由をきちんと説明できるのかによっても結果は変わってくるでしょう。 ■再応募について、選考を辞退したが、再度応募できるのかと事務的に確認するのではなく、応募を受け入れてもらうのに企業が納得できる説明ができるのか、やはりどうしても応募企業へ入社したいという気持ちを熱心に伝える必要があると思います。入社後率先力になれるのか、具体的な強みを採用担当者に伝え、採用担当者にまた面接をしてみたい、してもいいかもと思わせる事が大切です。

NGな会社もある

会社自体が内定辞退した人の際応募を禁止しているのであれば、再度応募は難しいです。 内定辞退した人や、不合格になった人は何年間は再応募禁止など制限のある企業もあります。最初に会社説明会などで情報を確認しておきましょう。

実際に再応募する前に

もし、再応募の制限がなく内定辞退した会社に再応募する時は、応募をする前にまずは事前に確認しておくのがいいでしょう。内定辞退している時点で、迷惑をかけているのには変わらないので単純に『再度応募したいです』ではなく、それなりの姿勢で連絡してみた方がいいです。社会人として、人としてのマナーを守っていきましょう。

再応募した時に質問されやすい事

面接担当者に質問される事としては  ■なぜ前回内定辞退をしたのか? ■なぜ再度応募しようと思ったのか? ■前回内定辞退した時の問題は解決したのか? は面接担当者からしても気になる所だと思います。 一体どんな理由で内定辞退したのかは企業からしたら気になる点であり、また内定辞退された、早期退職されたらと考えるのも当たり前だと思います。 なのでしっかり理由を話せるようにしておく事は大切な事です。例えば、家庭環境の為などであればその問題は解決されたのかなどは勿論の事、なぜ応募企業でないとダメなのかしっかり話せるようにしておくといいでしょう。

再応募した会社に合格したら

正直応募者は沢山いると思います。その中で一度内定辞退した人を採用したというのは、きっとあなたの熱意が届いたからだと思います。普通は不合格にするものです。もしかしたら入社してみて後悔する事もあるかもしれませんが、会社の為にも自分の為にも頑張ってみてください。きっとあなたの将来に役に立つ事があるはずです。

関連タグ

アクセスランキング