IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

OB訪問の際はメモをとるべき?メモの取り方とマナー

更新日:2020年08月14日

就活マナー

OB訪問のときにメモを取るべきなのでしょうか?それともメモを取るには、失礼なマナー違反になるのでしょうか?OB訪問でのメモについて、両方の意見をご紹介します。メモを取るときに注意すべきマナー、メモの上手な取り方、まとめ方についても考えます。

OB訪問でのメモはあり?なし?|意味やマナー、考え方について

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

OB訪問でのメモには賛否両論がある

OB訪問でメモを取るべきなのか、それともメモは取らない方がよいのかは、就活生なら一度は悩んだ経験があるのではないでしょうか。 就活生の悩みのひとつになっている、OB訪問でメモを取るべきなのか、メモは取らずに暗記すべきなのかについて考えます。 このOB訪問でメモを取るべきか、取らないほうがよいのかという問題に対しては賛否両論があるので、ここではご参考のためにそれぞれをご紹介します。

OB訪問の意味

就活の中でOB訪問は大きな意味を持っています。まず、第1の意味は、就活にのぞむ自己分析ができることです。就活で職場を探すということは、言い換えれば、自分の能力を活かせる場所を探すことであり、自分にとって働く意味がある職場を探すことになります。 これを別の面から見れば、仲間として一緒に働きたくなる同僚がいる職場、あるいは自分にとって働きやすい職場と言い換えることもできます。これらのことは、ホームページや会社案内を見ただけでは、なかなか分かることではなく、実際の職場や、働いているOBを見て、「職場や同僚の雰囲気」を、OB訪問で感じ取ることが大切になってきます。 第2のOB訪問の意味は、内定獲得に大きな影響がある点です。入社試験の面接で、試験官が納得する志望動機や自己PRを考えるためにも、OB訪問は有効です。実際に、選考情報や内定を獲得する秘訣を聴くのに、最も効果のある手段がOB訪問なのです。 そしてOB訪問の第3の意味は、人脈を作ることです。せっかくOB訪問しても、結果的に内定が取れなくても、OB訪問の機会に人脈を形成し、将来に役立てるという意識を持つことが重要です。 OB訪問は、就活の一環だけで、その意味を考えるのではなく、自分の将来の人脈形成に大きな効果があることを意識して、OB訪問での実際の行動を、自然体で積み重ねることができる就活生が、将来大きく職業人として成長することができるのです。 例えば、「2015年卒 マイナビ学生就職モニター調査」などの就活生のモニター調査を見ても、OB訪問をした「経験あり」の学生の内定獲得率の方が「経験なし」の学生よりも高くなっていることが分かります。

OB訪問ではメモを取るべきだという意見

ここでは、OB訪問では積極的にメモを取るべきだという意見をご紹介します。必ずしも、ここでご紹介する意見が正しいとは限りませんが、ひとつの見方として、ご自分の就活の参考にしてください。

熱心さをアピールできる

メモを取ることには利点が多い

OB訪問ではメモを取ってはいけないという意見

上では、メモを取ることの利点をご紹介しましたが、逆にOB訪問でメモを取ることは、就活に悪い影響を及ぼすという意見もあります。メモに対する両方の見かたを比較して、ご自分の就活に活用してください。

OB訪問は自分を見てもらう機会でもある

OB訪問でメモを取ることに集中しすぎて、メモ帖に目線を落としてばかりだと、せっかくのOB訪問の機会に、自分の個性・人となりを見てもらうことができません。OB訪問での先輩との面談は、学校の授業ではないのです。 OB訪問時の面談では、メモをとることよりも、先輩の目を見て、自分がどんなことを考え、感じているのかを相手に受け取ってもらうことが重要です。 そのためには、メモを取るのは最低限にとどめて、できるだけ会話に集中することが相手の印象に残ることにつながるのです。

OB訪問ではメモよりも大切なことがある

初回公開日:2017年05月14日

記載されている内容は2017年05月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング