IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

営業職への自己PRの書き方と例文|未経験/転職/就活

書類選考・ES

営業の仕事にかかわらず、採用担当が思わず会いたいと思えるような自己PRを書くことが出来なければ営業のスタート地点に立つことが出来ません。では自己PRの意図とは何なのか?どうすれば他社に印象付けられるのか、難しく考えているだけで実は簡単な事なのです。

更新日時:

自己PRの意図とはそもそも何なのか

皆さんは、自己PRをそもそも質問の意図もわからないまま、何気なく就職活動のために思ってもいないことを書いてる人も多いでしょう。 「自己PRをしてください」 人事がそもそも何故こんな質問をするのか、大きく分けて3つあります。 1.その会社で活躍できる能力があるか見ている 2.アピールを裏付ける経験を知りたい 3.長所が企業にとって有益であるかをチャックしている 人事も何人もの学生たちを見てきているわけですから、当然真実を聞き出そうとします。オーバートークをしても、それを裏付ける経験や体験を探ってきます。その答えに信憑性のないものは容赦なく削られていきます。 逆に長い文章や、自分を売り込む言葉を使いすぎているもの、根拠がないもの、やたら自信にあふれているものは採用側の目には留まりません。自己PRを書いていくうえで、一番大切なのは人事の立場になって自己PRを考えることです。

自己PRで人を見極めめる質問の仕方

未来の話は信用されない

自己PRを書く際に陥りがちな間違いは、学生が身も蓋もない話をしてしまうという点です。未来の話は採用側からしたら現実味のない話です。 本人のやりたいことや、未来の話を多少するのは問題ないのですが、企業側が知りたいのは「本人がやりたいこと」ではなく「なぜそれをやりたいとおもうのか」「やりたいことのためいどれくらい頑張れるのか」という点です。 産労総合研究所の調査では企業側が入社後教育で新入社員に一人当たりの研修費は16万5196円と言われています。それが何百何千といるわけですから、企業側は採用で失敗したくありません。採用した人が活躍してくれるかで会社の命運を左右するからです。 自社にあった人かどうかを判断するために、人事は過去の出来事についてひたすら深堀して質問していきます。過去の話をじっくりと聞いた方が判断できるからです。 そうして人生のターニングポイント(進学、就職、転職)の質問をしていくことにより、 ・何を大切にしているのか ・どんなことを考えているのか ・どういう行動をする人なのか を判断していきます。 挫折や成功、苦難といった出来事もその人が見えてくるポイントです。採用側からの目線を大切に、思わず一緒に仕事がしたいと思わせるようなPRを考えるのがポイントです。

自己PRの基本

自己PRを書く際に絶対に気を付けないといけないことがあります。それは以下の3点です。 ・読みやすいこと ・応募先の仕事に生かせそうな過去の実績や経験が盛り込まれている ・ヤル気・意欲に満ち溢れている

読みやすいこと

採用側は、忙しい中でたくさんの履歴書・職務経歴書を見なくてはいけません。そのため見づらかったり分かりずらいものだと選考の通過率は下がってしまいます。 読みづらい文章は内容がまとまっていない事も多く、読みずらいので内容もいまいちだろうという先入観から内容すら読んでもらえないケースもあるからです。行き過ぎの熱意は悪い結果を招きますので、相手の立場に立って文字サイズ・ボリュームを考えましょう。

応募先の仕事に生かせそうな過去の実績や経験が盛り込まれている

採用担当者は過去の経験や実績を通じ、自社で活躍できるかの判断をします。そのため「私は英語ができるので御社に貢献できます。フットワークを生かした営業に自信があります。」と長所をアピールしても、それを裏付ける証拠がなければ採用担当者に信じてもらえません。 信じてもらうためには ・具体的な数字 ・具体的なエピソード が必要になります。 先ほどの事例に具体的なエピソードと例文を付け加えます。 ■私は〇〇大学を卒業後、2年間アメリカの〇〇大学に編入。その後アメリカの××企業に×年間インターンとして営業を学ぶ。新規開拓担当営業として1か月に200社訪問。その際、月10社の開拓目標に対し、私は平均15社の新規取引先を開拓。新規開拓なら〇〇だ。 と上司に言われていました。 具体的な内容と数字が盛り込まれることで内容の信憑性が増します。また200社訪問=1日10社訪問するということでフットワークがある、アメリカの企業で営業を学ぶ=ビジネス英語が使える、目標以上の数字を出してる=営業としても能力もありそうだ、といい印象を持たせることが出来ます。 しかし、未達成の数字しかない場合は数字を盛り込んではいけません。 あくまでプラスの情報のみ盛り込むことが大切です。

営業の転職・就活における自己PRのポイント

営業職に求められる能力

営業は選択肢が多いので、求められるスキルは多岐にわたります。では営業職に求められるスキルは何だと思いますか?ぜひご自身と照らし合わせてみてください。 ■良い印象を与える振る舞い 営業職として企業を訪問する際、あなたは会社の代表ということになります。また会ってもいいなと思える人でなければいけません。 ■信頼が得られる人間性 信頼が得られる人間性は明るく活発でハキハキしている人というわけではありません。もちろん明るく親しみやすい性格は、採用側にとてもいい印象を与えますが、一見おとなしい印象を受けるが相手の気持ちを考えて行動できる人の方が成績が上だったというケースも多くみられるのも事実です。自分なりに信頼が得られる人間性とはどういう人か考えるのもいいでしょう。 ■軽いフットワーク 素早いフォローができる人は良好な関係性を築くだけでなく、営業ではさらなる提案で顧客をつなげられる機会が増加します。状況への変化に対応できる軽いフットワークはとても強みになります。 ■ヒアリング能力 営業で最も重要なのがヒアリング能力です。自己PR時ではヒアリング能力は出せないかもしれませんが、何かしらのポイントで出すことが出来ればかなりいい印象を与えることが出来ます。 ■失敗にめげない柔軟性 営業は「思ったように結果が出ない」という状況に必ず一度は遭遇します。過去に失敗を乗り越えた経験や、失敗から学んだ経験を是非自己PRに盛り込んでみましょう。 ■マネジメント能力 営業職に求められるのは、個人の能力だけではありません。チームメンバーのコンディションの見極めや成果を出すための改善策が求められます。部活・サークル、何かしらでチームを引っ張てきた人はとても有利です。存分にアピールしていきましょう。 今回は就活に焦点を合わせ自己PRで使えそうなものをピックアップしましたが、実際に必要な能力はたくさんあります。要はあなたを営業に向いてそうだと、採用側に印象付ければいいのです。 自分の経験や実績をうまく盛り込んでいきましょう。

自分にとっての「いい会社」を明確にする

自己PRや履歴書、面接において選んだ会社を明確にする必要があります。 経営が安定している大企業、取扱商品が魅力的、人によってその会社に対するいいイメージは様々です。 あなたがいい思う会社の条件は何かをきちんと明確にしましょう。

将来のライフプランを明確にする

あなたが営業という仕事を選んでいく中で、最終的に実現したい目標は何ですか?どのように成長していきたいですか? 将来を明確にしたうえで先を見通したライフプランを考え就活を進めていきましょう。

営業職における自己PRを書けるようになりましょう

未経験者の自己PRの書き方

今回の自己PRの書き方は新卒者の自己PRを例にしております。既卒者も転職者も内容は違うかもしれませんが、押さえておくべきポイントは変わりません。 基本的に自己PR文は5つのポイントを押さえておければ大丈夫です。 ■こじつけ的な志望動機は書かない ■差別化を図ろうとして妙な主張をしない ■なぜその業界を志望したか ■なぜその企業を選んだか説明する ■自分の長所を紹介し、それが活かせることをPRする

例:自動車業界の志望動機&自己PR ■志望動機■ 近年、若者の自動車離れが指摘されていますが、一方で地方における個人の自動車保有台数は高止まりしたままです。公共交通機関が発達していない地方において、自動車は市民にとって欠かせない存在であり、それがなくなれば多く生活難民を生み出すこととなります。自動車は日本が世界に誇れる産業の一つであり、移動手段の観点から市民生活を支えていきたいと考えたため、自動車業界を志望しました。 そのなかでも同業他社と比較して、私が貴社にもっともひかれた点は、貴社の営業担当者が「商品」を売らず、「人格」を売る取り組みをしていたからです。信頼構築型の営業を実施している貴社は、価格で負けていても契約をとれるという営業スタイルは、今後長きにわたって支持されていくものだと確認したため、貴社を志望しました。 ■自己PR■ 私は口下手ですが、人とコミュニケーションをとることが好きなため、営業職を志望しました。学生のころから手話サークルに入り、多様な年代の方と手話を通じて交流しました。手話ではひとつひとつの言葉を考えて動作に移すため、自分の発する言葉の内容をしっかり吟味し、誠実に相手と向き合えるようになりました。 貴社の営業活動におきましても、誠実さを大切にして、お客様との信頼性を築くことに力を入れています。私もお客様と向き合って、しっかりとした形でコミュニケーションをとっていきたいと考えたため、貴社での営業活動を志望しました。

繰り返しになってしまいますが、自己PRは「相手側に立った読みやすさ」と「採用企業で生かせそうな経験と実績」が重要になってきます。自己PRが作成したらできるだけ客観的な目線で見直してみることをお勧めします。友人や家族に見てもらうのもいいでしょう。 こういった職務経歴書や履歴書は初対面の相手に提出するものです。手間を惜しまず、相手の立場になって考え、客観的な視点でチェックすることで効果的な内容になってくるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング