IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就職に人気の広告会社ランキング一覧・年収と仕事内容・転職するコツ

職種研究

花形職業として注目されるのが広告代理店です。ここでは就職に人気の広告会社ランキング一覧、広告会社の仕事内容、広告会社に転職するコツ、転職する際の志望動機例、経験なしでも転職可能?などについてお話をさせていただきたいと考えています。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就職に人気の広告会社ランキング一覧

広告業界の広告会社市場規模

日本の広告会社の広告費では、2015年は6兆強で。2007年の7兆191億円がピークでした。経済停滞の影響を受けて市場は縮小しましたがインターネット広告の成長もありっ回復しつつあります。テレビメディアは全体の約3割を占めており、依然として影響力は強いといえます。しかし、各媒体が軒並み減少傾向の反面、インターネットのみ急成長しているという状態です。単体で1兆円を超える市場まで成長しています。アメリカ・欧米諸国では既にインターネット広告がテレビ広告を抜いて1位になっており、日本においても、インターネット広告市場が更に成長速度を増していくと考えられています。

国内広告会社売り上げランキング

1 電通 2 博報堂 3 ADK 4 大広 5 JR東日本企画 6 東急エージェンシー 7 読売広告社 8 デルフィス 9 電通東日本 10 クオラス 11 朝日広告社 12 電通九州 13 日本経済社 14 ビーコンコミュニケーションズ 15 日本経済広告社 16 フロンテッジ 17 オリコム 18 JR西日本コミュニケーションズ 19 電通西日本 20 アイプラネット 21 オリコミサービス 22 新通 23 JR東海エージェンシー 24 メトロアドエージェンシー 25 新東通信 26 電通ヤング&ルビカム 27 NKB 28 読売連合広告社 29 読売エージェンシー 30 京王エージェンシー 31 小田急エージェンシー 32 ビデオプロモーション 33 ライダース・パブリシティ 34 広告社 35 双葉通信社 36 西広 37 第一通信社 38 東映エージェンシー 39 西鉄エージェンシー 40 協和企画 41 毎日広告社 42 協同宣伝 43 メディアエムジー 44 とうこう・あい 45 三友エージェンシー 46 中外 47 ゼ・ファー 48 東興社

世界の広告会社グループランキング

1 WPP London 2 Omnicom Group New York 3 Publicis Groupe Paris 4 Interpublic Group of Cos. New York 5 Dentsu Inc. Tokyo 6 Havas Puteaux, France 7 Alliance Data Systems Corp.'s Epsilon Irving, Texas 8 Hakuhodo DY Holdings Tokyo 9 IBM Corp.'s IBM Interactive Experience Armonk, N.Y. 10 Deloitte's Deloitte Digital New York 11 Accenture's Accenture Interactive New York,London 12 MDC Partners New York 13 BlueFocus Communication Group Beijing 14 Experian's Experian Marketing Services New York 15 Cheil Worldwide Seoul,South Korea 16 DJE Holdings Chicago 17 Acxiom Corp. Little Rock, Ark. 18 PwC's PwC Digital Hallandale Beach, Fla. 19 Aimia(proprietary Loyalty-services business) Montreal 20 MC Group(Media Consulta) Berlin 21 Harte Hanks San Antonio 22 Asatsu-DK Tokyo 23 Merkle Columbia, Md. 24 STW Group St. Leonards, Australia 25 Grupo ABC Sao Paulo 26 Engine Group London 27 Freeman Dallas 28 Serviceplan Agenturgruppe Munich 29 inVentiv Health New York 30 ASM's IN Marketing Services Irvine, Calif. 31 Chime Communications London 32 Wieden & Kennedy Portland, Ore. 33 M&C Saatchi London 34 Project WorldWide Auburn Hills, Mich. 35 Huntsworth London 36 eBay Enterprise Marketing Solutions King of Prussia, Pa. 37 Brunswick Group London 38 Match Marketing Group Mississauga, Ontario, Canada 39 Matomy Media Group Tel Aviv,Israel 40 Hearst Corp.'s iCrossing New York 41 FTI Consulting(Strategic Communications) New York 42 Horizon Media New York 43 Richards Group Dallas 44 Viad Corp.'s Global Experience Specialists Las Vegas 45 FullSix Group Levallois-Perret, France 46 Next Fifteen Communications Group London 47 Gyro New York 48 Derse Milwaukee 49 Cramer-Krasselt Chicago 50 St.Ives(Strategic Marketing) London

世界の広告会社ランキング

1 Dentsu Tokyo 2 BBDO Worldwide New York 3 McCann New York 4 DDB Worldwide New York 5 TBWA Worldwide New York 6 Y&R New York 7 Hakuhodo Tokyo 8 J.Walter Thompson Co. New York 9 Ogilvy & Mather Advertising New York 10 Publicis Worldwide Paris

広告会社の仕事内容

広告会社とは

広告会社とは、広告を出したい企業と広告を掲載するメディアを繋ぐ仲介を行う企業を言います。

広告会社の仕事

以前はテレビなどの広告枠を企業に売るという広告会社のビジネスモデルでしたが、現在広告会社は広告の制作の企画、指示も代理店が行っていることが多いようです。制作部門を持つ広告会社もありますが、下請けの広告会社や制作会社と共に制作を行う場合がほとんどです。

広告会社の種類

大手の広告会社は電通、博報堂、アサツーディ・ケイ、大広などです、大手の広告会社は分野に特化した広告会社を持っています。、医療、アパレル、モバイル、雑誌、通販、人材広告など、その分野に特化した広告会社が数多くあります。世界的には日本の広告会社の勢力が弱くなっているのが現状です。

プランニング

広告会社のマーケティング戦略に基づいて広告活動を行うためのプランを作成する役目をするポジションです。情報収集や調査を行い、その結果を広告表現や企画に生かし、他の制作担当者にも情報提供をおこなったりします。 ○必要な資質 理系的・分析的思考能力が必要とされます、実際に数字を考えることが多く、仮説を立てる「仮説構築力」が重要な力となります。

クリエイティブ

広告会社で宣伝するため、テレビCM、ラジオCM、グラフィック広告(新聞・雑誌・ポスター)、販促ツール(POP)、Webサイトなどに使用する文言(コピー)を書く役割のポジションです。そ商品やサービスの名前を考えるネーミングもコピーライターの仕事です。 ○必要な資質 文章力だけではなく、コンセプトの構築や深い洞察力が必要とされます、何百本の中から一本採用されるかどうかという世界なので情熱と忍耐力も必要とされます。

デザイナー

広告会社で広告のビジュアル部分(構図、色彩、素材、文字、配置等)を考慮し、情報を整理し、伝達できるようにデザインするポジションです。 ○必要な資質 美大・芸術大・専門学校などで専門のスキルを学んだ人が対象となります。広告会社の広告は自分自身の表現の場ではないので、芸術ではなく「なぜ広告の会社広告表現をやりたいのか」を具体的に語れることが求められます。

編集

広告会社の書籍・雑誌等出版刊行物を企画、制作する仕事です。コンセプトづくりから予算管理、進行管理を統括する立ち回りをします。 ○必要な資質 「広告会社の企画」の立案に向け24時間体制で、観察力、洞察力、注意力、関心、情熱持つことが必要です。具体的なネタ探しのための「情報収集力」、企画の良しあしを決定する「判断力」、広告会社の企画を通すための「交渉力」、社内外の関係者の意見・利害をまとめ本を作り上げる「実行力」なども総合的に必要とされます。

営業

広告会社の営業はAE(アカウントエグゼクティブ)、営業担当、企画営業、提案営業は同様の意味を持ちます。担当として、ヒアリング、オリエンテーションに参加し、プレゼンテーションから広告実施まですべての責任を負います。通常はマーケティング担当や制作(クリエイティブ)担当者、媒体担当などすべての担当者をまとめる調整役です。スケジュール管理、コスト管理、業務品質管理等の責任を担います。広告会社内では得意先の代表としての役割や、得意先では広告会社の代表としての役割を果たす必要があります。場合によってはプロデューサーの役割も求められます。 ○必要な資質 強靭な体力、精神力、柔軟性、何よりも人間関係の構築力などが必要です。得意先担当として多くのスタッフとやり取りをするためコミュニケーション能力が必要です。

宣伝・広報

○宣伝 広告会社の商品、サービス、企業の情報をメディアへの広告出稿などを発信する仕事です。 広告会社の広告戦略を立案し、予算計画を策定し、広告会社への窓口として、 広告会社の関係者との調整を行う仕事です。他にも展示施設(ショールームやミュージアム等)の 管理・運営やイベントの企画、ビジネスショーでの展示の企画立案・実行などを行います。 ○広報 広告会社の業界、企業、製品、サービスなどに関する情報を発信し、ブランドイメージ向上や売上げ向上と一般的な企業イメージの確立・維持を行う仕事です。 具体的な業務内容としては社内報や会社案内の編集、マスコミ対応、新聞社や雑誌社等の報道関係者に対して発表を行うプレスリリースの作成を行います。 ○必要な資質 広告会社の広報・宣伝には華やかなイメージがありますが、実際は情報収集や資料管理などの地道な作業が多いので、毎日コツコツと仕事を進めることが要求されます。 また、広告会社では突発的な出来事も多いので、臨機応変な対応や細やかな気配りが求められます。

広告会社に転職するコツ

広告会社で必要な表現力・コミュニケーション能力

広告業界・広告会社の仕事内容は情報を発信することです。広告業界・広告会社に就職するために最も必要なのは、表現力とコミュニケーション力です。就職を志望する代理店のニーズに応える人材であると宣言することで、採用担当者に好感を持たせることができます。広告業界・広告会社への志望動機を書く場合、表現力とコミュニケーション能力、志望する広告会社が求めるニーズをとらえて作成することが大切です。

ありきたりな志望動機では採用担当者には響かない

広告会社ではありふれた志望動機を並べただけでは、広告プロである広告業界・広告会社の採用担当者の心には届きません。広告会社としては説得力に欠けます。なぜ広告業界・広告会社を選んだのかを、説明できるような具体的なエピソードを盛り込むことが必要です。過去の経験を通して、コミュニケーション力や柔軟性があることを説明してください。その力を、今後の広告業界・広告会社で働く上でどう活かし、就職した場合には広告会社へどれだけ貢献できるのかをアピールしてください。

世相を志望動機に反映させる

広告業界は、その時代に応じたものにフォーカスすることが多いです。。広告業界を志望する場合、世相についてよく理解しておくことが大切です。世相を踏まえた上で広告業界で何をしていきたいのかを述べていくことが大切です。

広告業界・広告代理店の説明会で得た情報を取り入れる

広告業界・広告代理店に関する情報を、就職の志望動機に取り入れることが大切です。会社説明会で得た情報を志望動機で使わないということは考えられません。説明会などで手に入れた広告業界・広告代理店の情報をもとに志望動機を作成しましょう。

志望動機は論理的に書く

広告業界・代理店の選考を突破するための志望動機は、広告業界・広告代理店への憧れの気持ちだけで書いてはいけません。これまでの経験と自分が今後広告業界・広告代理店でしたいことを、志望動機と結びつけるのが大切です。学生時代の部活動、サークル活動、ボランティアの経験などそういった具体的なエピソードを志望動機に取り入れることが必要です。 またでどのように成長したいのか?広告代理店だからこそ実現できる事は何なのか?どのような存在になりたいのか?など将来像まで見据えた志望動機は説得力があり、採用担当者の印象に残ります。経験と広告業界・広告代理店を志望した理由、広告業界・広告代理店でやりたいこと、どのように成長したいかというように論理的に書くと、面接官の心に刺さる強い志望動機になります。

広告業界が求める人物像

広告業界は、人との関わりが仕事をする上でポイントになります。ですからコミュニケーション能力をはじめ、人間的魅力が必要になります。人間的魅力とは、「一緒に働きたい」と思わせる魅力です。人間性や根性がある場合、コミュニケーション能力や周囲の人々との関り方が重視される広告業界では仲間として受け入れられる可能性が高いです。

広告業界の転職に強い転職エージェント

広告業界特化、web広告に強い、求人数が多い転職エージェントがあります。もしどうしても広告業界に就職したい場合、一度は登録していることをお勧めします。

マスメディアン

Web・広告・マスコミ業界特化した転職エージェントです。広告業界の求人数がきわめて豊富なので、転職を考えているのであれば登録しておくことをお勧めします。職種を選択して求人を探せるので、自分のビジョンに合った会社や業務を探すのが容易になっています。グラフィックデザイナー、Webデザイナー、コピーライター、ディレクター、営業・プロデューサーなど職種別に検索ができ使い勝手がよくなっています。

広告転職.com

広告代理店、制作プロダクション、PR代理店、web関連会社などに特化した転職エージェントになります。広告業界に強いので、登録しておくと質の高い求人を見つけることができます。広告業界経験者のコンサルタントは有名制作会社や大手広告代理店に人脈があり、信頼されています。

WORKPORT

IT業界に特化した転職エージェントで。広告業界の中でも、web広告に強い企業を探す場合にとても役に立ちます。専任のアドバイザーがおり助言を受けることができます。

リクルートエージェント

広告業界特化まではいきませんが求人数が圧倒的に多い大手転職エージェントです。広告業界の求人も豊富で、選択肢を広げてくれます。非公開求人も多いので登録することで幅を広げることができます。

ランスタッド

世界最大手の転職エージェントです。日本国内だけでも80箇所近くの拠点を持っています。地方の場合でも対応できるので地方在住者におすすめです。長年の経験と実績に裏打ちされたノウハウがあり、評価もいいようです。

転職する際の志望動機例

○参考例 貴社を志望する理由は、コピーライティングについて最先端の技術を持っている点に魅力を感じたからです。昨年、コピーライティングの勉強のために海外に1年間留学した際、海外広告の奇抜さ体で体験しました。あのような素晴らしい技術を学ぶためには、最先端のコピーライティング技術が必要だと現地で聞き、日本でこの最先端のコピーライティング技術を持っている企業を調べたところ、貴社を知りました。 このような最先端技術を持って、コピーライティングを作っている企業は他社には見当たらず、ぜひ貴社で、留学で学んできた能力・知識を活かし、コピーライターとして勤務させていただきたいと考えております。

○参考例 キャッチコピーを作る際に大切なのは、遊び心や好奇心ではないかと考えています。消費者にその商品を買ってもらうようするためには、時代の流れに敏感でなければならないと思います。常に広くアンテナを張り、ネット・テレビ・書籍・口コミなどあらゆる方法で、情報をインプットするよう意識し、話題になりそうなスポットにはいち早く足を運んでいます。また、このように情報を仕入れる際に見る広告の存在に大きな価値と魅力を日々感じています。自身の強みを生かし、広告で時代をリードするクコピーライターとなり、喜びと充実感を感じたいと強く感じております。広告業界で大きなシェアを誇る貴社だからこそ、様々な広告に携わることができ、やりがいも大きいと考え、志望させていただきました。

○参考例 御社を選んだ理由は、多種多様な媒体を扱っている総合広告代理店であるという点に強く惹かれたためです。お客様のニーズに応えるためにも、様々な提案ができる貴社のサービスは強みであると考えております。 大学では、2年間居酒屋のアルバイトをしていました。接客のほかにメニューの考案にもたずさわり、お客様のニーズを把握する力とそれを形にすることの難しさを体感しました。お客様の心に届くメニューを考案することにやりがいを感じ、ニーズに合ったサービス・商品の提供を以前より興味のあった広告業界でつきとめたいと強く感じました。この経験で身に付けた探求力を活かして、貴社でいち早く成果を出せるよう精一杯取り組みます。

経験なしでも転職可能?

最も多い営業職は未経験者歓迎も多い

広告業界では、営業職の求人を多く見かけることができます。それらの求人では、業界経験が求められる場合や、営業経験が求められる場合も多いですが、未経験者歓迎の求人ももちろんあります。未経験可の求人情報を相当数みつけるけることができます。ですから未経験でも十分に広告業界への転職が可能であるといえます。

スキルが求められる職種

デザイナーやディレクターなど、広告の制作に関わる職種には、未経験歓迎の求人もあります。営業職と違って、PhotoshopやIllustratorなどのグラフィックソフトのスキルやこれらの実務経験、広告制作の実務経験が要求されます。未経験で広告業界の制作に関わる職種に転職を考えている場合、PhotoshopやIllustratorなどのグラフィックソフトは使えるようにしておく方が得策です。デザイナーへの転職を考えている場合、デザインスキルは必須です。インターネット広告を手掛けている企業では、webの制作スキルが求められます。広告業界は未経験からでも転職することができます。転職を有利にするためにも、業界の知識を身に着けておくことが大切です。制作に関わりたい場合、グラフィックソフトの使用スキルやデザインスキル、ライティングスキルなどが要求されます。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング