IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接の時間帯による採用結果への影響|面接の時間はいつがベスト?

就活の面接

就職活動をしていると面接の時間帯だけで有利不利をついつい気にしてしまいますよね。早い方が有利や遅いと不利など時間を設定されて一喜一憂される方も多いでしょう。今回は、面接の有利な時間帯はあるのかそして、希望の時間を聞かれたときの答え方などをご紹介します。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接の時間帯は早めの方が良い

面接を受けるとなると、朝早いよりも夕方など遅い時間の方が、他のライバルに比べて面接の準備を行うこともできるため、万全の姿勢で面接に臨むことができると思ってしまい、遅めがいいななんて、思ってしまう方も多いでしょう。しかし、「面接の時間帯は早めの方が有利」です。その理由は、2つあります。ここでは、その2つの理由についてご説明いたします。

一番印象に残るのはじめと終わり

人の印象に一番の頃るのははじめと終わりです。映画などを見ていて、プロローグとラストシーンの印象が一番強いと言う方は、非常に多いです。そのように人間の印象は、初めと終わりに一番つけることができます。そのため、面接官に印象を上手く残すには、1番初め又は2番目か、最後が良いとされています。しかし、次の項でもご説明しますが、最後の場合あなたの前にかなり高レベルの就職希望者がいた場合は、すでに面接官は心に採否を決めている場合があるため、リスクは高いです。

良い就職希望者が早い時間帯に居れば先に採用がほとんど確定していることもある

採用面接の多くは、1日中行うことが多いです。そのため、初めに良い就職希望者がいた場合、後の希望者を見ずに8割方その人の採用を心に決めて、対応をする面接官も世の中に少なくはありません。そして、一度そう決めてしまうと、その人の心を動かすことは容易ならざることです。そのため、朝早い面接でばっちり面接官に良い印象を与えておくことで、先手必勝で相手の心に決めさせることが、面接で早い時間帯を指定された際の戦略ともいえます。また、遅い時間帯の場合は、相手のことを少し気遣い、簡潔な回答を心掛けて、最後に「本日は遅い時間帯にご対応いただきありがとうございました」のような、言葉を入れても良いでしょう。 面接の時間帯についてなど、面接対策に必要な知識を身に付けたい方は転職エージェントを活用するといいでしょう。プロのキャリアアドバイザーから、的確なアドバイスをもらうことができます。

個別面接の場合面接の時間帯の有利不利は少しある

個別面接の場合には面接の時間帯による、有利や不利というの少しは存在するというのが答えになります。その理由としては、人事や採用側とすると、期待の就活生や転職希望者ならば、早い時間に面接を行いたいと思う方も実際多いようで、期待がかかっている順に面接者の順番を決める方もいるようです。また、最終面接などの採用の最終局面でもほぼ採用が決まっている順に面接を行っていくことは非常に多いといわれています。

採用担当者は朝から多くの就職希望者を見ている

面接の時間帯が早い方が有利な理由には、人事の期待という意味の理由ともう一つ理由があります。それは、採用担当者は、朝から多くの就職希望者を見ているということです。朝から何にもの就職希望者の話を聞いていると、初めは採用担当者も元気に話を聞けますが、終わりに近づくにつれて、人間なので疲れが出てきます。そのため、疲れている中、就職希望者の話が長すぎる事などがあれば、朝であれば熱意があると取れていても、夕方近くであるとそれが話を要約できない、話下手という印象を与えてしまうことにもなります。

集団面接の場合時間帯よりも話す順番に注意が必要

集団面接の場合は、面接の時間帯に比べて、面接でお話をする順番に大きな注意が必要です。その理由としては、回答の順番が遅いほど、先の回答者の回答を聞きながら、あなたの話をブラッシュアップさせることが可能になります。しかし、あなたの回答が誰にもまねができないかなりクオリティの高いものであれば、一番最初に回答をすることで、独り勝ちをすることもできるため、集団面接に臨むときは、誰も真似ができないクオリティを目指した回答を用意しておきましょう。

集団面接の場合初めに挙手をして回答すれば熱意を見せられる

集団面接の場合、回答の順番を面接官が決めずに、就職希望者が挙手によって決めるような場合もあります。その場合は、先手有利は確実にあります。あなたが逆の立場になって考えてみましょう。就職希望者全員が緊張をして面接に臨んでいる中でも、我先にと面接官にアピールする就職希望者がいたとしたら、どう思いますか?やはり、熱意があるややる気があるという印象を持つのではないのでしょうか?そのため、集団面接の回答順が挙手で回答をする場合は、確実に先手を取る方が有利と言うことが分かります。

転職の面接結果の連絡は企業によってよりけり

転職の際の面接の結果の連絡の時間帯は企業によってもよりけりです。例えば、転職希望者のことを配慮してくれて、夜に連絡してくれる会社もあれば、普通に昼に連絡をしてくる会社もあります。基本的には、相手もあなたが働きながら転職活動をしていることは承知しているため例え、電話に出ることができなくても、大きく印象が悪くなることはありません。その代わり、小まめに形態などをチェックをして、面接の連絡を確認しておくことは大切になってきます。また、留守番電話サービスなども活用して、出られない場合のリスクに備えておくことも大切になってきます。また、電話がかかってきた場合は早急に折り返し又は対応しましょう。

転職の面接の結果の連絡が来る時期は最短であればその日の夜

転職の面接結果や採用の可否の連絡が来る時間帯として非常に多いのは、夕方か朝の時間帯にくる事が多いです。また、採否の結果は、最短でその日のうちに、最長で1週間程度のうちに何らかのご連絡が来ます。1週間を過ぎた場合は、こちらから確認しても無礼には当たらないため、確認をしてみることもお勧めです。しかし、結果は早い方が良い結果と言うことも多いため、良い結果のほうが早い時間帯でくることが多いです。または、その日の夕方の時間帯などに来ます。

面接で希望の時間帯を聞かれたときは3つ程度書く

面接で、採用側からあなたの面接の希望の時間帯を聞かれた場合は、1つだけ書くということは間違ってもしないでください。これは、皆さんもお分かりの通り相手への配慮が欠けているなどの印象を与えてしまいがちになります。また、希望が一つでは採用担当者としても、あなたの予定が見えてこないため、面接などの計画が立てにくくなってしまいます。そのため、面接で希望の時間帯を聞かれた場合は、3つは書くことをお勧めします。希望の時間帯についてはあなたの仕事の予定の中で昼は抜けられないなどの事情があれば、その時間帯を抜いて、予定を組み優先順位をつけて、面接の希望の時間帯を書くことが大切になってきます。その後に、もし都合がつかなければ、あなたの方で対応するという文言も一緒に着けておくとさらに良いです。

この場合の時間帯は執務時間以内にできるように心がける

面接の時間帯の希望を聞かれた場合、できる限り相手側の会社の執務時間の中で面接を受けることのできるように、時間帯を組めるようにしておくことが大切になってきます。執務時間外の面接は、相手側にとっては残業になります。例えば、金曜日であれば、同僚や部下は「今から飲みにいこー」という雰囲気になっているのに採用担当者だけは、あなたのために残業を余儀なくされてしまうことにもなります。それは、会う前から少し外的要因から関係が良くないですよね。そうならないためにも、相手の業務時間内で、面接の対応ができるように、やりくりしてみましょう。

面接の時間帯は早い方が少し有利

面接の時間帯は、希望を聞かれた場合でも指定された場合でも早い方が有利です。人間は、朝の方が脳が活性化しているため、あなた自身のことを記憶にも残しやすいという意味もあります。また、執務の時間内の面接の方が、相手方も大いに助かる場合が多いです。しかし、朝が有利だからと言って、こじつけて朝にしてもらうということは、やめましょう。それをすると、朝の有利よりもこじつけた不利の方が大きくなり本末転倒です。そして、朝だから有利とか夕方だから不利と思って一喜一憂することも禁物です。最後はあなたの人柄やスキルがものを言います。それさえ完璧にしていれば、時間帯で杞憂することもありません。 面接の方法や履歴書の書き方など、就活に関する不安な部分は、新卒エージェントに相談してみるのもいいでしょう。今後のキャリアについて相談したり、あなたに合った求人を紹介してくれるかもしれません。

関連タグ

アクセスランキング