IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フリーランスの営業方法| 営業メールの書き方や営業代行サービス

更新日:2020年08月28日

フリーランス

フリーランスで働いている場合、営業なども自分で行わなくてはいけません。その場合、どの様に営業すればいいのでしょうか?今回はそんなフリーランスにおける営業の方法などを解説していきます。フリーランスで案件が少ないという方は是非参考にしてください。

フリーランスの働き方

会社などの団体に属する事なく働くフリーランスという働き方。フリーランスで働く事のメリットは沢山ありますが、フリーランスで働くというのは普通にサラリーマンとして働くよりも、特殊な働き方になります。

フリーランスはサラリーマンよりも仕事量は多い

サラリーマンとして働くのであれば、与えられた仕事をこなすだけで良いですが、フリーランスの場合は違います。フリーランスの場合は主な仕事はもちろん、売り上げを伸ばす為に試行錯誤したり、面倒な書類の手続き、書類の作成まで、全て自分で行わなければなりません。その為、サラリーマンよりも単純な仕事量は多いと言えます。しかし、フリーランスであれば休日や休憩、仕事をする時間などは自由なので、その点はサラリーマンよりも働きやすい部分です。

仕事があるとは限らない

サラリーマンとして働いていれば会社に行けば当たり前の様に仕事が用意されていて、毎日会社に行けば、仕事がなくやる事がないという事もありません。しかし、フリーランスの場合は当たり前に仕事があるという事はありません。職種によっても変わってきますが、仕事がしたくても仕事の依頼が来ないという事も多々あります。 その為、収入が不安定になってしまう事もあるでしょう。逆にフリーランスであれば個人であろうが企業だろうがどんな所から仕事依頼を受ける事も出来るというメリットもありますが、待っていれば自然と仕事が入ってくるなんて事はほとんどないと言えます。

仕事以外にやらなければいけない・学ばなければいけない事

フリーランスとして働くのであれば、主な仕事の業務以外にも多くの事を学ばなければなりません。企業に勤めていれば、与えられた仕事だけに集中してとりかかれば良いですが、フリーランスの場合はこんなにも多くの事を学び、やらなければいけません。

税務知識

フリーランスになり、まず学ばなければいけないのが税務知識です。フリーランスになれば、確定申告なども自分で行わなければいけない為、税務知識は必須と言えます。もちろん税理士に依頼する事も可能ですが、税理士に頼むには費用もかかってしまいますので、最初のうちは自分で学び、自分で確定申告などを行える様になっておいた方がいいでしょう。

法律知識

フリーランスで仕事をする上であると役に立つのが法律知識。企業に勤めていれば法律的な部分は会社内で守られていますが、フリーランスとなると自分でどれが違法なのか?どれが違法ではないのか?を判断しなければいけません。法律知識がなければ自分のやっている仕事が知らないうちに違法な事をしているという可能性もありますし、何かしらトラブルが生じた場合にも対応できなくなってしまいます。

営業

フリーランスの場合、主な仕事の他に、営業も自分でしなければいけません。フリーランスの場合は企業や個人への営業も自分でしなければいけません。営業に関してはフリーランスとして働いている方でも苦手な方も多いです。しかし、営業を頑張れなければ仕事がなくなってしまいます。

スケジュール管理

フリーランスは基本的に朝起きる時間、夜寝る時間、仕事をする時間、休憩時間に休日、全て自分の好きな時間に出来ます。しかしその半面、自分の中でのスケジュール管理をしっかり行わなければいけません。好きな時間に仕事が出来るからと言ってスケジュール管理が適当になってしまえば、気づいた時には一ヶ月休みばかりになってしまっているなんて事もあります。スケジュール管理をする事により、自分に厳しい精神面を鍛える事にもなります。

フリーランスでの仕事の請け方

営業も全て自ら行わなくてはいけないフリーランス。なかなか仕事一つ見つけるのも難しいです。フリーランスで働く場合の仕事の請負い方を紹介します。

案件紹介サイト

初回公開日:2017年04月12日

記載されている内容は2017年04月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング