IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フリーランスの営業方法| 営業メールの書き方や営業代行サービス

フリーランス

フリーランスで働いている場合、営業なども自分で行わなくてはいけません。その場合、どの様に営業すればいいのでしょうか?今回はそんなフリーランスにおける営業の方法などを解説していきます。フリーランスで案件が少ないという方は是非参考にしてください。

更新日時:

フリーランスの働き方

会社などの団体に属する事なく働くフリーランスという働き方。フリーランスで働く事のメリットは沢山ありますが、フリーランスで働くというのは普通にサラリーマンとして働くよりも、特殊な働き方になります。

フリーランスはサラリーマンよりも仕事量は多い

サラリーマンとして働くのであれば、与えられた仕事をこなすだけで良いですが、フリーランスの場合は違います。フリーランスの場合は主な仕事はもちろん、売り上げを伸ばす為に試行錯誤したり、面倒な書類の手続き、書類の作成まで、全て自分で行わなければなりません。その為、サラリーマンよりも単純な仕事量は多いと言えます。しかし、フリーランスであれば休日や休憩、仕事をする時間などは自由なので、その点はサラリーマンよりも働きやすい部分です。

仕事があるとは限らない

サラリーマンとして働いていれば会社に行けば当たり前の様に仕事が用意されていて、毎日会社に行けば、仕事がなくやる事がないという事もありません。しかし、フリーランスの場合は当たり前に仕事があるという事はありません。職種によっても変わってきますが、仕事がしたくても仕事の依頼が来ないという事も多々あります。 その為、収入が不安定になってしまう事もあるでしょう。逆にフリーランスであれば個人であろうが企業だろうがどんな所から仕事依頼を受ける事も出来るというメリットもありますが、待っていれば自然と仕事が入ってくるなんて事はほとんどないと言えます。

仕事以外にやらなければいけない・学ばなければいけない事

フリーランスとして働くのであれば、主な仕事の業務以外にも多くの事を学ばなければなりません。企業に勤めていれば、与えられた仕事だけに集中してとりかかれば良いですが、フリーランスの場合はこんなにも多くの事を学び、やらなければいけません。

税務知識

フリーランスになり、まず学ばなければいけないのが税務知識です。フリーランスになれば、確定申告なども自分で行わなければいけない為、税務知識は必須と言えます。もちろん税理士に依頼する事も可能ですが、税理士に頼むには費用もかかってしまいますので、最初のうちは自分で学び、自分で確定申告などを行える様になっておいた方がいいでしょう。

法律知識

フリーランスで仕事をする上であると役に立つのが法律知識。企業に勤めていれば法律的な部分は会社内で守られていますが、フリーランスとなると自分でどれが違法なのか?どれが違法ではないのか?を判断しなければいけません。法律知識がなければ自分のやっている仕事が知らないうちに違法な事をしているという可能性もありますし、何かしらトラブルが生じた場合にも対応できなくなってしまいます。

営業

フリーランスの場合、主な仕事の他に、営業も自分でしなければいけません。フリーランスの場合は企業や個人への営業も自分でしなければいけません。営業に関してはフリーランスとして働いている方でも苦手な方も多いです。しかし、営業を頑張れなければ仕事がなくなってしまいます。

スケジュール管理

フリーランスは基本的に朝起きる時間、夜寝る時間、仕事をする時間、休憩時間に休日、全て自分の好きな時間に出来ます。しかしその半面、自分の中でのスケジュール管理をしっかり行わなければいけません。好きな時間に仕事が出来るからと言ってスケジュール管理が適当になってしまえば、気づいた時には一ヶ月休みばかりになってしまっているなんて事もあります。スケジュール管理をする事により、自分に厳しい精神面を鍛える事にもなります。

フリーランスでの仕事の請け方

営業も全て自ら行わなくてはいけないフリーランス。なかなか仕事一つ見つけるのも難しいです。フリーランスで働く場合の仕事の請負い方を紹介します。

案件紹介サイト

最近ではフリーランスで働いている方は案件紹介サイトを通じて仕事を請けているという方は多く、むしろフリーランスの方は案件紹介サイトを通じて仕事を請けている人が一番多いのではないでしょうか。案件紹介サイトでは、フリーランスのどんな職種の案件を用意しており、サイトを通じて企業との仲介をしてくれます。サイトによって異なりますが、仲介手数料として何%かはサイトに入ってしまいますが、常に案件があるので、フリーランスの人にはとても頼れる存在です。

人脈

元々企業に勤めてた場合の人などに多いのが、人脈を使った仕事の請け方。企業に勤めていた時代に、ある程度個人的に連絡を取り合う相手がいれば、そこから仕事依頼を受ける事もあるでしょう。また、SNSなどを通じて友人などに自分の仕事を広めてもらうというやり方もあります。

フリーランスでの営業の仕方

フリーランスでやる事の中でも苦手な人も多い営業。どんなにスキルがあったとしても営業力は別の部分になってきてしまう為、営業力がない為にフリーランスを諦める人もいます。それ程までに大事な営業ですが、以下で営業方法をいくつか紹介します。

自ら企業に連絡する

フリーランスと言っても営業の仕方は基本的には企業などの営業の仕方とは変わらず、企業や個人宛にメールや電話などで連絡をし、仕事の営業をかけます。時にはメールや電話から実際に会ってから決めるというシチュエーションに遭遇する事もあるでしょう。

チラシなどを作り配布する

アナログなやり方ではありますが、自分の仕事内容を細かく書いたチラシやポスターなどを作製し、配布するというやり方も営業方法の一つです。作成したチラシを自分で路上で手配りするでも良いですし、新聞会社などに連絡し、折り込んでもらったり、ポスティング会社などに連絡し、ポスティングしてもらうなど、様々なやり方があります。

SNSを活用する

最近では多く見られる営業方法、SNSでの営業。TwitterやFacebookなどで仕事用のアカウントなどを作成し、そこから営業するという方法です。また、youtubeなどに自分の仕事のCM動画を作成し、アップロードするというやり方もありでしょう。SNSを使った営業は拡散力もあるので、一人に気に入ってもらえれば一気に広がる可能性もあります。

営業のポイントは自己分析

いざ営業をする時に、実際どの様に自分の事を売り込んでいいのかという部分は誰しもが壁になる部分でしょう。営業のポイントは自己分析にあります。 「自分に仕事を依頼する事で、依頼者がどんなメリットがあるのか?」 「自分の仕事内容は他社とどう違うのか?」 「どんな特徴があるのか?」 そういった自己分析をしっかり出来てなければいけません。

自分の得意分野を知る

営業する際に絶対的にわかっておかなければいけないのが、自分が得意とする分野です。例えばフリーランスでライターをしている場合、ライターをしているとだけ伝えても仕事の依頼は少ないでしょう。しかし、ライターとして「ファッション」「音楽」が得意分野だと伝える事で相手も依頼しやすくなります。

周囲からの評価を知る

フリーランスとして働き始めた最初は格安で仕事を請け負ったり、無料で依頼を受ける事も大事です。そして、その相手に評価や感想を聞いておきましょう。その評価や感想は営業する際に役に立つ営業材料となります。自分で自分のマイナスを伝える人はまずいないので、営業先に対してどんなに自分の優れている部分を話しても営業効果はあまり得られませんが、周囲からこんな評価を受けているという形で伝える事によって、信頼度が増します。

提示できる作品を用意する

自分の評価などに信憑性を付与するためには過去に自分が携わった作品などを提示する事も重要です。どんなに言葉だけで営業しても、営業先としては、実際にどんな事が出来るのか?どんな作品があるのかという部分が気になっています。その過去の作品が良ければ良い程仕事を依頼してくれる可能性があがります。

自分の技術はどれだけの価値があるのかを知る

営業する上で一番重要なのが自分の価値を知る事です。営業して仕事をすれば当たり前ですが報酬がありますが、その報酬に関しても値段を決めるのは自分です。職種によっては相場がありますが、相場にあわせてしまえば他社と変わらないので、依頼するメリットがない様に思われてしまいます。 しかし、自分の技術が他社より優れていながらも他社と同じ値段設定であればメリットを感じさせる事が出来るでしょう。逆に自分の技術が他社よりも劣っているのに同じ値段設定にしてしまっては依頼される事は難しいです。

営業する時に気をつけたいポイント

フリーランスになり営業を一から始めるとなると、ぶつかる困難や悩まされる事は多いですが、どんな人でもフリーランスになれば一度は営業の壁にぶつかっています。では、営業をするに当たって気をつけておきたいポイントというのはどんな部分なのでしょう?

フリーランスならクライアントは多く!

よくありがちな失敗例がクライアントを一つに絞ってしまう事です。フリーランスの場合はクライアントを一つに絞ってしまえば仕事がなくなってしまう可能性があります。どうしてもそのクライアントと仕事をしたいと思って営業していても、うまくいかない事もあります。 しかし、営業がうまくいかなければ仕事が0になってしまいます。また、もし営業に成功し仕事が出来たとしてもそのクライアントとの契約が切れてしまえば仕事が急になくなってしまうので、数箇所に営業しておきましょう。

営業に失敗したなら営業方法を見直す

営業に失敗しても挫けない精神は良いのですが、失敗してしまった場合は営業方法を見直してみましょう。もしも営業方法に問題があった場合、どれだけ営業しても仕事をもらえる可能性は低くなってしまいます。

営業に失敗しても挫けない

一番大事なのは失敗しても挫けない事です。どんなに営業をしても失敗が続く時もあります、特にフリーランスとして働き始めたばかりでは、過去の経歴なども少ない為成功する事の方が少ないでしょう。しかし、そこで諦めてしまえば仕事がないまま終わってしまうので、諦めずに同じ企業でも何度でも営業してみましょう。

メールでの営業も可能

フリーランスで営業する場合には実は実際に企業まで出向いて営業する事は少なく、メールや電話での営業が多いです。特にPC関係の職種の場合は実際に出向くよりもメールでの営業の方が、メールに過去の作品を添付する事も出来るので話がスムーズに進む事もあります。営業と言っても会社の営業職の様に物を売る為の営業ではないので、わざわざ足を運ぶ必要もなく、相手もわざわざ時間を作らなくて良いので、お互いにとっても良い方法なのです。

メールで営業する際に気をつけたいポイント

メール営業はフリーランスで働く人にとっても気軽に送る事も出来、実際に出向く営業と比べればプレッシャーも少ないでしょう。しかし、そんなメール営業でも気をつけておかなければいけない点はもちろんあります。

内容を明確にする

何よりも大事なのは内容を整理し、伝えたい事、営業したい内容を明確にする事です。営業のメールとなると、興味のない内容ならば冒頭の文章だけ読んでスルーされてしまう事がほとんどです。なので、長文メールを作成すれば良いというわけではありません。自己紹介や伝えたい事、要点を絞ってわかりやすい内容にしておきましょう。

メールアドレス

意外と大事なのがメールアドレスです。yahooやgoogleなどのフリーメールアドレスを使用している人も多いですが、yahooやgoogleでは信頼性が薄くなってしまいます。独自ドメインのアドレスを持っているだけでも信頼されやすくなるので、営業するのであれば独自ドメインのアドレスを取得しておいた方が良いでしょう。

一斉送信の様な内容はNG

多くの企業に営業メールを送る事もありますが、一斉送信はNGです。やはり一斉送信の内容は見る側からしてもすぐに一斉送信だとわかってしまいますし、誠意も伝わりません。メールの内容に相手の名前を入れるなど、一つ一つしっかり誠意を持った営業メールを心がけましょう。

件名

件名は一言でのアピールです。件名が何も書いていなかったり、件名が長すぎたりしてしまえばまずスルーされる事の方が多いでしょう。件名に興味を持ってもらえる様な事を書いておけばそれだけでメールを開封される確率が高くなります。どうしても件名に書く言葉が浮かばなければ挨拶だけでも良いです、とにかく件名が空白というのはNGです。

フリーランスだからこそ言葉遣いは徹底

ついメールとなると気軽に送る事が出来てしまう為、言葉遣いなども適当になってしまう事がありますが、メールだからこそ言葉遣いには気をつけましょう。メールでの営業であれば、メールを送る前に一度確認作業も出来るので、一度文章を作ったら敬語の使い方などに間違いがないか一度調べておいた方が良いです。メールという直接顔を合わさないものだからこそそういった細かい部分が重要になってきます。

メール営業例文

メールならば気軽に営業が出来そうですが、メールだからこそ気をつけなければいけないポイントも多く難しく考えてしまう人もいるでしょう。そんな人の為に、メール営業文の例文を紹介します。また、例文に関してのポイントも説明するので、メール営業を主とする場合は特にチェックしておいてください。もちろん言葉の使い方などは細心の注意を払わなければいけませんが、メールだからこその大事なポイントもあるんです。

例文

拝啓 貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。 小職は個人事業主としてソフトウェアの開発をしております○○と申します。 突然に不躾とは存じましたが、貴社ホームページを拝見し、是非新規にお取引を頂きたくご連絡申し上げました。 小職は【WEB】と【データベース】を連携させたシステム開発を多く手掛けており、特にPHP・Java・C言語・PostgreSQLを使用したシステムの開発に実績を持っております。 WEBを通じた会員管理システムや商品管理システムなど、小職の開発経験が必ず貴社のお役に立てると存じます。 その他Windows上で動作する業務アプリケーションなどの開発に関しましても全く問題なく対応可能です。 1人月に満たない規模の開発におきましても喜んで対応させて頂く所存ですので、是非、貴社のお取引先としてご検討頂ければと存じます。 お時間を頂戴できれば、いつでもお伺いし、詳しいお話をさせて頂きます。 ご検討の程、何卒よろしくお願い申し上げます。 末筆になりましたが、突然の無礼をお詫び申し上げますと共に貴社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。 敬具

メール営業の例文としてとても良い例文です。まず冒頭に、突然のメール送信に対するお詫びが入っている事も良い印象を与える事が出来るでしょう。また、どの様に営業先の事を知ったかという経緯が書かれている事で、信頼を与える事も出来ます。自己紹介や仕事内容に関しても、見やすくわかりやすく要点が絞られて書かれています。

自分での営業がうまくいかない場合

様々な営業のやり方がありますが、どうしても営業が苦手で、営業がうまくいかないという場合もあります。そんな時はこんな方法を試してみてはいかがでしょうか?自ら営業を行わずとも、仕事をもらう手段はいくつかあります。この方法を知っているだけで、仕事の幅も広がりやすくなります。知っておいて損はないでしょう。

案件紹介サイトを利用する

案件紹介サイトを使えば、営業を行う必要はありません。もちろん企業に対してこちらから応募する場合もありますが、基本的に募集している案件が多くある為、企業一つ一つに営業をする必要はありません。また、サイトによっては担当者がつき、自分に合った案件を紹介してくれるサイトなどもあるので、営業が苦手な人にとってはかなり便利に使えるでしょう。

営業代行を利用する

営業代行サービスを利用するのも一つの手です。営業代行サービスとはその名前の通り、自分の代わりに営業を代行して行ってくれるものです。もちろん、代行してもらうからには費用もかかってしまいますが、どうしても自分の営業では上手くいかない場合は営業代行サービスを利用するのも一つの手です。また、本来の仕事が忙しく営業に手が回らないという場合も営業代行サービスを便利に使う事が出来るでしょう。

営業代行とは?

自分の代わりに営業をしてくれるのであればかなり便利な営業代行サービス。実際営業代行サービスではどんな事をしてくれるのでしょうか?実は営業代行とは仕事をもらってきてくれたり、仕事内容をアピールしてくれるだけではなく、それ以上のサービスがあります。それ以上のサービスというのはどんな物なのか?営業代行サービスの魅力、営業代行サービスの内容を紹介します。

何をどこまで?

最近では営業代行サービスも多くなっており、何をどこまでやってくれるかというのは会社によって異なります。例えを挙げるのであれば、飛び込み営業からテレマーケティングの代行、チラシやメールの作成から発送までしてくれる会社もあれば、営業戦略の提案、顧客ニーズの分析などのサービスまでしてくれる会社もあります。 さらに、顧客リスト、営業マニュアルの整備、営業状況に対する問題点や改善案などアドバイスをしてくれる会社もあるので、営業代行サービスと一言で言ってもどこまでしてくれるかというのは会社によって大きく異なります。 しかし、フリーランスとして一人で営業をする場合どう頑張っても顧客リストなどまでは手がまわりません。その点を補ってくれると言うのはフリーランスで働いている人にとってはかなり使えるのではないでしょうか。

おすすめの営業代行サービス

インターネットで営業代行サービスを探すと多くの会社が出てきてしまうので、どこの営業代行サービスを選べばいいのか、特に初めて営業代行を依頼する場合は難しいでしょう。そこでいくつかのおすすめの営業代行サービスを紹介します。

株式会社シーエスエム

コールセンター、テレマーケティング、事務作業、物流、システム開発、Web営業などの代行業務をしてくれる会社です。営業だけではなく、代金未払い督促なども依頼する事が出来るので、事務的な業務を一気に任せる事も出来ます。法人はもちろん個人でも依頼する事が可能です。

株式会社テレコムスクエア

24時間365日体制という部分も嬉しいポイントですが、なんと日本語の他、英語、韓国語、中国語など多言語に対応したコールセンターを運営しているのがテレコムスクエアです。フリーランスとして働く上で外国人とのやり取りが出来るか出来ないかで、仕事の多さも変わってくるでしょう。そんな時に多国後に対応出来る会社がついているというのはかなり嬉しいポイントです。営業業務としてはリサーチ、アポ獲得、見込み客発掘なども行ってくれます。

オフィスコミュニケーションズ株式会社

営業代行比較サイトなどでも人気No,1であり、実績もあるオフィスコミュニケーションズ株式会社。平均アポ率はなんと8%以上と高い数字を意地しており、多くの会社からも支持されています。日本全国の法人、事業者の電話番号データ700万件以上を自社で保有しているため、すぐに見込み客に対して営業が開始できるので、見込み客リストなどを保有していない場合でも依頼すればすぐに見込み客に対しての営業をかける事が出来ます。フリーランスで仕事の片手間の営業では届かない部分を全て補ってくれます。

営業しなくても良いフリーランス?

慣れない営業に悩まされるフリーランスの人が多い中、営業をしなくても良いフリーランスの人もいます。営業をしなくても良いフリーランスとはどんな人なのでしょうか?

フリーランスでもこれがあれば営業いらず

営業をしなくても良いフリーランスには以下の場合が挙げられます。 ・エージェントがついている ・元々人脈がある ・案件紹介サイトを利用 案件紹介サイトを利用している場合は実際に営業を行っているわけではないの、営業いらずと言えます。また、元々企業勤めでフリーランスとして働く事を見据え、しっかりと人脈を築いてきた人は営業をしなくても仕事が入ってくるでしょう。 そして、フリーランスとして働いている人の中にはフリーランスを応援してくれるエージェントがついている場合もあります。エージェントは、案件紹介から、報酬交渉まで行ってくれるフリーランスの味方と言える存在です。もちろん、エージェントを依頼するのに費用はかかってしまいますが、エージェントを雇っていれば営業業務もスムーズに進むでしょう。

営業が必要ないわけではない

営業しなくても良いフリーランスと言ってもあくまで営業が全く必要がないわけではありません。エージェントに依頼する場合はエージェントが営業代行している為、実際営業を全くしていないという事にはなりませんし、人脈がある場合も会社勤めをしているうちに知らず知らずのうちに営業活動を行っていると言えます。 案件紹介サイトに関しても全く営業活動をしていないかと言えばそうではありません、案件紹介サイトも見方を変えれば営業代行してくれているので、その代行料として手数料が発生しているのです。もちろん、フリーランスで働きながら実績を詰み、ある程度名前が知られていけば営業せずとも依頼が来る事も多くなります。しかし、最初のうちは営業を全くしなくても成り立つ程フリーランスは甘くありません。

営業上手は成功に繋がる

フリーランスであれば一度はぶつかるであろう営業。一度も営業をした事がない人にとってはかなり難しい部分ですが、営業をうまく出来るか出来ないかによってこの先フリーランスとして生き残っていけるかどうか、大事な役割を持っています。どれだけ技術が高くても営業力がなければ何年も先までフリーランスで仕事を続けていくというのは難しいでしょう。 営業が苦手な人は営業代行を利用するのも良いですが、フリーランスとして働き始めたばかりで収入が少ない時期にはそういった部分に費用をかけてはいられないので、自分である程度の営業力を養っておくのが一番良いです。フリーランスで働くとなればそこまで自分でやらなければいけませんが、そこの壁を越えてしまえば成功にも繋がっていきます。

関連タグ

アクセスランキング