IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フリーランスのクレジットカード発行方法|勤務先への記入例

更新日:2020年08月28日

フリーランス

フリーランスで働いているとクレジットカードの申請が通りにくいですよね。ちゃんと収入だって安定してるのに、どうしてクレジットカード会社にあまり信用されないのでしょう?今回はフリーランスでもクレジットカードの申請が通る方法を掲載します。

フリーランスであるということは自身が経営者で勤務先が自宅になる

フリーランスで収入を得ているという事は自営業、自分を経営している立場にある人になりますで、お金の流れを全て把握していて当然だと思われています。その為にも確定申告の内容は大部分、頭に入れておき、必要であれば役所での課税証明書やその書類をとってくるなど、しっかりと準備してから対応が出来るようにしましょう。

屋号をフリーランスは2つ持つべき理由

フリーランスは屋号を持たないと個人名で仕事をする事となります。個人名でも仕事の本質が変わるものではありません。しかし基本的に法人相手の契約の場合は個人名ではなく屋号のほうは都合が良いものになります。例えば個人名で請求書を送るなどと、受け取った法人側からしてみれば少し違和感を感じる事もありますし、信用してよい請求書かどうか困惑させてしまう可能性も多くあります。無用なトラブルを避けるためにも屋号を決めておいた方が良いです。

法人相手の取引には屋号が必須

上記にも記載しましたが、屋号は法人相手の取引であれば必須と考えることをお勧めします。個人名でフリーランスによる仕事を受注しても、名前と屋号を請求書に併記して事業として仕事をしていることをはっきり示した方が信用度も上がります。

屋号口座の開設が可能

屋号口座が事業性資金の取り扱いにあると便利です。開設基準は銀行によってそれぞれ違いますが、口座名を屋号にすると明白に事業性資金の口座である事にしたということになり、信用度も高くなります。また、屋号口座にした方が個人事業主としての経理業務、お金の管理もスムーズになるので仕事もしやすくなるのでお勧めです。

フリーランスでも開業届を提出しましょう。

届出を出さなくともフリーランスで仕事をすること可能です。しかし開業届を出していなければ公に無職と見られ、信用度も低く見られても仕方ありません。仮に金曜機関などから何かしらの紹介を入った場合、無職と判定される可能性が出てきてしまうので、開業届を出して、改めてフリーランスで起業していると証明したほうが良いでしょう。出来れば一緒に青色申告の届けも出しておけば、確定申告前に確定申告書類や青色申告セミナーの案内を受け取ることも出来るため手続きがより問題なく進みます。

屋号を作成する

上記にも書いたように個人名で高い信用を築くのは困難なものです。もちろん以前からの知り合い、仕事を通じて得たお客様などは十分に個人名で通用する場合もありますが、これから事業を広げて仕事していくのであれば屋号は必要不可欠です。賃貸契約など金融関係の手続き書類にも屋号を記入しなければ、フリーランスによる個人事業をアルバイトと判定される場合も多くあります。

屋号口座を作り地元の銀行とのお付き合いをする

開業届を出し、屋号を設定することが屋号口座を作るための最低条件となります。銀行によっては事業実態の証明や一定期間以上の取引等が必要となります。どちらにしても屋号口座を作ることを見越して活動したほうが良いです。なお地元に存在している信用金庫は地域経済の活性化の役割も引き受けています。 このような地域密着型の金融機関は個人事業の資金相談だけではなく屋号口座の取引にも乗ってくれるため、早急にお付き合いを始めても損はありません。地元の信用金庫に報酬の振込口座を設定するだけでも十分効果になります。

フリーランスでのビジネス専用と個人用2種類のクレジットカードを持つべき

報酬をプライベートな口座に振り込んでもらっている人も多くのですが、もし開業届を提出し青色申告で節税したいと思いの方は、「ビジネス専用」と「個人用」で口座は分けた方がメリットは大きくなります。 必ずしも分けなければいけないという程ではありませんが、後々「フリーランスとして頑張って仕事をしていきたい」、「ビジネスを拡大して成功したい」と思っている人であれば、なるべく早急に2種類に分けた方がメリットが何かと大きくなるのは事実です。 では、なぜクレジットカードを2種類持った方が良いのか説明します。

クレジットカードの引き落とし口座を分けたほうが良い

個人用の口座と事業用の口座とは分けた方が得策です。クレジットカードでの支払いを中心にする場合、個人利用での引き落としと事業経費での引き落としと混合してしまう場合があります。フリーランスとしての事業の現状が把握しづらくなってしまい、確定申告などの時にどの取引が個人的な使用をしたか、どの取引がフリーランスとしての経費かを判断して処理するのが大変です。 以上の理由から、クレジットカードの引き落とし口座は事業用と個人用で分けた方が無難になり、よりスムーズにフリーランスでの仕事を行う事が可能です。

同時発行の個人用クレジットカードで引き落とし口座は分ける事が出来ます。

次のページ:法人クレジットカード引落口座が一つだと大変な事に
初回公開日:2017年04月20日

記載されている内容は2017年04月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング