IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フリーランスのクレジットカード発行方法|勤務先への記入例

フリーランス

フリーランスで働いているとクレジットカードの申請が通りにくいですよね。ちゃんと収入だって安定してるのに、どうしてクレジットカード会社にあまり信用されないのでしょう?今回はフリーランスでもクレジットカードの申請が通る方法を掲載します。

更新日時:

フリーランスや自営業は社会的信用度が低い

フリーランスや自営業は社会的信用度が低い

ネットでアフィリエイト収入を増やしていたり生命保険会社等でコミッション(歩合)の営業をしいる人達については、月々の収入に変動がある場合も多く、大手企業や中小企業で働く正社員(労働者)と比べれば、廃業というアクシデントも予想されてしまいます。 安定し継続的に収入が得られるかどうかを重視するカード会社からクレジットカード審査を行った際に、「フリーランスや自営業はクレジットカード審査に不利になってしまう…」という点は納得できるでしょう。 しかし、フリーランスの中には、八百屋、美容院、理髪店や、農業などといった店舗を構えている自営業者に含まれる為、全てのフリーランスの人が不安定というわけでもなく、毎年安定した収入を得ている方々も多く存在しています。自営業として働いていることに自信に持っている方々も多いと言われていますが、「フリーランスは正社員より社会的信用度が低い…」という実情を慎ましやかに受け止め、起業してからの年収や年数を少しづつコツコツと多くしながら、バランスの良い申込者になる努力も必要な事だと考えられています。

クレジットカード発行されにくい人とされやすい人の違いは?

どうしてもフリーランスで給与を得ても新規のクレジットカードが作りにくい傾向にあります。フリーランスは安定収入の保障を証明しにくいからです。一部の大企業で無い限り仮に法人名義のカードであった としても、代表取締役が連帯保証人になることで発行される場合があります。 結局は代表の信用次第となるのです。 従って、キャッシング等の支払いを代表個人が過去に滞納してしまい、個人信用情報機関に事故情報(異動情報)として記録されていると審査に落ちる可能性が高くなります。 しかし、仮にブラックなどの事故情報が信用情報に無かったとしても、クレジットカートの使用履歴が無いと審査上、不利になります。とはいっても月収が同じフリーランスであっても、クレジットカード発行されやすい人とクレジットカード発行が通りにくい人と別れています。その違いは「年齢とフリーランスとしての活動歴のバランスが安定しているか」と「既存のカード利用履歴・発行履歴はあるか」にあります。ではそれぞれの内容に関して詳しく検証してみましょう。

信販会社などがクレジットカードを作る際にチェックする項目として、以下のようなポイントが挙げられます。

フリーランスでの利用実績と継続案件・事故情報がポイントになる

フリーランスの収入源・事業実績の確保はしているか

フリーランスは毎年収入が変化しやすいのが一般的で、収入を証明することが難しく不安定ですが、クレジットカード会社は勤務形体に関わらず「収入が一定額以上存在している=カード利用があった際に滞りなく支払を行ってくれたら何も問題ない」というのが本音だからです。 その為、フリーランスとして実績が3年以上あり、その収入も増加傾向もしくは横ばいにある場合、職業がフリーランスであってもクレジットカードの審査が通る可能性は高くなります。ただしクレジットカードの限度額にもよりますが、多くは収入証明書類の提出が必要になります。 そのためクレジットカード発行が前年の実績がないフリーランス一年目の場合、提出書類がなく難しくなります。クレジットカードを持っていないフリーランス一年目の方は、まず収入実績を積むのと共に、できるだけ正社員(雇用された労働者)時代にクレジットカードを発行しておくことが得策です。 ※ちなみに「収入証明書」という言葉が出てきていますが、収入証明書という書類そのものではなく、源泉徴収書や課税証明書、確定申告書などの総称となっております。要求された際に直ぐに提示できるよう準備しておいた方が良いです。

家族と同居してフリーランス活動しているか

クレジットカード申請する方が世帯主ではない場合、世帯主の信用情報に頼れるかどうかによって信頼度が変わり、審査が通るか通らないかになります。そのため、主婦の副業などとしてフリーランス活動を始めたいと思う場合など、クレジットカードが発行が世帯主を記載する事によりされやすくなります。 一般的に「学生や主婦でも発行可能」というクレジットカードは、世帯主の名前を記載することが必要不可欠となっており、申請する当人がフリーランスでも代理返済する家族の存在が居た方がクレジットカード会社は安心します。万が一に本人が支払できない場合でも、代理返済してもらえるという考えが基礎になっているからです。

事故情報がないか、ブラックリストになっていないか

カードの発行で「事故情報の有無とその内容」が一番重要になっています。一般にいう「ブラックリスト」ですが、本当に名前がブラックリストというものに載る訳ではありません。 基本的にローンやクレジットカードを契約しますと、信用情報機関というものに「契約しました」という情報が送信し、データベース化されます。これには延滞金が存在してる、返済が遅れたなどの「事故情報」も記載され、契約開始や追加の利用実績だけでなく、一定期間、別のクレジットカード会社などにも情報が共有されます。自分の情報としてクレジットカード会社との取引内容が逐一に控えていくため、クレジットカードの発行されにくい方は自身のリストが真っ黒に印字されている、というのが「ブラックリスト」と呼ばれる理由です。 別のクレジットカード会社でカードが停止になった人が別のクレジットカード会社でも契約できなくなったというのもこの仕組みから来ています。

過去にクレジットカード会社の使用履歴が無い場合

過去にクレジットカードの使用履歴がないのにクレジットカードの審査が通らなかったという方の理由となっているのが「携帯電話やスマホの支払い状況」です。 最近では携帯電話の毎月の利用料に、本体代金が分割加算することが多くなりました。これも立派なローン契約(割賦販売)となり、携帯電話・スマホの利用料の支払いを遅延した実績も信用情報機関に蓄積される様になります。毎月支払いが遅延し怠っているような人は、クレジットカード発行の審査にも影響がでますので、先ずはしっかりと料金を約定日に支払う、という当たり前の習慣を身に付てからクレジットカード申請をしましょう。 なお、信用機関にもよりますが、一般的に携帯の支払情報は5年間、記載に残ります。一度の延滞では大きな影響は残りませんが、その実績は長く残ってしまうとしっかり覚えておいた方が合理的です。

フリーランスの場合、勤務先への記入はどう書くべき?

どのような理由で、勤務先を聞かれる機会があるでしょう?頻繁に訊かれる様なものではありませんが、フリーランス活動をしている場合でもキチンと連絡がつく手段があるのか等と信用確認のために尋ねられることが多いです。

連絡先の確認のための各種申込書

医療機関やイベント、商品購入等あらゆる場所で記入する申込書には記入欄が設けられており、勤務先の記入欄もあります。販促のためのDM配布、いわゆるひとつの見込み客リスト作成の為にも勤務先を聞かれる場合もありますが、勤務先を連絡手段の一つとして訊かれる場合もあるのです。この場合は勤務先=自宅であることで全くの問題はありません。自身の携帯番号や自宅の電話番号の番号を教えたくない方は仕事用の携帯電話・スマートフォンを1台用意しておくとスムーズになります。 クレジットカードだけではなく、不動産の賃貸等と金融関係で勤務先を訊かれた場合でも申請者の信用をはかっている、もしくは与信そのものに使われている可能性があります。正社員(雇用された労働者)であれば勤務した年数や会社の資本金なども記入することになりますので、何らかの審査に関係していると考えるのが自然となります。家賃を継続して支払う能力が賃貸の契約内容からあるかどうか等も見られています。

頭に確定申告の内容を入れておくこと

契約や審査される際に、少しでも本来の信用より低く見られないようにするため(信用度を高く見せるため)にも確定申告の内容を頭に入れておくことが重要です。書類を求められれば直ぐに出せるように準備しておく事をお勧めします。そうすればクレジットカード審査による信用度も高くなるでしょう。 例えば、このような「収入欄」が書類を記入する際にあった場合、自営業であれば昨年の売上を、会社員であれば毎月の給料明細を記入することになっています。ここでその数字が思い出せない、あるいはまったく見当違いの給料の数を答えてしまった場合、信用度がた落ちになってしまいます。後から確認することも出来ますが、それでは審査する側の人から見ると「お金の取り扱いをいい加減にしている」「売上や経費感覚が薄い方」と思われてしまいます。

フリーランスであるということは自身が経営者で勤務先が自宅になる

フリーランスで収入を得ているという事は自営業、自分を経営している立場にある人になりますで、お金の流れを全て把握していて当然だと思われています。その為にも確定申告の内容は大部分、頭に入れておき、必要であれば役所での課税証明書やその書類をとってくるなど、しっかりと準備してから対応が出来るようにしましょう。

屋号をフリーランスは2つ持つべき理由

屋号をフリーランスは2つ持つべき理由

フリーランスは屋号を持たないと個人名で仕事をする事となります。個人名でも仕事の本質が変わるものではありません。しかし基本的に法人相手の契約の場合は個人名ではなく屋号のほうは都合が良いものになります。例えば個人名で請求書を送るなどと、受け取った法人側からしてみれば少し違和感を感じる事もありますし、信用してよい請求書かどうか困惑させてしまう可能性も多くあります。無用なトラブルを避けるためにも屋号を決めておいた方が良いです。

法人相手の取引には屋号が必須

上記にも記載しましたが、屋号は法人相手の取引であれば必須と考えることをお勧めします。個人名でフリーランスによる仕事を受注しても、名前と屋号を請求書に併記して事業として仕事をしていることをはっきり示した方が信用度も上がります。

屋号口座の開設が可能

屋号口座が事業性資金の取り扱いにあると便利です。開設基準は銀行によってそれぞれ違いますが、口座名を屋号にすると明白に事業性資金の口座である事にしたということになり、信用度も高くなります。また、屋号口座にした方が個人事業主としての経理業務、お金の管理もスムーズになるので仕事もしやすくなるのでお勧めです。

フリーランスでも開業届を提出しましょう。

届出を出さなくともフリーランスで仕事をすること可能です。しかし開業届を出していなければ公に無職と見られ、信用度も低く見られても仕方ありません。仮に金曜機関などから何かしらの紹介を入った場合、無職と判定される可能性が出てきてしまうので、開業届を出して、改めてフリーランスで起業していると証明したほうが良いでしょう。出来れば一緒に青色申告の届けも出しておけば、確定申告前に確定申告書類や青色申告セミナーの案内を受け取ることも出来るため手続きがより問題なく進みます。

屋号を作成する

上記にも書いたように個人名で高い信用を築くのは困難なものです。もちろん以前からの知り合い、仕事を通じて得たお客様などは十分に個人名で通用する場合もありますが、これから事業を広げて仕事していくのであれば屋号は必要不可欠です。賃貸契約など金融関係の手続き書類にも屋号を記入しなければ、フリーランスによる個人事業をアルバイトと判定される場合も多くあります。

屋号口座を作り地元の銀行とのお付き合いをする

開業届を出し、屋号を設定することが屋号口座を作るための最低条件となります。銀行によっては事業実態の証明や一定期間以上の取引等が必要となります。どちらにしても屋号口座を作ることを見越して活動したほうが良いです。なお地元に存在している信用金庫は地域経済の活性化の役割も引き受けています。 このような地域密着型の金融機関は個人事業の資金相談だけではなく屋号口座の取引にも乗ってくれるため、早急にお付き合いを始めても損はありません。地元の信用金庫に報酬の振込口座を設定するだけでも十分効果になります。

フリーランスでのビジネス専用と個人用2種類のクレジットカードを持つべき

報酬をプライベートな口座に振り込んでもらっている人も多くのですが、もし開業届を提出し青色申告で節税したいと思いの方は、「ビジネス専用」と「個人用」で口座は分けた方がメリットは大きくなります。 必ずしも分けなければいけないという程ではありませんが、後々「フリーランスとして頑張って仕事をしていきたい」、「ビジネスを拡大して成功したい」と思っている人であれば、なるべく早急に2種類に分けた方がメリットが何かと大きくなるのは事実です。 では、なぜクレジットカードを2種類持った方が良いのか説明します。

クレジットカードの引き落とし口座を分けたほうが良い

個人用の口座と事業用の口座とは分けた方が得策です。クレジットカードでの支払いを中心にする場合、個人利用での引き落としと事業経費での引き落としと混合してしまう場合があります。フリーランスとしての事業の現状が把握しづらくなってしまい、確定申告などの時にどの取引が個人的な使用をしたか、どの取引がフリーランスとしての経費かを判断して処理するのが大変です。 以上の理由から、クレジットカードの引き落とし口座は事業用と個人用で分けた方が無難になり、よりスムーズにフリーランスでの仕事を行う事が可能です。

同時発行の個人用クレジットカードで引き落とし口座は分ける事が出来ます。

法人クレジットカードの中には、あらかじめ、この使い分けを想定したサービスを展開しているクレジットカードもあります。例えば、楽天ビジネスカードでは、法人口座を引き落とし口座に指定する「楽天ビジネスカード」と、個人預金口座を引き落とし口座に指定する「楽天プレミアムカード」の2枚を同時に発行して使い分けをすることが可能で、効率的に事業経費の処理が行えるようになっています。 この様なサービスのある法人クレジットカードを取り入れるとスムーズに効率化が図ることが可能になります。

法人クレジットカード引落口座が一つだと大変な事に

クレジットカードの引き落とし口座を事業用と個人用で一緒にしてしまった場合、確定申告などの時にどの取引が事業経費でどの取引が個人利用かを区別して処理するのが大変になります。 フリーランスは、毎年2月16日から3月15日の間に確定申告をし納税額を確定させなければなりません。この時、出来るだけ納税額を抑えたいと思う方もいます。勿論、脱税なんて違法行為なのでしてはいけませんが、ちゃんとした手続きを行うと特別な控除を受ける事ができるのです。 それが「青色申告」です。この青色申告を行うためには、取引を一定水準を満たすよう正規の簿記原則にのっとって正確に記帳をし、それに基づいて申告する事が絶対に必要です。一番一般的に使われるのが「複式簿記」という記帳法で、この複式簿記に必要不可欠な作業が「仕訳(しわけ)」となります。とても簡単に説明すると、日々の取引によるお金の動きを決められた規則に従って記録する事です。その記録が銀行の通帳の記録と日付順に食い違いの無いように記帳しないといけません。

個人用と事業用の2種類のクレジットカードを持ちましょう

引き落とし口座を事業用と個人用で分けていない場合、例えば、通帳に「100,000円」とカードの引き落としの記録があったとしましょう。まずこの金額の内、いくらが個人で使った分なのか、経費として使った分かを把握しないといけません。 そして何円が経費か個人で使ったかの記帳は普通に仕訳して記帳した上で、残りの個人で使ったの分は「事業とは関係のない個人用のお金を事業用の口座から使いました」と旨を仕訳して、更に通帳の記録と合わせるため記帳しなければいけない事になるのです。 仕訳など、普段からしてない人にはただでさえ慣れない作業ですし、クレジットカードの引き落とし口座を2つ用意しないだけで、いちいちこの手間を重ねていかなければいけないことになるので、やはりフリーランスで事業を行う場合、2種類クレジットカードを持つか引き落とし口座を2口座持つことをお勧めします。

関連タグ

アクセスランキング