IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活準備をしてないのに内定をもらうには?4月から始める就活

更新日:2022年06月30日

就活ノウハウ

就活は始まったが何もしてないので焦っているという方も少なくないはず。周りは選考や面接が始まっている中、自分だけ取り残されている疎外感を感じているかもしれません。今回は、就活で何もしてない方がどう動けば内定を手にすることができるのかについてご紹介します。

就活の山場の面接対策は実践勝負

就活の山場の面接対策については、2月まで何もしてない学生さんであれば、実戦で勝負するしかありません。場数を踏んで慣れていき、4月中旬ごろから面接も慣れて本命の選考に臨むことができるくらいの意識でいきましょう。 しかし、面接対策はやっていないくても、せめて面接室のノックの仕方やお辞儀の仕方、歩き方などの対策については先に行っておく必要があります。それら最低限の諸作法だけ身に着けて、就活の面接に臨みましょう。

2月まで何もしてない学生の就活スケジュール例

2月 ・筆記試験対策 ・自己分析 ・書類選考対策 ・業界研究(行きたい業界がある場合) 【目標】SPIで7割は取る 3月 ・エントリーシートをひたすら出す ・面接を選考で練習する ・業界研究(行きたい業界がない場合マイナビなどで興味のある会社を探してから業界研究をする) 【目標】面接を5回受ける     エントリーシートを40社出す 4月 ・面接対策(選考を通じて) ・5月頃から選考が始まる企業で本命を探す 【目標】 面接を10回以上受ける エントリーシートは10社は出す 二次面接に1社行けるようにする 5月 ・面接 ・エントリーシートの作成 ・6月選考開始の大手を探す 【目標】 1社内定をもらう 二次面接を4社受ける 6月 ・面接のみ 【目標】 内定先を5つ以上持つ 内定を3社もらう

2月から就活を始める場合は効率と量を重視

2月から就活を始める場合は、効率と量をかなり重視をしなければ内定を得ることはできません。そのためにはまず、どのように動くかを考えながら動いていく必要があります。まず、4月までに普通に就活をしている学生に追いつくこと目指して、就活を進めていくことが大切になってきます。 キーワードは、「効率と量」です。4月くらいになってから質を重視しながら、本命企業を探して就活を行っても、まだまだ大手や優良企業は残っているため、就活に失敗することはありません。 「効率と量」とは、選考を通じて就活のノウハウや知見をためていき、常にブラッシュアップしていくことを実践していかなければなりません。

4月まで何もしなかった人の就活は排水の陣と思うことが大事

就活が解禁されて1か月、中にはすでにエントリーシートの受付を終了している企業もちらほらみられる時期です。そのため、4月まで何もしてなっかた就活生は、かなり気合を入れて就活を行わなければ、内定すらもらえないことにもなりかねません。

4月のうちにマルチタスクで様々な対策を行う

4月まで就活を何もしてない学生さんは、4月中に普通の就活生レベルにあなた自身をもっていかなければ、取り返しのつかないことにもなりかねません。まず、直ぐにでも自己分析と筆記試験対策・企業へのプレエントリーを始めましょう。 特に重要なのは、プレエントリーです。プレエントリーは、選考を受ける権利をえるための必須条件です。取りあえず、興味をもてば、プレエントリーだけでも行っておくことをまずは、お勧めします。 それと並行して、自己分析と筆記試験対策。自己分析は、エントリーシートを書きながら実地で対策を行わなければ間に合いません。それと同時、企業説明会なども行かなければならないため、かなりタイトなスケジュールになることを覚悟してください。

企業説明会にも積極的に参加する

他にも、企業説明会にも積極的に参加してください。しかし、4月からの場合、もう説明会を開催していない企業も中にはあります。そして、1個1個の説明会は、2時間程度とかなり長いため、できれば、合同説明会などを有効活用することで、何もしてない分効率的に就活を進めていくことができます。そのためにも、合同説明会などの時短イベントは積極的に活用しましょう。

4月まで何もしてない人の就活スケジュール例

4月まで何もしてない人の就活スケジュールは、必須と思われる目標のみを掲載していきます。これに沿って、隙間時間などを見つけながら、各種対策を行っていきます。 4月 マルチタスクで他の就活生に追いつく 【目標】 ・エントリーシートを50社出す ・面接は3社以上行く ・企業説明会に10社以上行く ・SPIは65%以上は獲得できるようにする 5月 5月で面接に慣れる 【目標】 ・6月から選考が始まる企業を10社以上チェック ・企業説明会に5社行く ・面接は10社受ける ・二次面接に3社進める 6月 内定を1社は見つける 【目標】 ・内定を1社得る ・最悪の事態に備えて7月以降選考のある企業を探す

4月まで何もしてない就活生は就活だけを行うこと

4月まで何もしてない就活生は、当面は就活だけを行うことが先決です。大学でもしあと10単位くらい取り残した単位がある場合は、最低限必要な単位を取得して残りは、後期に取得をすることをおすすめします。 4月まで何もしてない就活生の中には、単位もまだまだ取り残している学生さんもいます。このような場合は、留年や休学などを検討して、来年度に就活を回すこともおすすめします。 4月まで就活対策を何もしてなくて、単位も取っていない場合、二者択一が必要になります。ここは、一つずつのタスクをこなしていくことが必要になってきます。 また、バイトなどはしている暇がないので、上司に相談して早急に退職することをおすすめします。無論、1か月で膨大な量のエントリーシートをさばき、企業説明会をこなして筆記試験対策を行うため、遊んでいる暇はありません。覚悟をして就活に臨むことをお勧めします。4月が何もしてない就活生の最後のチャンスと思って、就活をしてください。

次のページ:何もしてない就活生の就活は効率重視
初回公開日:2017年04月12日

記載されている内容は2017年04月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング