IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接で「好きな言葉」を聞かれたときの答え方・使える四字熟語

更新日:2020年08月14日

就活の面接

皆さんには好きな言葉はありますでしょうか。言葉と言うのはその人間の人格をあらわすとも言います。そのため。面接で好きな言葉を聞かれることもあるそうです。皆さんは、面接で好きな言葉を聞かれたとき、答えることができますでしょうか?

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接と好きな言葉

言葉には不思議な力があると言われています。言霊なぞは最も有名な例です。このようなスピリチュアルなことにはさして信憑性はありませんが、それでも言葉が心が宿る、人格を表すといったようなことを信じる人は多いです。特にその人物が最も拘る言葉、つまり、「好きな言葉」は端的に人格を表現している、と思う人は多くいます。実際、言葉からその人となりを判断したり、パーソナリティを見たりと、なかなか侮れないものです。そのような考えは、就職活動や受験などの場での面接でも広く共有されていて、その人物を判断するための質問として好きな言葉を聞いてくる、ということもあります。普段言葉に意識を向けていると、そのような質問も苦ではありませんが、そうでない場合は大変です。どのような言葉を用いれば面接官へ良い印象を与えることが出来るのか、それを疑問に思う方、あるいは必要とする方に向けて、ここでは、面接で「好きな言葉」を聞かれたとき、どんな言葉を答えればいいのか、どういう言葉を答えればいいのか、そして「好きな言葉」に使える言葉の紹介などのお話をしていきます。

好きな言葉を聞かれる面接

その前に、まずは、「好きな言葉」について聞かれる面接の種類についてお話しようと思います。先ほど、面接で「好きな言葉」は聞かれるものだ、とお話しましたが、その中でも聞かれやすい面接とそうでない面接が存在します。まずはそれについて把握しておく必要があります。 まず、好きな言葉について聞かれやすい面接は、受験であれば文学部を受験する際は、愛読書などと並んで聞かれやすいものと覚悟しておいてください。特に日本文学や文芸などを学ぶ学科はこの傾向が顕著で、事前に用意しておかないと大きな失敗に繋がりかねません。就職活動の場合、中小企業は他の企業と比較して、という程度ですが好きな言葉について聞かれる可能性があります。他にも少数精鋭の企業はこの傾向があります。これは、少数精鋭ゆえに個人の人となりをなるべく把握したい企業側にとって、それを判断する材料として「好きな言葉」は非常に手ごろなものであるからです。これも事前に用意をしておかないと、失敗の原因になる可能性があります。 勿論これらはあくまで「聞かれやすい」というだけで、例外は多くありますが、これから臨むかもしれない面接に該当する場合、対策をたてておいたほうが安心できるのは確かです。

面接で好きな言葉を聞かれた際の答え方

では、実際に面接で好きな言葉を聞かれたときには、どのようして返答すればいいのか、それについて、具体的な方法を提示して説明します。

何故それが好きな言葉なのかを説明する

当たり前ですが、「あなたには好きな言葉はありますか?それは何ですか?」と聞かれて、「はい、あります、それは○○です」と答えるだけでは、面接官に自分の印象を植え付けることは出来ません。より印象的に見せるためには、何故それが好きな言葉なのか?ということについても説明しなければなりません。 さて、何故それが好きな言葉であるか、ということを説明する段階に入ったわけですが、それもただ「好きだから」ではいけません。必要なのは、筋道が通っていて、かつそれが如何に自分の人生観、価値観、視点、考え方に根付いているか、ということを伝えることです。とは言っても、それを説明するのは、慣れていないのでは至難の業です。そこで、ここでは簡単にそれを満たした伝え方の出来る方法をお教えします。

「好きな言葉」を自分の具体的なエピソードに絡めて話す

それは『「好きな言葉」を自分の具体的なエピソードに絡めて話す』ことです。詳しく説明すると、人は誰しも、その人にしか持ち得ない物語を持っています。人は人生に一冊は小説が書ける、といわれるように、それは絶対のものです。そして物語には人の心を少なからず動かす力があります。そして、その物語とは、あなたの今まで生きた中にある「エピソード」。例えば、泣いていた時に親に励ましてもらった、とか、友人と競い合った思い出など、そのような物語は、面接という場であっても人に強い印象を与えます。 であれば、それを利用しない手はありません。その具体的なエピソードに関連する言葉を、自分の好きな言葉としてしまえばいいのです。面接官にはわからないのですから、後付けでも構いません。そうすれば面接官に自分の経験やコミュニティをアピールしながら、質問された好きな言葉についてより強い印象を植え付けることが出来ます。

面接で答える好きな言葉の例

とは言っても、好きな言葉なんてない、まして面接で答えられるようなものはない、という方も多いと思います。そこで、ここでは面接で答えられる上に、言葉そのものが印象に残りやすい言葉と、その中でも使いやすい四字熟語を紹介していきます。

人間は一生に一度きりではなく、一日ごとに気持ちを改めていかなければならない

鋼の看護師ナイチンゲールが言ったといわれる言葉です、ナイチンゲールというと慈愛の天使のような印象が強いですが、実際は強硬な姿勢と溢れる知性、高い行動力で劣悪だった医療環境をみるみる改善していったまさに鬼のような積極性を持つ人物であったそうです。力ずくで役人用の薬箱を奪い取って病人のために使った、というエピソードからもその意志の強さが伺えます。また彼女は統計学の天才でもあったらしく、現場の改善にその才を存分に活用していたといわれています。そんな彼女の言葉ですが、彼女の強い意志と飽くなき行動力をひしひしと感じます。これを座右の銘などとしていれば、面接官から余程積極性のある人間であると思われることは必至です。

為せば成る

江戸時代中期に米沢藩主(現在:山形県米沢市)として活躍した上杉鷹山の言葉です。かのケネディも尊敬する人物として挙げたといわれています。全文は「なせば為る 成さねば為らぬ 何事も 成らぬは人の なさぬなりけり」です。つまり、何事も挑戦しなくては成功しない、ということ。それを抜き出し、独り歩きして有名になった言葉ですが、独り歩きするということは、それだけ「為せば成る」というこの5文字の言葉にパワーがあるということ。勿論、使い古された言葉ゆえこれだけでは最早陳腐なものではありますが、先ほど述べたエピソードとの併用を用いれば、面接官に強い印象を与えられること間違いなしです。

是非もなし

次のページ:言葉は大事なもの
初回公開日:2017年04月14日

記載されている内容は2017年04月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング