IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接での給料の聞き方・給料交渉のオススメの方法

就活の面接

会社選びの際にも給料は最も考慮したい点であることは間違いありません。面接でも給料のことは聞かれたり給料の交渉をすることがありますが、応募者自身が納得する給与に設定するにはどのような受け答えが望ましいでしょうか。面接で給与についての質問の仕方などをまとめました。

更新日時:

面接で聞かれる給料

就職面接で給料を聞かれることも少なくありません。就職後も答えた金額のまま昇給しないケースもありますので、面接で給料の交渉は重要です。ですが、大前提として面接で給与の説明を受ける場合と受けない場合があります。 給与に関しては募集要項に記載された給与金額によく目を通す必要があります。説明を受ける場合ももちろんですが、説明を受けない場合は募集要項に記載された給与金額の範囲内で給与が決定されることになりますが、応募者自身にとって不本意な額で設定されてしまうことも少なくはないからです。

面接で給与の説明を受けるケース

面接で給料の説明を受ける場合、応募者の学歴や年齢、前職の経験年数によって給料が定められている場合と具体的に給料を定められていない場合の2パターンがあります。それぞれで応募者の受け答え方も異なってきます。 学歴や年齢で給与の規定がある前者の場合、説明を受けるのみで次の説明に移ることが多いです。ここで応募者が給与の交渉をすることはほぼ不可能でしょう。余程能力があってヘッドハンティングされたわけでもない限りは、規定通りの給料で同意するしかないでしょう。 後者の給料を具体的に定められてない場合、希望する給料を面接官から尋ねられることも多々あります。ここで給料の交渉に入るのですが、なるべく強気で高額の給料を希望するのが良いでしょう。そうしなければ、最低ラインの給料で設定されてしまうことがほとんどだからです。例えば最低ラインが25万円の場合、25万円で給与が確定してしまい入社後なかなか昇給がないこともあるからです。

面接で給与を聞かれない場合

高卒、専門卒、大卒など学歴によって給与が定められていたり、年齢や前職の経験年数によって給与が設定されている場合、面接で給与を聞かれない場合もあります。この場合、給与交渉をすることは難しいでしょう。そのため、募集要項に記載されてある内容をしっかり確認することが大切です。 例えば「3年以上の業務経験」という給与枠があれば、「3年以上の業務経験」に相当する実力を持っていることをアピールできれば給与交渉もできますが、会社で厳密に給与が定められていると柔軟に対応はできません。しかも、給与にこだわる人だと思われるとそれだけで印象がマイナスになります。

面接での給料の聞き方

生活にもかかわってくることなので給料の額はとても重要になりますが、面接で応募者の側から給料の額を聞くためにはどうすればいいのでしょうか?気になることではありますが、印象を悪くすることにもなるので聞きづらい話でもあります。 仮に給料の額が分かったとしても、その会社に入社できなければ意味はありません。考えに重点を置くべきは給料の額ではなく、内定を得ることではないでしょうか。内定を得ることに集中し、給与は後回しで考えるのが就職活動を無難に進めることができるはずです。

ポイント1. 表現に気をつけること

大切なポイントは「露骨にな表現を用いない」ということです。給料にこだわる欲が深い人だという印象を受けてしまうからです。露骨に「給料」とか「給与」という表現はせず、「条件面」としてオブラートに包んだ言い回しで尋ねましょう。 自分の言葉で表現することは難しいことですが、金銭面を意識させることをメインではなく待遇や福利厚生などを包括した中で尋ねるのが無難で印象を下げないでしょう。

ポイント2. 聞き出すタイミングに注意する

そしてもう一つ大切なことは、面接は複数回行われることがほとんどですが「次の面接」で聞きだせるように話をもちだすことです。例えば「条件面のご提示は、次回の面接になるんでしょうか?」などといったような質問をします。特に最終面接の前の面接で尋ねるのがベターです。 質問に対して面接官の受け答えも異なります。「次回の面接でお答えします」と言われれば次回の面接で聞きだせることを期待できますし、「内定が出るまでは条件面のことでお答えはできません」と言われれば残念ながら内定まで知ることはできないでしょう。また、その場で給料の額を提示される場合もあるかもしれません。

給料の交渉テクニック

面接で給与の交渉となった場合、転職者の場合は前職の給与を尋ねられることがあります。前職の給与を参考に就職後の給与を設定するからです。内定後から給与の交渉は難しいため、面接の時点で納得のいく額をキッパリと決めておく必要が有ります。

給与の話は最後に持ち出す

面接時に給与の話を持ち出すと、給与にこだわる応募者だと思われてしまいます。給与に見合った能力があれば面接官も積極的に内定を出しますが、能力に見合わない給与を持ち出す応募者には内定は出せません。そのため、給与にこだわる応募者だと思われると内定のハードルを上げてしまうことになります。 とはいえ就職してからの給与は重要な問題です。そのため、仕事内容や会社のビジョンなど一通りの話を終わったあとで、最後に給与についての話を持ち出しましょう。希望額を簡潔に述べて、その額に見合った自分の強みを同時にアピールできると効果的です。

前職の給料を少し盛って話す

前職の給与を参考に給与を決定する会社の場合、前職の1.2〜1.5倍など若干上がった額が基本給として決定することが多いです。例えば前職が21万円の場合、25万円に決定されることが多いですが、25万と盛って話せば28万くらいに上げていくことができるでしょう。 しかしあまりに盛りすぎると内定を出すのも渋られることになるので注意が必要です。前職の給与が高すぎると、求められるハードルも高くなります。例えば年収が500万円以上の社員は特定の役職に就くよう定められている会社の場合、もし前職の年収が600万円の応募者を入社させるにはいきなりその役職に就かせなるといった待遇で入社させなければならないからです。 能力に見合ってない仕事を任せられないためにも、盛るのは1.1〜1.2倍程度に留めておきましょう。

自信がある話し方と態度で

面接で給料の交渉をすることは自分の能力を正当に評価されるための絶好の機会です。自信を持って、面接官に納得してもらうために堂々とした話し方で挑むのが効果的です。そのためにはまず、自分自身がその給与に納得がいって自信を持てていることが大前提です。常に給与額を意識して、つっこまれてもしっかり返せるようにアピールできるよう訓練していきましょう。 とはいえ自信過剰もよくありません。あまりに強気に交渉すると融通が利かない頑固な人という印象を受けます。また、自分の希望する給料の額を「お願い」することも評価を落とすことになります。柔軟性を持った受け答えができることも重要なポイントとなるでしょう。

面接での給与についての質問の解答例

面接官から給料について聞かれることはよくあります。その質問の受け答えによって受ける印象が大きく異なってくるため内定への評価にも関わるほか、入社後の給与にも影響が及ぶことがあります。 給与についての質問があった場合にはどのように答えるのがベストなのでしょうか?解答例を解説します。

質問例1. 希望する年収を教えてくれますか?

単刀直入に希望する年収を聞かれるパターンです。前職より年収を上げたい気持ちももちろんあるけど、あまり強気に答えると印象を悪くしてしまいそうなので控えめに答えてしまうこともあるかもしれません。正直に答えるべきかどうか迷うところです。 この質問に対する最も適当な答えはありません。ケースバイケースでもっともマストな答えを自分で考えておかなければなりません。まず一つの考えとして「御社の規定に従います」と答えることができますが、「希望する金額がない」と面接官に捉えられてしまうことになり入社後に低い年収を提示されてしまうことがあります。 やってはいけない回答のひとつとして、「現在の年収は300万円ですが、700万円を希望します」といった大幅な増額を希望することが挙げられます。さすがに前職の2倍以上となると面接官の心象も悪くなります。前職と比較する場合には1.2倍くらいの額を希望するのが差し障りがありません。客観的に合理的であることを付け加えればなお良いでしょう。 また、「どの程度もらえるのでしょうか?」というように、質問に質問で返すのもおすすめできません。尋ねられている側ですので、面接官が具体的な額を答えることは期待できないからです。自分から主体性を持って答えられるように、アバウトな希望額はあらかじめ考えてから面接に臨みましょう。

質問例2. 前職での給与額を教えてください

前職の給与額を聞かれる場合も多々あります。尋ねる理由としては、一つが希望する年収額の根拠を知るためと、他には想定する年収が応募者の前職の年収と大きくかけ離れているかを確かめるためです。前職の額が高すぎると、内定を出すのも渋ります。 前職の給与が応募する会社と比べて高い場合、例えば月収50万円だった場合は「現在50万円ですが、給与は御社の規定でお願いします」と答えるのがベターでしょう。生活面で不安がある場合は「最低でも40万円を希望します」といったような最低額を答えても構いません。

面接での給与交渉をしっかりしよう

就職する際には給与は最も気になるポイントでしょう。あまりに低く設定されると生活面でも支障が出てきますし、特に前職の給与が高かった場合は給与額が下がってしまうと不満が残ってしまうかもしれません。 しかし、面接で給与のことを聞くことは印象が悪いということをしっかり考えておかなければなりません。また、いざ給料の交渉になった時の場合に、あらかじめ希望する給与額を決めておくのも大切です。 会社によって、面接官によって、望ましい答えが異なっているのが面接です。これといって決定的な答えはありませんが、どこの会社でも概ね通じる模範的な受け答えというのもあるのは事実です。ですが、テンプレート通りに答えるのもよくありません。本心でないことはすぐに見透かされてしまいます。 大切なことは、「自分の言葉で答えること」です。常識的な回答があることを理解しながらも、もっとも自分の気持ちに素直な答えを考えておけば内定への道がぐっと近くなるでしょう。もし面接で給与のことを聞かれた場合には、この記事で解説したことを実践していただくと幸いです。

関連タグ

アクセスランキング