IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フリーランス看護師とは?|フリーランス看護師の年収・働き方

更新日:2020年08月28日

フリーランス

フリーランス看護師というものはご存知でしょうか。様々な職業でフリーランスという働き方はありますが、それは看護師にまで広がっています。今回はフリーランス看護師とはどのようなものか、その働き方やなり方、メリット、デメリットなどをご紹介します。

学校や会社、自治体などで行われている健康診断をサポートするお仕事です。春や秋など季節によって行われる為、その時期には求人の募集が多く、大勢を診るため忙しさもあります。円滑に業務をこなす能力と経験が必要となります。 また健康診断ですので同じことを繰り返して行いますし、それを一日に何度も繰り返さなければなりません。病人の看護とは異なるため、やりがいにかけると感じる人も多いです。フリーランスは自分のやりたい仕事を選ぶことが出来る働き方なので、自分の満足のいかない仕事を無理にする必要はありませんが、充実度を度外視して収入のために行う人も多いようです。

ツアーナース

修学旅行や遠足に同行する看護師の仕事です。旅行中の健康管理をするのが主な仕事で、それほど忙しくはありません。旅行客の体調管理を行い、急病人が出た場合には簡単な看護を行い、素早く病院の手配などを行わなければなりません。 旅行に同行することができ、場合によっては何のトラブルもなく旅行の全工程が終了するということもありますが、常に責任感を持って取り組まなければならない仕事です。仕事として旅行に同行出来るということで浮かれる人も多いですが、きちんと仕事はしなければなりませので、自制心のある人に向いている仕事だと言えます。

フリーランス看護師の働き方は?

自分の能力や頑張り次第で収入を増やすことができ、自分の能力を最大限に活かすことが出来る。何より病院に縛られることなく自由に働くことが出来るというのは非常に魅力的な働き方に映ります。 しかしフリーランスに対して憧れを持つ人は多いものの、実際にフリーランスとしてやっていけるのだろうか、フリーランスではどのように働けばいいのかなどが分からず、フリーランスになることを躊躇する人は多いです。 自由というのも考えもので、フリーランスは自由だからこそ上がるも落ちるも自分次第という厳しい環境にあるとも言えます。何をするのも自由な厳しい環境にあるフリーランス看護師としての働き方は実際にはどのようなものなのでしょうか。

フリーランスに必要なこと

フリーランス看護師は一つの病院に縛られることなく、いくつかの病院や施設等を掛け持ちすることになります。そのため自分のスケジュールに合わせて働けることができます。夜勤をしたくなければ、夜勤のない仕事を選び、働いた分だけ収入が得られます。   しかしスケジュール調整も自分でしなくてはならず、病院勤務に比べると不安定さがあります。また新しい職場での仕事の仕方を覚えたり、新たな知識を覚えたりと、環境の変化も著しくなります。   ただ自分の体調や希望に合わせた働き方を選ぶことが出来ます。以上の点を踏まえ、何を自分が最優先して仕事に臨みたいのか、優先順位を明確にしておくことがフリーランスとして働くために必要なことになります。

フリーランス看護師になるには?

フリーランスという生き方に憧れて、フリーランス看護師を目指す人もいるでしょう。しかしどうすればフリーランスの看護師として働くことが出来るのでしょうか。前述したようにフリーランスの看護師という職業はなく、フリーランスとは働き方のスタイルを指した言葉です。 勤めていた病院をやめ、フリーランスの看護師であると名乗ればその時点からフリーランスではありますが、実際に仕事をして収入を得ることが出来なければ本当の意味でフリーランスの看護師になったとは言えません。フリーランス看護師になるためにはどうすればいいのでしょうか。

自分で仕事を取りに行く

フリーランス看護師として働いていくには、働き方を変えるだけではなく、スキルや自分を売り込むための営業力。組織などのどこにも属さないという孤独に対する精神力と、それでも看護師としての向上心ややりがいを感じる力が必要不可欠になってきます。 フリーランスは誰でも成功する働き方かと言われれば当然そうではありません。全ては自分で責任を持たなくてはなりませんので、体調管理、スケジュール管理が出来る人が向いていると言えるでしょう。 逆に言えばスキルと向上心を持ち合わせていれば、誰にでも出来る働き方でもあります。フリーランスとして活動するなら仕事を待つのではなく、自分から取りに行くという姿勢が大切になります。

フリーランス看護師のメリット

フリーランスはその名の通り自由な働き方ではありますが、収入が不安定であるなど自由な分だけ不安な要素も大きい働き方です。働くにあたって収入が安定しているというのは非常に重要なことであり、だからこそ給料の安定した大手企業や公務員などは根強いがあります。 しかし当然ながらフリーランス看護師になることにはメリットもたくさんあります。メリットがあるからこそ人はフリーランスとして働くのです。フリーランス看護師になることのメリットとは一体どのようなものが挙げられるでしょうか。

時間が調整できる

フリーランス看護師のメリットといえば、自分の働きたい時に働けることです。看護師は女性が大半を占める職場ですから、育休、介護休暇などが必要な時期もあることでしょう。そうした中、常勤は無理でも非常勤のパートや単発のバイトといった働き方なら可能になってきます。

時給が高い

非常勤の場合、時給も一般的に高めになります。常勤の看護師に比べて、収入が極端に低いということもありません。高単価の仕事を探せばいくらでも収入を増やしていくことは可能です。 また自分の都合に合わせてスケジュールを組むことが出来ますし、自分のライフスタイルに合わせたり、家庭をもっている看護師の場合、仕事と家事を上手く両立していくことが可能になります

フリーランス看護師のデメリットは?

フリーランス看護師になることにはメリットもたくさんありますが、同時にデメリットも存在しています。何事もメリットがあればデメリットがあるのは当然のことで、これを避けて通ることは出来ません。フリーランスは自由な働き方ですが、自由だからこそのデメリットも存在しています。自由だからと考えなしにフリーランスになるのではなく、メリットもデメリットも両方を知った上で、フリーランス看護師の理解を深めていきましょう。

仕事が不安定

次のページ:フリーランスになる前によく考える
初回公開日:2017年09月05日

記載されている内容は2017年09月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング