IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定先インターンに行かないことは可能?行かないと就活に不利?

更新日:2020年08月28日

内定後

インターン制度を採用している企業もありますが、インターンに行かないと就活には不利になると思いがちですよね。そもそもインターンを採用していない会社の方が多いので、どれだけ不利になるかは疑問です。そこでインターンに行かない人への影響について紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

インターンとは?

インターンとは企業に内定が出る前に働くことによって、その企業の仕事を体験したり、業界のことを知ることができる制度です。働く側としてはどのような仕事をするのか事前に知ることができますし、実際に働いてみるのと想像ではまったく違うので、具体的に就職したいと思ってもらうことが狙いです。 インターンに参加をすれば就職に前向きだと思われますが、給料が少ないことが多いです。給料よりもスキルアップが目的なことが多いのが特徴のひとつです。

インターンのイメージとは?

インターンのイメージを聞くと、就職に有利になったり就職に積極的な人がやっているイメージが強くあるようです。実際にインターンをしてから内定をもらっている人もいますが、インターンをしていない人の方が圧倒的に多いのが現実です。 インターン制度採用している企業もあれば、中小企業はインターン制度をする余裕がないのも理由のひとつでしょう。必ずしも内定に直結する訳ではないインターンですが、学生が抱いているインターンのイメージとはどのようなものが多いのでしょうか。

内定をゲットしやすい

インターンを経験することによって、内定をゲットしやすいというイメージを持っている人が多いです。インターンで働く会社は大企業が多く、高い意識を持った人がインターンを利用することが多いからです。 就職したい会社がインターンをやっていれば、就職に有利になると思えるのは当然です。実際に働きぶりが良ければ優秀な人材を確保したいと思うので、企業側も内定を出すこともあるようです。 ただインターンを利用したからといって、内定がもらいやすいとは限らないのが現実のようです。それでもインターンを利用している人が内定がもらいやすいと思えるのは、それだけ本人が就活に力を入れているからです。 インターンだけでなく就活を一生懸命にやることによって、希望の会社に内定が決まりやすいのは事実です。決してインターンを利用したから内定がもらえたという訳ではありませんが、イメージ的にはインターンに行けば内定をもらいやすいと思われています。

自己PRができる

インターンに行くと自己PRができるというイメージが強いようです。面接では自己PRは重要な項目ですが、インターンに行ったことが自己PRに繋がると思っている人は多くいます。実際にはインターンに行かない人も多いですが、自己PRができている人もたくさんいます。 しかし自分に自信がなかったりアピールするポイントがなければ、インターンに行ったことを自己PRに利用したいと考えます。インターンに行かなくても自己アピールをできる人なら問題ありませんが、自己PRできない人にとってはインターン行って自己PRにしたいと思っている人も多くいます。

参加しないと不利になりそう

インターンに行かないとそもそも就活に不利になるというイメージがあるようです。インターンに参加をする人は就活に積極的で、インターンに行かない人は就活には消極的だと思っているのでしょう。実際は就活に消極的な人は少なく、誰でも希望の会社に積極的に就職したいと思っています。 インターンに行かない理由は人それぞれありますが、決してインターンに行かないことが就活に不利になることはありません。ただインターンへ行けば具体的な仕事内容や業界のことを知る機会が増えるので、より一層就活に取り組むことはできますし、優秀な人材ならば企業側の目にとまるかもしれません。 インターンへ行かないと不利になるのはイメージだけであって、行けばプラスになる要素が増えるという程度だと思っておけばいいでしょう。

インターンを行う目的

インターンを行う目的とは何があるのでしょうか。一昔前にはインターンという言葉すら聞かなかったのに、いつの間にかインターン制度ができて参加をしている企業も出てきました。インターンにはそれぞれ目的がありますが、インターンを行う目的を知ることができれば、自分でインターンに行くことも行かないことも決めることができます。インターンを行く目的について紹介します。

優秀な人材を囲い込みたいと思っている

インターンを行う目的は、優秀な人材を自社で確保したいという思惑があります。インターンによって自社の仕事の体験をしてもらった社員に対して、働きぶりが良ければそのまま内定を出して働いてもらいたいと思うのは当然のことです。 いくら履歴書を見たり面接で優秀そうな人材を見つけたとしても、実際の働きぶりがどうなのかは分かりません。そのため実際に働きぶりをみることによって、安心して内定を出したいと思えるからです。 インターンを行うことで業務や社内の雰囲気にも慣れることができるので、この会社なら働きやすいと感じることもできるでしょう。できるだけ早く優秀な人材を確保したいという思いからインターンを活用するのです。

初回公開日:2017年04月14日

記載されている内容は2017年04月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング