IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接での化粧に化粧品・化粧の失敗例

初回公開日:2017年04月07日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年04月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

服装・髪型

面接を受ける為にはじめて化粧をするという方って意外と多いですよね。でも初めてだと「どんな風に化粧をすれば良いのかわからない。」とわからないことがたくさんあります。そこで、面接で好印象を与えることができる化粧方法をご紹介させていただきます。

面接を乗り切るために

面接で好印象を与えられるように化粧で気を付けてもらいたいのがやりすぎないこと。 初めて化粧をする場合、ついついやりすぎてしまう方がいますが、なじんでいないことがほとんどで不自然です。 「あれ?今日はなんだか綺麗だね?」とさりげなく気づかれるのがベストですね。 普段からきっちり化粧をしている方に関しては、つけまつげもカラーコンタクトもNGなので「こんなメイクじゃ物足りない!」と思うかもしれませんが、面接時だけ我慢しましょう。 面接時に関してはナチュラルメイクが1番です。 また、初心者さんに化粧品をご紹介しましたが「この商品が1番良い!」というわけではありません。肌の調子は個人差がありますから、人それぞれ合う化粧品は変わってきます。 デパートなどの化粧品売り場では、販売員さんが実際にサンプルを使って化粧をしてくれるところがほとんどなので、自分に合った化粧品をきちんと選ぶことができます。 「面接を受けるのでナチュラルメイクが良いです。」というと、その時に合った化粧をしてくれるので、お金に余裕のある方はそちらを利用したほうが良いです。 初めての化粧ではわからないことが多いと思いますが、続けていくと慣れるものです。 最初から構えすぎず、自分に合ったナチュラルメイクを手に入れましょう。

関連タグ

アクセスランキング