IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接の前日に必要な準備とは?|前日にメールは送る?

就活の面接

面接の前日にはどのような準備を行っていますか?面接の結果を左右するのは面接への対策、準備であり、その総まとめとなるのが前日です。面接の結果は前日の準備で決まると言っても過言ではありません。今回は面接の前日にすべきことやその準備などをご紹介します。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接の前日にすることは?

面接の前日にすることは?

就活でも転職でもバイトであっても面接をするというのは非常に緊張するものです。面接の結果によって自分の将来が左右される場合もありますし、人生の大きな決定となる場で面接が登場することもよくあります。 面接は緊張して当たり前のものであり、面接時にどれだけ緊張せず本来の力を出すことが出来るかというのも大事なことになります。せっかく能力や力のある人でもそれらが発揮出来なければ意味はありません。面接では自分の力を最大限に発揮することがポイントになります。 面接で力を発揮するためにはリラックスして臨むことが大切であり、リラックスするためには前日の準備が欠かせません。面接で力を発揮するためにはその前日にどのような準備を行えばいいのでしょうか。

受け答えの確認

面接とはその人の本質や人間性や能力、企業に対する気持ちなどを測る場です。面接において最も大切なのは自分自身のことを面接官に知ってもらうということですので、前日にはどのように自分をアピールするのかその方法をおさらいしておきましょう。 面接は基本的に面接官から質問され、それに答えていくという形式で進んでいきます。出されるであろう質問を想定して、それにどのように答えるのかをシミュレートしておきましょう。またただ質問に対して答えるだけではなく、その回答を通じて自分のどのような特徴をアピールしたいのかを考えておくことも大切です。 場合によっては面接官に対する逆質問を求められる場合もありますので、それについてもいくつか準備しておきましょう。 面接は誰でも緊張するものです。不安や悩みを一人で抱えているなら、エージェントへ相談してみましょう!後悔しないためにも、転職のプロがあらゆる準備と対策をサポートしてくれます。一人での転職活動に限界を感じたら転職エージェントに相談してみましょう。

面接マナーの確認

面接が緊張するのはそれがフォーマルな場だからでもあります。フォーマルな場にはマナーが付き物であり、面接で自分を正しくアピールするためにも前日に面接におけるマナーを復習しておきましょう。 面接マナーは面接会場に到着した瞬間から始まっています。企業での受付での対応や待合室での待機の仕方などもありますし、当然面接中におけるマナーも数多く存在しています。マナーが出来ていなけれそれだけで大きな減点対象となる場合もありますので、必ず身に付けておきましょう。 マナーを知っているつもりでも緊張すれば頭が真っ白になってしまうということもあります。少しでも頭に刷り込んでおくためにもどれだけマナーを熟知していても面接の前日には必ず確認しておくようにしましょう。

前日にメールは送る?

前日にメールは送る?

企業との連絡に欠かせないツールとしてメールがあります。面接の案内や結果についてもメールで知らされる場合も多いですし、就活をするにあたっては必須となる連絡ツールです。面接で合格するためには面接官に良い印象を残さなければなりません。 良い印象を残すためには自分の能力などを示す必要はありますが、礼儀正しい、誠実であるというのも良い印象を与えるためには必要なことになります。 より礼儀正しく、誠実であることをアピールするためには面接の前日に企業にメールを送り、自分のやる気などをアピールした方が良いのではないかと考える人は多いですが、面接の前日にメールは送るべきなのでしょうか。

送る必要なし

結論から言えば面接の前日に企業に対して意気込みを伝えるなどのメールを送る必要はありません。前日にメールをしたからといって面接官がそのメールを読むとは限りませんし、面接前日は企業へのメールを作成するよりも、もっと他の準備に時間を割いた方がいいでしょう。 企業へメールを送るのであれば前日ではなく、面接後に面接のお礼のメールを送る方が効果的です。面接をしてくれたことへの感謝、面接時における感想や今後の意気込みなどを書いたお礼のメールを送った方が企業からの印象は良くなります。 もちろんメールを送ったからと言ってそれが合否に大きく影響することはありません。影響するとしてもほんの少しですので、わざわざ面接の前日にメールを送る必要はありません。

面接に必要な準備は?

面接に必要な準備は?

面接の前日にすべきことは当然ならが明日の面接に向けての準備です。面接での受け答えをおさらいしたり、面接マナーを復習しておくのも面接前日の準備としては必要なことですが、もちろん前日の準備はそれだけではありません。 前述した準備はあくまで面接本番に向けての準備です。面接の本番を行うためにはまず本番までたどり着かなければなりませんので、面接を行うための前提の部分の準備も進めておきましょう。

持ち物や道順のチェック

面接の前日には面接に必要な持ち物や面接会場までの道順をチェックしておきましょう。面接の受け答えが完璧であっても必要な持ち物を忘れていれば評価は下がってしまう可能性がありますし、そもそも道順が分からず遅刻してしまえば評価の対象にもなりません。 必要なものを忘れてくる、指定された時間に遅れてくるというのは社会人にとっては最悪なことです。簡単に防げるミスをしないためにも面接の前日にはそれらのチェックも欠かさないようにしましょう。

緊張をほぐす方法は?

緊張をほぐす方法は?

面接の大敵は緊張です。面接は緊張度が強い場であり、どれだけ緊張に強い人であっても少なからず緊張してしまいます。面接での緊張を抑えるためには場数を踏み、慣れることが重要になりますが、面接の前日ではそれ以上場数を踏むことも出来ません。 しかしだからと言って諦める必要はありません。場数を踏む以外にも緊張を和らげる方法はありますので、それを実践し、面接で本来の自分の力を出し切りましょう。

緊張=悪いことではない

なぜ面接で緊張するのがいけないのかと言うと過度に緊張してしまえば本来の力を発揮出来なくなるからです。力が発揮出来なければどれだけ優秀な人であっても合格することは出来ません。面接では力を最大限に発揮するということが最も重要になります。 過度な緊張によって力を発揮出来ないのはいけないことですが、裏を返せば緊張していたとしても力を発揮出来さえすれば何の問題もありません。緊張してしまい力が発揮できない人の多くは緊張してしまうことに焦り過ぎている傾向にあります。 面接で緊張するのは避けられないことですし、緊張すること自体は悪くありません。緊張しても構わないぐらいの開き直った気持ちで面接に臨みましょう。

万が一前日に面接をキャンセルしないといけない場合は?

万が一前日に面接をキャンセルしないといけない場合は?

面接を行う日、行う時間は事前に決められ、それに合わせてスケジュールを調整していきますが、何らかの理由で面接に行けなくなってしまうという場合もあります。早い段階で分かったなら面接日の変更などを願い出ることも可能ですが、前日など急な場合はキャンセルしなければなりません。 面接をキャンセルするというのは企業に失礼に当たることですが、連絡をせずに無断欠席をするわけにもいきませんので、キャンセルの連絡をしなければなりません。万が一前日に面接をキャンセルしないといけない場合はどのように連絡をすれば良いのでしょうか。

基本は電話で連絡

前日に面接をキャンセルすることになった場合は基本的には企業に電話し、キャンセルの旨を伝えましょう。前述したように前日に企業にメールを送っても面接官がそれをチェック出来ていない場合もありますし、そうなってしまえば連絡をしたにも関わらず無断欠席扱いになってしまいます。 無断欠席を避けるためには相手に直接伝えるということが大切ですので、前日や当日のキャンセルの場合は必ず電話で伝えるようにしましょう。

前日の準備が合否を左右する

前日の準備が合否を左右する

面接前日にするべきことや準備、企業へのメールや前日にキャンセルする場合について紹介しましたが、面接の合否を分けるのは面接への準備です。どれだけ面接の準備をし、対策を立てることが出来るかによって合否は左右されます。 前日以前しっかりと準備を行い、面接の前日にそれらの最終チェックを行うようにしましょう。面接はどれだけ落ち着こうと思っても緊張してしまいますが、それも前日の準備によります。しっかりと準備をして臨むことが出来たなら必要以上に緊張することもありませんので、前日も含め面接の準備は入念に行い、面接の合格を目指しましょう。 就職や転職は人生を左右する大きな決断です。転職のプロが書類の添削から面接対策までサポートしてくれます。サポートは無料ですので、あなたに合ったエージェントを探してみましょう。

関連タグ

アクセスランキング