IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活は平均何社受けるの?面接するのは何社?|新卒/中途転職

就活ノウハウ

これから就活を始める方は、みんな平均何社くらい応募しているのかな?と気になるところ。就活は台本のないストーリーだからこそ、先輩たちが平均何社受けてきたのかを知りたくなるところです。新卒・中途の場合における応募企業数について紹介していきます。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就活は平均何社受けるものなの?

就職活動を始める際に、初めはどのように活動したらいいのかわからず困ったという人はたくさんおられます。とりあえず、何もしないのは不安なため、大学などで用意されている「就活セミナー」に参加して過去の卒業生たちがどのように就活をしてきたのか?また、平均何社くらい受けてきたのかを情報収集することでしょう。まずは、就活において平均何社くらい応募しているのかについて紹介していきます。

平均何社くらい応募するの?

ズバリ!過去の就活生が、就職活動を行った時に応募した企業数の平均はおよそ30社前後です。実際に面接を行った数ではなく、エントリーした企業の数も含めた数字となります。 これから就活を始める人からすると、自分も平均30社くらいは覚悟しなければいけないんだなと思うかもしれませんね。あくまで、平均になりますのでこれから就活を行う方が応募する際に目安としてリラックスした気持ちで受け止めておく程度で良いでしょう。

就活においてエントリー数は気にしない

何社も受けているけどなかなかいいところが見つからない!と悩んでいる人はいませんか?周囲はどんどん内定の通知を受け取り、早々と就活終了宣言をして楽しく残りの大学ライフを送っている傍ら、必死に将来に向けて模索している人もいるでしょう。すでに、何十社も応募しているけど一向に最終面接にすら残れないと悩んでしまうこともありますよね。とっくに就活情報誌などで紹介されている平均何社応募すればいいのか?という数字は超えてしまっていると、「私は就職できないんじゃないかな」と不安な気持ちに襲われることも。 しかし、あくまで就活における平均応募数ですので過剰なまでに気にする必要はありません。ただ、理想とする企業に出会っていないだけなのです。数字に振り回されず、根気よく諦めずに行動を続けていきましょう。自分の将来を大きく左右する時期なので、早いも遅いもありませんよ。

内定が出ても就活を続ける人がいます

平均何社ほど受験してきたのか?という数字には、すでに内定をもらっていてなおかつ就活を続けている人の数字も含まれていることを認識しましょう。何も、30社受験してようやく1社内定が出たという割合でありません。内定が出ているけれども「本当にこの会社でいいのかな?」ともっと外の世界を就活のうちに見ておきたいという気持ちから、就活を続けている人もたくさんいます。 就活における数字はあくまで目安として考えましょう!数字に振り回されて自分を見失わないように数字をコントロールする術も忘れずに。 就活に関して気になることや悩みがある方は、プロのキャリアアドバイザーに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

新卒と中途では、平均何社応募するの?

新卒と中途の就活市場は、全く別物です。例えば、採用活動の解禁時期は新卒であれば4月からが通例ですが、中途採用市場では解禁時期に決まりはなく、企業が採用活動を行いたいと思った際にすぐ活動を行えるなど企業に裁量が与えられているため、1年中いつでも就活ができる環境となります。そのような違いにおいて、新卒と中途では、平均何社ほど応募をしているのかについて紹介してきます。

新卒者は平均何社応募するの?

新卒者における平均応募数は、およそ30社から50社と言われています。あくまで実際に応募をした数字になりますので、新卒者はこの数字以上の数に上る企業の求人情報を閲覧していることになります。自分が興味を持った企業であり、なおかつ勤務地や給与体系や休日日数、福利厚生など様々な条件を参考にして実際に応募へと踏み切ることになります。 そのため、閲覧している会社数を含めると100社以上の企業を1人の就活生がチェックしていると言っても過言ではないでしょう。

中途採用は、平均何社応募するの?

中途採用における平均何社応募したのかという問いに対する回答の多くは、およそ10社から20社となります。新卒者よりも数字が少ないのは、一度社会人としての勤務経験があることから自分が本当にやりたい仕事を見つけた上で、退職を行なっているからです。 何も目標やあてもなくただ退職する人は、今のご時世はほとんどおられません。次にどのような企業で働きたいのか?どのような企業で働きたいのか?目標が定まり、気持ちが固まったからこそ退職し、中途採用を目指して活動をしているのです。何も企業のことがわからず始めた新卒採用の方に比べると社会の仕組みや仕事の意味を理解している中途採用社の方が目標が明確化されているため、平均応募者数が少なくなる傾向があります。

就活では、平均何社面接した方がいいのか?

就活において一番の難関は面接ですよね。エントリーシートを提出すると、就活が慣れてきた時期にはほとんど通過することができるようになり、苦手意識は薄れてくるでしょう。 しかし、実際に面接会場に訪れ根掘り葉掘り話した後に不採用通知が来ると「何が悪かったのか?」と答えがわからず、結果として面接が苦手というイメージもついてしまいがちになります。面接を克服するためには、実践しかありません。そこで、就活生は平均何社ほど面接を受けておいた方が良いのか?について紹介していきたいと思います。

本命企業の前には、必ず面接を経験しましょう

就職第一希望の企業にエントリーをする際、必ず心がけてほしいことは面接未経験で本命企業にエントリーしないようにすることです。就活における面接は、緊張感もプレッシャーも相当あります。そのため、いざ面接会場に足を踏み入れると空気感に負けてしまい、質問の趣旨とは異なる回答をしてしまう場合があります。 本命企業で一発勝負をかけようと考えている場合は、後悔しないためにも一度別の企業で面接を経験し、空気感をつかむことや対策を考えておくことがおすすめです。自分は大丈夫と思っている人ほど、本番で頭の中が真っ白になってしまったり、自分はうまく受け答えができたと思っていても、結果が不採用通知だったりすることが多々あります。 必ず本命企業の前には面接の経験を積んでおきましょう。

平均面接は5社以上を目安に

面接で聞かれる質問は、企業や業種が変わっても特に変わりはありません。大事なことは、「志望動機」と「自己PR」が志望する企業に対して適性が備わっているかということなのです。 志望動機を通じて、どのくらい強い気持ちで当社を志望してくれているのか?また、すでに持ち合わせているスキルを通じて、どの部署で活躍できそうな人材なのか?などの視点で人事採用担当者はチェックをしています。人柄や雰囲気なども大切な要素ですが、それ以上に入社意欲が低いと感じられてしまうと途中で退職する人材だと判定されてしまいます。 そのため、事前に5社以上は面接を受けておくことで、自分の志望動機が応募企業に通用するレベルなのかを確認したり、もっとわかりやすく簡潔に伝える言い方は他にないのかどうかについてもチェックする機会となるでしょう。 過去に就活を経験した人の意見でも、平均何社くらいの面接を経験して自信が持てるようになったかという質問があり、多くの回答は5社前後と回答されています。面接官の質問の意図を汲み取り、適切な発言をすることができるようになるには、経験を積むことで精度が上がります。ぜひ面接経験は積んでおくことをお勧めします。

理系と文系で応募する企業数は違うの?

大学へ進学する際に、選択する「理系」と「文系」ですが、就職活動を行う際に応募する企業数は異なるのでしょうか。 理系はどちらかというと専門職なイメージがあり、一方で文系は総合職というイメージがあるのでそのあたりも含めて平均応募数にも影響があるのかについて紹介していきたいと思います。

理系は応募数が少なく済むって本当?

理系出身者は就職活動において文系出身者よりも応募企業が少なく済みます。その理由は、ズバリ「専門職」を志望する学生が多いからと言えます。理系は大学や専門学校で学んだカリキュラムを活かすためにも将来務める企業の方向性はすでに固まっている場合があります。 そのため、志望する業界における企業をかたっぱしから応募することになります。また、自然と同じ業種の会社や施設などに応募することで、面接時に質問される内容も同じ場合が多いのです。そのため、過去に面接を受けた企業の経験がそのまま次の企業の面接時に活かされますので受け答えが的をえた回答が行われやすくなり、スムーズに選考が進むようになるのです。 結果として、志望する業界に早く就職することが可能になるため、平均何社応募したのかという数字が少なく済む傾向にあります。

文系は応募数が理系より多い傾向

一方で文系出身者にとっては、幅広い業種に応募することができるため業種や業界を超えたエントリーが可能になります。金融関係、食品関係、製造関係、飲食関係、総合商社など行う仕事内容も全く異なる業種への応募をすることで、その度に志望動機を一から精査する必要がある他、企業が求めている人物像に沿った回答がわからなくなり迷走してしまう場合があります。 就活が始まった当初は、ある程度業種を絞っていても不採用が続きすでに志望する企業が採用活動を終了していくと残される企業は志望していないところばかりかもしれません。モチベーションも上がらず、気持ちが沈みがちな時に受ける面接ほど成果の低いものはありません。 理系よりも門扉が広く開かれているぶん、文系出身者における平均何社受けてきたの?という数が増加さえる要因にもなっていると言えるでしょう。

平均何社応募したのかは行動の積み重ねから生まれる

平均何社くらい就活生が応募してきたのかについて、これから就活をする人は実際にエントリーする際には参考になる数字だと思います。 しかし、平均何社受ければ自分が内定がもらえるという甘い考え方は捨てておく必要があります。あくまでも受験数であり内定をもらえる割合が平均何社という数字とは繋がりませんので、数字の読み間違いはしないように注意しましょう。あくまで受験数となのです。

過去の平均何社応募していたのかを参考に後悔のない就活を行いましょう

就活はあくまでも自分との戦いであり、企業との出会いです。採用されたり不採用になったりしても、誰も悪くありませんし実力不足ということはありません。 採用と不採用の差は、強いていうならば準備の差だと思います。本命の企業にエントリーする前に何社の面接を経験してきたのか?志望動機を考える際にどれだけ時間を費やしたのか?ということは、面接会場でも十分その取り組みは見て取れるのです。 とりあえず、応募した企業では面接官は簡単に見抜きます。だからこそ、しっかりと準備をして自分の気持ちの整理もつけておき、いざ面接会場で何を聞かれても戸惑うことなく自分の考えや意見を伝えらえるように準備をしておきましょう。一度しかない新卒採用試験において、後悔のない就活を送れるように祈っております。 後悔ない就活にするために、不安な部分はプロのキャリアアドバイザーに相談してみるのも一つの手です。面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

向いている仕事のヒントを見つけるなら

「キャリアパーク」は、確実に内定に繋げられる最終選考手前の特別選考ルートにご案内します! ・人事目線のアドバイス ・適正のあった企業にあなたを推薦 ・マンツーマンでの手厚い選考対策 上記のサポートを受けて他の人と情報で差をつけませんか? 1分でエントリー!の「キャリアパーク」でピッタリの企業を紹介してもらいましょう。 就活は今後の人生を決める重要な選択なので、納得の行く就職活動をしましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

関連タグ

アクセスランキング