IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活は平均何社受けるの?面接するのは何社?|新卒/中途転職

更新日:2020年05月16日

就活ノウハウ

これから就活を始める方は、みんな平均何社くらい応募しているのかな?と気になるところ。就活は台本のないストーリーだからこそ、先輩たちが平均何社受けてきたのかを知りたくなるところです。新卒・中途の場合における応募企業数について紹介していきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就活は平均何社受けるものなの?

就職活動を始める際に、初めはどのように活動したらいいのかわからず困ったという人はたくさんおられます。とりあえず、何もしないのは不安なため、大学などで用意されている「就活セミナー」に参加して過去の卒業生たちがどのように就活をしてきたのか?また、平均何社くらい受けてきたのかを情報収集することでしょう。まずは、就活において平均何社くらい応募しているのかについて紹介していきます。

平均何社くらい応募するの?

ズバリ!過去の就活生が、就職活動を行った時に応募した企業数の平均はおよそ30社前後です。実際に面接を行った数ではなく、エントリーした企業の数も含めた数字となります。 これから就活を始める人からすると、自分も平均30社くらいは覚悟しなければいけないんだなと思うかもしれませんね。あくまで、平均になりますのでこれから就活を行う方が応募する際に目安としてリラックスした気持ちで受け止めておく程度で良いでしょう。

就活においてエントリー数は気にしない

何社も受けているけどなかなかいいところが見つからない!と悩んでいる人はいませんか?周囲はどんどん内定の通知を受け取り、早々と就活終了宣言をして楽しく残りの大学ライフを送っている傍ら、必死に将来に向けて模索している人もいるでしょう。すでに、何十社も応募しているけど一向に最終面接にすら残れないと悩んでしまうこともありますよね。とっくに就活情報誌などで紹介されている平均何社応募すればいいのか?という数字は超えてしまっていると、「私は就職できないんじゃないかな」と不安な気持ちに襲われることも。 しかし、あくまで就活における平均応募数ですので過剰なまでに気にする必要はありません。ただ、理想とする企業に出会っていないだけなのです。数字に振り回されず、根気よく諦めずに行動を続けていきましょう。自分の将来を大きく左右する時期なので、早いも遅いもありませんよ。

内定が出ても就活を続ける人がいます

平均何社ほど受験してきたのか?という数字には、すでに内定をもらっていてなおかつ就活を続けている人の数字も含まれていることを認識しましょう。何も、30社受験してようやく1社内定が出たという割合でありません。内定が出ているけれども「本当にこの会社でいいのかな?」ともっと外の世界を就活のうちに見ておきたいという気持ちから、就活を続けている人もたくさんいます。 就活における数字はあくまで目安として考えましょう!数字に振り回されて自分を見失わないように数字をコントロールする術も忘れずに。 就活に関して気になることや悩みがある方は、プロのキャリアアドバイザーに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

新卒と中途では、平均何社応募するの?

新卒と中途の就活市場は、全く別物です。例えば、採用活動の解禁時期は新卒であれば4月からが通例ですが、中途採用市場では解禁時期に決まりはなく、企業が採用活動を行いたいと思った際にすぐ活動を行えるなど企業に裁量が与えられているため、1年中いつでも就活ができる環境となります。そのような違いにおいて、新卒と中途では、平均何社ほど応募をしているのかについて紹介してきます。

新卒者は平均何社応募するの?

新卒者における平均応募数は、およそ30社から50社と言われています。あくまで実際に応募をした数字になりますので、新卒者はこの数字以上の数に上る企業の求人情報を閲覧していることになります。自分が興味を持った企業であり、なおかつ勤務地や給与体系や休日日数、福利厚生など様々な条件を参考にして実際に応募へと踏み切ることになります。 そのため、閲覧している会社数を含めると100社以上の企業を1人の就活生がチェックしていると言っても過言ではないでしょう。

中途採用は、平均何社応募するの?

中途採用における平均何社応募したのかという問いに対する回答の多くは、およそ10社から20社となります。新卒者よりも数字が少ないのは、一度社会人としての勤務経験があることから自分が本当にやりたい仕事を見つけた上で、退職を行なっているからです。 何も目標やあてもなくただ退職する人は、今のご時世はほとんどおられません。次にどのような企業で働きたいのか?どのような企業で働きたいのか?目標が定まり、気持ちが固まったからこそ退職し、中途採用を目指して活動をしているのです。何も企業のことがわからず始めた新卒採用の方に比べると社会の仕組みや仕事の意味を理解している中途採用社の方が目標が明確化されているため、平均応募者数が少なくなる傾向があります。

初回公開日:2017年04月06日

記載されている内容は2017年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング