IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

年収1300万の場合の手取り|年収1300万の人の割合・貯金状況

更新日:2020年11月08日

ビジネスマナー

皆さんは「年収1300万円」と聞いてどんな生活をイメージしますか?おそらく、「年収1300万円」もの高収入となるとなかなか周りにいないことも多いです。そのためあまりイメージが湧かないという方も多いでしょう。今回は「年収1300万円」の生活について見ていきます。

「年収1300万円」の生活

皆さんは「年収1300万円」と聞いてどんな生活を思い浮かべますか?おそらく、「皆さん周りに年収1300万円を稼ぐような人がいますか?」と聞かれた時に、すぐにそのような人が思い浮かぶことはあまりないと思います。またそのため、「年収1300万円」の生活がどんな風かもあまりイメージが付きにくいのではないでしょうか。 今回は、そんな「年収1300万円」を稼ぐような人の収入事情や生活事情について見ていきたいと思います。

「年収1300万円」の位置

では早速ですが、「年収1300万円」稼ぐような人の収入や生活について見ていきたいと思います。まずは、「年収1300万円」が日本の給与所得者全体の平均年収と比較したときにどのくらいのポジションに位置するのかについて見ていきたいと思います。 まず、そもそも日本の給与所得者全体の平均年収がどのくらいなのかというと、だいたい440万円前後程度になります。そのため、日本の給与所得者全体の平均年収である440万円前後程度と比べると、「年収1300万円」というのは極めて高い水準だと言えます。

「年収1300万円」の割合

ここまで、「年収1300万円」というのが日本の給与所得者全体の平均年収と比較したときに、どれほど高い収入なのかについて見てきましたが、今度は「年収1300万円」を稼ぐような人が日本の給与所得者全体の中でどのくらいの割合を占めるのかについて見ていきたいと思います。

男性は5パーセント前後 女性は1パーセント未満

では早速ですが、「年収1300万円」を稼ぐような人が日本の給与所得者全体の中でどのくらいの割合を占めるのかについて見ていきたいと思います。まず男性の場合、「年収1300万円」を稼ぐような人というのは、だいたい150万人前後程度で、割合でいうと日本の給与所得者全体の中でだいたい5パーセント前後程度を占めていることになります。また女性の場合、「年収1300万円」を稼ぐような人というのは、だいたい10万人前後程度で、割合でいうと日本の給与所得者全体の中で1パーセント未満を占めていることになります。 これを踏まえて考えてみると、「年収1300万円」を稼ぐような人が日本の給与所得者全体の中で占める割合は非常に低く、きわめて限られた人達だけで構成されていることがわかります。

「年収1300万円」の場合の手取り金額

ここまで、「年収1,300万円」を稼ぐような人が日本の給与所得者全体の中でどのくらいの割合を占めるのかについて見てきましたが、今度は「年収1,300万円」の場合の平均手取り金額がどのくらいになるのかについて見ていきたいと思います。

「年収1,300万円」の場合の手取り金額は880万円前後程度

では早速ですが、「年収1,300万円」の場合の平均手取り金額がどのくらいになるのかについて見ていきましょう。 健康保険料や雇用保険料、厚生年金保険料、そして住民税や所得税などの税金などを差し引いた「年収1,300万円」の平均手取り金額はどのくらいになるかというと、だいたい880万円前後程度になります。つまり、「年収1,300万円」の場合年収の3分の1以上は保険料や税金で差し引かれてしまうということになります。 ちなみに、月々に換算すると一ヶ月あたり73万円前後程度になります。

「年収1,300万円」の場合のふるさと納税の例

ここまで、「年収1,300万円」の場合の平均手取り金額がどのくらいになるのかについて見てきましたが、今度は「年収1,300万円」の場合のふるさと納税の例について見ていきたいと思います。

次のページ:「年収1,300万円」の場合の平均家賃相場
初回公開日:2017年04月06日

記載されている内容は2017年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング