IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

SPIの推論の問題例・解き方のコツと対策方法・おすすめ問題集

初回公開日:2017年04月11日

更新日:2020年05月30日

記載されている内容は2017年04月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

資格・検定

SPIの推論問題は覚えなければ解けません。とはいえ、自力では中々ポイントがわからない人もいると思います。そこでこの記事では解き方とそのコツを説明します。また、実際に鍛えるためには問題集を解くのがおすすめです。今回は特にSPI推論問題に使える問題集も紹介します。

SPIとは

SPIとはリクルートキャリア社が作成している適性検査です。日本で多く使われている採用テストであり、就職活動中にこのテストに遭遇しないという人はあまりいないでしょう。適性検査はSPIの他にGAB、玉手箱、TG-WEBなどがあります。

SPIで出る推論の問題の種類

命題を問うSPIの推論問題

命題とは「一般に正しいか正しくないかが定まる文や式」のことを指します。たとえば「1+1=2である」という文は明らかに正しいとわかりますよね。この場合、「1+1=2である」というのははっきりと正しいと定まるので命題であると言えます。では「4は奇数である」という文はどうでしょうか。明らかに誤った文であるとはわかると思います。ですが、これも命題です。 そう、「明らかに」誤りとわかるので、命題なのです。逆に、例えば「バラは百合よりも美しい」という文では正しいかどうかわからないので命題ではないと言えます。SPIではある命題に基づいて推理をし正しい命題を選択肢の中から選ぶという問題形式になっています。さて、この命題問題ですが、実はSPIの他の推論問題と比べて少し複雑なところが厄介です。後ほど個別に対策をご紹介します。

正誤を問うSPIの推論問題

命題と似ていますが、「~が正しければ・・・も必ず正しい」といった選択肢が出てくる点がポイントです。例えば以下のような問題があったとしましょう。

A,B,Cの3人が徒競走を行った。 この競争について以下の発言が寄せられている。 P:BはAより速かった。 Q:Cがゴールした時、Aはまだゴールしていなかった。 R:Bが最も速かった。 いずれの発言も正しいとは限らない。 そこで様々な場合を想定し以下のような推定をした。 ア:Pが正しいならQも必ず正しい イ:Qが正しいならRも必ず正しい ウ:Rが正しいならPも必ず正しい ア~ウのうち正しいものはどれか。

正解はすぐにわかると思いますが、ウのみです。各選択肢をチェックしてみればすぐわかります。ポイントは「反例がある場合は正しくない」ことです。例えば選択肢アではBがAより速いならばCがAより速いことが成り立つと言っているのですが、Pの条件だとBがAより速いことしかわからず、これだとC、B、Aの順にゴールした場合を含んでしまいます。この場合Qの条件に反するので、イは正しくないことがわかります。

順番を問うSPIの推論問題

与えられた情報をもとに順番を決定し問いに答える問題です。順番そのものを問う問題と順番を決定するために必要な条件が何かを問う問題に分かれます。例題を見てみましょう。

A, B, C, D, Eの5人でテストを行った。 同点はなく、次のことが分かっている時、正しい順位はどれか。 アBはEより点数が高かったが、1ではない イEの点数はBより低くCより高い。 ウAは3である。 選択肢 1.DBAEC 2.DACEB 3.BDAEC 4.DBACE 5.ア、イ、ウだけではわからない

解法としては図を描くことです。上の例題であればまずアの条件から〇>B>Eという図式が定まります。次にイからB>E>Cという条件が定まります。そして、Aが3に来ます。以上をまとめるとB>A>E>Cであることがわかります。そして、Bが1でないことから残ったDが1にくるとわかるのです。よってこの場合答えは1となります。

以下は順番を決定するために必要な条件を選ぶタイプの例題です。

ある日のP、Q、R、Sの4人の出勤について次の事がわかっている。 1.同時刻に出勤した人はいない。 2.午前8時より後に出勤した人が2人いる。 3.Pはちょうど午前8時に出勤した。 4.Qが出勤した時、Sはまだ出勤していなかった。 最も少ない情報で4人が来た順番を確定するには、次のア、イ、ウのうちどれが加わればよいか。 ア:Pが出勤した時Rはまだ来ていなかった イ:Qが出勤した時Rはまだ来ていなかった ウ:Sが出勤した時Rはまだ来ていなかった

これも上の例題と同じで図解すれば問題ありません。まず2と3の条件から速い順に〇、P(午前8時)、〇、〇となります。そして4からQ、Sという順番がわかります。つまりQは1番目か3番目、Sは3番目か4番目ということになります。あとは一つずつ検討していきます。アだとQ、P、R、SかQ、P、S、Rとなります。イもアと同じです。ですがウであればQ、P、S、Rと決定できます。よって正解はウです。それほど時間がかかるわけでもないので、提示された条件を整理したらしらみつぶしに問題の条件をあてはめていきましょう。

内訳を問うSPIの推論問題

関連タグ

アクセスランキング