IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職癖のある人の特徴と性格・転職癖が治らないときの治し方

初回公開日:2017年04月06日

更新日:2020年10月02日

記載されている内容は2017年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職の悩み・不安

転職癖とは、どのような癖なのでしょうか?このページでは、「転職癖」をテーマにして、転職癖がある人の特徴や性格、転職癖が治らないと陥りやすいケースや改善方法などを考察・ご紹介しています。転職癖があると自覚している方は、ぜひお役立て下さい。

1分でわかるこの記事の要約
  • 良い環境を目指すのは当然で転職自体は前向きなことだが、転職癖がつくことは良くない
  • 環境に不満を抱きやすい人、才能や適性について考えがちな人は転職癖がつきやすいので注意
  • 勢いで転職する前に過去を振り返り、将来について考え、冷静に判断しましょう

最近は仕事の選択肢が増え、転職もしやすくなってきましたが、必要以上に転職を繰り返してしまう人もいます。転職回数が多すぎることはイメージが悪く、だんだん転職が難しくなるリスクがあります。 転職ばかりにならないためには、しっかりと自分に合った、長く見つけられる仕事を見つけるなくてはなりません。 転職の募集は非公開のものも多く、自分一人で転職活動をして苦労している人もいます。こういったことを避けるためには、先に転職エージェントに登録し、計画的に進めると良いでしょう。 まずは業界最多の求人数を持つ「リクルートエージェント」に登録しましょう。きっと今より理想に近い仕事が見つかります。

転職癖とは?転職癖の特徴と改善方法

会社に就職する際、「この会社で働きたい」「この仕事をやりたい」という目標や理想を持って入社する人が多いと思います。 しかし、実際に働いてみると、「思っていたのと違う」「こんなはずではなかった」と、理想と現実のギャップに悩んだり後悔したりすることもあるでしょう。 理想と現実にギャップがあった際、我慢をしてその会社で働くのも1つの選択肢ですが、より働きやすかったり良い条件だったりする職場を求めて、転職する方も、少なくないと思います。転職して、現状をより良いものへと変えていけるのであれば、決して悪い選択肢ではないでしょう。 しかし、何度も転職を繰り返すのは、経歴や社会的な印象といった観点からも、あまり良いこととは言えません。日本では、あまりにも転職ばかりしていると、やがて就職しづらくなる可能性があるのです。 それでも、つい転職してしまいたくなる、転職癖が身についてしまった場合、どうすれば良いのでしょうか?今回は、「転職癖」をテーマにして、転職癖の特徴や改善方法についてご紹介していきます。

転職癖とは?転職癖の意味や定義

そもそも、「転職癖」とはどのような癖なのでしょうか?まずは、転職癖がどのようなものなのか、定義や特徴について考察していきたいと思います。 近年、日本ではさまざまな働き方が認められるようになりました。それに伴い、職業選択の自由も広がり、転職をしてキャリアアップやステップアップをしていく働き方も、一般的なものとなりました。 しかし、転職を何度も繰り返していると、生活が安定しにくく、社会的な評価も低くなってしまう可能性があります。それでも、企業や職場、労働条件に対して不満や不安を覚え、就職してもすぐに退職や転職をしたくなる場合、転職癖が身についている可能性が考えられます。 つまり、「転職癖」とは、職場で嫌なことがあったり、不満を感じたりした際に、すぐに退職や転職をしたくなる人、若しくは実際に退職や転職をしてしまう人を指す言葉だと言えるでしょう。 退職や転職にどこか依存している部分があり、仕事における嫌なことや不満を退職や転職によって解決しようとする傾向がある方も、転職癖に該当するでしょう。

転職癖の特徴

では、具体的にどのような言動を取ったり特徴を持っていたりする人が、転職癖があると言えるでしょうか?続いては、転職癖の具体的な特徴や言動についてご紹介していきます。

転職癖の特徴【1】:職場や業務に対する不満が多い

転職癖の持ち主に多い特徴の1つとして、職場や業務に対して、不満を抱きやすいという点が挙げられます。職場のシステムや労働条件に対して、不満を抱いてしまいやすかったり、人間関係の好き嫌いが激しかったりすると、すぐに職場が嫌になってしまい、「転職したい」と考えてしまいがちです。 また、仕事が上手くいかない時に、「自分にはもっと適している職種があるはずだ」「この職業は自分には向いていない」などと、適正や才能について考えてしまいやすい人は、安易に転職を繰り返してしまう可能性も高いようです。

転職癖の特徴【2】:理想や目標が高い

上記でご紹介した特徴にも通じる部分がありますが、転職癖がある人は、理想や目標が高いと言われています。 職場や業務に対して求めるものが多かったり、理想が高すぎたりするために、その理想などが叶わないと、「こんな職場は嫌だ」「転職したい」という思考に陥りやすいのです。 勿論、自分の人生をより素晴らしいものにする為に、夢や目標を持ち続けることは大切なことです。また、酷い労働条件や環境に妥協してしまうと、ブラック企業で違法とも言える条件で働かされてしまう可能性もあるので、自分の理想や希望をある程度高い水準で保つことは重要です。 しかし、希望や目標があまりにも高すぎると、その希望や目標を叶えられない職場や業務に対して、嫌悪感を抱きやすくなり、転職へと繋がる可能性があるので、注意する必要があります。

転職癖の特徴【3】:転職の理由がネガティブ

一言で「転職」と言っても、転職をする理由や原因は、人によってさまざま。 しかし、一般的には、転職は大きく分けて2種類あると言われています。 1つ目の転職は、キャリアアップや新たな業界への挑戦、収入アップといった、前向きな理由や動機の転職です。 2つ目の転職は、人間関係のトラブルや仕事のトラブル、長時間労働や低賃金といった、ネガティブな理由・同期の転職です。 このうち、後者にあたる2つ目の動機や理由で転職を検討している人には、転職癖がつきやすいと考えられます。職場での問題やトラブルを、転職によって解決しようとしてしまう為です。 転職をすることで、その時の問題やトラブルは解決できたとしても、新たな職場で問題やトラブルが生じる可能性があります。その際に、再び転職したいと考えるようであれば、「転職癖がついている」と言えるかもしれません。

転職癖が染みついてしまうとどうなる?転職癖が治らないケース

上記で、転職癖を持っている人に多い特徴や思考、性格などをご紹介しました。職場でのトラブルや現実と理想のギャップを転職することで解決しようとしてしまう転職癖は、なかなか厄介な癖と言えるかもしれません。 もし、そんな転職癖が治らなかった場合、どうなってしまうのでしょうか?続いては、転職癖が治らなかった場合、どのようになるのか考察していきたいと思います。

転職癖が治らないケース【1】:悪循環のループに陥る

転職癖が治らず、染みついてしまうと、悪循環に陥ってしまうケースがあります。 職場の環境や労働条件、人間関係などが気に入らず、転職を決意したものの、なかなか次の職場が見つからなかったとします。次第に、焦りから理想や就職先に求める条件が低くなり、最終的には「どこでも良いから転職できれば良い」という思考に陥ってしまう可能性があります。 しかし、「どこでも良いから」という投げやりな状況で就職した転職先の企業は、前職以上に環境や条件が悪かったり、酷い職場であったりする可能性があります。そうなると、再び転職することになるでしょう。 その結果、転職をする度に労働条件や労働環境が悪化していくという、悪循環のループに陥ってしまうケースもあるようです。

転職癖が治らないケース【2】:スキルやキャリアが身につかない

転職癖が治らず、転職を繰り返しさまざまな職場や職業を転々としてしまうと、1つの職場や職業で長年働き続けた場合に身につくキャリアやスキルを得ることができない可能性があります。 例えば同じ職場で10年間働けば、その職種や業界の知識やスキルも身につき、その職種のプロとして、管理職やある程度の地位に就くことができる場合も多いでしょう。 しかし、1年おきに転職をして職場や職業を変え続けた場合、10年間社会人として働いても、どの職場や職種においても1年分のキャリアやスキルしか身につきません。その為、どの職場においても新人という扱いになってしまい、年齢にふさわしいポジションに就くことが難しくなります。 上記のような背景から、転職癖が治らなかった場合、年齢にふさわしい地位やポジション、役職を得ることができず、出世やキャリアアップとは無縁の人生を送ることになってしまう危険性も、ゼロではないと言えるでしょう。 自分自身に転職癖がつきそうだと思ったら、勢いで転職してしまう前に、一度プロのキャリアアドバイザーに相談してみましょう。 リクルートエージェント公式サイトはこちら

転職癖を改善する方法

転職癖が染みついてしまったり、治らなかったりすると、上記でもご紹介したようなケースに陥ってしまう可能性もあり、人生にも大きな影響を与える危険性があります。 ですから、もし転職癖があると自覚していて、またその転職癖に困っていたり不安を感じていたりするようなら、転職癖が染みついてしまう前に、改善しておきたいものです。 続いては、転職癖を改善する方法について、考察・ご紹介していきます。

転職癖を改善する方法【1】:これまでの経歴を振り返る

転職癖が身についてしまっている人は、何度か転職を繰り返している場合が多いようですが、いずれの転職も似たような理由で転職や退職に踏み切っていると言われています。 ですから、これまでの職務経歴について振り返ってみることで、転職を繰り返してしまう理由や原因が明確になり、改善に繋がる場合もあると考えられます。 また、転職活動の際に企業に提出するような、職務経歴書を1度作成してみるのもです。 職務経歴書を作成することで、自分が今までに何回くらい転職しているのか、何故転職を繰り返しているのかが可視化される為、安易に転職をしてしまうケースを回避できる可能性があります。

転職癖を改善する方法【2】:人生の目標を明確にする

転職癖を改善する方法の1つとして、人生の目標について考えてみるのもです。 老後にどのような人生を送りたいか、また人生でいくらぐらい貯蓄したいのかなどを、具体的に考えてみましょう。そして、それを人生の目標として、定めるのです。 人生における大きな目標を明確にすることで、その為に自分が何をするべきかが見えてきます。安定した老後の生活を送りたいのであれば、やはり若いうちにお金を稼いでおく必要があります。また、一定の財産や貯金を持ちたいのであれば、安定した収入を得ることが大切です。 上記のような目標を定めると、大抵が「若いうちに働いておく必要がある」という結論に行き着きます。 そのような結論を出して、働くことの大切さや重要性を認識することで、安易に転職に踏み切ってしまう事態を防げる可能性があるというわけです。

あなたに合った企業を見つけるために!

この記事のまとめ
  • 良い環境を目指すのは当然で転職自体は前向きなことだが、転職癖がつくことは良くない
  • 環境に不満を抱きやすい人、才能や適性について考えがちな人は転職癖がつきやすいので注意
  • 勢いで転職する前に過去を振り返り、将来について考え、冷静に判断しましょう

いかがでしたでしょうか?職場や環境に不満があり、体力や精神的に辛い状況が続くようであれば、状況や生活を改善する為に転職をすることも大切です。 転職癖がある人の中には自分にあった環境の企業で働けていないという方も多いでしょう。今後、転職を繰り返さないためには自分に合った企業を見つけることが大切です。今回はあなたに合った企業を紹介してくれる転職エージェント「リクルートエージェント」をご紹介します。 「リクルートエージェント」では経験豊富なキャリアアドバイザーが、長年の経験を活かして一人一人に合った企業を紹介してくれます。また、独自サービスのAGENT Reportを活用すれば、企業の特徴や環境、やりがいを知ることが出来るので、あなたにとって最適な企業を見つけることが出来るでしょう。 転職をすることは、新しい可能性やより良い人生を歩む為にとても大切なことです。「リクルートエージェント」のアドバイザーにサポートしてもらいあなたに合った企業へ転職をし、毎日を更に充実させましょう。

関連タグ

アクセスランキング