IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【年齢別】賞与・ボーナスの平均額・ボーナスが高い職業の特徴

年収・給与

賞与、ボーナスの平均額誰でも気になりますよね。あなたの企業がどのレベルなのか、あなた目指すところはどこなのか。そんなことを見てみることも大切かもしれません。年齢別の賞与、ボーナスの平均額、職業別ボーナス、賞与の平均額をご紹介していきます。

更新日時:

ボーナスの額が思ったより少なかった・・・」 「旦那のボーナスが上がらなかった・・・」 そんな悩みを抱えている人は、会社から自分や旦那さんの評価が適切にされているかを調べましょう。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がる可能性は大きいです。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

気になるボーナス、賞与の平均額をチェック

早いものでもう年末ですね。 年末といえば忙しくなるのもそうですが、楽しみな事がありますね。 そう、ボーナス、賞与です。 12月は年に2回しかない特別なボーナスの月ですよね。 ボーナス月はウハウハで、今から何を買おうか、どんな事をしようか計画していいるのではないでしょうか。 そこで、毎年ボーナス月になると紹介されるボーナスの額、平均額についてまとめてみました。

年代別の賞与額

●20代のボーナス平均額 20代前半:367,700円 20代後半:593,700円 ●30代のボーナス平均額 30代前半:716,300円 30代後半:848,000円 ●40代のボーナス平均額 40代前半:1,007,700円 40代後半:1,131,400円 ●50代のボーナス平均額 50代前半:1,129,400円 50代後半:1,007,000円 ●60代のボーナス平均額 60代前半:540,700円 60代後半:380,900円

これを見ていただければあなたのボーナス、賞与額が平均より上なのか、下なのかを把握する事ができます。 100万円の王台に乗るのは40代からなんでしょうかね。 役職が付き、1番ノリに乗っている年齢ですからね。 反対をいえば1番プレッシャーのかかる時期でもあります。 ボーナス、賞与はあなたの働きに対する対価です。 金額が上がるということはそれなりの仕事、責任を果たさなくてはいけませんから。 よくあるできない上司にならないためにも、仕事の対価がボーナス、賞与だいう事は覚えていきましょう。

新入社員のボーナス、賞与の平均額はどれくらい?

新入社員の夏のボーナス平均金額は5万円~10万円が相場と言われています。 しかも高校卒業社員と、大卒社員もほとんど変わらない額なんです。 これは考えてみれば当然ですよね。 働いているというよりまだ研修中の段階でそんなにボーナス、賞与がもらえるはずがありません。 期待を抱いている場合には非常に申し訳ないのですが、これが現実です。 冬のボーナス、賞与にようやく満額がもらえるかどうかという認識でいましょう。 夏の新入社員のボーナス、賞与は期待を込めた金額と考えておきましょう。 ※しかし、これはあくまでも平均額ですので、そこは忘れないようにお願いします。

総務省のデータによる職業別ボーナス、賞与の平均額

さて次は職業別の賞与、ボーナスの平均額です。 どんな職業が1番もらっているのか楽しみですね。 1位〜5位までをご紹介しますね。 第1位 大学教授 平均額 298万円 意外です。 不動産鑑定士の次に来るとはかなり意外でしたが堂々の第2位です。 確かに大学教授の家庭は裕福なイメージがありますよね。 これは年収が高いからという事は納得することができるでしょう。 第2位 大学准教授 平均額 217万円 大学教授の次に准教授ですか。 やはり頭がいい方々に支払われる給与は別格ですね。 年額で217万円。 すごいです。 第3位 航空機操作士(パイロット) 平均額190万円 これも専門性のある職業です。 誰でも目指せばなれる職業ではなく、一部に方が選ばれてなる事ができる職業ですね。 なるまでにもお金がかかりそうですが、なってからは花の人生ですね。 第4位 記者 平均額180万円 これは意外でした。 記者という職業も特殊性はありますが、正直ここまで高いというのは想定外ですね。 意外にも高い賞与、ボーナスですから、一つの選択肢にはなるのではないでしょうか。 第5位 電車運転士 平均額174万円 運転士関係が意外にも高順位。 電車運転士も非常に専門性が高いですしね。誰でもなれるわけではありません。 時間の規律を守ることも大切ですので、意外に大変な職業ですよね。 このデータは総務省が取りまとめているデータを参考にしております。 ※金額は年額です。 又、すべての年齢を合わせた統計になりますので、 実際の個人の支給額とは離れている場合がござい ます。 職業別のボーナス、賞与ランキングとしてご覧 ください。

賞与、ボーナスの平均額が高額な職業の特徴

ボーナス、賞与の平均額が高額な職業の特徴はなんといっても専門性ではないでしょうか。 専門性が高い職業は誰でもなれるわけではありません。 選ばれた人間がなるものです。 その中でも個人の能力が優れている人には高額な賞与、ボーナスが支払われるのでしょう。

もっと高い職業があるんじゃないの?

気づいたかもしれませんが、世の中にはもっと高い年収の仕事はたくさんあります。 プロ野球選手やサッカー選手、国会議員など。。 今回の統計はあくまでも統計ですので、このデータには載らないものもありますので、その点はご理解ください。

特別な職業じゃなくても年収はあげられます!

求人数トップを誇るリクルートエージェントで転職しましょう。 数ある求人の中なら、あなたのキャリアに合った職場をキャリアアドバイザーが選んでサポートします! まずは無料登録から

あなたが目指すべき事は?

賞与、ボーナスを上げるには、何よりも個人の能力を高めることです。 社会に必要な人間になる事が、あなたの所得を引き上げることにつながるのです。 冒頭の方でも書きましたが、あなたの仕事の対価で給与をもらっているのですから、そこは認識をしておいたほうが良いでしょう。

関連タグ

アクセスランキング