IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エントリーシートの添削依頼方法|お願いメールの例文・添削サービス

更新日:2022年06月30日

メール

エントリーシートの作成は作成して終了ではなく、伝わることで初めて役目を果たします。伝わるか否かは自分で判断できず、人に添削してもらう必要があります。本記事では、エントリーシート添削の重要性から依頼方法までを紹介しているので、是非就職活動の参考にしてください。

エントリーシートの添削依頼メール文例②

文例2:会ったことない方へメールを送る場合  ○○株式会社 営業部 ○○様  突然のメール失礼致します。  □□大学 経済学部 □□です。   ○○ゼミの○○さんのご紹介で今回メールを送らせていただいております。  現在就職活動中であり、いろいろと企業を見ている中で、○○さんが勤めている  御社に大変興味があり、志望したいと思っております。  そこで大変恐縮なのですが、エントリーシートを作成しましたので、  添削をお願いできないでしょうか?    以上、お忙しいのは重々承知しておりますが、  是非ともよろしくお願いいたします。   注意点  ・必ず誰からの紹介かを記載するようにしましょう。記載がない場合、   受け取った方も見ず知らずの人からメールが来たと思い、メールを破棄する   場合があります。  ・エントリーシートの添削に合わせて、OB訪問の依頼を行うと良いでしょう。   OB訪問のお願いする場合は、候補日を2~3日記載した上でメールを送る   ようにしましょう。 

みんなが使うおすすめのエントリーシート添削サービス

エントリーシートの添削は志望している会社の方であったり、知人にお願いすることが多いですが、web上で依頼し、まったく知らない方に依頼し添削を受けることもできます。まったく見ず知らずの方に読んでもらい、内容を理解してもらえるか、熱意は伝わっているかを確認する上では大変有効ですので、使える方は是非とも有効活用していきましょう。就活生が使用している人気のあるサイトを紹介させていただきます。 【ES添削カメラ】  エントリーシートを携帯やスマートフォンで撮影し送るだけで、添削してくれます。  しかも、なんと無料で行ってもらえると大変好評です。  添削を行う人も採用のプロが実施しているということで、自身のエントリーシート  ブラッシュアップにはとても有効です。 【coconala】  1社当たり500円~添削してもらう有料のエントリーシート添削サービスです。  エントリーシートに記載する自己PRや強み・弱みについて、書き方に困った場合に  使用するとピンポイントで回答がもらえるため、大変良いサイトです。

エントリーシートの添削は自信に繋がる必要行為

エントリーシートを添削してもらわずに面接に行った場合どうなるでしょうか?多くの人が自分のことをうまく伝えることができず、結果的に志望する企業に就職できなくなります。 逆にエントリーシートを何人もの人に添削してもらうことで、強みや弱点を指摘してもらいそれを補完することができるため、結果的に自分の「自信」に繋がります。 エントリーシートの中身も大変重要ですが、エントリーシートをツールとし、添削を多く行ってもらうことが就職活動を成功に導くファクターの一つになります。

初回公開日:2017年04月11日

記載されている内容は2017年04月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング